ホーム仮想通貨基礎知識仮想通貨初心者専用!知識ゼロでもわかる仮想通貨用語9選!!
ちか

仮想通貨初心者専用!知識ゼロでもわかる仮想通貨用語9選!!

Pocket
LINEで送る

仮想通貨 初心者 0

仮想通貨をはじめてみたいけどなんだかよくわからない・・。調べてみたけどわかりづらい・・。そんなあなたのために厳選した用語9つで、初心者でもわかるように仮想通貨を解説してみました!あなたもこれで仮想通貨ライフのスタートを切りましょう!

こんにちは!
トロンレディーのちかです!

今回の記事は「仮想通貨初心者専用!」ということで、

仮想通貨をはじめてみたいけどなんだかよくわからない・・。
調べてみたけどわかりづらい・・。

といった人のために仮想通貨を知るために必要な9つの用語をまとめました!

ホント仮想通貨って調べれば調べるほどたくさんの情報が出てきますよね

わたしもちょっと前までは結構苦労しました(;^ω^)

この記事ではその時のわたしが知りたかったことをわかりやすくまとめましたので、
ぜひとも参考にしていただければ幸いです!

初心者解説1:仮想通貨とは

仮想通貨といえばビットコインを語らずには始まりません!

ビットコインは世界で最初の仮想通貨で、現在数百種類もある仮想通貨の元祖です。

ビットコイン

謎の日本人 サトシ・ナカモト

仮想通貨 初心者1

ほとんどの仮想通貨は、
このビットコインのシステムをもとにして作られています。

その生みの親は『サトシ・ナカモト』という謎の日本人。
何もかもが謎の人で、ほんとうに日本人なのかもよくわかっていません。

今の仮想通貨の盛り上がりを作った張本人なのですから、
仮想通貨の(神ω神)!!」と言ってもいいと思います。

ビットコインが価値を持つ理由

ビットコインは1BTCという単位があり、
昔は1BTC1円もしなかったのに現在はウン十万もの価値を持つようになりました。

でもなんでビットコインに値段が付くのでしょう(´・ω・`)?

『仮想』の通貨なのですから、
初心者からすればただのデータのゴミみたいなものに価値があるなんて不思議でたまりません。

それは、ビットコインの発行上限が2100万枚と決まっていることが一番の理由だとされているからです。

そこらに落ちているただの石ころなんて誰も欲しがりませんよね?

でもロケットで飛んで取ってきた月の石なら欲しがる人はたくさんいます。
売り出してみたらとんでもない値段がつくはずです($Д$)

だって、ロケットで取ってこれた月の石なんてほんのちょびっとです。

ちょびっとの石に世界中のお金持ちがあつまることは間違いありません。

いろいろ端折った部分はありますが、
ビットコインもこれとだいたい同じというわけです。

ビットコインは全ての仮想通貨の中心!

仮想通貨 初心者2

ビットコインは全ての仮想通貨の元祖というだけではありません。

実はそのパワーもスーパーなものなのです!

仮想通貨の時価総額(市場での価値)を一覧できる
coinmarketcapというサイトを見ると、

仮想通貨 初心者3

2位のイーサリアムが806億ドルなのに対して、
1位のビットコインは1398億ドルで大差をつけています!

日本円にして実に15兆円超・・・。
金額が大きすぎて意味がわかりません!Σ(×_×;)!

そしてもう一つ大事なのが、
ビットコインは全ての仮想通貨の価値の基準になっているということです!

現実の世界でいうと「ドル」のような基軸通貨がビットコインというわけですね。

実際に、海外の仮想通貨の取引所ではビットコインを基軸にして仮想通貨は取引されています。
なぜなら世界で一番つよいから└( ‘ω’)┘

仮想通貨 初心者4

ビットコインは仮想通貨の王様なのです!

仮想通貨は暗号通貨と何が違うの?

仮想通貨というキーワードでググっていると、暗号通貨という言葉がよく出てきます。

仮想通貨?暗号通貨?
どっちも通貨だけどいったい何がちがうの?

その気持ちよくわかります。
わたしも仮想通貨初心者だったころは混乱しました・・・( ゚∀。 )

人によって意見は違いますが、
仮想通貨と暗号通貨は「ほとんど同じ意味」です!

関東の「マック」と関西の「マクド」みたいな感じです。

英語で仮想通貨は【Cryptocurrency=暗号の通貨】なので、
どちらかというと日本語の「仮想通貨」という言葉のほうが本来の意味からはズレているといえます。

いろいろと混乱しますが、
実は「暗号通貨」という言葉は言いえて妙なもので、仮想通貨の根っこを理解する時にとても便利なのです。

そのことについては後ほど、
「ブロックチェーン」で軽く説明していきたいと思います。

初心者解説2:アルトコインとは

仮想通貨 初心者5

「アルトコイン」とはアルトコインという仮想通貨があるのではなく、
ビットコイン以外の仮想通貨全部のことを指した言葉です。

その数、実に700種類以上Σ(°∀° )!

その中で時価総額ダントツ一位の座を保っているのがビットコインなわけですから、
その強さというものがよくわかります。

でも、最近はこのビットコインのスーパーパワーにも陰りが見えてきています。

2017年8月1日にビットコインの内輪もめで誕生したビットコインキャッシュ(BCH)は、処理能力や手数料の面からみてビットコインの後釜を狙っている雰囲気が漂っています(;^ω^)

実際にネットを見ていると、
「BCHを基軸通貨に!!」
という意見を目にすることが多いです。

またビットコインよりも前に開発が始まり、
今やイーサリアムに次いで時価総額3位にのし上がったリップル(XRP)もその取引処理の高速性や将来から
「XRPを基軸通貨に!!」
という願いの文句もよく見ます。

なにしろ基軸通貨とは、仮想通貨の王様なのです!

仮想通貨 初心者6

BCHもXRPも、たくさん持っている人からすれば、
一番になってほしいという気持ちはよくわかります。

でもそれを願うあまりビットコインをディスる声も聞こえてきてしまうのは、殺伐としちゃってちょっと残念ですね・・・( × _ × )

初心者解説3:ブロックチェーンとは

仮想通貨について知っていくうえで、
最重要単語といえるのがこのブロックチェーンです!

これは仮想通貨を成り立たせている根幹のシステムのことを指します。

日本語では分散型台帳と訳され、仮想通貨のみならず銀行や政府機関など様々な分野の応用への期待が高まっています(・∀・)b

仮想通貨と政府機関?
政府が
仮想通貨でも発行するのかしら?

ということではなく、
仮想通貨の根幹のシステムがインターネット誕生なみに革命的なことで注目を浴びているのです!

仮想通貨 初心者7

ブロックチェーンでは不正や改ざんが不可能な理由

仮想通貨のブロックチェーンを一言でいうならば、
『みんなが共有する台帳』です。

仮想通貨初心者はここで、
「そんなことをしたら簡単に書き換えられちゃうじゃん(´・д・`)」
と思うでしょうが、そうならないようにちゃんと仕組みが出来ています。

ビットコインを例にしましょう。

世界中で取引されたビットコインの10分間の記録を、
世界中のコンピュータが行うマイニングという作業で検証します。(マイニングについては後で話します)

その時、世界中の過半数のコンピュータが
「この記録は正しい!」
と承認することで、10分間の取引データの塊である「ブロック」が作られます。

これを「ブロックを生成する」と呼びます。

こうして生成されたブロックは、
直前に生成されたブロックに鎖につなげるように「ガチャン(`・ω・´)」と連結されるのです。

これがブロックチェーンという名前の由来です!

仮想通貨 初心者8

つまり世界のコンピュータが承認した台帳のページが、10分ごとに積み重なっているということですね。

もしこの台帳の中身を書き換えて不正にビットコインを抜き出そうとしても、

これまで積みあがってきたこれまで積みあがってきた台帳を全て書き換えて、
しかも現在進行している世界中の取引を改ざんして、
ついで世界に分散しているコンピュータに承認させなければなりません。

そんなめちゃんこ難しいことは魔法でもない限り不可能です(;^ω^)

このようにブロックチェーンでは不正や改ざんが出来ないので、
そこにある仮想通貨は信用があるわけですね╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ

ブロックチェーンは分散していることが超大事

仮想通貨 初心者9

こうして仮想通貨の価値の根っこが成立しているわけですが、
ブロックチェーンに弱点がないわけではありません(´Д` )

ブロック生成を行うコンピュータの所持者のことをマイナーというのですが、
もしあるマイナーがめちゃめちゃにお金をかけて大量のマシンを揃え、世界中のマイナーが束になっても過半数をとれないほど圧倒的な力を持った場合はどうなるでしょうか。

その仮想通貨の信頼はガタ落ちです。
もしくはそのマイナーの信用性に頼るしかありません。
やろうと思えば、自分の有利になるような操作を承認させることができてしまいます。

これを「51%アタック」といいます。
※むかしビットコインで起こりかけました( ̄▽ ̄;)

特定のマイナーが極端に大きな力を持つことは、その仮想通貨にとって良くないことなのです。

だから、マイナーは世界に分散してあることが大切になります。

分散したマイナーが管理する台帳=「分散型台帳」。
ブロックチェーンは分散によって成り立つ仕組みなのです。

ブロックチェーンでは暗号で透明性と匿名性を両立している

仮想通貨 初心者10

ここまでブロックチェーンについて見てきましたが、

「でもみんなが見れる台帳なんでしょ?なんかやだなぁ(҂ ー̀дー́ )」
と思うかもしれませんね。

初心者はそう思っても仕方がありません
実際、過去の私が一番引っかかったところでもあります。

でも大丈夫です!

確かにブロックチェーン上では誰もが全ての取引を見られる透明性を持っています。
でもそれと同時に匿名性もしっかりと担保されています。

ビットコインなどの仮想通貨を取引する際、
あなたはブロックチェーン上の口座のようなものを作ることになります。

そしてこの口座は「公開鍵」という暗号から作られる数字の並びです。
ここにあなたの個人情報が紐づけられることはありません

これが仮想通貨の別名が暗号通貨である理由の一つですね。

ブロックチェーン上のやり取りはこうした暗号を通じて執り行われているわけです。
ちなみ、先ほど出てきたマイニングにも暗号の技術が使われています。

まさに暗号尽くしです!
でも単に仮想通貨を取引するだけなら、暗号を解く必要はないので安心してください(•ᵕᴗᵕ•)

ただ「秘密鍵」をなくしてしまったエライことになりますが・・・(o´・ω・`)
このことについては後でお話ししましょう。

ブロックチェーンは分散+透明性+匿名性=無限の可能性!!

仮想通貨 初心者11

このように、ブロックチェーンは

・非中央集権性
・透明性
・匿名性

の三拍子をそろえているシステムだということができます。

今存在している数百種類ものアルトコインは、
この3つを軸にさまざまな役割を果たそうとしているのではないか、とわたしは考えています。

DASHという仮想通貨は、高い匿名性を売りにしていますし、

イーサリアムは非中央集権性と透明性を応用して、デジタル活動ならなんでもできるプラットフォームの役割をもったブロックチェーンの構築を目指しています。

最近なりあがっているリップルは、非中央集権性を多少犠牲にしながらも圧倒的な取引処理スピードを誇る仮想通貨として軒を連ねています。

これから仮想通貨に投資をすることを考えているなら、
「非中央集権性・透明性・匿名性」を軸に、実社会で役に立っていきそうな物を選ぶといいかもしれませんね(*´∀`)b

初心者解説4:マイニングとは

仮想通貨 初心者12

さてブロックチェーンの説明がひと段落したところで、まだ宿題が残っていました。

ブロックチェーンの説明で、
「ブロックチェーンを作るブロックの生成」がマイニングだと言いました。

世界中のコンピュータが働いて承認するあれです。

この説明だけだと、
世界中のマイナーは仮想通貨の取引を分散して管理していると言えます。

でもマイナーの役割は「分散管理」だけではありません。
マイナーにはもう一つ、「通貨の新規発行」という大事な役割があるのです(」゜ロ゜)」

ブロックチェーンを成り立たせているマイナーのコンピュータの能力は、マイナーの有志で提供されています。

これはエンジニアによくありがちな力添えのようなものではなく、ちゃんと見返りを前提にしたものです。

詳しい話をするとすごく長くなるので一言でいうと、
マイニングを行ったマイナーには成果報酬として、新規に発行された仮想通貨がシステムから払いだされるのです(¥_¥)

仮想通貨 初心者13

もちろん全てのマイナーが受け取れるわけではありません。
システムによって公平に選ばれたマイナーに支払われます。

このアルゴリズムは仮想通貨によって違う場合もあり、
その違いを売りにしているものもあります。

これ以上は長くなってしまうのでまとめると、
マイニングという作業は仮想通貨を「通貨の管理・通貨の新規発行」を兼ねている、ということです!

これだけを見たらよくわかりませんが、よくよく考えるとすごいことです(・`д´・;)

これまでは通貨の管理や発行は銀行や政府など、
中央集権的なシステムや組織でしか出来ませんでした。

それが非中央集権的な、分散したシステムによってできるようになったのです。

仮想通貨がここまで注目を集めているのは、こういった理由もあるからなのです!

初心者解説5:公開鍵・秘密鍵とは

仮想通貨 初心者14

ちょっと長くなってしまったので、ここは簡単に説明します。

まず公開鍵は文字通り公開されている暗号で、
先ほども言ったように、ブロックチェーン上の口座アドレスのもとになる鍵です。

簡単に言うとは仮想通貨を受け取ったり送ったりするときのIDです!

大事なのは秘密鍵の方になります。

秘密鍵は「秘密」という文字があるように、パスワードみたいなものです。

仮想通貨を送ったり、日本円に交換する際に必要となるものなので、
絶対に無くさないようにしましょう。

ここは仮想通貨初心者だろうが上級者だろうが、
一番忘れちゃいけないところです。

でないと、いざ儲かったとしても使えないどころか日本円に替えることも出来なくなってしまいますΣ( ̄ロ ̄lll)

実際に数億円になった仮想通貨を取り出せなくなった、という人がいるみたいなので注意してください(´;ω;`)ウゥ

また秘密鍵さえあれば持っている仮想通貨を自由に動かすことができるので、

秘密鍵が盗まれてしまった=持っている仮想通貨を全部盗まれてしまった
ということになってしまうので注意して管理しましょう!

初心者解説6:取引所とは(販売所)

仮想通貨 初心者15

取引所は主に仮想通貨を手に入れる場所になります。

この方法以外に販売所というところで仮想通貨を手に入れることも出来ますが、手数料が比較的高いので主流ではないです。

また基本的にオークション方式で取引されるので、
規模が小さい取引所では仮想通貨売買が成立する確率が低くなります。

なので仮想通貨を取引する際には規模が大きい人気のものを選びましょうヾ(*・∀・)/

日本国内で有名なものでは
・Zaif
・bitFlyer
・QUOINEX
・GMOコイン
・DMMビットコイン

などがあります。

Coincheckはまだ取引が再開していないので省きました・・・(;^ω^)

Coincheckは初心者向けで良い取引所だったのですが、
先日のNEM大量流出事件以降、取引再開のめどは立ってないです。

また、日本の取引所では取り扱っていない仮想通貨は海外の取引所で手に入れるしかありません。

イーサリアムの開発者が携わって大きな注目を集めたエイダコインは日本国内の取引所では取り扱っていません。

仮想通貨の投資を本格的にはじめるなら、海外の取引所も視野に入れておくといいでしょう!

初心者解説7:ウォレット

仮想通貨 初心者16

ウォレットとは、一言でいえば仮想通貨を保管しておく場所のことです。

ウォレットにアクセスするときには秘密鍵が必須になります。
もし秘密鍵を忘れたり無くしてしまったら、そこにある仮想通貨が例え億を超えていたとしても絶対に取り出すことはできません!!

例えその仮想通貨の開発者であったとしてもです。

仮想通貨の別名「暗号通貨」という言葉が言い表しているように、
作り直しの利かない暗号として秘密鍵は存在しています。

だからこそ仮想通貨の価値の根っこである信用が支えられていると言えます。

なのでウォレットに仮想通貨を保管する際は、秘密鍵は絶対に無くさないように工夫して保管しておきましょう。

仮想通貨 初心者17

仮想通貨初心者はしばしば
「私は物を無くしがちだし、ウォレットは持たなくていいかな・・・(。・ε・。)」
と考えてしまいがちです。

でも自分でウォレットをもつというのは実はとても大事なことなのです。

自分で持てるウォレットは3種類!

仮想通貨を保管して置く場所は次の4種類です。

・取引所
・ウェブウォレット
・ソフトウェアウォレット
・ハードウェアウォレット

そのうち、あなた自身が持てる物は取引所以外の3種類あります!

取引所はウォレットではありませんが、
ウォレットとの比較のために紹介します。

取引所に仮想通貨を置くのはキケン!

仮想通貨 初心者18

おそらく、仮想通貨をやり取りするにあたって一番活用する機会が多いのは「取引所」です。

銀行振込やクレジットカードで日本円を払い、それで仮想通貨を買うだけで済むのですから手軽さはピカイチです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

しかしその代わり、取引所がつぶれてしまったり、ハッキングを受けてウォレットの秘密鍵を盗まれてしまった場合は、あなたの資産もろとも仮想通貨が消えてしまうことがあるのです。

最近のコインチェックでNEMが流出した事件も、まさにこれが起こってしまったのです。

なので、多額の資産をつぎ込んで買った仮想通貨は取引所に置いてはいけません!!

手軽さと安全性を両立させることは難しいのです( ˘•ω•˘ 😉

ましだけどまだ怪しいウェブウォレット

ウェブウォレットは自分で作れるウォレットの中で一番簡単なものです。

しかし、「ウェブ」と書いてあるように常時オンラインに繋がっています。
なのでやはりウイルスやハッキング、フィッシングサイトなどのリスクが常に存在しています。

秘密鍵を入力するにも、ウェブウォレットを提供している会社のサーバーに送るため、「資産を自分で管理している」とはちょっと言いにくいこともありますね。

なのでここに多額の資産を置くこともお勧めできません(;-ω-)

バランスがいいソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットはウェブウォレットと違って秘密鍵を誰かに送る必要がないので、「自分で資産を管理する」ということが最低限できるウォレットといえます。

ソフトウェアと書いてあるように、
「スマホ・パソコン」にソフトをインストールして仮想通貨を管理することになります。

仮想通貨 初心者19

もちろん、
「スマホ・パソコンが壊れた」
「ログインするパスワードを忘れた」
「データが飛んだ」
という事態になるとどうにもならなくなりますが、きちんと対策を取っておけば問題はありません(*´﹀`)੭

多少手間はかかりますが、取引所に比べれば安全です!

セキュリティと手間のバランスがいいので、
これから仮想通貨投資に本気で取り組もうという初心者は、ちょっと頑張ってソフトウェアウォレットの導入をすることをオススメします。

大体のソフトウェアウォレットは無料で導入できるのもポイントですね(*・ω‹)b*

最強クラスのハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットはソフトウェアウォレットをさらに進化させたようなもので、そのセキュリティは全ウォレットのうち最強です!!

大きなお金を金に替えて金庫に入れておく
みたいな使い方をしたい場合はハードウェアウォレットが最適ですね(*´罒`*)

その代わり、いちいち金庫から金を取り出して換金して・・・のように手間はかかります。
ハードウェアウォレットは高価なこともあり、初心者にはちょっとハードルが高いものになります。

手軽さを犠牲にしてはいますが、そのセキュリティは一番です。

初心者解説8:ICOとは

仮想通貨 初心者20

仮想通貨について調べていると、ICOという言葉が頻繁に出てきます。

ICOとは「Initial Coin Offering」の略で、株式上場の「Initial Public Offering(IPO)」のようなものです。

企画・プロジェクトを発表し、指定した仮想通貨を募ることで資金を集めることで新しいビジネスをはじめることができます。

簡単に言えば、インターネットで資金を集めるクラウドファンディングの仮想通貨のようなものですね。

仮想通貨という新しい経済を使った画期的な金融手段ですが、
法律的にグレーであったり、各国で規制がかかってしまったり、詐欺的な物が幅を利かせてしまっていたり、とまだまだ未熟な分野です。

なので仮想通貨初心者にはあまりオススメできません

その代わり、ICOという枠組みが成熟していけば大きなチャンスになることは間違いなしだと思いますd(‘∀’*)!

もし今の状況でICOに参加するのであれば、夢を買う気持ちでお金をかけてもいいかもしれません。

初心者解説9:GOXするとは

仮想通貨 初心者21

ハッキングなどの外部の攻撃によって取引所に保管されていた仮想通貨が丸ごと消えてしまい、顧客の手元に戻ってこないことを「GOXする」と呼びます(;´∀`)

また、転じて意図しない操作などで自分で管理していた仮想通貨が消えてしまうことも「GOXした」と表現することもあるようです。

由来は、2014年に東京のMt.Gox事件が引き起こした多額のビットコイン流出事件「Mt.Gox事件」が元になっています。

この事件では115億円ものビットコインが流出し、Mt.Goxも払い戻しが出来なくなって破産する事態に追い込まれましたΣ(゚д゚lll)

この「Mt.Gox事件」のGoxをとって、「GOXする」という造語が生まれたのでした。

最近の話でいうと、コインチェック事件は外部からのハッキングにより580億円ものNEMが盗まれましたが、補填する方針がでたのでGOXは実質回避されたと言われています。

このように「GOX」は仮想通貨を取引していくにあたって、
一番警戒しなければなりません!

特に取引所のGOXはとんでもない被害額が出るうえに、仮想通貨市場の暴落も引き起こしてしまうのです(* ̄□ ̄*;

仮想通貨市場の暴落は避けようがありませんが、自身がGOXの直接の被害にあわない方法はあります。

それが先ほどもいったように「自身のウォレットで管理する」なのです。

ウォレットで管理をしておけば、取引所のGOXに巻き込まれることはありません(^-^)g”

「投資は自己責任」というのは仮想通貨に限らずどんな種類の投資でも共通する原則です。

取引所はあくまで「取引」する場所。

あなたの資産を「保管」する場所ではありません。

自分の資産は自分で守りつつ、素敵な仮想通貨ライフを楽しんでいきましょう!(∩´∀`)∩

仮想通貨 初心者22

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちか
仮想通貨をきっかけに投資のテクニカルにハマってます。元々は料理が趣味だったけど、今は完全に仮想通貨投資。好きこそもののなんとやらで、投資専業で生活できたらなんて考えてます。
ちかの他の記事を読む

シェアする

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

ブログランキング

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top