ホーム仮想通貨基礎知識仮想通貨の初心者が知っておきたい用語は?
はる

仮想通貨の初心者が知っておきたい用語は?

暗号通貨1

これから仮想通貨をはじめたい!今までちょっと苦手意識がありませんでしたか? そんなあなたでもバッチリわかっちゃう!仮想通貨でよく使う用語を見ていきましょう。

こんにちは、最近仮想通貨を勉強し始めた女子大生のハルです(*^-^*)
最近友達に
「最近仮想通貨って知ってる?よく聞くけどって何なの?」
といきなり聞かれてびっくりしました。

実は私、友達にも仮想通貨の勉強をしているって言っていないので
周りにも少しずつ仮想通貨が浸透してきてるんだな・・とちょっと嬉しくなったのです。

わたしもそうでしたが
「仮想通貨をやってみたけど聞いたことない用語ばかりで
なんか難しそう・・・。」
と思っている人はいると思います。

実際には難しい用語はないのでわかってしまえば苦手意識もなくなると思います。

早速、これから仮想通貨をはじめたい!今までちょっと苦手意識があった
そんな初心者のあなたにも知っておいてほしい仮想通貨でよく使う用語
を見ていきましょう。

そもそも仮想通貨って何?

仮想通貨とは、インターネットを使って使うデジタルなお金です。

日本円やドルのように私たちが日ごろ使う一般的な通貨と違って
目に見えません。

「suicaやEdyといった電子マネーとは違うの?」と思うと思いますが
似ているようで似ていないのです。

仮想通貨は普通のお金のような中央で管理・発行する主体が存在しません。
円なら日本銀行、
ドルなら連邦準備銀行ですね。
仮想通は代わりに管理・発行を分散して行っています。

それだけならネット上の商品といえますが、

日本の法律では「仮想通貨も通貨同等の財産的価値を持つ」と定められていることで、
「インターネット上のお金」と呼ぶことができるのです。

暗号通貨と仮想通貨の違い

呼び方が違うだけです。
日本では「仮想通貨」と呼ばれることが多く、海外では「暗号通貨」と呼ばれています。

日本って結構日本独自の言葉に変えて親しみやすくしたりするんですよね^^;
少し紛らわしいですが、
ここでは仮想通貨と呼ばせていただきますね。

ビットコインって何?

あなたは「ビットコイン」って聞いたことありませんか?
ビットコインって一体何なんでしょうか?

ビットコインとは仮想通貨の一つで、2009年に「ナカモトサトシ」さんによって
仕組みが作られたといわれていて、ナカモトサトシさんの素性って明かされていないんです。(爆)
とても不思議でどんな人物なのかまったくわからないのが謎なんです。

そんなナカモトサトシさんの発表した仕組みをもとに作られたビットコインが、
現在では仮想通貨=ビットコインといえるくらい仮想通貨の代表となっています。

ビットコインは1円からでも購入でき、円やドルと同じように
ビットコインの単位は「1BTC(1ビットコイン)」となります。

少額から始められる投資ともあって敷居が低く初心者にも入りやすく
ビットコインを所有する投資家は多いので、初めて仮想通貨を買うのであれば
ビットコインをオススメします。

もちろん私もビットコインから始めましたよ!(*^▽^*)

アルトコインって何?

ビットコイン以外の仮想通貨全体のことをまとめてアルトコインといいます。

アルトというと「代替」という意味ですので、
ビットコインがオリジナルで、それ以外は代わりということですね。

その名前は実は的を射ていて、
多くのアルトコインはビットコインの仕組みを基にしています。

なのでその機能も根本は似ています。

それだと、
「じゃあ、ビットコインでいいじゃん」と思いますよね。

しかし、それぞれ独自の視点から様々なコインが作り出され、
全世界で数百種類以上ものコインが存在します。

代表的なものは「イーサリアム」「リップル」
最近の話題だと「ネム」もアルトコインになります。

私も気になるコインを見つけて購入してみようかなって思っています♪
あなたがビットコイン以外に気になる通貨があれば
購入してみてもいいかもしれません。

仮想通貨の取引所って何?

仮想通貨の取引をする場所を「取引所」といいます。
場所といっても銀行のような建物があるわけではなく、
オンライン上で行う場所を指します。

ここで取引をする際は不特定多数の個人とのやり取りになります。
あなたが買い(売り)注文を出すと、
別の誰かが出している売り(買い)注文で、注文の条件に合致ていれば
マッチングされる、すなわち取引成立となります。

取引所のメリットは、販売所に比べて購入か買うが安い(売却価格が高い)
デメリットは、取引がすぐに成立するとは限らない(成立しない場合もある)

このデメリットは取引量の多い取引所ならすぐにマッチングされるので問題ありませんが、
取引量の少ない小さな取引所だと時間がかかることが多いです。

基本的には個人で仮想通貨の売買ができる場所というように覚えていただければいいと思います。

初心者にオススメの取引所

初心者だと数多くある取引所からどこを選べばいいかわからいなと思います。
今回は日本の取引所からオススメの2つをご紹介します。

●bitFlyer(ビットフライヤー)●

コインチャックと並ぶ日本の大手仮想通貨取引所の一つです。
ビットフライヤーはGMOやリクルートの大手企業から出資を受けているため
資本力はトップクラスです。

出資を受けられるということは、仮想通貨にもビットフライヤーにも
これからの大きな成長に期待をされているということだといってもいいでしょう。

また、ビットフライヤーのスマホアプリを使うだけで、
大型家電量販店のビックカメラ全店でビットコインを使った買い物ができるのは
とても魅力的ですね。

実際にビックカメラのHPを見ましたがビットコインの支払いが可能になっていました。

●Zaif(ザイフ)●

ザイフで扱っている仮想通貨は「ビットコイン」「モナコイン(MONA)」
「ネム(NEM)」また他の国内仮想通貨の取引所では扱っていないトークンも扱っています。

ザイフの特徴としては、投資信託のように仮想通貨を毎月決まった金額購入できる
コイン積み立てというサービスも行っているので、
買い忘れや忙しい人にも嬉しいサービスですね。

ウォレットって何?

ウォレットとは仮想通貨を管理するお財布のようなものです。

あなたが取引をした際に通貨を受け取る場合、必ずウォレットが必要となってきます。
取引所にもウォレットがある為、そこで管理をする人もいますが、
セキュリティー上のことを考えて別のウォレットへ移し管理している人もいます

あなたがまだ仮想通貨の取引をはじめていなかったり、
日が浅ければ取引所のウォレットを使ってみてもいいかもしれません。
そして、慣れてきたらウォレットを自分で持つのも一つの方法だと思います。

ブロックチェーンって何?

ブロックチェーンとは、仮想通貨の心臓部ともいえるもので、
お金の取引記録を改ざんされにくく、低コストで
処理と保管ができるという技術になります。

名前の由来は、「ブロック」と呼ばれる台帳を「鎖」のように
連続して記録していくという意味でブロックチェーンと呼ばれています。

銀行などの金融機関は「中央集権型システム」といって
大きなコンピュータでデータを管理してきましたが、
データが破損してしまうと大規模な障害が起こってしまいます。

しかし「ブロックチェーン」取引を中央で管理する人が存在せず、
ブロックの鎖としてネット上で分散されて保管されます。

分散されているので、
一部のデータが破損しても他のところにある元データから修復できます。

また仮想通貨の別名「暗号通貨」という名前の通り、
すべては暗号で管理されているため、不正も改ざんもできません。

だから安全なのですね。

トークンって何?

トークンとはもともとは仮想通貨用語ではなく、記念品、引換券、商品券、
代用通貨などの意味を持つ英単語だそうです。

仮想通貨の世界では、代用通貨として使われ、
新しく作られた貨幣=トークン
ということになります。

今出回っている仮想通貨は「トークン」ということです。
新しい技術を使ってオリジナルのトークンを作ることで、
様々なことができるようになります。

例えば、株式のように発行して資金集めをしたり、
会員限定サービスに利用できたりすることも可能なので
どんどん使い道が広がります。

ICOって何?

「ICO」とは、「Initial coin offering」の略で、
「クラウドセール」「トークンセール」などとも呼ばれています。

株は、株式を発行して投資家に購入してもらうことで資金を調達するのですが
仮想通貨でも同じようなことがいえ、
トークンの発行で集めた資金を開発・研究の費用に当てています。

しかし、株は優待や議決権がありますが、仮想通貨はないので
株と仮想通貨の違いになります。

初心者でもできる!?発掘(マイニング)て何?

仮想通貨 初心者

仮想通貨を手に入れるためには、取引所や販売所で取引するのが一般的ですが、
そのためには必ずお金が必要となります。

しかし、お金をかけなくても仮想通貨を手に入れる方法があるんです。
それが「発掘(マイニング)」です。

それは、自分のパソコインに計算をさせて仮想通貨を手に入れるということです。
もちろん、パソコンの設定が必要となりますが
それ以外はあなたが寝ているときでも、出かけているときでも
パソコンが仮想通貨を発掘してくれるという不労所得方法なんです。

なんとも夢のような話ですよね。

発掘できる仮想通貨は有名なところで、
ビットコイン、イーサリアム、モナコイン、ライトコイン、
ジーキャッシュ、モネロ、ビットゼニー等があります。

マイニングする問題点

ビットコインの仕組みにならって作られた仮想通貨は、
人気になればなるほどパソコンが処理する計算量が増えるため、
電気代がハンパではなくなります。

パソコンの台数が多ければ多い程電気代は馬鹿になりません。
一説によると電気の消費量が多く、
世界中の電気を使い果たしてしまうのではないかともいわれています。

「電気代を気にしなければ発掘できる」と思った方もいるかと思いますが
現在、個人がマイニングするのはとても難しいといわれています。
なぜなら、中国のマイニング会社などの組織がビットコインの発掘をほとんど行ってしまっているため
ビットコインの発掘は個人でやるのは太刀打ちできそうにありません。

もし、あなたがマイニングをやってみようと思いであれば、
アルトコインがいいのではないでしょうか?

実際にPACという仮想通貨のマイニング報酬は、
一日数千円という積み上げればバカにならない金額を受け取れます。

しっかりと戦略的に行っていけば、
不労所得の夢ではないかもしれません。(*´Д`)

最後に

今回は「仮想通貨って何?」というまったく知らないあなたから
「仮想通貨で取引を始めようと思っているけど、
難しい用語がたくさんあってわからない」というあなたまでわかるよう
これさえわかれば大丈夫という初心者の為の用語を見ていきましたが

少しはわかっていただけましたでしょうか。

私も仮想通貨をはじめたばかりの時はまったくわからなかったのですが、
すこし用語がわかると楽しくなってきました。

それに、取引きを始めるとまた知らない用語がでてくるのでが
取引きをするとだんだんわかるようになってコツもつかめるようになります。
慣れるより慣れろ」ですね。

まだわからないな・・・・というあなたは
仮想通貨の用語がわかると取引も楽しくなってくると思うので
ぜひ繰り返し読んでみてください。

あなたも私と一緒に仮想通貨の世界を楽しんでみませんか?
もしわからないところがあっても一緒に頑張っていきましょう~(≧▽≦)

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top