ホーム仮想通貨基礎知識大注目の取引所「ビットフライヤー」の特徴や使い方は?
えりな

大注目の取引所「ビットフライヤー」の特徴や使い方は?

ビットフライヤー,取引所,使い方

仮想通貨を取引を始める大切になるのが「取引所選び」。でもいっぱいあってどれを選べばいいかわからない時がないですか?そんなあなたに今大注目の取引所「bitFlyer」の特徴や使い方についてまとめました。ぜひこれから取引を始める際の参考にしてみてください!

どうもっ!えりなです!

去年から、仮想通貨への注目が集まってみなさんの中にも

「仮想通貨初めてみようかな…」
と思っている人がいると思います。

そんなあなたがまずぶつかる壁が「取引所選び」だと思います。

現状、仮想通貨を取引する際には取引所を利用するのが普通です。

でも

「取引所って色々あってどれを選べばいいかわかんない!」
「なんか手続きとか色々めんどくさそう…」

と思われている方も多いと思います。

その気持ち、本当によくわかります!

私自身も仮想通貨で投資を始める時に、取引所選びに本当に苦戦しました…(:_;)

「結局、どれを選んでも一緒なんじゃない?」

と思っていましたが、やっぱり取引所選びは
今後仮想通貨を取引しようと考えているあなたにとってとても重要なところです!

そんな中でも私が最近使っている取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。

ビットフライヤー,取引所,使い方

実はこの取引所、今とっても注目されているんです。

今回は、そんな大注目の取引所ビットフライヤーの特徴や使い方についてまとめてみました。

今取引所選びに迷っているあなたも、
これから仮想通貨の運用を考えているあなたも、
ぜひ今回の記事を読んで、取引所選びの参考にしてみてください!\(^▽^)/

ビットフライヤーとは

ビットフライヤーは、2014年1月に設立された日本の取引所で、現在では日本最大級の仮想つか取引所になっています。


最近では、「ビットコインはビットフライヤー」というCMでもお馴染みになりました。

ビットフライヤーの概要


会社名
株式会社bitFlyer
設立2014年1月9日
資本金41億238万円
代表取締役加納裕三
取締役CTO小宮山峰史
本社所在地
東京都港区赤坂3-5-5 ストロング赤坂ビル8階

運営しているのは「株式会社bitFlyer」で、2014年1月9日に加納裕三氏によって設立されました。

またビットフライヤーには、私たちも聞いたことがあるような大手企業が出資しているんです!

例えば、リクルート、電通デジタルHD、三菱UFJキャピタル、
GMO、SBIインベストメントなどがビットフライヤーに出資しています。

ということは、大手企業も将来性を見込んでビットフライヤーに投資しているということですよね!

ですから、ビットフライヤーの将来性は十分あると考えることができます。

その証拠に、ビットコインの取引量は日本で1番多いですし、利用者からの信頼もとっても高いんです!

ビットフライヤー,取引所,使い方

ビットフライヤーの大きな特徴

そんな今注目されているビットフライヤーですが、大きな特徴は3つです。

①取引量が日本一

ビットフライヤーは取引量が日本一です。

なので、多くの売り買いの注文があるので売りと買いの幅が狭くて成約しやすいんです!

②信用取引でレバレッジが最大15倍

ビットフライヤーでは、信用取引をビットコインで行うことができる
「bitFlyerLightning」というサービスを提供しています。

この信用取引でのレバレッジは最大15倍なので、少ない資金でも大きな利益をうむ可能性があるんです!

③ビットコイン決済ができる

「bitWire」というサービスを使えば、ビットコインを使って決済ができます!

また、サイトの運営者が決済システムとして導入することもできます。

ビットフライヤーが取り扱う仮想通貨

ビットフライヤーでは、「Bitcoin(ビットコイン)」「ethereum(イーサリアム)」
「litecoin(ライトコイン)」「MONAcoin(モナコイン)」の、4種類のコインを取り扱っています。

ビットフライヤー,取引所,使い方

アカウントについて

実際にビットフライヤーを使っていくとき、その使い方を知っておいたほうがいいですよね!

ビットフライヤーを使うときはまずアカウントを作る必要があります。

ビットフライヤーのアカウントは
「Facebook」「 Yahoo! ID」「Google」のアカウントがあれば簡単に作れるんです!

しかし、アカウントにはちょっとした違いがあります。

アカウントのクラス

ビットフライヤーのアカウントは、「ウォレットクラス」「トレードクラス」という2種類のクラスに分かれています。

上であげた3つを使えばアカウントは簡単に作れます。

でも、そのアカウントはウォレットクラスの状態で、この状態では利用できるサービスに制限があるんです。

なので、

「サービスを制限なく使いたいよ!」
というあなたは、トレードクラスにアップグレードする必要があります。

トレードクラスへのアップグレードは、
「本人情報のご登録」「本人確認資料のご提出」「取引目的の確認」「書留郵便の受取」
の手順を全て完了したらアップグレードできます!

下に、ウォレットクラスとトレードクラスの違いをまとめたのでぜひ参考にしてみてください!

クラスウォレットトレード
仮想通貨の預入/送付
仮想通貨購入/売却
日本円の入出金
Lightning Futures
Lightning 現物
Lightning FX
bitWire/ビットコイン決済
利用制限最大仮想通貨送付

/決済額10万円

制限なし

手数料について


アカウント維持無料
ビットコイン売買
取引所
0.01~0.15%
Lightning
販売所しばらく無料
アルトコイン売買
Lightning0.20%
販売所しばらく無料
ビットコイン送付手数料※bitWireを除く0.0005BTC
bitWire利用手数料無料
ビットコイン販売/買取単位0.00000001BTC(=1satoshi)

販売所で購入するときにかかる手数料は、今のところ無料でビットコイン取引とLightning FXを利用できます。

ただこれは期間限定で行われているものなので、手数料が無料の今のうちに買っておいた方がおトクということですね!

ビットフライヤーのもつサービス

ここからは、ビットフライヤーのサービスについてさらに知っていきましょう!

bitWire SHOP

「bitWire SHOP」はビットコインを利用した決済を導入するためのサービスです。
あの有名なビックカメラが導入したことでも知られているサービスなんですね。

ビットフライヤー,取引所,使い方

実店舗でもECサイトでも導入することができます。
クレジットカードを導入するより手数料が安いので、導入するお店も今後さらに増えるかもしれません。

ビットコインを送金するときは、送金手数料がかかります。
でも、bitWireで決済するときは手数料はかからないんです!

また、利用者側がビットコイン決済で余計な手数料を支払うこともなく
「購入代金+税金」以外に支払う必要はないんです!

ビットコイン決済で支払ったコインは、最短で翌日に振り込まれます。

ビットコインの価格変動のリスクを避けるために、
ビットコインを受け取ると同時に自動で売却する設定にしておけば、
ビットコインでの売り上げを円で確定できるので安心して利用できますね!

ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightning)

「bitFlyer Lightning」は簡単に言っちゃえば、ビットフライヤーが運営している先物取引所のことです。

ビットコインなどの普通の取引とは別に、
「信用取引」、「FX」、「先物取引」、さらにイーサリアムの現物の取引ができます。

現物取引では日本円でビットコインを買えたり、
持っているビットコインを売って円に換えることもできるんです。

ビットコインのFXでは、証拠金の最大15倍のレバレッジを効かせて取引できます。
そのチャートもFXに精通した人にもとっても見やすいようになっています。

補償がある

2016年5月に香港の「Gatecoin」から2億円相当のBTCと ETHが盗まれたり、
同じ年の8月には「Bitfinex」から60億円相当のBTCが盗まれるといった事件がありました。

最近では1月に「CoinCheck」から大量のネムが流出したニュースもあったし、
まだまだ仮想通貨を取引するときに不安がありますよね…

ビットフライヤーでは、三井住友海上保険と共同で開発した保険に入っていて、
ハッキングなどの外的な要因による損失が起きたら、補償してもらえる可能性もあるんです!

ビットフライヤー,取引所,使い方

アプリがある

ビットフライヤーにはアプリがあってandroidでもiOSでもどちらでも使えます。

このアプリを使えば、取引所でビットコインの売買ができて、
販売所ではビットコインやイーサリアムの購入や売却もできます。


ライトコインやモナコインの対応はまだなんですけど、他にも送金や受け取りをすることもできるんです。

ウォレットはマルチシグネチャに対応していて、セキュリティが高いこともメリットですね!

「マルチシグネチャ」とは、秘密鍵が複数に分けられていて、
アクセスするためには一定数以上の鍵を合わせる必要があることを言います。

アルトコインの取り扱いがまだ少ないので、チャートを見比べたりするのには向いてないんですけど、
取引も販売所も使えて随時アップデートもされてるので取引所のアプリとしてはとっても優秀なアプリですね!

まとめ

いかがでしたか?

他の取引所にはないメリットや、補償の多さもあって
ビットフライヤーは本当に安心して利用できる取引所だと思います。

先ほども言いましたが、トレードクラスになって初めて取引所で取引できます。

ですから、ビットフライヤーの使い方を押さえてしっかりと運用できるようにしておきましょう!

まずは本人確認書類を登録して、少ない額から取引してみるといいと思います!

これから仮想通貨の運用を始める人もまずはビットフライヤーから初めてみるのもありですよ!

ビットフライヤーの特徴や使い方をマスターして、ガンガン稼いでいきましょう!

ビットフライヤー,取引所,使い方

いよいよ春。
ということは憎いあの花粉がやってくる…

今年も花粉に苦しめられることになりそうです☆≡(>。<)くしゅんっ!
皆さんも気をつけてね!

ではまた!-~)ノ~~ ジャネ

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top