ホーム最新ニュース2018年に爆上げ予想の仮想通貨とは?
はるか

2018年に爆上げ予想の仮想通貨とは?

2018 仮想通貨 0

ブロックチェーン技術っていう技術で作られている仮想通貨は、「通貨」という役割の他にも、ひとつの通貨に個人認証や商品管理などいろいろなプロジェクトが組み込めるようになっているんです。

むしろ通貨の投資としてよりも、世界のいろいろな既存のシステムをがらっと変えてしまうような可能性を秘めているんですよ。
その中でも2018年の前半にキそうな銘柄を5つ、ご紹介しますので、注目してみて下さいねっ。

どうも、はるかです!日差しもようやく春めいてきましたね。私の春はどこまで来ているのかな。

ところで、2018年に入ってからダダ下がりの低迷を続けている仮想通貨市場。せっかく意気揚々と「一財産作ろう!」と仮想通貨を始めた人にはタイミングは最悪ともいうべき時期ですよねえ。

仮想通貨市場がダダ下がりでも、希望は捨てないで!ブロックチェーン技術っていう技術で作られている仮想通貨は、「通貨」という役割の他にも、ひとつの通貨に個人認証や商品管理などいろいろなプロジェクトが組み込めるようになっているんです。

むしろ通貨の投資としてよりも、可能性を考えれば、消えるどころか、世界のいろいろな既存のシステムをがらっと変えてしまうような可能性を秘めているんですよ。
その中でも2018年の前半にキそうな銘柄を5つ、ご紹介しますので、注目してみて下さいねっ。

2018爆上げ予想仮想通貨・LISK(LSK)(取扱取引所:Binance/Bit-Z)

仮想通貨,2018

本来ならば、税理士さんなどが契約書の作成、発行をしていたのですが、この仮想通貨では、「契約の自動化」をコインの中に組み込むことができて、保存もできるという「スマートコントラクト」という機能を持っているんです。

それに加えて、例えばハッキングなどの問題が起こった場合に開発者がコントロールできる「サイドチェーン」という技術も備えている仮想通貨なんです。「分散型アプリケーションプラットフォーム」というのですが、今までと違ってコインにいろいろな機能を持たすことができるんですね。それによって、面倒な手続きも省くことができそうです。

爆上げの注目ポイントとしては、このLISKというコインは、Core1.0.0へのアップデートで、2月20日にリブランディングをしたので、2018年2月現在ちょっと相場が上向き加減の銘柄です。

このような理由から、2018年2月初頭で2,000円ちょっとの価格なのですが、近い将来、10,000円は超える価格になる仮想通貨なのではないかと予想されています。

日本ではビットフライヤーなど、一部取引所で販売していますが、Binanceなどの海外の取引所での購入のほうが、手数料がぐっと安いのでおすすめです。2,000円とまだまだ手の届く価格のうちに沢山仕込んでおけば、大きな金額になってくれそうですね。

 

2018爆上げ予想仮想通貨・Ve Chain(VEN)(取扱取引所:Binance)

仮想通貨,2018

中国発のコインで、真贋判定のためのプラットフォームを組み込んだ仮想通貨です。ブランド品などの偽物が多い中国での、「流通の革命」として起こったプロジェクトです。

こんなコインがあれば、もう中国の観光ガイドさんに「中国ニセモノ天国!」なんて満面の笑みで言わせないですよね。安いからと言って中国から買ってきたブランド品がニセモノだったなんて、悲しいですもんね。税関で没収されるのが目に見えていますし、売った方だって見つかれば犯罪ですものね。出るべくして出たまさに2018年には中国の「流通革命」になりそうなコインです。

その方法とは、仮想通貨とともにブロックチェーンの技術を利用したNFCを商品に内蔵させ、その商品がどう流通しているかをスマホのアプリで簡単に調べることができるプロジェクトなんです。NFCってあなたや私のスマホの中にも入っている「かざして通信」する技術のことなんですよ。

このようなシステムがあれば、ニセモノを鑑定鑑定する鑑定士さんなどが不要なので、スマホのアプリだけで管理ができるんです。とっても画期的だと思いませんか?

この仮想通貨も2/26にリブランディングをしたので、2018年2月末、時価総額価格は高騰気味です。また、すべての家電やPC、スマホなどがインターネットで繋がる、IOT(インターネットオブシングス)関連銘柄なのも期待値が高いですね。

2018爆上げ予想仮想通貨・Bytecoin(BCN)(取扱取引所:HitBTC, Poloniex)

仮想通貨,2018

BCNという仮想通貨は、世界で最初に「Crypto Night」という匿名性にすぐれたシステムを導入した通貨です。

匿名性に優れたとは、「個人情報が漏れない」という意味で、すでにDASH(ダッシュ)やKomodo(コモド)、Monero(モネロ)、Zcash(ジーキャッシュ)などが有名です。

仮想通貨の中でもパイオニア、先駆け的なコインで人気がありますが、2月6日に「Public new API」のβ版をリリースし、なおかつ3月20日には、新ウォレットをリリースするため、新しい機能が備わり、高速同期のブロックチェーンを利用できるようになるんですよ。

ビットコインなどは、高速での取引が問題視されていますが、こうしたサクサク送れるコインっていいですよね。この仮想通貨も2018年に大きく値上がりが期待されています。

2018爆上げ予想仮想通貨・walton(WTC)(取扱取引所:Binance)

このWTCという仮想通貨は、おなじみの「ブロックチェーン」技術を用いていて、スマートコントラクトを用いた「RFID技術」の統合を目指すプロジェクトなんです。

これは、ID情報を埋め込んだRFタグから電波を用いた近距離の無線通信によって情報の取得が可能です。なんだか難しそうですが、アパレル君が棚卸しのときに商品に向かって「ピッ」とやるあれです。

RFID技術は、タッチするだけで改札を通れるSuicaや、チケットを購入してカードをかざすとゲートが開くスキー場のリフトカードのような私達の生活の身近に使われているものに近いと思ってくださればいいですよ。

この仮想通貨も2月末に「マスターノード」の詳細が発表される予定で、運用もスタートします。一定のコインを長く持っているとう優遇されるという、長期の保有者への優遇制度があります。

その為、大口の買い注文が入ることが予想されるので、価格も上昇しやすいのではないかと予想されているんですよ。はるかも、まだ具体的な予定はないけど、結婚前にもう一度、ミッキーに会いにカリブ海に行きたいのでその費用をこの仮想通貨にかけてみようかしら。

2018爆上げ予想仮想通貨・CoinDash(CDT)(取扱取引所:Binance、HitBTC他)

このCDTという仮想通貨は、通貨のアドレスを入力することで、自動的に価格や数量を記録することが可能なんです。そのため、仮想通貨の管理や投資先選定ができてしまいます。

「ポートフォリオ管理アプリ」と呼ばれるプロジェクトを組み込んである仮想通貨なんです。通貨の中にいろいろ組み込むことができるなんて、「ブロックチェーン」ってほんとにすごいですよね。いままでの通貨の常識がほんとうに覆ってしまいます。

また、通貨の種類や数量、価格など、リアルなトレード情報を配信する「シグナルトレード」やスマートコントラクトの機能を使って、フォローするトレーダーのトレードをスマートコンピュータで自動売買できる「コピートレード」などの機能も実装予定なんです。

手動でのトレードよりもとても売買やトレードの管理が簡単になりますので、仮想通貨初心者の人にもほんとうにおすすめのコインですよ。

2018年2月中旬にプラットフォームはリリースされたのですが、「売り」となるプロダクトがない暗号通貨が多いなか、こうしたサービスを「プロダクト」として提供できるということは高い評価に繋がります。2018年の爆上げ候補コインということになりますね。

まとめ

2018年に爆上げしそうな仮想通貨をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

どのコインも「通貨」という機能の他に、ブロックチェーン技術を使った特徴のあるプロジェクトが組み込まれているのに注目をせざるを得ませんね。個人的には、中国発の仮想通貨で、真贋判定のプロジェクトを組み込んだVENに注目しています。

また、コインを自動で売買してくれるスマートコントラクト技術を組み込んだ、CDTもすごいですよね。なんだかどんな未来になるのか、あまり理解できていないんですけど、今の金融市場や流通市場とは360度変わった世界になりそうですね。あれっ?180度だっけ?

【この記事を書いた女子会メンバー】

はるか
仮想通貨は初心者です!「仮想のお金ってなに!?」と話題に興味が惹かれて仮想通貨始めました。最近友達が結婚し始めてさみしい・・・。結婚っていいなぁ・・
はるかの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top