ホームアルトコイン実際にやってみた!「はじめてのエアドロップ」そのやり方とは?
はるか

実際にやってみた!「はじめてのエアドロップ」そのやり方とは?

仮想通貨,エアドロップ

仮想通貨が世に出る時、プロモーションがわりに少額か無料でくれるコインが「エアドロップ」です。そのエアドロップのやり方を、実際の体験にもとづいてご紹介したいと思っています。英語サイトが多いですが、コツをつかめばクリアできますよ!

仮想通貨,エアドロップ

こんにちは!仮想通貨の知識欲が、まるでチーズフォンデュのように煮えたぎっているはるかです!もっと新しい仮想通貨のことを知りたくてたまらないんです。

もちろん知識だけじゃなくって実際にやってみないとダメなのはわかってるんですけどね(笑)

さて仮想通貨をやっている皆さんなら聞いたことがあるワードだと思いますが「エアドロップ」って知っていますか?

皆さんの中には、やったことがある方もおられるかと思います。

はるかはこのところ、「草コイン」に力を注いでいるんですが、仮想通貨って、まず創設されてからクラウドファンディングみたいに、その趣旨に賛同する人から資金を募って取引所に上場しますよね。

その時に宣伝の意味を兼ねて、日本円にすると200~800円程度程度のコインを無料でくれることがあるんです。これを「エアドロップ」って呼んでいます

レインドロップじゃないですよ。レインドロップじゃ雨粒ですからね!大空からコインが降ってくるイメージですかね。


でもエアドロップって外国だし、英語だし、ハードル高い!って思ってませんか?

ここではこのエアドロップの参加の仕方を実際の体験にもとづいてご紹介したいと思っています!

そもそも、仮想通貨の「エアドロップ」って何?

仮想通貨,エアドロップ

では、まずエアドロップって何?からいきますね。


先程もちらっとご紹介しましたが、仮想通貨が世の中に出る時に、宣伝(マーケティング)の意味を込めて無料でばらまく、いやプレゼントしてくれるものなんです。

または、特定の取引所で対象のコインを持っている人に無償でくれるケースもありますが、ここでは自分から参加するタイプのエアドロップを説明しますね。

その金額は数百円に満たないものですが、ゆくゆく上場して価格が爆上げしたら、と思ったら夢がありますよね。

仮想通貨界でも有名なあの人やあの人もよくTwitterでつぶやいていますよね。エアドロップの情報を入手するにはSNSはとてもいいツールです。

でもタダでもらえるからって、手放しで喜ぶのはちょっと早計で、登録の時に入手したメールアドレスやSNSアカウントに、広告などが送られてくることもあります。

それに毎年何百というエアドロップが行われいて、数撃ちゃ当たる感覚で参加している人もいますが、中には登録を済ませ、条件を満たしているのに一向にコインをくれる気配がないところもあるようです。

こんなことを言うと、とーってもハードルが高いことのように思われますが、慣れちゃうとそうでもないんですよ。

それにエアドロップが行われる通貨のプロジェクトの趣旨などを読んで、
へえ、仮想通貨のスマートコントラクトっていう技術ででこんなプロジェクトを組み込めるんだ!
と知ることができたりするのが楽しいですよ。

エアドロップの小さなマイナス面に目を向けるより、これから社会を変えるようなわくわくするようなプロジェクトに目を向ける方をおすすめしますね。

もっとも、エアドロップが行われるサイトは英語がほとんどで、英語読めないやと思われる方も多いかも知れませんが、通貨名をインターネットで検索すると、誰かが訳してくれていますから、だいたいの趣旨はわかりますので大丈夫です(笑)

「エアドロッパー」必携ツールとは?

では、エアドロップに参加するのに必携のツールとは何でしょうか?

・メールアドレス

メールアドレスは誰でも持っていると思いますが、エアドロップに使うものは、普段使いのものではなく、新しく作ったものがおすすめです。

その理由はセキュリティー観点と、運営側から広告などが大量に送られてきても困らないためです。

・イーサウォレットのアドレス

ほとんどの仮想通貨エアドロップがイーサリアムトークンです。

そのため、「My EtherWallet」(マイ・イーサウォレット)のアドレスを求められることが多いです。日本語対応していますので安心感が違います。

時々「ん?」な部分の翻訳もありますが、ひとりで複数の「お財布」が作れるのは大きなメリットです。イーサリアムのお財布にお金をチャリーンと入れてくれるイメージですね。

イーサウォレット(MyEtherWallet)の使い方はさおりんが解説してるのでこちらからどうぞ!

また、中にはMetaMaskやEidooのアドレス指定のところもあるようです。

・TwitterなどのSNSアカウント

「エアドロップをSNSでシェアしてください」または、Twitter、Facebookでフォローして下さい、と言われる場合が多いです。

Twitter、FacebookなどのSNSアカウントがない人はこの機会に作っておきましょう。

・Telegram, Discord, Slackなどのメッセージアプリ

エアドロップでは特に「Telegramのディスカッションに入って」と指定されることが多いです。

Telegramとは、Facebookで言えば「メッセンジャー」のようなメッセージツールでアプリもありますので、入れておいて損はないでしょう。海外ではこちらのほうがスタンダードになっているようです。

Slackを指定されることもありますが、
これは日本でも業務で使ったりする会社もあるようです。

どうやって情報を仕入れるか?

さあ、もうあなたはエアドロップをやる気満々ですよね。

でも
エアドロップってどこでやってるの?
どうやったらもらえるの?
って疑問が湧いてきませんか?

もちろんエアドロップが行われるのはネット上です。
通貨も、お財布もデジタルですので、そのままではなーんにも見えません。

まずは情報を仕入れるところからです。

よくある「仮想通貨ニュース」のようなニュースでもエアドロップの情報はよく配信していますが、Twitterなどで「エアドロップ」と入れて検索すると、沢山出てきますよ。

もちろん日本語で入れると日本語サイトが表示されますので、こちらのほうが安心感があります。

でも英語で検索してみたかったら、AirdropAlert.comまたは、CRYPTO Airdropsがおすすめ。どちらもTwitterですね。

では、実際にやってみよう。

では、実際にエアドロップに参加してみます。

まずは、超簡単な入門編から。

UNIZON

保険の原点に還る相互扶助プロトコル。

ブロックチェーン技術、P2Pネットワークを駆使するインシュアテック(保険にテクノロジーを適用すること)は、仮想通貨の特徴である中央集権的な機関でなく、「分散化」されて管理されているため、徴収した保険料や支払保険補償額、また残高はいつでも見ることができるのが特徴です。

また、保険の企画者が加入者になれると同時に、加入者が保険の企画者にもなれるところがユニークなところです。

こうした保険業界を根底から変えそうな仮想通貨プロジェクトはよくあるようです。こうした仮想通貨が一般的になると、保険業界も激変しそうですね。

このUNIZONは2018年3月18日からプレセールがはじまるようです。エアドロップはなんと8$分にあたる40UZNが貰えてしまいます。これはエアドロップでは高額な部類なのではないでしょうか?(ただし残念ながらエアドロップは3月15日で終了)

まず、UNIZONのサイトに行き「AIRDROPに参加して40UZNを無料獲得」をクリックします。

新規会員登録をすると、メールが送られてきますので、メール内のURLをクリック。

必要事項をフォームに記入して登録ボタンを押します。

これで、すでにエアドロップは完了しており、自分の個人ページにエアドロップで貰った額が表示されています。

サイト自体も日本語なので、とても楽々です。

こんな難なく終了するエアドロップもあるんですねー、という感じです。

いつもこんな簡単なエアドロップだけだといいのに!
と思ってしまいますが、なにせお金を貰うのですからそれなりの代償は払わなくてはならないのでしょう。

こんな簡単なエアドロップはむしろレアです。

ETH Town

バーチャル不動産建設ゲームのようなプロジェクトで、あなたはクリプトビジネスタワーの暗号会社のフロアを買う不動産業者です。

あなたの考えた価格を打つことで大きな利益が得られ、フロアをうまく買うことで、投資家クラブの全フロアと会員資格が得られるというゲームです。

ETH Townのサイトに行き登録をするとメールが届くので、それにETHアドレスを入れる。

4桁のアルファベットのパーソナルコード(メールにあり)をTwitterかFacebookでポストします。
もちろん、フォローも忘れずに!

Twitterの場合は https://eth.town また、Facebookの場合は、https://fb.me/eth.town のアドレスを入れるのを忘れずに、自分のタイムラインでつぶやいて下さい。

4桁アルファベットのパーソナルコードをTwitterでつぶやく、って謎の行動ですが、運営側が参加者を識別することができるために必要なのでしょうね。

まずここまでは、割に簡単ですよね。では次ちょっとハードルの高いものを行きましょう。

Invox

請求書ソリューションのプロジェクトで従来の請求書に革命を起こすような壮大なものです。

このプロジェクトは例えば不動産であるなら、買い手、売り手、投資家、サービスプロバイダーなどの間の信頼を確立する透明で公明正大な請求システムを創り上げるプロジェクトです。

仮想通貨のスマートコントラクトの分散した台帳のおかげで、トランザクションが確実に実施されるために、請求書の情報が安全であることが保証されます。

このプラットフォームを使うと、従来の紙の請求書のように、買い手と売り手が共謀して、財務担当者を欺くといったような問題を解決することができます。

まずは、INVOXのぺージに行き、「Join INVOX teregram」から、テレグラムグループ(メッセンジャーのようなもの。アプリあり)に参加。(PCのブラウザではなぜかアクセスできないのでスマホアプリがおすすめ

テレグラムに入ったら、氏名、メールアドレス、イーサウォレットアドレス、テレグラムのユーザーIDなどを、フォームに記入後、ICOが終わる(2018年4月10日)まで、参加状態にしておきます。

イーサウォレット、テレグラムなどのアカウントが必要となり、さらにハードルが高くなりましたね。

それにしてもテレグラムに入って4月10日まで参加状態にしておく、ってちょっとなじみがないだけに大丈夫なのか?と謎が残りますねえ。でもこれで完了しているようです。

フォーラムに参加しているだけで、エアドロップがもらえるなんてなんだか不思議な感じですね。新しもん好きのはるかは、ぞくぞくしてたまらないです。それに英語のフォーラムに参加するって感覚がなんだかインターナショナルでいいですよね。

Pump and Hold

Pump and Holdは日本語では風説の流布、すなわち仮想通貨の世界においては「虚偽の情報を流すこと」を意味します。Pump and Holdはそんなことさせないぞ、一緒に億り人になることを目標としたプロジェクトです。

まず上記サイトにアクセスして、「Join us on Telegram」のバナーから登録フォームに飛び、名前、ユーザー名、テレグラムのユーザー名、イーサウォレットのアドレスを記入します。

そして別途Facebookのメッセンジャーのようなメッセージアプリである「テレグラム」に参加します。
PCからだと、ブラウザによってはアクセスできないことがあるので、ここからはテレグラムのスマホアプリがおすすめです。

そうすることで2000 PNHD、さらに友だち登録すると3000PNHDが貰えます(日本円ではいくらなのかイマイチ不明)

このエアドロップでもテレグラム、さらにイーサウォレットが必要となります。さらに高額のエアドロップに参加するには、あまりなじみのないテレグラムで「友だち登録」しなくてはならず、かなりハードルが高いですね。でも、エアドロップをやり慣れてくると、難なくこなせるようになっちゃいますよ!

まとめ

ここでは、仮想通貨エアドロップについてご紹介しました。

プロモーション目的だとは言え、数百円程度の仮想通貨をタダでくれるとは気前がいいですよね。ただし、エアドロップは期間限定とか人数限定などもあるので、見つけたら早めに登録するのがいいですよ。はるかもすっかりエアドロップおたくとなってしまいました。

プロモーションとは言え、タダでコインをくれるのはすごいと思いますね。もっとも、タダでくれるから、という理由でやるのはもっともな動機で、オイシイ話なんですが、いちおうはお目当てのコインのことを調べてから登録しましょうね!

方法としてはコインマーケットキャップなどのサイトで、リストの下の方にある草コインの24時間以内の取引高を調べます。

ついでに過去の取引高も調べてみましょう。安定した取引高があるようなら、将来有望なコインかも知れませんね。あるていどまとまった量を買ってガチホ(長期に渡って保有すること)しましょう!

まるで、草野球の選手がある日いきなりワールドカップに出場するみたいに、自分が目をつけた仮想通貨がメジャーになる日がくるといいですね!

【この記事を書いた女子会メンバー】

はるか
仮想通貨は初心者です!「仮想のお金ってなに!?」と話題に興味が惹かれて仮想通貨始めました。最近友達が結婚し始めてさみしい・・・。結婚っていいなぁ・・
はるかの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top