ホームアルトコインはじめての「草コイン」購入ガイド
はるか

はじめての「草コイン」購入ガイド

草コイン,注目

一単位あたり1円以下の仮想通貨は「草コイン」と呼ばれるのですが、突然100倍、1000倍、ものによっては10000倍になることも!!今回はある日突然巨額の財産になることもあるということで注目の草コインの買い方をご紹介します!

草コイン,注目

こんにちは!まわりの女子が次々と片付いていくのを横目に、面白そうな草コインに夢中な「珍しもの好き」女子のはるかです。注目草コインの上がり方が激しいと私のテンションの上がり方も激しくなる傾向にあるようです。なんだか、感情が草コインに支配されてるみたいで、変ですね!


改めて、皆さんは草コインって聞いたことがありますか?

仮想通貨はビットコインとその他のコイン(アルトコイン)に分けることができるっていうのはご存知ですよね?海外の取引所などに行くと、アルトコインも
1円未満で買えるような「草コイン」というコインがあるんですよ。

さらにその草コインが志ある人たちの手によって生まれて、取引所に出る前には「エアドロップ」と言って、宣伝のためにコインをタダでくれることもあるんです。タダでコインをくれるなんて、気前が良すぎますよね。

しかも、くれる金額は500円以上のこともあるんです。500~800円など、数百円の価値かもしれないけど、注目されて将来的に値上がりする可能性も大いにあるので、もらっておいて損はないと思います。

それになんといってもタダ!「草コイン買ってみたいけど、ちょっと自分のお金を投資するのは恐いな」って時にも、単価が安いから気軽に投資できるのが嬉しいですよね。仮想通貨初心者の人には、まず単価が安いので、おすすめです。買い方の練習にもなりますよ。


余談ですが、海外ではこの「エアドロップ」を本業にしている人もいるんですよ!すごいですね。

ここでは、草コインって何?からはじまって、海外取引所での草コインの買い方についてご紹介しますね!

「草コイン」って何?

草コイン,注目

仮想通貨をはじめたばっかりの人ってたいてい「ビットコイン」から買うんじゃないかしら。でも最近ではXPというコインで億り人が出たのを見て、初心者でも「草コイン」から買ってみる、っていう人も増えているようですよ。

はるかは、仮想通貨はビットコインからはじめたんだけど、順調に上がり続けた2017年とは違い、2018年になってからは乱高下も激しくてなかなか資金が増えないので、ついに「草コインに手を出してしまいました。「草コイン」はビットコインやイーサリアムみたいに安定した上がり方はしないんですが、突然上がったりして、その上がり方もすごいんです。競馬でいうと、本命を買わずに大穴狙いってとこですね。でも、それぞれに個性的はキャラがあって、なんだかキャラクターを育ててるみたいで楽しいんですよ。

草コインとは、草=麻薬のような中毒性がある、Shit=ク○コインという意味も含んでるんです。だから、あまりガッツリ資金を投資するのは危険だけど、注目されて当たれば数倍どころか、数百倍、数千倍にも増えたりするんですよ。でも前評判がよくても、取引所に上場してもまったく上がらないコインもあるし、上場できないコインもある。それだけに、注目コインのリサーチも重要になりますねー。

「草コイン」はいろいろな可能性を含んでいる

草コイン,注目

そもそも仮想通貨ってビットコインの他のコインはアルトコインって呼ばれているのってご存知ですよね?その中でも草コイン明確な定義はないんですが、時価総額ランキングも200位以下、価格も1円以下のものを指すようです。

海外取引所で売られているので実際は「円」では表示されておらず、対ビットコインやイーサリアムで書かれていることが多いです。「円」や最低限、米ドル表記でないと、「いったいなんぼやねん」と突っ込みたくなりますよね。

ほんとうは、日本で注目されているコインはすでに「草コイン」とは言えないんですが、有名になってない、これから注目されるコインを探すのって、相当にハードル高いですよね。

ちなみにほんとうに無名な草コインを買うなら、価格が50円以下で、24時間以内の流通量(ボリューム)が50BTC以上、流通量が9桁以上のものなら要チェックです。気になるコインがあったら、その注目コインのHPへ行って、コインの趣旨などが書かれているホワイトペーパーを読んだりして研究しましょう!このホワイトペーパーは日本語に訳されているものもあるので、そういうコインは買いやすいですね。

何故「草コイン」は種類が多いの?

そもそも、仮想通貨の「草コイン」に、なぜこんなに種類があるかというと、イーサリアムなどの仮想通貨に使われている「スマートコントラクト」という技術で通貨という用途の他にもゲームの要素を組み込んだり、難民キャンプの個人認証や中央集権抜きの仕事取引、保険の契約者が保険の設計者になれるなど、保険のあり方を変える、スマートコントラクトという仕組みに不動産などの契約書を組み込むなど、それぞれ「目的」があるのです。それゆえに、その趣旨に賛同した人の注目を集めるというわけですね。

しかし、草コインの中には残念ながら最初から上場して、値上がりするのを狙っていない、いわゆる詐欺目的のものも多いのですが、こうした意識とテンションが高く、既存のシステムを打破し、まさに世界を変えるような目的で作られているものもあるのです。でもこうして仮想通貨で世界が変わっていくのは、まだだいぶん先だと言われていて、今はほんの黎明期にすぎないようですよ。

草コインは日本のメジャーな取引所では売られておらず、香港のBinance(バイナンス)や日本の取引所なんですが、国内でもあまりCMなどをやっておらず、知る人ぞ知るQUOINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)という取引所などで販売されています。

やはり取引所は日本の取引所がいいですが、草コインの数からいうと、やはり海外の取引所に勝るものはありません。その数も比べ物にならないんですよ!そこで、海外の取引所で世界一の取引量があると言われるBinance(バイナンス)での草コインの買い方をご紹介しましょう!

まずは、Binance(バイナンス)に口座を開設!

では、まず第一にBinance(バイナンス)に仮想通貨の口座を開設しましょう。日本の取引所では、まず口座を作り、身分証明書などを送って承認され、ハガキが送られてきてから晴れて仮想通貨の取引ができますよね。

Binance(バイナンス)では、なんと身分証明書を送らなくていいのです。そのため、口座を開設したら、即!取引ができますよ。日本の取引所みたいに、口座開設してから、何日も待たされたりすると、購入意欲も萎えてしまうことってありますよね。でもこのバイナンスでは、慣れている人ならほんの数分で取引ができるのがすごいですね。買いたい時に即!注目コインが買えるのが嬉しいポイントです。

しかし、Binanceでは日本円には対応していないため、いったん日本の取引所でビットコインなり、イーサリアムなりを買ってからBinance(バイナンス)に送金するという形になります。いきなりハードルが上がりますよね。でも、順を追ってひとつひとつやっていけば大丈夫!ちょっと天然なところがある、はるかもすぐに慣れたので、すぐに慣れるから大丈夫ですよ!

まず、バイナンスのサイトに行きます。スマホアプリはあるのですが、残念ながら現在のところ、iPhoneでは承認されたアプリではないので、使えません。「iPhoneに承認されないアプリって何だよ!」って、また突っ込みたくなりますが、よってスマホ、PCともにブラウザで取引するしかありません。でも、アプリになれた身では、ブラウザ取引って以外に新鮮なんですよ。

このBinance(バイナンス)のサイトは、Google翻訳で日本語にもできるサイトなので、日本語にしておきましょう。時々「ん?」って感じの翻訳もありますが、そこはご愛嬌です。「登録」または「アカウント作成」で、口座を作ります。

次に二段階認証です。サイトの右上「人物マーク」から「ユーザーセンター」をクリックして「Google認証」を設定します。セキュリティーにはガッツリと力を入れている感じに注目ですね。

実際、バイナンスを使っているとログインするたびにスマホにSMSが送られてきてパスワードを入力するとか、スライドして、ジグソーパズルのワンピースを入れる形の認証システムがあるのですが、これは日本の取引所にないようなセキュリティーの方法ですね。

いよいよ注目の草コインをバイナンスで買う!

それではいよいよバイナンスで、これから注目されそうな草コインを買ってみます。まず、バイナンスのトップページを見てみましょう。ETH/BTC、TRX/BTC、NANO/BTCなどと、見慣れない文字が並んでいます。ざっと見ても「日本円」の文字がないっ!!これは、各国通貨に対応しておらず、ビットコインやイーサリアムでしか買えないことを示しているんですよ。

「なんじゃそりゃ?!」ですが、海外ではむしろこの形が当たり前のようです。銀行振込やクレジットカードでも買える日本の取引所が親切すぎるんですかね。

バイナンスのコインのリストを見ると、ずーっと下までコインの銘柄が書いてあります。その数、100以上あります。これはすごい!この中でお目当ての注目コインを探します。

サイトの一番右の「24時間のボリューム」ってところを見てみると、ボリュームが多いコインの順に並んでいます。ようするに取引の多いコインってことですね。

ついこの間まで、草コインだったコインも突然、トップに来たりすることもあります。現に現在もNEO保有者にエアドロップが行われたONT(オントロジー)というコインがバイナンスに上場し、注目されて、前日から比べると61.70%アップという驚異の数字をつけていました。

注文が入ると左側に注文数とBTC額が表示されているのですが、1秒に1注文の割合で続々と注文が入っているようです。これを見ていると、かつて注目されていた某北海道出身タレントがプロデュースした生キャラメルの楽天市場のサイトを思い出しました。とにかく売れていたようですね。

そしてこのボリュームが下に行くに連れて10,000台から数1,000、数100、数10と下がっていきます。100以下だとりっぱな「草コイン」と言えますね。この中のどれかが、ONTのように、ある日突然、注目されてボリュームがトップに来て爆上げするかと思うと、わくわくしますねえ。

でも上場するとこんな風に爆上がりするコインもあれば、残念ながらそれほど価値が上がらない草コインもあります。あ、そうそう、バイナンスのTwitterをフォローすると、上場するコインを教えてくれるんだそうですよ。英語ですが、いまはブラウザの翻訳機能もありますから、だいたい何が書かれているかはわかりますね。新しい情報をゲットするのが得意なはるかもさっそく、フォローしておきました。

前置きが長ーくなりましたが、さっそく草コインを買いましょう。バイナンスのトップページにズラッと並んだコインの銘柄がありますね。買いたい注目コインの名称をクリックすると、そのコインのページが表示されます。

下の方を見るとBUYと表示された注文欄がありますので、そこに注文数を記入します。対ビットコインなどの通貨でしか書いていないのでピンとこないですが、PRICEのところには自分の手持ちのビットコイン数が表示されていますので、それの25%、50%、100%など割合で買うこともできます。%の数字をクリックすると、自動的に数字が入ります。

そして下の「BUY ○○○(通貨の名前)」のボタンを押すと、注文が完了した旨のメッセージが表示されます。

草コインをビットコインで買う時は、その送金速度の遅さがネックとなって、リアルタイムで資産に反映されないかも知れませんが、少し経ってから上のメニューバーの「資産」から「ファンド」を覗くと、買った注目コインが表示されているはずです。

ただし、こちらもビットコインと買ったコインの単位でしか表示されていませんのでちょっとピンと来ません。総資産のところに、ビットコインと並んで、USDで表示されますので、それを目安にするしかないですね。

まとめ

ここでは、香港の仮想通貨取引所「バイナンス」での、こらから注目されそうな草コインの買い方をご紹介しました。

はるかは、草食系男子は嫌いではないので、草コインってなんとなく親しみを感じてしまいます。普段は注目されることなく、ひっそりとしているけれど、ここぞという時には、立ち上がってすごい才能を見せてくれる草食系男子と草コインってなんとなく似てませんか?これからも注目される「草コイン」の研究を続けていきますので、またご報告しますねっ!

【この記事を書いた女子会メンバー】

はるか
仮想通貨は初心者です!「仮想のお金ってなに!?」と話題に興味が惹かれて仮想通貨始めました。最近友達が結婚し始めてさみしい・・・。結婚っていいなぁ・・
はるかの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top