ホーム仮想通貨基礎知識ビットコイン支払いの知識を身に着けてビットコインマスターになろう!
れいな

ビットコイン支払いの知識を身に着けてビットコインマスターになろう!

ビットコイン,支払い

ビットコインは持っていても支払いまではしたことがないという方も多いのではないでしょうか?今回はビットコインを実際の店舗で支払う方法やそのお店の見つけ方などなど、これを読めば実際にビットコインをつかいたくなるかも!?

こんにちは、末端冷え性のれーなですo(^o^)o

早く寒い日は早く過ぎて欲しいですよね。

くれぐれも読者のみなさんは健康気をつけてくださいね。

今回はビットコインの支払いについてです。

投資などで「お金を増やしたい!」と思ってビットコインを始めた方も多いと思います。

でも実際は「支払いに使いたい」と思っている人もまた多いと思います。

ビットコインの本来の存在意義ってまさにそれ”支払い”として世界中どこでも手数料を気にせず、メールみたいに使うことなんですよね。

皆さんが知らないところで近年では、実店舗で支払いに使えるお店は増えているんです(●⌒∇⌒●) わーい

いままで、ちょっとビットコインを購入して「まあ、少しでも価値が上がって得したらラッキーヽ(^◇^*)/ ワーイ」という多数の人たちもビットコインの本来の便利さを知れば、使わずにはいられないと私は思います。

それを実感するには、実際にビットコインの支払い方を知り、お店で使うことが近道です。

なので、ビットコインの使用方法や、その使えるお店の調べ方までご紹介して行こうと思います。

ビットコインの使い方の大枠を押さえる!

ビットコイン,支払い

ビットコインを売買するためには、

1.ビットコイン取引所に口座を作成する必要があります。

日本では大手の会社が出資しているビットフライヤー、ビットコインを購入すると手数料がもらえちゃうザイフがオススメです。

ビットコインをお金として使用する場合や、相手にビットコインを送るためには

2.ビットコインウォレット(財布)にビットコインを入れる必要があります。

財布からお金を取り出して、お店に支払うように、お財布からお金を取り出して、銀行のATM で支払うようにです。

もちろん、ショッピングサイトでのビットコインの支払いも、ビットコインウォレットを通じて送金されます。

電子マネーはビットコインと同じなの?

「Suicaとかにチャージすればいいからあまり興味ないなぁ」

「そもそも電子マネーとは何が違うの?」

といった考えの方もいるのではないでしょうか?

電子マネービットコインを混同していると

「使ってみたい!」

という風にはなりにくいです。

理解できないものは使ってみたいと思いませんよね?

まず電子マネーです。

電子マネーとは、カードやスマホに事前に現金をチャージして、リアルタイムでお金を使っていくことができるものです。

電子マネーであるカードやスマホを店舗にある端末にタッチして使います。

すでに日常生活に浸透しつつあるしくみですので、多くの方が実際に利用したことのあるものだと思います。小銭を財布から出す手間もかからず、非常に便利ですよね。

私も電車などでSuica利用をしたことがあります。

ビットコインも、電子マネーとして使える特徴を持っています。そもそもビットコインは紙幣や硬貨が存在しない仮想通貨なので、電子マネーとして使えるのは当然のことです。

単純にビットコイン=電子マネーではない!

ビットコイン,支払い
ただビットコインを説明する際に、

ビットコイン=電子マネー

と考えるのは間違っています。

現在一般的に利用されている電子マネーは、基本的にはその地域(日本なら日本のみ)で使われている通貨を使って電子的に決済を行うために存在しています。

日本国内の例であれば、円での支払いをより便利にするために、円の紙幣や硬貨の代わりとして電子マネーが活躍します。

そのため、利用者は所有する円を電子マネーの端末に入金したり、あるいは電子マネーでの支払いの際に利用される銀行口座にお金を入れておくことになります。

紙幣や硬貨を利用せず、電子的に決済を実現していますが、実態としては円という通貨をやりとりしていることには変わりありません。

でもビットコインは、何らかの端末に円をチャージするというものではありません。

ビットコインを利用して商品を購入する際には、まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に両替しなくてはなりません。

円をビットコインに両替してはじめて、ビットコインでの支払いが実行できるのです。

両替をしたその後の支払いの流れは、一般的な電子マネーと同様です。ビットコインでの支払いを受け付けているお店で、電子的にビットコインでの決済を実行します。

すると、自分の所有しているビットコインが減り、お店の所有しているビットコインが増えます。

ビットコインは、通貨です。円やドルと違って仮想ではありますが、通貨です。電子マネーとは、貨幣を使わないで決済できるようにするしくみのことです。

この点から仮想通貨=電子マネー、ではありません!

ビットコインのメリットを確認!

ビットコイン,支払い

ビットコインとの比較で電子マネーのお話をしましたので、ここでビットコインのメリットを確認しましょう。

これでビットコイン支払いに積極的になることと思います。

まず、国家や企業が関与していないので、例えば個人間の送金においては、次のようなメリットが存在します。

〇送金スピードが早い
〇手数料が格安
〇チャージが不必要
〇制限がない

細かく言うとメリットはいくつもあると思いますが、大きく分けて共通するメリットはこれかと思います。

1.送金スピードが早い
ビットコインの送金スピードは利用者が増えた関係やシステムの影響で「遅くなった」という声もあります。

ですが銀行の送金などが数日や早くても1日かかることを考えれば、10分ほどで送金ができるのは大きなメリットですよね。

2. 手数料が無料か格安
クレジットカードやデビットカードだと手数料がかかってきます。

ビットコインでの支払いなら数円程度の格安料金ないしは無料ですませることも可能です。

3.チャージが不要
電子マネーではチャージ金額に2万円などの制限があります。

一方のビットコインは一度現金をビットコインに変えればそのままビットコインを支払いとして利用できます。

チャージ限度も存在しません。

4. 制限が存在しない
ビットコインでの決済は銀行を経由した決済では無いので、煩わしい手続きや制限が存在しません。お金の流通が、より自由に行えるようになります。

また国によって通貨の単位が異なるといった特徴もありませんので、ビットコインを使えば、世界中で同じ通貨が利用できるというメリットがあります。

そのためにはもっとビットコインが広まって、ビットコインでの支払いを受け付けるお店が増える必要がありますが、いまでもすでにビットコインでの決済が可能なお店は世界中に存在します。

ネットショッピングでビットコイン支払いができる!

ビットコインはもちろんデジタルのお金ですから、円やドル、ポンドといった他の法廷通貨と同じようにお金として使えます。ビットコインウォレットから送金や支払いが可能なのです。

しかし、まだ日本でもすべての店舗で使えるわけではありません。

クレジットカードやデビットカードを使おうと思ったときに

「申し訳ございません。当店ではそちらのカードはご利用いただけません・・・」

みたいなこと言われたことありませんか?

これと同じようなことはビットコインでもあります。

まだまだ普及していないので当然といえますが、インターネットショッピングでは徐々に使えるようになっているようです。

皆さんご存知「アマゾン」ではビットコイン支払いが可能です。

アマゾン好きにはうれしいですよね!

なかにはビットコイン支払い専用のネットショッピングサイトBitcoinmallというサイトも出現してきました。

このような広がりは今後も出てきそうです(^^♪

ビットコインを保管するウォレットってなに?

ビットコイン,支払い

ビットコインを保管し、使用するためにはウォレット(財布)が必要になります。

このウォレットには秘密鍵、公開鍵そしてビットコインアドレスがあります。

これらはそれぞれ銀行で言うと
秘密鍵=パスワード
公開鍵=身分証明
ビットコインアドレス=預金通帳
に当たります。

ビットコインウォレットは5つのタイプに分類できる

1.ハードウェアウォレット
ハードウェアウォレットはUSBスティックのような小さい専用の端末のもの。

2.デスクトップウォレット
デスクトップウォレットはパソコンからウォレットのアプリ・ソフトをインストールして使用します。

3.モバイルウォレット
モバイルウォレットはスマートフォンからアプリをインストールして使用します。

4.ウェブウォレット
ウェブウォレットはインターネット上にウォレットのアカウントを開設して使用します。

5.ペーパーウォレット
ペーパーウォレットは秘密鍵など必要事項を紙に印刷して保管しておく方法です。

ビットコイン,支払い
画像引用:https://bitcointalk.org/index.php?topic=858604.110;wap2

ビットコイン支払方法の流れ

ビットコインを使うためには、取引所で購入した、ビットコインをウォレット(財布)に移す必要があります。

モバイルウォレットにビットコインを移すことにより、実際のビットコインが使えるお店でビットコインを支払いができて、お店で決済ができます。

また、ビットコインの取引所に口座を作ると自動的に購入したビットコインを、取引所の口座(ビットコインウォレット)に預けることになります。

取引所のビットコインウォレットは、そのままアプリでビットコインウォレット端末として使えます。

ビットコインが使えるお店に行き、お店のビットコインの支払い端末のQR コードをビットコインウォレットに読とらせるだけです。

★手順をまとめるとこうなります。
①ビットコイン取引所でビットコインを購入する。
②ビットコインをモバイルウォレットに移す。
もしくは、取引所のアプリをスマホにダウンロードする
③ビットコインを使えるお店で買い物をする。
④お店の端末のQR コードをウォレットに読み込ませて支払い完了です。

ビットコインどこで使えるの?

ビットコインで使えるお店は、日本でも増えています。

家電量販店のビックカメラは、ビットコインの決済が業界に先駆けて導入しています。

日本人というよりも海外からの旅行者がビットコインを使用することを見越して導入したのでしょう。

また、旅行会社のHISでもビットコインで支払いができるサービスを開始しています。

実際の店舗でも、ビットコインが使えるお店が増えています。

大手の外食産業がビットコインでの支払いをチェーン店に導入したら、益々便利になりそうですね(^-^)

海外のスターバックスコーヒーは、「ipayyou」というアプリを使い、ビットコインで支払いができます。

またイギリスのリサイクル業者や、メキシコの大手家電メーカーもビットコイン支払いを受け付けるなど、世界でもビットコインの受け入れは加速しているようです。

あと数年ほどで、日本でもファーストフード店やカフェでコーヒーを日常的にビットコインで支払うときがくるのではないでしょうか?

どこで使えるのかということがなくなり、どこでも世界中で使えるのがビットコインです。

ビットコイン支払いはショッピングサイトでも可能に!

ショッピングサイトでは、DMM .COMやビットコインモールでビットコインで決済ができます。

ショッピングサイトのアマゾンは、ビットコインとモナコインの決済の導入が決まっています。

楽天もビットコイン支払いを導入する可能は高いようです。

三木谷社長「楽天でもビットコイン導入を考えている」

世界中のビットコイン支払いができるお店の調べ方!

ビットコイン,支払い
画像引用:コインマップから抜粋)

日本ではまだ、ビットコインを使えるお店が少ないですが、デジタル端末にビットコインを入金して旅行をしている人達に人気のサイトがあります。
それがコインマップです。

簡単に位置情報からビットコインを使えるお店が検索できます。

コインマップをスマートフォンに入れて世界中を旅行をすることはとても便利です。

実際に開いてみる
「東京はこのくらいなのかぁ」
「私の地元は全然ないなぁ(笑)」

など一目でわかるので面白いですよ。

日本国内で使える店の調べ方

日本でもビットコインが使えるお店が増えています。
ネットショッピングで使えるサイトがまとめてあるサイトを紹介します。
Bitcoin日本語情報サイト

ビットコイン決済が可能な様々な店舗が検索できるようになっています。

ビットコイン支払いまとめ

・ビットコインを使用するためには、ビットコインをウォレットに移す必要がある。
・ビットコインの送金や受け取り、支払いもウォレットを通じて行います。
・相手のアドレスをコピーして張り付けるかQR コードを読み取るだけで支払いが完了するのでとっても簡単!
・ビットコインをプリペイドのクレジットカードに入金すれば、ほとんどすべてのクレジットカード加盟店で使用することができます。

取引所で購入したビットコインの値段が上がったら、ショッピングに使ってみるのはおすすめです。

ビットコイン支払いが早くて便利でしかも安いことにきっと驚くはずです(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
ではまた(^^♪

【この記事を書いた女子会メンバー】

れいな
こんにちは!オーストラリア移住を夢見る仮想通貨女子です。今の仕事のままじゃ難しいので仮想通貨を始めました。はやくいっぱい稼いで時間もお金も余裕のある海外生活を送りたーい!
れいなの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top