ホームアルトコインビットコインの弱点を補うアルトコインの魅力
研修生

ビットコインの弱点を補うアルトコインの魅力

仮想通貨

急激な成長をとげているアルトコインは様々な特色を持ったものがあって、既に一定の地位を獲得してきています。まだまだビットコインが優勢ですが、弱点もあります。このビットコインとアルトコインの今後について紹介します。

仮想通貨の世界ではビットコインが超有名ですが、それ以外の仮想通貨を表すアルトコインがたっくさんあるんですね。
ビットコインが超凄いのは皆さんご存知だと思うんですが、アルトコインも負けていないところを、お話ししちゃいます!

ビットコインの弱点

ビットコイン

ビットコインは送金速度が遅い

仮想通貨のいいところは、簡単に海外にも送金できてしまうところで、銀行のシステムでは、国際送金には何日もかかっちゃうところを、1時間以内に送金できるなど、確かにビットコインは今までに比べるととっても早いんです。

でもでも、ビットコインの送金速度は、後になって登場したアルトコインに比べると非常に遅いみたいなんですよね。例えばビットコインの確認が10分かかるところをわずか数秒で送金が完了できてしまうアルトコインがあるみたいなんです。

なので、ビットコインの早さは仮想通貨の中では送金速度は遅い方で弱点になっているなんて初めて知りました。皆さん知ってました?

ビットコインは価格変動幅が小さい

ビットコインの価格がとっても上昇したことは皆さん知ってるかと思うんですが、以前に比べると、ボラリティと呼ばれる価格変動幅が小さくなってきてるみたいなんです。

そうすると、価格変動幅による売買益が小さくなり、大儲けできなくなってきっちゃったようなんです。これもビットコインの魅力を損なって弱点となっているようなんです。

ビットコインはスケーラビリティ問題がある

皆さんはスケーラビリティ問題って知っていますか?私は今回初めて知りました。それが何かって言うと、それがあるとビットコインに関する取引の決済処理が遅くなっちゃうみたいなんですよね・・・。

どういうことかって言うと、取引の決済処理をする際に取り扱うデータのブロックサイズが決まっていることで、一つのブロックに対して書き込めるデータの数が決まっているために取引の処理が遅延してしまうという問題で、かなり大きな問題となっているみたいなんですよね。

ビットコインでは、このブロックサイズが1MBに制限されているので、データの決裁速度が他のアルトコインの決裁システムに比べて非常に遅くなっちゃって、ゆくゆくは日常決裁で使われることになった時に大きな問題となってくるみたいです。

実際、ビットコインの各ブロックの容量は1MBしかないにも関わらず、取引量は劇的に増えてきているんで、ネットワーク上の取引の数に対処しきれなくなっちゃってるみたいなんですよね。

つまり、このスケーラビリティ問題は、細いパイプの中にたくさんの物を流し込もうとして、詰まって流れが遅くなって、完全に流れ出てしまうまでにとっても時間がかかってしまうってことみたいなんです。

一般にビットコインのメリットとして取引が早いと挙げている方もいるみたいですが、実際はその逆で弱点となっているようなんです。

アルトコインの魅力

アルトコイン

アルトコインは承認時間を早くするための工夫がされていてビットコインよりも早い

ビットコインには10分の承認時間がかかっていたんですって。でも、アルトコインの中には、承認作業がわずか数秒で終わってしまうものもあるみたいで、ビットコインに比べてとっても速いみたいなんです。

例えば、ビットコインが10分かかるところを、ライトコインでは2.5分程度、イーサリアムではわずか15秒程度で終了してしまうみたいなんです。すごいですね!

アルトコインは価格変動幅が大きい

価格変動幅のことをボラリティって言うみたいなんですけど、このボラリティが大きいことも魅力の一つなんですって。

例えば、昨日1/2に価格が下がっていたかと思えば、今日は2倍に価格が上がっていたなんてことも現実に起こっちゃっているみたいなんですね。

それだけ短期間で利益を得られる可能性が高いってことみたいなんですけど、逆に高値で購入して価格が大幅に下がって損をする可能性もあってデメリットにもなっちゃうみたいなんです。

アルトコインはビットコインよりもこのボラリティが大きくって、数日で2倍・3倍と上昇することもあるみたいで、例えば、2017年の1年間で見るとビットコインは1月時点で約10万円だったのが12月時点で200万円を突破しましたので約20倍の上昇でした。

一方アルトコインを見るとモナコインが約820倍、モネロが約450倍、リップルが約370倍とビットコインをはるかにしのぐボラリティの高さを見せていて、それだけ売買益を得るチャンスは多かったりしちゃうらしいんです。

アルトコインの中にはスケーラビリティ問題に対応したものがある

もともとアルトコインはビットコインの後に出てきたものなので、その多くがビットコインの欠点などを改良してあって、拡張性が高くって非常に魅力的なものになっているみたいなんです。

ビットコイン自体も改良が進んでいますが、アルトコインの中にはスケーラビリティ問題に対応しているものがあるみたいです。

例えば、イーサリアムはブロックの生成速度が早く、ビットコインでは10分かかるところを、わずか15秒程で生成できてしまうので単純計算で40倍速いことになります。

また、DASHという仮想通貨は取引スピードを上げるために分散しているノードの中にマスターノードを作り、承認を一任することで取引の高速化を実現し、10秒で承認可能だといった具合に、取引速度を上げるために工夫しているものがあります。

ビットコインとアルトコインの関係性

アルトコイン

ビットコインが下がるとアルトコインが下がる?

アルトコインがビットコイン建てで取引されていることが多い!

ビットコイン価格が下がると連帯責任のようにアルトコイン価格も下がることが多いみたいなんです。なんでこんなことが起こるんだと思いますか?

なんでかって言うとビットコイン建てでアルトコインが取引されていることが多いのでビットコインの価格の上がり下がりがそのままアルトコインの上がり下がりに影響してしまうみたいなんです。

アルトコインの開発元の資金調達がビットコイン建てであることが多い!

もう一つ理由があるみたいなんです。アルトコインの開発元である企業さんは、ビットコイン建てで資金を調達していることが多いらしいんです。多くのアルトコインの開発・運営元がビットコイン建てで資金を調達しているみたいなんです。

つまり、会社がビットコイン資産の割合が多いので、ビットコインの価格が下がっちゃえば、必然的にその会社の資本も減っちゃいます。それでビットコインの価格が下がるとアルトコインの価格が下がるが最も大きな理由みたいなんです。

まとめ(仮想通貨はこのまま対立、淘汰されて行くのか?)

仮想コイン

今お話ししたように、ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨はひとつひとつがいろいろな特性を持っているみたいなんです。こんないろいろな特性を持った仮想通貨は、今後どのようになっていくと思います?

アルトコインの中には、例えばオフラインの店舗で生じる小規模な支払いに適したものや、大規模な支払いに適したもの、あるいは国際間の支払いにはメジャーなビットコインが主に使用されるようになるんじゃないかな。他には、匿名性を重視する取引に適したアルトコインがあったり・・・

このように、それぞれの仮想通貨がそれぞれの特性を活かした、それぞれのシーンで競争・淘汰されていくことになるのんじゃないかな。

そういった意味で、今は直接的な競争関係にあるビットコインアルトコインなんだけど、いろいろな特性を持ったアルトコインはビットコインとともにそれぞれに適した市場で、住み分けることによってお互いに繁栄していくことになるんじゃないかなーなんて思います。

いかがでしたか?仮想通貨の世界もさまざまなものがあって面白いでしょう。それではまた、一緒にお勉強しましょうね・・・(^^)/~~~

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top