ホームアルトコイン仮想通貨TRONが誘う世界とは!?クリエイティブな新世界が実現!?
ちあき

仮想通貨TRONが誘う世界とは!?クリエイティブな新世界が実現!?

仮想通貨,TRON

仮想通貨TRONを使えば、音楽、映画、読書、動画などなどあらゆるエンタメ領域で、自由に稼ぐことができ、無料で無制限に視聴できる世界に入っていくことができます!今こそ情報を先取りして、数十年後に来る世界を覗いてみましょう!

1.はじめに。

仮想通貨,TRONみなさんこんにちは!ちあきです!U。・x・)ノ チワン!
仮想通貨市場が、最近は穏やかになっていてますね〜。
元々持っていた人は、「この機会に買い増ししようかな?」とか思ってらっしゃるのではないでしょうか?
はたまた新規で参入する人は、「今がチャンスだ!」なんて思っているんじゃないでしょうか!?

そんな今回は、将来普及することになったら社会が便利になること間違い無しの、仮想通貨TRONのご紹介をしたいと思います!!

この通貨、今でこそ知名度を上げて、知る人ぞ知る通貨になってしまっていますが、まだまだ伸びしろがあるんじゃないかな〜って思ってます!
というのも、中国原産の通貨となっているからなんですね!

現在、中国では規制がかかっているため、中国国内ではあえて買っていない人もいるんじゃないかと思うんです。つまり、これからこの規制が緩和されれば、こぞって仮想通貨TRONを買い出す人もいるのではないでしょうか?

日本で売り出されるのと、中国で売り出されるのとでは、市場規模が異なりますから、楽しみです!(●´∀`●)
またさらに、後ほどもご紹介しますが、東南アジア諸国でも活動予定がたくさんあるそうんですよね!
発展途上国の威力はすごい気がしてますから、個人的にも期待してる通貨であります!笑

2.仮想通貨TRONの特徴

仮想通貨,TRON

目次

1.一言で言うと「エンターテインメント」を提供する通貨である!
2.今とってもお手頃価格かも!〜TRONの近況〜
3.TRONの詳しいとこ解説!

 

1.一言で言うと「エンターテイメント」を提供する通貨である!

仮想通貨,TRON

仮想通貨TRONは中国の原産の通貨で、コンテンツエンターテイメント(あらゆる娯楽)を発展させるために、中国で生まれた仮想通貨です!

これから時代では、AIなど、ありとあらゆる面で機械化が進んだ社会となりそうですよね!
そんな中あたしは、エンタメの仕事は絶対衰退はしないと思ってるんです。〆(・∀・@)
なぜなら、あらゆる形で価値を提供しないといけないため、エンタメは機械化ができないですよね?!

むしろエンタメは、人でこそできる仕事であるので、今後ますます勢いを増すと思っています!ヽ(;▽;)ノ
ですので、この仮想通貨TRONの本領は、今年、来年だけでなく10年スパンくらいでみても期待できるんじゃないでしょうか??

ちなみに、※ジハン・ウーという方(やり手です。笑)が投資をしていたこともあってか、Binance(バイナンス)での※ICO時には、たった30秒で完売した大変注目されている通貨なんです!(将来性が高く評価されています。)

ジハン・ウー氏とは?=北京に拠点を置きビットコインを採掘するASCIチップを開発するマイニング企業である、「BITMAIN」の共同設立者です!同時に世界で最も多くのビットコインを採掘しているアントプール(AntPool)の社長でもあるそうなんです!

※ICOとは?=Initial Coin Offeringの略語になっています!読みは、イニシャル・コイン・オファリングで、意味は、「新規仮想通貨公開」といった感じでしょうか?
株の公開のようなイメージですかね!
資金調達をしたい企業や、事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行・販売し、資金を調達する手段・プロセスのことをいっているようです。

難しい!(*_*)笑

投資家の人には「コイン」や「トークン」と呼ばれるデジタル通貨(資産)を購入してもらうのですが、1つ原則として、対価は支払われない仕組みになっているのが株とは違う点ですね!

そんな仮想通貨TRONですが、現在ではICO時の値段から30倍以上の大幅な値上がりを見せています!そんなあたしは情報が遅かったので、買えていませんでした。残念。orz

2.今とってもお手頃価格かも!〜TRONの近況〜

仮想通貨,TRON

①2018年1月頃に新しい取引所に上場の詳細方法が発表される予定。

→1月8日、ロシア取引所・韓国取引所・台湾取引所に上場しました!

→1月13日、正式に日本での取扱い申請をしました!

これらの情報は、Twitterの”ジャスティン・サン”さんのツイートを見ればお分かりになりますので、ぜひフォローしてみてくださいね!(*´▽`*)

②2018年1Qにコインバーンされる予定。
バーンとは:すでに発行されている通貨の供給量を減らすために、何割かを使用不可能にすること!

そのため1通貨当たりの価値が上がります!意味わかりますでしょうか?ヽ(;▽;)ノ
(その通貨市場内の金額が変わらず、発行通貨量を半分にすると、単純に1通貨あたりの価格は倍になるんです!)

*ちなみにですが、TRONは過去に30%のバーンを経験済みです。( ̄^ ̄)

3.TRONの詳しいとこ解説!

①.非営利団体が運営している。

→ここがすごい所ですね!安心できます。ドイツの通貨Waveと同じ、非営利団体による運営です。

②.エンターテイメントを楽しむ大衆に役立つ設計。

ユーザーがデータを自由に所有、保存、公開をすることができ、簡単にデジタル資産を持つことが出来る点。
さらに、そのデジタル資産をICOの形で流通させることもできちゃうそうなのです!ヽ(´ー`)ノ
要するに、わかりやすい例えでいいますと、あたし達が普段使う、SNSでのつぶやきで、動画のようなデータ、いわゆるデジタル資産の公開を行って、ICOのように儲けることができるのです!(=゚ω゚)ノ

→保存するコンテンツの容量に制限はなく、無料で無制限にコンテンツをアップロードして保存することが出来る点。
動画とかダウンロードし放題でしょうか?むふふ。(●´∀`●)

→分散型ストレージによって、データを複数のコンピュータに分散させて、配置・保存させられる点。
これが実現されたらとっても便利ですよね!
現在ではGoogleクラウド上で保存できていたことが、仮想通貨TRONでもできてしまうのです。しかも動画のような重いデータもできるということらしいのです。( ^∇^)
今までのように、「データが重くなってきたから、USB・SDとか外付けのソフトに入れなきゃ〜」なんて事がなくなっちゃうのです!

③個人でもICOができる。

先程も申し上げました通り、自からでデジタル資産を作って、それを公開・提供することによって、それが見られたりした場合に、対価としてTRONが得られちゃうのです!〆(・∀・@)
これはシンプルなことですが、すごいことですよね!今までは仲介業者の存在が必ずありましたから!

3.仮想通貨TRONの将来性

仮想通貨,TRON

目次

1.クリエイターが活躍できる将来へ!
2.私たちユーザーが、とっても便利な世界に!

 

1.クリエイターが活躍できる将来へ!

仮想通貨,TRON現在の社会では、あらゆる部門のデザイナーや芸術家、職人さんみたいな方々が、クリエイターとして定義されているかと思います。

あたし達の生きる世界は、そういったクリエイターのみなさんにとって、生活のしにくい社会作りになっていることは、きっとみなさんもご存知、もしくは想像できるんじゃないでしょうか??
(売れなきゃ給料とか少なそうですもんね。泣)

例えば、ユーチューバーは、YouTube上で最低限の再生数を得た人にだけ、広告費として、お金が支払われる仕組みになっています。ミュージシャンはレコード会社にほとんどお金を取られてしまいます。( ; ; )

そこで、この仮想通貨TRONを普及させることによって、以上のような仲介者的存在が必要なくなるのです。
というのも、デジタルで自分のデータを所有し、公開することができ、さらには、ICOの形でもって資金を取得することもできるようになるからなんですね!ヾ(。・ω・。)

こうした機能は、他の通貨に今のところない突出したものであるので、仮想通貨TRONは単純に投資としての魅力も秘めています!

あとあたしとしては、クリエイターという職にリスペクトの念がありますので、TRONは好きな通貨になりますね!はい。別に聞かれてない。~(>_<~)

 

2.私たちユーザーが、とっても便利な世界に!

仮想通貨,TRON今現在、データの公開は、YouTubeや、FC2のような公開サイトを介さなければなりませんでした。

しかし、このTRONによって作成者がダイレクトで、自由にアップロードでき、ユーザーは保存が無制限にできるので、今まで有料で視聴していた音楽や動画、その他コンテンツが自由に見れるようになってしまうのです。

クリエーターはもちろん、あたし達一般ユーザーも便利になるわけです!o(^^o)

4.仮想通貨TRON 注目の話題

目次

1.中国で大人気のアプリ「Peiwo」で導入
2.シンガポール発の「Obike」との提携
3.TRONとアリババの提携!?
4.Game.comとの提携
5.Baofengとの提携
6.犬育成ゲームのリリース
7.仮想通貨TRON(TRX)が日本へ!?

 

1.中国で大人気のアプリ「Peiwo」で導入

仮想通貨,TRON「Peiwo」は中国で大人気の音楽ストリーミングサービスで、利用者はなんと1000万人をも越えるそうなんです。
その「Peiwo」が、仮想通貨TRONに導入されるとなると、今まで仮想通貨を使ったことが無い人でも、「買ってみようかな!」なんて思うのではないでしょうか?(*°∀°)=3
さらにそれが、人口の多い中国で起きているのですから、期待がかかるのも当然ですね!

2.シンガポール発の「Obike」との提携

仮想通貨,TRON昨年2017年のクリスマスイヴに、「Obike」という、シンガポール発の自転車シェアリングを提供している会社との提携が発表されました!

この「Obike」という会社ですが、創立1年目にも関わらず1000万人もの会員を有しているようで、現在、有望な会社となっています!(世界20か国合わせて)(・∀・)

3.TRONとアリババの提携!?

仮想通貨,TRONアリババという中国の通販企業をご存知でしょうか?BtoBのECサイトでは、通販サイトAmazonと並ぶ世界有数のシェアを誇っています。
蛇足かもしれませんが、以下にこの2つの企業の違いを書いておきます。

アリババ

・世界中の国にいる中国人をユーザーとする
・さまざまな業態の企業(スナップチャットなど)を買収
・サイト内の広告が収入源

Amazon

・UIの改善など、どんなユーザーでも使いやすいサイトに
・同じ業態(インターネット書店)の企業を中心に買収
・出店料・成約手数料が収益源

さて、そんな大企業アリババの元会長であるジャックマー氏が講義をする、約30人限定の講義に、TRONのJustin Sun氏を招待したらしいんです!けっこう話題になってます!
また会食も目撃されているようで、繋がりがあることがわかります。

このことから、仮想通貨TRONと大企業アリババが提携するという噂も流れています。ヽ(;▽;)ノ

→アリババと提携することのすごさ
アリババは現在世界の240ヵ国や地域に5000万人以上のユーザー、そしてヤフーの月間アクティブユーザー数が2700万人ほどと言われています!
ちなみに2016年3月期の営業利益は驚きの4800億円!

ソニーが約5000億円ほどなのでソニーをイメージしてもらえればいいかと(笑)
これだけの規模の企業が仮想通貨TRONを利用すると考えると半端じゃないですよね!((((;゜Д゜)))

4.Game.comとの提携

仮想通貨,TRONGame.comという、中国発のブロックチェーンのゲームコンテンツを中心とした、オンラインゲームプラットフォームと提携をしたそうです。

またブロックチェーン上でゲームコンテンツの作成をし、ブロックチェーン技術の急速な普及と発展を促進する予定であるようです。

どんどん促進してもらいたいですね!笑
純粋にゲームもやってみたいですし!笑

5.Baofengとの提携

仮想通貨,TRON中国の動画ストリーミングサービスを行う企業になります。ユーザー数は、2億人以上を超える企業らしく、大企業ですね!

中国の人口が、13億人とちょっとですから、けっこうな割合でユーザー数がいることがおわかりいただけるかと思います。( ꒪Д꒪)ノ

ちなみに、この13億人という数字には、貧しくて会員になれないような人々や、ユーザーとして数えられない子供と、お年寄りの方を含んでおりますから、やはり結構な割合でユーザー数がいることがご理解できるかと思います!

6.犬育成ゲームのリリース

仮想通貨,TRON2018年1月1日に、戌年にちなんで開発されたゲームだそうです。笑

なんとゲーム内で、犬一匹につき200TRXで購入ができるそうで、これからも新たな機能が追加されるそうなんですね!調べてみるとわかるのですが、現在中国語・英語表記のみですが、今後日本語、韓国語の表記も加わるそうです。

犬の購入と販売のみ可能らしいんですが、これからのアップデートで交換ができるようになったり、交配をして育てた子供を売買することも可能になるみたいです!

やってみたい!∪・ω・∪

(でもちょっと待ってくださいね。イーサリアムのブロックチェーン上で行うネコ育成ゲームにそっくりです!というかパクリですよね?これいいのでしょうか?笑)

7.仮想通貨TRON(TRX)が日本へ!?

仮想通貨,TRONTRON(トロン)の創業者であるJustin Sun氏は日本に上場することをほのめかすような発言をしています。このことから仮想通貨TRONが日本に上陸することも十分に考えられます!
というか、最近Twitterで、日本の取引所への上場申請してることがわかりました!(●´∀`●)

そうなれば仮想通貨大国日本人がこぞって買い集めることが容易に想像できるため、TRXの価格上昇が期待されますね!

 

もしも世界で大注目の仮想通貨TRON(TRX)が日本に上場するとなるとそのインパクトはすごいことになりそうですね!!

5.仮想通貨TRON ロードマップ

仮想通貨,TRON

目次

1.Exodus
2.odyssey
3.Great Voyage
4.APOLLO
5.Star Trek
6.Eternity

1.Exodus

2017年8月~2018年12月にかけて行う計画です。
大まかな内容を言うと「データの解放!」ということになります。(=゚ω゚)ノ

これがどういうことかといいますと、P2P技術および分散コンテンツをもとにして、「各個人が、データを自由にアップロード、保存、配布することを可能にしよう!!」という意味のようなんです!

もし、この計画が完成すれば、データの出し入れが自由になり、預ける量などが無制限になるので、世界的にあらゆるセービスで、新たなサービスが生み出されたり、あらゆる動きが見られるのではないでしょうか??

楽しみです。

まとめると、Exodusフェーズでは、分散型ストレージテクノロジーに基づいて、データの公開、保存および配布が完全に無料にでき、かつ信頼性の高いプラットフォームをユーザーに提供します。

2.odyssey

2019年9月〜2020年6月にかけて行う計画です。

内容としては、先程も申し上げました通り、「YouTubeのようなプラットフォーマーに、全てを支配されていたクリエイターの人達に、個人で稼げる場を提供することによって、クリエイターの人達を解放してあげよう!」というものです!(=゚ω゚)ノ

具体的には、個人が作成したものに対して著作権を持って、その著作物への利益などなど、その他多くの部分において、クリエイターが公正で、経済的な活動を行える場を提供します!

3.Great Voyage (個人ICOについて)

2020年7月~2021年7月にかけての計画です。

仮想通貨TRONがブロックチェーン技術の利点を生かすことで、”所得計算”や”配当金の割り当て”、”サポーターの管理”という3つの大きな問題を解決します。(=゚ω゚)ノ

そしてファン経済から、ファン金融へ!という重要な変化を達成するんだそうです。

ファン経済とは:「ファン」という語が、アイドルの登場と共に出現し、中国では長年使われてきたようなんです!それが今ではアイドルの追っかけ以外にも使われるようになり、消費者が喜んで消費を行い、それによって心理的欲求が満たされる行動を指すようになりました。

ファン金融とは:金融とは、お金が余っている人が、不足している人にお金を融通することを指すようです。例えば、資金が不足している人が、ある商品を購入するために、銀行からお金を借りると言った場合に当てはまります。で、ファン金融は最近できた造語になっているんですね!調べても正確な定義はありませんが、要は、「お金を独り占めするというよりも、さまざまな価値に対して消費をして心理的欲求・幸福を満たせる時代に進もう!」というニュアンスです。

社会主義のなごりが残っている中国らしい考えですね!ヾ(。・ω・。)

あたしもこの資本主義の考えだけにとらわれた社会であると、それはそれで生きづらい世界になると思っていますから、こういった仮想通貨TRONのビジョンは個人的に良いように思いますね!

4.APOLLO

2021年8月~2023年の3月にかけての計画です。
内容は、「コンテンツプロデュ―サーが、独自のトークンを発行することができるようにする」ということになっているらしいんです。
そのために、システムが非中央集権化される必要があるみたいです。

これをすることによって、システムの価値、※財産権およびリスクを自由に交換することが出来るようになるそうなんです。
※財産権とは、所有権やその他の物権、債権、著作権、特許権、商標権、意匠権といった無体財産権、特別法上の権利や、公法上の権利を含む、財産的性格を含むすべての権利のことを指すようです。

これらは、2021年8月~2023年3月に向けて実行されていくようで、もし実現されれば、経済がめまぐるしくよくなるようなんですね!〆(・∀・@)

ですので、このAPOLLOが開発されれば、例えば「おれが得た特許を君に上げるから、「TRONをちょうだい」とか、「物権あげるから、その著作権をちょうだいよ」なんてことも可能になるので、当然、あらゆるものの交換が可能になり、景気がよくなるんですね!

すごい時代になりますよ〜これ!!(●´∀`●)

5.Star Trek

計画期間2023年4月~2025年9月です。
「開発者がTRONを通じて、自由にオンラインゲームのプラットフォームを構築することができるようになる」というものです。(=゚ω゚)ノ

完全に自立的なゲームを提供し、市場機能を予測することが出来るようなるそうなんですね!

現在世界のゲーム市場は4500億円を4年前に超えてさらに伸び続けています。その将来性が高い市場で、これからTRONはプラットフォームとなるのです。

期待ができますね!

6.Eternity

仮想通貨TRONは、オンラインゲームのプラットフォームを確立します。

そして、そのシステムの中で、開発者は、TRON(TRX)を通じたゲームプラットフォームの設定を、自由に出来るようになるのです!

またその時に、ゲーム開発のための軍資金を獲得したり、共通の投資家がゲームに投資できるようにすることも、2025年9月~2027年9月にかけて行われるようなのです。

6.仮想通貨TRONの将来性の考察

仮想通貨,TRON

さて、ここまで読んでみて、仮想通貨TRONのことをどう思われたでしょうか??
未来の可能性が感じられた方、逆に、そこまで流行することなく消失するだろうと思われた方もいらっしゃるかと思います。

正直あたしは、”仮想通貨TRONが将来、社会に普及するかどうかの可能性”については、半信半疑なところであります。(*_*)

というのも、全ての人達があたし達のように仮想通貨に興味をもって勉強をしていれば別ですが、今のところ、興味すら無い人のほうがはるかに多いんですよね!
ほとんどの人が、YouTubeで満足してます。( TДT)

ですので、流通する前に、経営が成り立たずに消失なんてことも最悪あるかもです。

まあでも、TRONのシステムを使う企業が多くありますから、流通するまでの間、B to Cならぬ、B to B でなんとか生き残ってもらいたいですね!

流通すれば、絶対に便利ですもん!笑

ただ、ビットコインですら社会に普及するまでに、もう少し時間がかかるかと思いますから、アルトコインは、もう少し先になる気がしています。じっくり待つ必要があるかもしれません。[´・ω・`]

7.仮想通貨TRONまとめ

仮想通貨,TRON

さて!

これまでの記事の内容から、この仮想通貨TRONの将来性について、あたしなりに以下にまとめてみましたので、最後に頭の中を整理しておくといいかと思いますね!ヾ(。・ω・。)

1.TRONの話題性

仮想通貨,TRON

2.クリエイターにとって明るい将来が見える!

仮想通貨,TRON

3.あたし達ユーザーにとって便利な将来!

仮想通貨,TRON

いかがでしょうか?

いろんな企業と提携を結んだり、ロードマップがあることから、TRONはとっても話題性があることがわかるかと思います。

さらに、クリエイターといった、TRONの通貨・システムを使って、お金を稼ごうとする人にとっても、あたし達ユーザーのようにTRONの通貨・システムを使う人にとっても、魅力的な将来がありますよね!〆(・∀・@)

さらにさらに、今年2018年には価値高騰必須とも思えるコインBurnが控えているようです!
(これは、TRONの発行枚数を減らすことによって、既に流通しているTRONの価値を上げようとする行為です。)

「エンタメ」の領域に着目したこのTRONは、既存の情報媒体を脅かす存在です。仮想通貨TRONでもって、クリエイティブな社会を作っていきたいですね。

8.仮想通貨TRON買うには!?

仮想通貨,TRONぜひ仮想通貨TRONを買っておきたい!なんて人は、中国の取引所バイナンスで買うのがセオリーかと思います。
昨年は世界最大の取引高となり、とっても有名な取引所になります。

バイナンス公式ページ

また手数料も日本より低いみたいで、その点も人気の理由みたいですね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました〜(*´▽`*)

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちあき
どうも!今回このサイトで記事を書かせていただくことになったちあきです!普段はITデザインをやってます!目標は仮想通貨で頑張って稼いでニートになること!(´∀`)
ちあきの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top