ホームアルトコイン今こそ買い時!モナコインが2018年以降有利なわけ!
まいちゅん

今こそ買い時!モナコインが2018年以降有利なわけ!

Pocket
LINEで送る

モナコイン,将来性

2018年以降の仮想通貨の将来は、モナコインがくると思われる。というのも実用性が求められるフェーズに入っていくからだ。ビットコインを超える技術力持ち、使える場が整ったモナコインは、今が最後の買足しチャンスかもしれない!

 

モナコイン前回のまとめ

モナコイン,将来性

今回で2度目となるが、モナコインについて語っていきたいと思っている。
まあせっかくなので、ちょっと変えて将来性にフォーカスしていく。

今でもモナコインは、ビットコインに比べて送金がかなり早く、手数料も安いのが特徴だ。

そして昨今になって「やっとこさ」ビットコインも調子を取り戻してきたではないか。

つまり、ビットコインよりも優れた技術力を秘めたモナコインであれば、それをも超えるポテンシャルがあって将来性があると言えるのだ。

具体的にどんな技術が強みなのかというと、やはり「アトミックスワップ」や「Segwit」という技術の2つになるのではないか?

前回の復習ともなるが、この2つ技術についてサラッと書いておこう。知っているお主は、読み飛ばしてもらって構わない。

アトミックスワップとは、取引所などの第3者の仲介を必要とせず、種類の異なる仮想通貨をユーザー間で取引できる仕組みである。

ちなみにこれは、モナコインの基であるライトコインから譲り受けた技術となっているらしいのだ。

さてもう1つ、「Segwit」という技術だが、これは、取引データをうまいこと軽くして、取引スピードを上げることに成功した技術だ。

特にこの技術はモナコインが世界で初めて採用をしたらしいのだから、もっとガツガツと売り出しても良かったと思うのだが。

モナコイン特徴

モナコイン,将来性

通貨単位(呼び) MONA(モナ)
誕生 2014年
思想・用途 コンテンツ評価のためのチップ・決済
承認スピード 90秒(ビットコイン10分)
アルゴリズム Lyra2RE(v2)
ブロック報酬 25MONA
発行上限枚数 1億512万枚(ビットコイン2100万枚)
発行済み枚数 約5500万枚(ビットコイン2100万枚)
原産国 日本産
時価総額ランキング 70位(4月15日現在)
使用言語 JavaScript
取り扱い取引所 Zaif、ビットバンク、ビットフライヤー

2ちゃんのモナーをモチーフにしている

有名なアスキーアート、『モナー』をモチーフにしている。
2chが産出地であることに間違いないらしいが、ネタコインではないぞ。

そもそもモナコインは、ネットゲームのポイントや掲示板ユーザーがお互いにあげるチップとして使われていて、実用性に優れた通貨である。

モナコインの将来性に繋がる強み

以下にざっくりと、モナコインの将来性につながる特徴を挙げてみた。

・ビットコイン以上の技術力!
・投げ銭文化『モナゲ』
・今、最もお金として使いやすい!
・モナコインはコミュニティーが強い。

1番上の「ビットコイン以上の技術力」は既に説明をした。

残り、下3つについて説明をしていこうと思う。

『投げ銭文化』=『モナゲ』に将来性がある

他のアルトコインと開発思想が異なっているのを伝えておく。

というのも、あらゆるゲーム・ネット情報・音楽・アート等に賞賛を与える『投げ銭文化』を根付かせようとしているところだ。

通称「モナゲ」と呼ばれる独自文化だ。

これは、相手にチップとしてモナコインを渡す=”投げ銭”=通称「モナゲ」なのである。

いづれにせよ「投げ銭文化」を根付かせようと、今でも熱いユーザー達が奇怪ともとれるエンターテイメントを秋葉原から発進しているのである(ドヤ)

これによって「アイドル!!」やアーティスト、デザイナーやカメラマンの作品に対価を提供することができるのだ。

なんとも将来性がある通貨なのだ。
ここについての訳は最後に語ろうと思っておる。

他の特出すべき点は、匿名性があるところであろうか。

サイトの専用ポイントとは違い、ウォレットアドレスを表示することでサイトの垣根を飛び越えて送金することができるのだ。

お金としての実用性が抜群!!

日本国内で、モナコインは、ビットコインに次いで2番目に使えるところの多い仮想通貨なのだ。(賞賛)

バーやパソコンショップ、美容クリニック、メイド喫茶などなど、『モナ払い』ができるお店がたくさんあるのである。

以下、その例をざっくりとまとめておこう。

秋葉原パソコンショップ「ARK」オンライン

モナコイン,将来性

https://twitter.com/ark_akiba

通販でも実店舗でも利用可能だ。
以下にURLを貼っておいたぞ。
秋葉原より全国スピード出荷!| パソコンSHOPアーク(ark)

仮想通貨専用ECサイト「Bitcoinmall」

モナコイン,将来性

生活家電からAV機器、オフィス用具まで幅広いジャンルの品揃えがある。

通販サイトのビットコインモールでは、ビットコインとモナコインで支払いができるのが貴重だ。

ビットコインが使える通販サイト【Bitcoinmall】(ビットコインモール)

また最近では、ネット通販最大手のアマゾンもビットコインとモナコインの取り扱いを発表もしているから、今後ますます使える場所が増えてくる予感がするな。将来性があるぞ。

『monappy』

モナコイン,将来性

モナコインで買い物できるオンラインショップであり、コーヒーやお米、芋、缶詰など食品も買うことができる。
フリーマーケットのように、自分が出品することもできるのが面白い。
Monappy | Monacoin Portal&Wallet

『tipmona(チップモナ)』

モナコイン,将来性

Twitter上で人気の投げ銭サービスだ。

Twitterアカウントさえあれば誰でも使えて、「@tipmona tip (ユーザー名) (数量)」とツイートするだけで気軽にモナコインを送れるのだぞ。

何かを教えてもらった時や、絵を描いてもらったときなど、様々なシーンで気軽にチップを送れるという風に、新たにSNS機能を作らなくても、既存のシステムに導入させたのが強いところだ。

また最近では、「Monage」ブログにモナコインを投げ銭できるプラグイン(WordPressブログが対象)ができたという!

恐るべし!この勢いは消えやしない。

コミケでの採用

モナコイン,将来性

説明するまでもないと思ったが、念のため。
コミケとは、夏と冬の年2回開催される50万人規模の同人誌即売会のことだ。

こっちの世界では、オリンピック並みの大行事なのだ!
春夏秋冬4つ季節のうち、1シーズンしか開催されないのであるからな!

さてさてこのコミケにおける決済に、モナコインを採用するサークルが増えてきているのだ。

というのも、出品者側でお釣りの小銭を用意するのが非常に大変らしいからだ。
また、偽札の被害や、計算を間違えてしまうこともあるようなのだ。

モナコインを使えば、スマホだけでお釣りの必要なく支払うことができるので、双方にメリットがあるのだ。

これこそ仮想通貨に将来性があると思われる最大の理湯の1つではないか??

モナコインはコミュニティーが強い

モナコインはコミュニティが非常に強く、普及活動も盛んなのは有名な話だ。

2017年10月25日〜31日には、秋葉原 UDXと秋葉原ラジオ会館の大型ディスプレイで、モナコインのプロモーション動画が放映されるイベントがあった。以下の通りだ。

これは田中さんという方が”自腹で”100万円を出資して企画したもので、その考えに賛同した多くのモナコイナーたちによって実現されたようなのだ。

このように「モナコインが好きだからもっとモナコインを広めよう」と活動する人がとても多いのがモナコインの魅力だ。

以前も話したが、秋葉原の複数の大型ディスプレイにてモナコインの広告動画を自腹で作成する金持ちが居たり、モナコインで購入した土地に神社を建立したり、とにかくとんでもないのだ!

一種別の強みも出来てしまっているモナコイン
将来性があって楽しみになってはこないか?

モナコインに将来性がある理由

モナコイン,将来性

取引所へ上場予定がある!

国内大手取引所であるbitFlyerへの上場が予定されている。

世界最大取引量を誇る、取引所BITTREXのトップに掲載されたことも大きい。

さらには、IT大手のGMOが運営する「GMOコイン」、同じくDMM運営の「DMM Bitcoin」、さらに2018年夏に金融大手SBIグループが開設予定の「SBIバーチャルカレンシー」など、モナコイン上場の可能性が残る国内取引所はまだまだあるのだ!

そして、国内取引所での売買が増え、取引量が増え、価値が上がっていけば、海外の取引所でもモナコインを取り扱いが増えていくはずだ。

日本のサブカル文化が海外でも通用することは実証済みだから、不気味にポテンシャルを持っていると言える。

実用性が求められる今!モナコインが有利!

2017年の仮想通貨市場は「投機の力」が牽引されたが、2018年からは加熱しすぎた投機熱を抑えるために規制ラッシュが始まった。

そんな中、仮想通貨に「実需」が求められるフェーズに入っていくと思われるのだ。

つまり、「使われないコイン」からどんどん淘汰されていくということだ。
もっと言うと、現実で使えるコインが残っていくということ。

その点でモナコインほど、実用性があるコインは今現在ないであろう。
そういった意味でも、モナコインは将来性があると言えるのではないか??

エンタメ産業はまさしくモナコインに有利!

エンタメ産業が伸びる理由について、ごく簡単に説明する。

これからは、コンピューターやAIが担う仕事の割合が増える、これは間違いない。

そこで何が起こるかというと、人間の無駄な仕事が減り、余暇の時間が増える。

そうすると、関心やリソースが”娯楽”に向きはじめるのだ!

今でさえ、この5年でYouTuber(ユーチューバー)やプロゲーマーという仕事が確立したのだから将来はもっとすごいだろう。

そして、今後もエンタメ産業において新しい仕事や稼ぎ方がどんどん増えていくことが見通せている。

そんなエンタメ産業の時代の中に、モナコインの『モナゲ』といった「投げ銭文化」が栄えないはずがないのではないか?将来性があって楽しみになってきただろう〜〜?

まだまだ認知度が低いからポテンシャルがある!

モナコインの取引は、bitbankとzaifでの日本円売買が圧倒的らしいのだ。

逆に、海外からの取引(Btittrex)は20%ほどしかなく、まだまだ海外での認知度は低いらしい。

つまり、海外のユーザー・保持者はほとんどいないのだから、それだけでもポテンシャルはすごいのだ。

さらに、モナコインの掲示板AskMonaでは、モナコインをBINANCE(バイナンス)に上場させようという動きもあるみたいだ。

BINANCE(バイナンス)はお主も知っていると思うが、かなり大きい海外取引所で、もうすぐ日本への進出も予定されている。

リスク分散通貨に優れている!

モナコインは日本円での取引が多いため、ビットコインの値動きに連動しにくいのが特徴だ。

ビットコイン建てでしか取引できない通貨や、ビットコインの補助をするような通貨だと、ビットコインの値動きにかなり左右されるため難しいかもしれない。

一方モナコインは、他のアルトコインと違う動きをするため、リスク分散としても優れているかもしれない。

それはサブカルチャーが牽引していることが所以なのだが、我らサブカルティックヒューメンは永遠。

モナコインが買える取引所

モナコイン,将来性

Zaif(ザイフ)HPへ

bitbank(ビットバンク)HPへ

bitflyer(ビットフライヤー)HPへ

bitFlyerはセキュリティで世界ランクトップの数字を持って入るが、販売所で買うと手数料が高いぞ。

モナコインが買える3つの取引所の中で、手数料が安いのはZaif(ザイフ)とbitbank(ビットバンク)。

モナコインを購入してみたいのであれば、サーバーが安定していて、手数料の安いbitbankがおすすめだ。

長期的にモナコインに期待するのであれば、ドルコスト平均法でリスクを抑えて毎月コツコツ積み立てるZaif積立があるZaifもチェックすると良いかもしれないな。

短期トレードはbitbank(ビットバンク)、積立はZaif(ザイフ)、と使い分けると良いかもしれない。

【この記事を書いた女子会メンバー】

まいちゅん
仮想通貨で一生だらだら暮らしたい_(┐「ε:)_でも仮想通貨は面白いし、稼げるしで熱中しちゃってます!それ以外はゆるっと、のんびり生きていきたいなーって思ってます(*´ω`*)
まいちゅんの他の記事を読む

シェアする

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

ブログランキング

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top