ホームアルトコインコインチェックのNEM流出事件をおさらい!取引所を選ぶ人は必見のその実情とは?
さおりん

コインチェックのNEM流出事件をおさらい!取引所を選ぶ人は必見のその実情とは?

コインチェック,NEM

2018年仮想通貨NEMの流出事件を起こしたコインチェック。コインチェックのセキュリティにはどのような問題点があったのでしょう。今回の事件が教訓となって、仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントが見えてきました。詳しく解説していきます。

どーも!!さおりんです。

2018年1月26日、日本最大規模の仮想通貨取引所であるコインチェックが、580億円相当の仮想通貨NEMを流出した件についての記者会見を行いました。

ゆいゆい

コインチェックのNEM流出事件は知ってるけど、結局どうなったの?


さおりんさおりん

どうしてコインチェックNEMを流出したのかは、これから仮想通貨を始めようとする人は取引所を選ぶ上で参考になるはずよ。

今後、コインチェックの事件を教訓に活かすためにもNEM流出事件の原因を知っておきましょう。

コインチェックNEM流出事件の概要

コインチェック,NEM
引用:ニコニコ動画

コインチェックは、なにものかのハッキングにあって580億円相当の仮想通貨NEM(5億2300万XEM)を流出してしまいました。

以下のような、不審なツイートがコインチェックから送信されたことを不審に思ったユーザーからのリークによって、コインチェックの流出事件が報道されることになりました。

 

 

 

会見では、コインチェック代表取締役社長の和田晃一良氏

「本件に関しまして、皆様をお騒がせしていますことを深くお詫び申し上げます。たいへん申し訳ございませんでした。」

と謝罪することから始まり、NEMの流出にあった経過を報告しました。

コインチェックとは!?

コインチェック,NEM
コインチェックは、日本において最大の取引高を誇る仮想通貨取引所でした。(2018年1月以前)

コインチェックは、マーケティング運用に積極的で芸人の出川哲郎さんを起用して反響を呼んでいました。

10種類以上の仮想通貨を取り扱っており、操作が分かりやすく初心者にとっても利用しやすいプラットフォームを提供していました。

今回のNEM流出事件があって登録者は大幅に減少しましたが、以前は100万人以上の登録者を誇り、業績も順調に伸びていっていました。

仮想通貨NEMとは!?

コインチェック,NEM

コインチェックから流出した仮想通貨NEM(ネム)は、「New Economy Movement」の頭文字を取って略したものです。

NEMもビットコインと同様にブロックチェーンの仕組みを利用して運営されています。

NEMの基本情報は以下の通りです。

  • 時価総額 第14位 33億4777万ドル(約3649億693万円)
  • 単位「XEM」
  • 発行上限 89億9999万9999XEM
  • ブロック生成時間 1分

どうして、コインチェックはNEMを流出させてしまったのか!!

コインチェックが、NEMを流出させてしまったのには大きく分けて2つの理由があります。

  • NEMをホットウォレットで管理していた。
  • マルチシグネチャーを実装していなかった。

どうして、この2つの管理にはまずい点があるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

ホットウォレットは、ハッキングに遭う可能性が高くなる

コインチェックは、NEMをホットウォレットで管理していたためハッキングに遭って当時の取引価格で580億円相当の5億2300万XEMを流出させてしまいました。
ホットウォレットは、インターネットに接続されている仮想通貨の保管方法です。

仮想通貨がインターネットを通じてやり取りされるため、ホットウォレットで管理することによってクイックな送金が行えます。

一方、インターネット環境から隔離して仮想通貨のデータを保管するものがコールドウォレットです。
インターネットに接続されていないことから、ハッキングに遭う可能性はなくなります。

コインチェックは、1回の仮想通貨売買で、取引額の「数%~10%程度」の手数料を取っていたそうです。
取引量が多くなればなるほど、儲けが出る仕組みとなっているので必然的にホットウォレットを利用する方が都合がいい面があります。

また、ホットウォレットからコールドウォレットに仮想通貨を移動する行程が増えることで、コストがかかることになってしまいます。

コインチェックとしては、コールドウォレットで管理するコストが増えることを嫌がったのでしょう。

今となってはそのコストカットが大きな代償(約460億円)を払うことになったのでした。

マルチシグネチャーを実装していないとなぜ危険なのか

マルチシグネチャーとは、取引のときに複数の秘密鍵によって署名を必要とするシステムのことです。
仮想通貨では、1つの秘密鍵によって署名を行うことで送金が行われるようになっています。

ただ1つの秘密鍵で管理していると、もしその秘密鍵のデータを知られてしまった場合、保管している仮想通貨を自由に送金することができてしまいます。
マルチシグネチャーにしておけば、複数の秘密鍵によって管理しているので1つの秘密鍵を知られたとしても他の秘密鍵も知っていなければ送金はできません。

複数で管理する分、マルチシグネチャーの方がセキュリティ能力は高いのです。

ただ、マルチシグネチャーは実装するに当たって技術的に難しい面があります。

また、ビットコインやイーサリアムではマルチシグネチャーへの対応が進んでいました。

しかし、コインチェックは、NEMのマルチシグネチャーへの対応が遅れている部分もあって実装できずにハッキングに遭ってしまったのです。

なお、マウントゴックス事件など、仮想通貨の歴史については下記の記事を参考にして下さい。

仮想通貨取引所を選ぶ2つのポイント

コインチェック,NEM

コインチェックが仮想通貨NEMを流出してしまった原因がつかめたでしょうか。

この教訓を活かすために、以下の2つのポイントを押さえている仮想通貨取引所を選ぶようにしましょう。

仮想通貨取引所を選ぶポイント1 コールドウォレット・マルチシグネチャーでの管理

コインチェックの教訓を活かす意味でも、コールドウォレット・マルチシグネチャーで管理している取引所を選びましょう。

ただし、コールドウォレットでも完璧な管理体制ではありません。

ハッキングに遭う可能性が少なくなるだけで、コールドウォレットに入っているデータが物理的に盗まれる可能性もあります。

どのようにして、コールドウォレットを管理しているかも確認するようにしましょう。

仮想通貨取引所を選ぶポイント2 資本金が多い会社or上場企業

仮想通貨取引所を選ぶときのポイントとしては、資本金が多い会社or上場企業といった基準で選ぶと安心です。

資本金が多い会社or上場企業であると、セキュリティに関してコストを省くようなことはしません。

また、資本金が多い会社or上場企業であると証券会社と繋がっている可能性があるため、証券会社のセキュリティシステムを導入しているケースがあります。

現在、証券取引もデジタル化していますが、仮想通貨のように証券情報流出なんて事件聞きませんよね。
それは、証券会社のセキュリティが非常に堅牢にできているからです。

資本金が多い会社or上場企業で仮想通貨取引所を選ぶことで、管理がしっかりしている取引所を選ぶことは可能です。

コインチェックの仮想通貨NEMの流出事件のまとめ

仮想通貨,NEM

今回は、「コインチェックの仮想通貨NEMの流出事件」について以下の通りお話をしてきました。

コインチェックNEM流出事件の概要
-コインチェックとは!?-
-仮想通貨NEMとは!?-

どうして、コインチェックはNEMを流出させてしまったのか!!
-ホットウォレットは、ハッキングに遭う可能性が高くなる-
-マルチシグネチャーを実装していないとなぜ危険なのか-

仮想通貨取引所を選ぶ2つのポイント
-仮想通貨取引所を選ぶポイント1 コールドウォレット・マルチシグネチャーでの管理-
-仮想通貨取引所を選ぶポイント2 資本金が多い会社or上場企業-

コインチェックが、仮想通貨NEMを流出させてしまった原因としては、

・仮想通貨NEMをホットウォレットで管理していた。
・マルチシグを実装していなかった。

という2つの原因がありましたね。

この管理体制は非常に危険なので、仮想通貨取引所を選ぶ際には十分チェックするようにしましょう。

コインチェックの事件発覚後、金融庁はよりセキュリティに関して厳格に判断するようになり行政処分を下される事業者も出てきています。

想通貨取引所のセキュリティの甘さが明るみにでてきたようです。

コインチェックは、CMに力を入れていたため認知度ではNO1でした。
しかし、認知度とセキュリティ能力が必ずしも一致しないことがこれで証明されることになりました。

今回お話した仮想通貨取引所の裏の部分を知っておいて、安心できる仮想通貨取引所を選ぶようにしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top