ホーム仮想通貨基礎知識ビットコインの基本とは?今さら聞けない疑問を徹底解決してマスターしよう!
研修生

ビットコインの基本とは?今さら聞けない疑問を徹底解決してマスターしよう!

ネットをあまり使わない人からしたら紙幣以外の通貨は抵抗があると思いますが、仮想通貨は次世代の通過といわれているくらい紙幣よりも信頼性が高いです。
何故安全なのか?期待されているのかを説明していきたいと思います。

仮想通貨の基本


 世界の経済観念を根本から覆すと言われている「仮想通貨」。ビットコインやイーサリアムという仮想通貨がある、くらいのことはご存知かもしれません。ですが、それがどういったものでどう「世界を変える」のか、という疑問に答えられる人は少ないと思います。

「仮想通貨とはそもそも何か」
「電子マネーとはどう違うの?」
「通貨が『分裂』するってどういうことだろう」

仮想通貨は確かによくわからないことが多いものです。ですが、この仮想通貨、本当に世界を変える可能性を秘めています。
この記事では仮想通貨についての基本を、初めて仮想通貨について学ぼうという方でもわかるようにまとめます。

仮想通貨とは

仮想通貨の現状

ビットコインやイーサリアムなどに代表される仮想通貨。現在1000種類以上の仮想通貨が作られ流通しています。そして現在も増え続けています。
とはいえ、結論から言えば最も普及している仮想通貨は、言わずもがな「ビットコイン」です。
次点で「イーサリアム」です。

執筆時点での、ビットコインの時価総額は約12数兆円とも言われており、これは全仮想通貨の時価総額の半分近くを占めています。イーサリアムは約4兆9000億円程度ですので、圧倒的にビットコインの需要が高いと言えます。

さらに、ビットコインとイーサリアムは運用の方針が大きく異なり、ビットコインが決済用の仮想通貨としての性格が強いのに対して、イーサリアムは分散アプリケーション開発用のプラットフォームとしても使われます。
ですので、現在の状況では「ビットコイン」が最も有望な仮想通貨である、と言っても差し支えないでしょう。

仮想通貨とは

 仮想通貨は英語でCrypto currencyと呼ばれます。cryptoは暗号、currencyは通貨です。ですので、日本語では「仮想通貨」という呼び名が一般的ですが、直訳して「暗号通貨」と呼ぶこともあります。どちらも同じ意味です。「暗号」という言葉が使われるのは仮想通貨に使われる技術に、情報工学の「暗号技術」が使われているからです。

いよいよ、仮想通貨の説明に入りましょう。
仮想通貨は「仮想」の「通貨」です。
そのまま過ぎて、説明になっていませんよね。

言い方を変えると、「データ上だけで存在する実態のないお金」のことを仮想通貨と呼んでいます。
ですが、それだけなら、一般に普及しているICチャージのやゲーム内マネーと変わりませんよね。また、銀行に預けているお金も、現実には存在しないバーチャルのお金です。それらとは全く異なった性質を持つので、仮想通貨が世界を変えるのです。

ゲーム内マネーとの大きな違いは、ゲーム内マネーがゲームの中でしか使用できないのに対して、仮想通貨は現実世界でも使用できるということです。

電子マネーとの違い

では、ICチャージのお金や、銀行に預けているお金とどう違うのでしょう。
例えば、チャージしたICカードで電車に乗るときのことを思い浮かべてください。

まず、カードを買います。次に買ったカードにお金をチャージします。チャージという行為は、現金と電子マネーとを交換する、もっと言えば現金で電子マネーを買うことです。そして、電子マネーを使って電車に乗ることができます。

公共交通機関の電子マネーは、コンビニや自動販売機でも利用できますが、どちらにせよ共通することがあります。それは、現金の流れが一方通行である、ということです。手元にあった現金は、消費者側から電子マネーを発行している機関やその関連事業者に一方的に流れます。その逆はあり得ませんよね。電子マネーで現金を買うことはほとんどの場合できません。

しかし、仮想通貨においては「通貨」という言葉のさす通り、仮想通貨と現金を交換することができます。これが、一般の電子マネーと過疎通貨の大きな違いです。

銀行に預けているお金も、実態はないけれど

それでは、銀行に預けているお金との違いはどこにあるでしょうか。
決定的な違いは決済の際に明確な管理者が存在するか、存在しないかという違いがあります。銀行で振り込み決済をするときには、銀行が取引を仲介し、その取引の正当性を証明してくれます。

そうしないと、取引の信頼性が揺らいでしまうからです。
電子マネーでは発行会社が仲介しますし、クレジットカード決済では信販会社が仲介し取引を証明してくれます。
一方、仮想通貨では、誤解を恐れずに言うならば、取引の仲介をしてくれる人はどこにも存在しません。

正確に言えば、みんなで見張りながら取引の正当性を証明しよう、ということになっています。ですので、取引の内容を公開して、それを全員で監視することで、不正な取引をやめてもらう、正当な取引を証明するというシステムで、仮想通貨は運用されています。

ビットコインの生みの親

仮想通貨で現在最も流通しているビットコインには生まれるきっかけになった論文があります。この論文は2008年にネット上に突如公開され、その論文の内容を元に世界中のエンジニアが、その仕組みを作成することで、ビットコインが誕生しました。

論文の原文タイトルは「bitcoin : a peer – to – peer electronic cash system」というタイトルで、論文著者は「サトシナカモト」とされています。このサトシナカモトという人物の詳細は一切わかっていません。日本人の感覚で普通に解釈すれば、なかもと・さとし、という人物だということになりそうですが、「サトシナカモト」の国籍、性別、個人なのか組織なのか、などの情報は公開されていません。

ともあれ、以上のことをふまえて「仮想通貨とは何か」という疑問に答えるとするなら、「みんなで管理するような性質をもったデータ上でしか存在しないお金」ということになります。
そして、他にも違いを挙げるとするなら、仮想通貨は「価格が固定されていない」ことと「所有権が移転できる」ことが挙げられます。

仮想通貨の特徴「価格が固定されていない」

電子マネーで5000円をチャージしたとしましょう。この5000円分の価値は、物価の変動はあるにせよいつまでも5000円の価値があり、同額の商品と交換することができますよね。それにたいして仮想通貨はレートが存在します。つまり5000円で買った仮想通貨がいつまでも5000円の価値を持つとは限らないのです。この点で、株式投資や外国為替と同様に投資目的の取引が盛んになります。

5000円で買った仮想通貨が6000円の価値を持つようになれば、差額の1000円分は利益になりますし、4000円に下落してしまえば、1000円の損失が出ます。

仮想通貨の特徴「所有権が移転できる」

電子マネーは基本的に所有権を移転できません。現金は所有権を移転できますよね。誰かに現金を渡せば、その渡した分の金額はその人のものになります(貸した場合は別にして)。銀行のお金も送金することができます。
これに対して電子マネーは所有権を移転できません。

ICチャージのお金は一度チャージすると、別のICカードに振り替えることができませんよね。ですが、過疎通貨は所有権が移転できます。手数料はかかりますが、現金と同様に所有権の移転が可能です。

ブロックチェーン

仮想通貨は「みんなで管理する」というように申しました。その根幹が「ブロックチェーン」と呼ばれる技術です。日本語では「分散型取引台帳」と訳されます。分散型取引台帳、という言葉をよく見てください。「台帳」です。つまり、この台帳に記載されることで、仮想通貨の存在が証明されるのです。

「台帳」に「Aさんが5000仮想通貨を所持しています」と書いてあれば、Aさんはそれだけの通貨を持っていることになります。そしてこの台帳を、誰でも閲覧できるように後悔することで、不正な取引や改ざんがないかを全員で監視、管理することになります。これが「みんなで管理する」という言葉の意味です。この「台帳」をブロックチェーンと呼んでいるのです。

先述のようにこのシステムには特定の管理者が存在しません。みんなで管理することになっているからです。これが「分散型」の由来です。情報技術の分野になりますが、ネットワークの方式には大きく2つあります。「クライアント―サーバー形式」と「P2Pネットワーク」です。

クライアント―サーバー方式

クライアント―サーバー方式は、ソーシャルゲームなどでよく使われているネットワーク方式です。ゲームサーバー(ゲーム管理者)があり、それぞれのユーザー(プレイヤー)がサーバーにアクセスしてゲームを楽しむというもので、ゲームをしたことがある人なら「ゲームサーバーにアクセスしています」という文言をご覧になったことがあるでしょう。

サーバーという全体の情報を持つ管理者がいて、クライアントはサーバーに問い合わせて情報を提供してもらうというネットワークの形です。一対多のネットワークになっています。

P2Pネットワーク

一方、P2Pネットワークでは、管理者としてのサーバーは存在しません。クライアント同士が相互に通信を行うことで、それぞれデータをやり取りします。P2PというのはPeer – to -Peerのことで、サトシナカモトの書いた論文にもこの文言が登場しましたね。仮想通貨を管理するのは全員です。こちらのP2Pネットワークで仮想通貨が成り立っています。

全員が相互にやり取りし、同じブロックチェーン、分散型取引台帳を所有します。全員で分散管理するので「分散型」と呼ばれるわけです。台帳に記入する権限をもった参加者が、新たな取引記録を書き込むことで、P2Pネットワークでつながっている他のすべてのノード(コンピューター)に台帳情報が更新、共有されます。こうすることで、みんなが同じ台帳を見ることができるのです。

ビットコインについて

ユーザーとマイナー

これまで繰り返し申しましたように、仮想通貨には特定の管理者がいません。世界で一番古い仮想通貨である「ビットコイン」は2008年のサトシナカモトの論文により提案され、2009年に稼働し始めました。これが世界初の管理者不在の決済システムになりました。

ビットコインシステムを構成するのは「ユーザー」と「マイナー」です。「ユーザー」はお金をやり取りしビットコインを利用する人、「マイナー」は参加者とも呼ばれ、システム処理を行う人です。つまり「マイナー」は台帳に記載を行う人たちのことです。

「ユーザー」はビットコインを利用する人たちです。ビットコインで取引するためには小額から選択できる取引手数料を支払う必要があります。取引手数料は「ユーザー」が決めます。手数料を高額に設定すれば、「マイナー」が優先的にブロックチェーンに記載してくれるので、早急な取引が可能です。
「マイナー」はブロックチェーンの書き込みを行う人たちです。もちろん、ボランティアでやっているわけではありません。「ユーザー」が支払う取引手数料と新たに発行されるビットコインが「マイナー」の報酬です。この報酬目当てに「マイナー」は取引の記帳を行います。台帳に書き込む作業を「マイニング」というので「マイナー」と呼ばれるのです。

マイナーは何をするのか

「ユーザー」が取引を行うと、その手数料の情報と共に「マイナー」に情報が一斉に送信されます。「マイナー」はこれを台帳に書き込むことになるのですが、記帳するためには10分程度で解けるような問題を解く必要がありあます。取引記録を「ブロック」といいブロックが連なっていることから台帳をブロックチェーンというのです。

報酬を得られるのは、問題を解いて最も早くブロックを作成したマイナーのみです。そしてそのブロックが他のマイナーに認められることで、ブロック作成者が報酬を受け取ることができるのです。この瞬間に、報酬用の新たなビットコインが発行され、マイナーがそのビットコインを受け取ります。

マイナーの報酬

ただし、ビットコインにはあらかじめ発行上限が決められています。また、4年ごとにビットコインの発行速度が半減するように設定されていますので、新規ビットコインを得ることが難しくなっていきます。発行上限額は約2100万BTCです。BTCはビットコインの単位です。
この、新たな資源を得ることが困難になっていくという状態が、金の採掘現場に例えられるために、ビットコインのブロック作成作業を「マイニング(採掘)」と呼びます。いずれ新規ビットコインの発行は堀つくされてなくなってしまいます。ですが、「ユーザー」が支払う取引手数料という報酬があるため、「マイナー」がいなくなることはないと考えられています。

このようにビットコインは、仕事を正当にこなしたマイナーに報酬を与えることと、それを他のマイナーが承認すること、ユーザーの取引記録を公開することで、管理者がいなくても機能するシステムを構築しています。不正なことをするよりも、正しく仕事をして報酬得た方が得だ、という心理になるように促しているのです。

基本事項、いかがでしたか

この記事では、世界を変えると話題になっている仮想通貨の基礎と、基本原理をまとめました。また、ビットコインの構成者とその仕事についても触れて、どのような仕組みで成り立っているのかを簡単に説明しました。また、次の記事でお会いできることを楽しみにしております。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top