ホームアルトコインネムのハーベスティングで仮想通貨を収穫!?ネム財団に貢献して報酬をもらっちゃおう!
ゆい

ネムのハーベスティングで仮想通貨を収穫!?ネム財団に貢献して報酬をもらっちゃおう!

Pocket
LINEで送る

ネム,ハーベスティング0

ネムは常に時価総額ランキング上位にいる有力通貨です。そのネムを管理・開発してる財団に貢献すると、なんと「報奨金」としてネムがもらえることを知ってましたか?今回はネムとはどんな通貨なのか、報奨金をもらう方法、についてご紹介していきます!

こんにちは!仮想通貨はガチホ派でイギリス旅行の資金をガッツリ貯めているゆいです!

わたしは仮想通貨をはじめた当初、いろんな通貨をこまめに買っていたんですが、それも結構まとまった額になってきました。でも最近は、わたしが仮想通貨をはじめた2017年前半と今年は状況が違いますよね~。相場の変動も昨年のように上がりっぱなしではないので、最善の策を考えたらやはりいまは「ガチホ」なのかなあ、と思いますね。

わたしが持ってる仮想通貨に「ネム(XEM)」があります。時価総額も数ある仮想通貨の中でもつねに上位に入るくらいの有望コインなのですが、このネム(XEM)を管理している財団に貢献すると、なんと「報奨金」が貰えるそうなのです。

ここではネム(XEM)とはどんな仮想通貨なのか、またハーベスティングと呼ばれる報奨金とは何なのか?についてご紹介してみたいと思います!

ネム(XEM)とは、どんな仮想通貨?

ネム,ハーベスティング 1

仮想通貨をある程度買っていて、この記事を読んでくださっている皆さんには、ネム(XEM)をあえてご紹介することもないとは思いますが、自分自身のおさらいの意味を込めてご紹介してみたいと思います。

ネム(XEM)はまだ誕生して3年の若い通貨

ネム(XEM)はシンガポールに財団を持っています。2015年3月に誕生した通貨でまだ3年ちょっとしか経っていないんですね。なのにおよそ1500種類あるといわれる仮想通貨の中でも10本の指に入るくらいの時価総額をキープしている通貨なんです。すごいですよね。

通貨単位はゼム(XEM)と呼ぶんですよ。これは意外に「持ってるけど知らなかったよ」って人も多いんじゃないでしょうか?それに一度見たら忘れないあのトレードマーク!緑、青、オレンジの3色使いの三角形で、目立ちますよね。仮想通貨を紹介する場面でも必ずと言っていいほど、このマークが使われています。

ネム(XEM)の誕生したきっかけは?

ネム(XEM)はもともと「New Economy Movement(新しい経済運動)」の略称とされていましたが、現在ではネム(XEM)という固有名詞だとうことです。

その設立の目的は、金銭的な自由と分散化、平等、そして連帯感の原則に基づき、「新しい経済圏の創出」という壮大な目標があります。

2014年1月に、ビットコインのフォーラムでutopianfutureのハンドルネームによって企画が持ち上がり、2015年3月にネム(XEM)が誕生したというわけです。フォーラムから仮想通貨を作る企画が持ち上がるなんて、まさに今っぽいですよね。

「マイニング」ではなくて「ハーベスティング」!

ビットコインなどは有志が「マイニング」という作業をして、その代わりに「マイニング報酬」をもらうことで有名ですよね。でもなんとネム(XEM)にはこの「マイニング」がないんです!

「ほな、どないして通貨を発行しとるねん!」と思いますよね。マイニングがないということは、それ以上通貨が増えないってことなんです。そのため、そのうち既存の通貨しか流通しなくなるので、価値が上がると言われているんです。

マイニングがないので、マイナーさんはおらず、その代わり、「ハーベスティング(収穫)」と呼ばれる方法で報酬が分配されています。これが次に説明するネム(XEM)の「報奨金」です。

それにしても仮想通貨界は、マイニング(採掘)だとかハーベスティング(収穫)だとか、ネーミングがしゃれていますよねえ。

ネム(XEM)のハーベスティング(収穫)とは?

ネム,ハーベスティング 2

ではネム(XEM)のハーベスティングとは何なんでしょうか?私達でも参加できるのか? いくらもらえるの?などいろいろ気になりますよね。

そもそもネム(XEM)は、一部の採掘者やグループ、会社などに報酬がかたよってしまうことがないように設計された最初の仮想通貨なのです。

そのためビットコインのような「マイニング(採掘)」という方式をとらず、ハーベスティング(収穫)という方式をとっているようです。しかし、ネム(XEM)ハーベスティングも、「PCで作業をする」という点では変わりはありません。いわば、取るか取られるかの争奪戦だと言われるビットコインのマイニングほど競争率が高くない作業って感じですかね。

余談ですがビットコインの採掘も、もはや個人では太刀打ちできず、ロシアや中国、モンゴルなどのような電力量が安く、組織単位でやっているところが一人勝ちしている状態ですもんね。とても「みんなが楽しく参加するマイニング」とはいかない、殺伐とした状態になってしまっていますよね。

ネム(XEM)のハーベスティングの方法とは?

仮想通貨ネム(XEM)のハーベスティングの方法のひとつには「ローカル・ハーベスティング」と「委任ハーベスティング」いう方法があります。これは、ビットコインのマイニングのように、PCをつけっぱなしにして行うものと、そうでないものが存在します。

それ以前に、このハーベスティングは誰でもできるものなのか?ということになりますが、1万XEM以上の残高(正確には手数料も必要なため、もう少し必要)があれば誰でも出来るようです。現在のところ、ネム(XEM)は30円台をうろうろしていますので、1万ネムは30万円前後。一般市民にとってもそうハードルが高い話ではないですよね。

しかし、PCをつけっぱなしにしておかなくてはならないという時点で、日本のネム(XEM)ホルダーはかなり不利ですよね。

ハーベスティングのお仕事は、「トランザクションをブロックにまとめてブロックチェーンに記録する」という内容になりますが、実際にはボタンひとつでできる簡単なものです。

「それだけだと、何のこっちゃわからんわい!」という方のためにもうちょっと具体的に説明すると、ネム(XEM)はプルーフオブインポータンツ(Proof of Importance=POI)というしくみで動いています。ちなみにビットコインの採掘をして報酬をもらう方式は、プルーフオブワーク(Proof of Work=POW)でしたよね。

このPOIというしくみは、ネム(XEM)の保有量や売買数、コミュニティーで積極的に発言したり、といった「アクションポイント」でステータスが上がるしくみになっています。保有数が多いばかりがポイント高いとは言えないのが嬉しいですよね。

とくに、1回に1000XEM以上の送金や、既得バランス(ネム(XEM)保有数)が10000XEM以上のユーザーからの入金であったり、30日以内(43200ブロック以内)の取引が多い方はステータスが上がる傾向にあります。例えが悪いですが、銀行などでも沢山お金を口座に持っていたり、送金をするとステータスが上がりますよね。あの感覚です。

取引を積極的にするということは、ちまちまと細かく取られる手数料で保有ネム(XEM)を消費してしまいますが、同時にステータスも上がります。このステータスは「POIスコア」と呼ばれていて、このスコアが高いほどハーベスティングに成功し、報酬を手に入れやすくなっています。

①ローカル・ハーベスティング

仮想通貨,ネム,ハーベスティング

具体的にはビットコインのようにマイニング用のPCが要るとか面倒くさいことはなく、標準的なスペックのPCにNano Wallet(ナノウォレット)をインストールすればOKです。PCのみ設定が可能で、Mac, Windows, Linuxに分かれていますので注意してくださいね。ネム(XEM)のHP自体は英語ですが、Nano Walletは日本語対応しているのが嬉しいところです。

ブラウザはChromeが推奨ですが、IE以外でしたら使用可能です。ダウンロードは2.3分時間がかかります。DLが完了したら、Windowsだと「NanoWallet.exe」、Macは「NanoWallet.app」を開きましょう。Firefoxなどでもバージョンが古いと開けない場合があります。

そして「アカウントの作成」から「シンプルウォレット」を選択します。ウォレットはメインネットウォレット、20桁以上の英数記号混合が推奨されますパスワードを決定し、入力します。「あなたはNEMberですか?」というメッセージがでますので、ウォレット名を入力して、パスワードを入れると設定が完了します。

「ノード」と表示されている左側に緑の丸が表示されていたら通信成功です。「秘密鍵」と「ウォレットをバックアップ」の文字を控えておきましょう。

次に、手持ちのネム(XEM)をウォレットに送金しなくてはなりません。ネム(XEM)の購入にはZaifなどの取引所がおすすめですから、そこからネム(XEM)ウォレットへ送金します。

ウォレットのアドレスは、「アカウント」を押すと出てきますので、そのアドレスを送信先に貼り付けて送付します。

②委任(デリゲート)型ハーベスティング

 

ネム(XEM)のハーベスティングの方法には実はPCをつけっぱなしにしなくてもいい方法もあります。それが委任(デリゲート)型ハーベスティングと呼ばれるものです。

やり方はローカル・ハーベスティングとネム(XEM)のHPからNano WalletをDLして解凍するまでは同じなのですが、そこからが違います。まずNano Walletの「サービス」から「デリゲートアカウント(委任アカウント)管理」をクリックします。

「委任有効化」を選択してパスワードを入れてログイン。その際に「チャリーン」と大きな音がします。それから6時間ほど待つと、リモートステータスが「有効」となっていたらハーベストが開始できます。ステータスが有効となったら、ノードを指定しなくてはなりません。これはIPアドレスのことで、プルダウン式に選択できるようになっています。もし途中で接続が切れたら、別のノードを選択すればOKです。

このような空いているノードを探すツールもあります。委任ハーベスティングは、世界中に散らばっているスーパーノードに接続するのですが、運悪く混んでいるノードに接続してしまったら、通信がうまく行きません。その分、ハーベスティングも滞ってしまいます。そのため、空きノードを探すツールが作られたようです。

委任ハーベスティングの場合は誰かが立てている「スーパーノード」に委任しているため、相手先のノードが「停止」していないか時々確かめてあげることが必要です。

なお、委任ハーベスティングの場合も、ローカル・ハーベスティングと同じく、10000ネム(XEM)以上なのですが、ハーベスティングができるまで1ヶ月半待たされることになります。

なお、15000ネム(XEM)も持っていればステータスも高くなるので、10日前後でハーベスティングができるようになりますので持ち合わせがある方にはおすすめです。

スーパーノードとは?

ネム,ハーベスティング 5

先程、「委任ハーベスティングはスーパーノードに委任している場合があります」と言いましたが、スーパーノードって何なんでしょうか?

「スーパーノード」とは、いわば、通常のハーベスティングの上級版のことで、このスーパーノードになるには、300万ネム(XEM)の保有や常にチェーンが同期されている、最低秒間2000回繰り返しでハッシュ可能であること、NISのバージョンが最新、と何やらややこしい条件つきです。

300万ネム(XEM)というと、円にした価値がいまのところ、9,000万ほどですから、相当にハードルが高いです。さらに1日4回行われるチェックにパスすることで、報酬が貰えるのです。

もとから保有ネム(XEM)が多いのに加えて、NanoWalletに送金するとか、フォーラムで発言するとかのちょっとの努力で報酬が貰えるのですから、ネム(XEM)を置いたまま眠らせない賢い方法と言えます。

また、仮にあなたが「スーパーノード」様になり、自分がそのスーパーノードに委任もすれば、両方の報酬がもらえるということになります。これはかなりオイシイですね。実際の報酬としては、2016年9月からはスーパーノード全体で140,000XEM/日ほどが支払われているようです。

ただし、スーパーノード全体での「山分け」となりますので、スーパーノードの数が多いほど、分け前は少なくなってしまうそうです。ネム(XEM)数円の時代から保有してきた、既存のスーパーノード様にしてみれば、「新規参入はお断り!」ってとこなんでしょうか?

また、その下の委任の数が少なかったら報酬は多くなるのか?という疑問もありますが、そこのところは明らかになっていません。実際には1人に1日あたり支払われる報酬は300ネム(XEM)程度のようです。これでも1ネム(XEM)=30円換算で日本円にすると、9,000円ほどになりますから、1ヶ月にすると270,000円ほどの収入になりますね。少しの努力で、働かずしてこれだけの収入が得られるのはすごいことです。

ユニークなネム(XEM)のハーベスティング

ネム(XEM)の運営を行う中央集権機関として、シンガポールに財団を持ち、ハーベスティングという作業でも報酬を出しているネム(XEM)。このネム(XEM)のハーベスティングでは、報酬が一部の人に偏らないよう、また、平等に報酬が行き渡るよう設計されている点では好感が持てますよね。

ネム(XEM)のハーベスティングには、PCをつけっぱなしにするローカル・ハーベスティングとスーパーノードに委任するハーベスティングがあります。

PCをつけっぱなしにする点では日本では不利ですが、30万程度からはじめられる委任ハーベスティングなら「私にもできそう」という感覚がいいですよね。「富の再分配」「世間一般の人に力を与える」ことを目標に掲げている仮想通貨ネム(XEM)。先行きのわからない世の中において、なんだか力を貰えそうですね。

またまた余談ですが、東京・渋谷に仮想通貨をコンセプトにしたNEMbarがあるので、また行ってみたいと思います。
あそこのカクテルの多くは仮想通貨をモチーフにしたものが多いんですよね!もちろんネムのカクテルもあります!

あとさっき言ったネム財団の人も来たことがあるらしいので、もしかしたら会えるかも??

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

シェアする

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

ブログランキング

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top