ホームアルトコイン仮想通貨EOS(イオス)について徹底解説!イーサリアムを超えるプラットフォームになるかも?
さおりん

仮想通貨EOS(イオス)について徹底解説!イーサリアムを超えるプラットフォームになるかも?

Pocket
LINEで送る

仮想通貨,EOS

ICOで好調な滑り出しを見せ、いきなり時価総額TOP10に入り込んだ仮想通貨EOS。そして、もうまもなくEOSソフトウェアが使えるようになります。今後の躍進が期待できる仮想通貨EOSについて徹底解説!!

どーも、さおりんです。

今日取り上げる仮想通貨は、EOS(イオス)

ゆいゆい

仮想通貨EOSっていったら、2018年の4月急に取引価格が上昇したのよね。

さおりんさおりん

よく知っているじゃない。ほぼ予想通りの動きだったわ。

ゆいゆい

ずる~い。ちょっと情報くれてもいいんじゃない。

さおりんさおりん

投資は基本的に自己責任よ。もっとしっかり勉強しなさい。まあ、この際だから仮想通貨EOSのいい情報を教えてあげる。

ゆいゆい

やった~♪さおりちゃん頼りにしてま~す☆

今までの仮想通貨と比べて大幅に機能性が向上しているのが、『仮想通貨EOS』なんです。

今回は、仮想通貨EOSについて紹介していきます。

さおりんさおりん

仮想通貨EOSの取引価格上昇ポイント予測も合わせて紹介するので、是非最後までお付き合い下さい。

仮想通貨EOS(イオス)の基本情報

仮想通貨,EOS

仮想通貨EOS(イオス)は、ケイマン諸島を拠点としているblock.oneという会社によって開発されました。

開発の中心人物として、インターネット企業家Brendan Blumer(ブレンダン・ブリュマー)氏とプログラマーのDan Larimer(ダン ラリマー)氏がいます。

仮想通貨,EOS

仮想通貨EOSのICOは、イーサリアムのERC-20をベースにコインが発行されました。
EOSのICOは、技術的に評価が高くプロモーションにも成功したため、16億円もの資金をたった1日で調達することに成功しました。

EOSのICOは現在(2018年5月)も続いており、現在まで約7億ドル(約756億円)もの資金を集めています。
現在行われているEOSのICOは、ICOが行われた1年後の2018年6月1日を持って終了となります。

仮想通貨,EOS

EOS(イオス)の時価総額は、127億5000万ドル(約1兆3770億円)。(2018年5月現在)
仮想通貨の時価総額ランキングでは、5位と多くの取扱量を誇示。

EOS(イオス)の単位は、そのままEOSと表されます。

仮想通貨,EOS

EOS(イオス)の発行上限数は「1,000,000,000EOS」(10億EOS)です。
EOS発行上限数の10%に当たる1億EOSは開発チームで保有しており、2017年のICO開始と同時に5日間で全体の20%に当たる2億EOSを5日間で配布しました。
2017年7月1日からは、残りの7億EOSを毎日200万EOSずつ配布するようプログラミングされています。

2018年5月31日を持って、EOSの配布は終了となります。
仮想通貨EOSの市場に出回る上限である9億EOSの内、約95%に当たる8億5000万EOSが既に発行されました。

さおりんさおりん

もうまもなく期間終了です。購入する方は急ぎましょう。

 

EOSプロジェクトの概要

仮想通貨,EOS

EOSプロジェクトとは、EOSソフトウェアを利用しているEOSプラットフォームのことをいいます。

EOSソフトウェアとは、EOS独自のブロックチェーン技術のことです。
EOSプロジェクトは、取引処理能力が高く、スマートコントラクト機能を実装することができます。

ビットコインやイーサリアムのブロックチェーンを利用して、さまざまなICOが行われていますが、新たなプラットフォームとして有望なのがEOSプロジェクトなのです。

さおりんさおりん

EOSプロジェクトは準備段階で動き出してはいないの。EOSプロジェクトが利用できるフェーズ5は、2018年の秋ごろになる予定よ。

ゆいゆい

ICOっていったらイーサリアムがあるじゃない。EOSプロジェクトを利用する人っているの?

さおりんさおりん

EOSプロジェクトは、イーサリアムよりスマートコントラクト機能や処理能力に優れているの。イーサリアムの問題を解決しているから、多くのサービスやアプリ開発での利用が予想されるわ。

イーサリアムは、スマートコントラクトが増えた関係で送金処理が遅れる問題を抱えていました。

これから、ますますスマートコントラクトが増えると更なる問題が起こっていたでしょう。

EOSプラットフォームは、処理能力に長けるためスマートコントラクトの問題も起こらないと考えられています。

仮想通貨EOSとEOSプロジェクトは関係ない

仮想通貨EOSとEOSプロジェクトは、今のところ関係はないと仮想通貨EOSのホワイトペーパーには書かれています。
仮想通貨EOSの開発は、block.oneによって行われていますが、EOSプロジェクトの開発はblock.oneとは無関係のコミュニティのメンバーによって行われています。

EOSトークンは、EOSプラットフォーム上の使用、目的、属性、機能または機能を含むが、これに限定されない、明示的または黙示的な権利、使用、目的、属性、機能または機能を有しない。

EOSプロジェクトが実現できるかどうか、分からないためこのような記述になっているのでしょう。

EOSプロジェクトと関係ないのに仮想通貨EOSが購入される理由

仮想通貨,EOS

EOSソフトウェアを実装できるようになった場合、仮想通貨EOSは、新たに作られるEOSプラットフォーム上から発行されるトークンと交換ができるからです。

EOSプラットフォーム上から発行されるトークンは、2018年7月2日にローンチされることがblock.oneから発表されています。

つまり、仮想通貨EOSはこれからEOSプラットフォーム上から発行されるトークン(以後、新EOSトークン)と交換できるというわけです。
(※新EOSトークンはEOSプラットフォームを利用する際に必要になることが考えられます。)

ゆいゆい

新EOSトークンを持っていることで、性能に優れたEOSプラットフォームを利用できることになるのね。

さおりんさおりん

新EOSトークンを入手するには、仮想通貨EOSが必要だからこぞって仮想通貨EOSを購入しているのよ。

仮想通貨EOSの時価総額ランキング5位につけるぐらいだから、EOSプラットフォームに対しての市場の評価が高いことが分かります。

現在のEOSトークンは、イーサリアムのERC-20によって発行されていますが、EOSプラットフォーム上から新EOSトークンが発行されるため、2018年7月1日に切り離されることになります。
仮想通貨EOSの保有者は、2018年7月1日までに、EOSプラットフォームのメインネットに登録を済まさなければなりません。

ゆいゆい

EOSプラットフォームのメインネットに登録しないと、新EOSトークンが発行されないため登録がまだの人は急いで下さいね。

EOSソフトウェアの特徴

EOSソフトウェアの特徴1 トランザクション処理能力が高い

EOSソフトウェアは、非同期処理・平行処理という新しい取引承認処理システムを導入しているため、1秒間で数百万回のトランザクション処理も可能となっています。

ビットコインのトランザクション処理は、1秒間当たり6~7回。
イーサリアムのトランザクション処理は、1秒間当たり約15回。
EOSソフトウェアのトランザクション処理は、1秒間当たり数百万回。

EOSソフトウェアの性能は、ビットコインやイーサリアムとの間には、数万倍もの圧倒的な差があるのです。
世界的なクレジットカード会社やフェイスブックを始めとしたSNSの処理能力でも、1秒間当たり数万回ということを考えるといかにEOSソフトウェアが優れているかが分かります。

EOSソフトウェアの特徴2 取引手数料が無料

EOSソフトウェアでは、トランザクション処理に必要な手数料は一切かかりません。

ビットコインやイーサリアムでは、トランザクション処理に手数料がかかっていました。

EOSソフトウェアでは、トランザクション処理に手数料がかからないためトランザクション量が多くなる企業でも利用することができます。

EOSソフトウェアの特徴3 スマートコントラクト機能

EOSソフトウェアは、スマートコントラクト機能を実装することができます。

さらに、EOSソフトウェアのスマートコントラクト機能はイーサリアムのものよりも優れた性能を誇っています。

イーサリアム・プラットフォームは、ICOやスマートコントラクト機能を実装する数が増えることによってトランザクション処理が遅れるという問題を抱えていました。

しかし、EOSソフトウェアは高いトランザクション処理能力が可能となるので、EOSプラットフォームが増えてもトランザクション処理が遅れることはないでしょう。

また、トランザクション機能が増えても問題がないため、より複雑なスマートコントラクト機能を実装することも可能となります。

EOSソフトウェアの特徴4 取引承認システムBFT-DPoS(Delegated Proof of Stake)を採用

EOSソフトウェアの取引承認システムは、BFT-DPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しています。

DPoSの仕組みとしては、新EOSトークン保有者の投票によって選出されたものが承認者となって取引の承認を行います。

DPoSの仕組みは、他の仮想通貨であるLiskやSteemなどでも採用されています。

仮想通貨EOSのチャート分析

仮想通貨,EOS

現在、2018年5月の時点での取引価格は、1EOS=14.92ドル(約1600円)です。

2018年4月には、過去最高取引価格である1EOS=約21ドル(約2268円)を超えました。

仮想通貨EOSの購入が、2018年6月1日をもって終了となってしまいます。

どこかのタイミングで、仮想通貨EOSに買いが集中すると考えられるので、今の内に購入することが大切です。

売りのタイミングは、2パターンあります。

まず1つは、6月1日までの間に上がったタイミングで売るというものです。

2つ目のタイミングは、新EOSトークンが発行されて以降の取引価格が上がった時を見計らって売るというものです。

どちらかのタイミングで、取引価格があがることが予想されるので、早めに購入の仕込を入れて起きましょう。

ゆいゆい

急いで仮想通貨EOSを購入しなきゃ♪

仮想通貨EOSが購入できる仮想通貨取引所

仮想通貨,EOS

残念ながら、仮想通貨EOSが購入できる仮想通貨取引所は日本にはありません。
今後、EOSが普及するにつれて取り扱う仮想通貨取引所が出てくるかもしれないので、気長に待ちましょう。

EOSを購入できる国外の主な仮想通貨取引所は、以下の3つです。

仮想通貨EOSが購入できる仮想通貨取引所1 Binance(バイナンス)

仮想通貨,Stellar,ステラ

Binance(バイナンス)は、中国の企業が運営している企業で多くの仮想通貨を取り扱っています。
また、Binance(バイナンス)はICO案件を積極的に斡旋していることも特徴として挙げられます。

仮想通貨EOSが購入できる仮想通貨取引所2 Kraken(クラーケン)

仮想通貨,Stellar,ステラ

Kraken(クラーケン)は、アメリカのサンフランシスコに拠点を置く仮想通貨取引所です。

日本に子会社がありますが、国内のKraken(クラーケン)では、EOSは購入できません。
※最近厳しくなっている金融庁の引き締めの影響か、Krakenは日本でサービスを暫定的に停止する予定なのだそうです。
海外のサービスはそのまま継続とのことなので、Krakenを利用したい場合はそれを利用することになります。

仮想通貨EOSが購入できる仮想通貨取引所3 Poloniex(ポロニエックス)

仮想通貨,Stellar,ステラ

Poloniex(ポロニエックス)は、アメリカ・ウェリントン州が拠点の仮想通貨取引所です。

2014年に開設され、ビットコインを含め68種類の通貨を取り扱っています。

「仮想通貨EOS(イオス)について徹底解説」のまとめ

今回は、『仮想通貨EOS(イオス)について徹底解説』というテーマを以下の内容でお話してきました。

仮想通貨EOS(イオス) 基本情報
EOSプロジェクトの概要
仮想通貨EOSとEOSプロジェクトは関係ない
EOSプロジェクトと関係ないのに仮想通貨EOSが購入される理由

EOSソフトウェアの特徴
-EOSソフトウェアの特徴1 トランザクション処理能力が高い-
-EOSソフトウェアの特徴2 取引手数料が無料-
-EOSソフトウェアの特徴3 スマートコントラクト機能-
-EOSソフトウェアの特徴4 取引承認システムBFT-DPoS(Delegated Proof of Stake)を採用-

仮想通貨EOSのチャート分析
仮想通貨EOSが購入できる仮想通貨取引所
-仮想通貨EOSが購入できる仮想通貨取引所1 Binance(バイナンス)-
-仮想通貨EOSが購入できる仮想通貨取引所2 Kraken(クラーケン)-
-仮想通貨EOSが購入できる仮想通貨取引所3 Poloniex(ポロニエックス)-

さおりんさおりん

仮想通貨EOSには、主に以下の4つの特徴がありましたね♪

・トランザクション処理能力が高い。
・取引手数料がかからない。
・複雑なスマートコントラクト機能が実装できる。
・取引承認システムは、BFT-DPoS(Delegated Proof of Stake)。

ゆいゆい

仮想通貨EOSの躍進やEOSプロジェクトで実現できるサービスに期待しましょう!!

さおりんさおりん

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!!

さおりんさおりん

EOSの他の記事を読んでみたい人はこちらもどうぞ!!



【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

シェアする

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

ブログランキング

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top