ホームアルトコインStellarの特徴と謎を徹底解説!ビットコインやリップルの違いと将来性とはいったい?
研修生

Stellarの特徴と謎を徹底解説!ビットコインやリップルの違いと将来性とはいったい?

仮想通貨が気になって、このページを見ていると思います。仮想通貨はビットコインだけでなく他にも何百もの種類のコインがあります。最近ではコインだけでなくトークンなどもあるのでこの記事では、その中でも性能がいいStellarについて説明していきます。

皆さんは仮想通貨「Stellar」をご存知でしょうか?今回はStellarの謎について徹底解説させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただくことを参考にStellarについて知って頂けたらと思います。またビットコインの違いと将来性についても紹介させていただきますので是非最後までご覧ください。

Stellarとは?


まず最初にStellarについて紹介させていただこうと思います。Stellarというのはリップルを基につくられた仮想通貨となっており、2014年の7月31日に開発された仮想通貨となっています。リップルというのは「企業」や「金融機関」の送金向けに運用されているというのがあります。ですがStellarは個人間の取引に使われるコインとして送金や決済を運用されています。

Stellarの特徴について

Stellarの特徴について紹介させていただきますが、Stellarはリップルを基に作っているというのがあります。Stellarが開発された当初というのはリップルのソースコードをそのまま使用していました。ですがその後「SCP」と呼ばれるアルゴリズムを開発し、現在ではSCPを採用しています。

Stellarの開発者としてMt.GOXの創設者である「ジェド・マケーレブ氏」も携わっている仮想通貨となっています。Stellarは毎年1%ずつ追加発行されており、価格変動が急激に変わる事を抑えているというのがあるわけです。

またStellarは決済や送金などに向いている事もあるため、実用性の高い仮想通貨でもあります。それだけではなくStellarは2つの役割を持っており、1つ目がスパム対策に優れている仮想通貨であるということです。利用者に対して取引をする際のスパムを軽減することが出来ることがあり、ネットワーク環境を安定化させるというのが特徴としてあります。

2つ目に仮想通貨として複数の通貨と取引を簡単にすることが出来るというのがあります。Stellarの手数料というのは0.00001XLMとなっており、取引に使われる手数料を徴収されるというのがあるため取引を簡単にすることが出来るというのがあるわけです。

ビットコインとStellarの違いとは?

ではビットコインとStellarの違いについて紹介させていただこうと思います。まずStellarはビットコインとは違う仕組みで運用されており、ビットコインは「上限発行量」が徐々に増加する仕組みとなっています。これによって価格変動が起こりやすく、投資家にとって稼ぐ事が出来るというのがあります。

ですがStellarの場合は価格変動が起こりにくいように最初に1000億枚が発行されており、その後1%ずつ追加されています。また開発チームというのはビットコインは明確にはわかっていないというのがあります。

リップルとStellarの違いとは?

では次にリップルとStellarの違いについて紹介させていただこうと思います。リップルを基として作られているStellarというのはリップルと異なる部分があります。それについて1つずつ紹介させていただこうと思います。

リップルとStellarの違い1 ターゲット

まず1つ目に「ターゲット」の違いです。上記で紹介させていただいたようにリップルというのは金融機関や企業をターゲットにして開発された仮想通貨となっています。ですがStellarというのは個人間の利用を想定して作られた仮想通貨となっており、買い物の決済や取引に使う事が出来るように作られているというのがあります。またStellarはリップルよりも決済が早く行われるようになっています。

リップルとStellarの違い2 発行数量

2つ目の違いとして「発行数量」の違いがあります。リップルは1000億枚が発行枚数の上限となっており、現段階で既に全て発行されているというのがあります。Stellarも同様に最初は1000億枚が発行されていますが、Stellarは毎年1%ずつ増えていく仕組みとなっているということもあるため、最大発行枚数になっているわけではありません。

リップルとStellarの違い3 流通量

3つ目に「流通量」の違いになります。リップルの場合、リップルの企業が1000億枚のうち6割以上を保有している状態となっています。ですがStellarの場合は5%しか保有していないということもあるため、市場に多くのStellarが流通しているというのがあります。

リップルとStellarの違い4 規制

4つ目に「規制」の違いがあります。最近ではビットコインなどの仮想通貨というのは規制が入ろうとしていますが、現段階では規制されているところは少ないというのがあります。そういった点でStellarというのは「Facebook」の認証を設けており、中国からの介入を規制しているというのがあるわけです。それによってStellarの安全性を確保しています。

Stellarのスペック

通貨記号:Stellar
通貨単位:XML(ルーメン)
補助単位:18,572,073,673 XLM
発行上限:1000億XLM+毎年1%増加
既発行量:103,906,864,158 XLM
発行年月日:2014年7月31日
承認時間:約2~5秒

Stellarは何故将来性がある?提供先が増加している?


Stellarといえば海外の3大大手といわれているデロイトと提携を結んだ事で一躍有名になったので仮想通貨の取引を一度でもした人や調べた人は知っていると思います。

デロイトが何故Stellarを選択したのか?という質問を受けた時に一番最初に出た言葉が
我々は仮想通貨の中でもStellarコインの将来性と技術に目を付けたと言ったのです。

今ではPaypalやVプリカなど電子マネーが増えていますがStellarの送金速度は2016の時点で既に海外送金の時間が5秒で完了するのです。

仮想通貨で一番有名なBitcoinを一度送金した事があるのですがその際に50分かかった経験を私はしました。
酷いときは6時間後、12時間後に送金が終了した例もあります。

実際にどんな提携先が他にあるの?
最近更に提携先を増やしたので有力な1社を紹介したいと思います。
提携先が増えて何の意味があるの?と思う人もいると思いますが、提携先というのは会社の取引先と同じくらい大切です。
相手の事を信頼している事は勿論の事、自分の会社にはない技術力をもっていると認めているという事です。

IBMと提携

IT企業のトップといわれるIBMとStellarは2017年に提携しました。
IBMの狙いはStellarの技術力に自社のシステム構築をマッチングさせて金融システムの確立をするとの事です。
2018年の段階でも実用段階の一歩手前まで来ているので、日本で有名な仮想通貨Rippleの銀行送金システムと競争している形になっています。

IBMとStellarがしている送金システムが確立した場合、アフリカなどの貧困で苦しんでいる多くの人が日本などに出稼ぎに来てそのままパソコンやスマートフォンからお金を送金する事が可能になるのです。
送金速度もこれから更に上がる事を考えるとStellarというコインは頭一つ抜けているといえるでしょう。

IBMとStellarの今後の思惑

先ほどIBMと提携の所で実用段階の一歩手前という言葉を使ったので、その事について少し触れておこうと思います。
IBMとStellarはインターバンク間での送受金に関して取り組みIBMだけでなく14の銀行もプロジェクトに2018年段階で参加しています。
当初銀行が口を揃えて言っていたのは、仮想通貨は銀行には勝てないという言葉でした。
それなのにも関わらず仮想通貨が出来て9年経った今銀行も仮想通貨を認めプロジェクトに参加しているのです。

日本でいうとかんぽ生命や第一生命だけでなく三井住友などのグループ会社も参加の動きがあるとの情報が徐々に噂段階ですが出ているので今後に注目です。

Stellarの取引に適した場所


ではStellarの取引に適した場所について紹介させていただこうと思います。Stellarを購入しようと考えている方は私が紹介させていただく仮想通貨取引所を参考にしていただけたらと思いますので是非最後までご覧ください。

Binance

まず1つ目のおすすめな仮想通貨取引所として「Binance」があります。Binanceは昨年2017年の7月に設立された中国の仮想通貨取引所となっています。おすすめなポイントとしてBinanceは手数料がかなり安いというのがあります。またBinanceのトークンを使って手数料を支払う事によって手数料が50%割引されるためおすすめです。
またStellarだけではなく、100種類以上の仮想通貨が取り扱われているということもあるため是非利用して頂きたい取引所となっています。

Bittrex

2つ目に「Bittrex」について紹介させていただきますが、アメリカの会社運営しちえる世界最大級の仮想通貨取引所となっています。仮想通貨の種類は200種類程となっており、手数料は0.25%となっています。手数料は少し高めではありますが、流通量の多さとセキュリティの高さからおすすめな仮想通貨取引所となっています。

Kraken

3つ目に紹介させていただくのが「Kraken」と呼ばれている仮想通貨取引所です。仮想通貨の種類は17種類となっており、魅力として手数料の安さがあります。また日本円であったり、日本語に対応をしているという点でもKrakenは凄くおすすめだといえます。

特に日本円で取引をすることが出来るというのは仮想通貨について詳しく知らない方にとっても使いやすく魅力としてあるのでおススメだといえます。

POLONIEX

4つ目に紹介させていただくのが「POLONIEX」ですが、POLONIEXの魅力としてはアプリ対応をしているということがあります。アプリがあることによって何処でも取引をすることが出来るというのがあります。手数料は0.25%となっており、Stellarのレバレッジ取引が可能となっているのが魅力としてあります。またPOLONIEXでは68種類の仮想通貨取り扱っているため、魅力が多い仮想通貨取引所です。

Stellarの今後について


最後にStellarの今後について紹介させていただこうと思いますが、世界でも有名な華夏予想会社である「Economy Forecast Agency」や「Wallet Investor」は1XLMに対して100円まで上昇すると予想されています。

現段階でもStellarは大手企業を提携を結んでおり、非常に期待されている仮想通貨となっているわけです。そんな仮想通貨Stellarは今後は更なる展開をすると期待されており、大手企業と提携が決まる事によって価格が上昇すると思います。

またStellarはリップルの価格変動に似ているということもありますので、リップルのチャートなどで今後どのようになっていくのか予想してみても良いと思います。なので是非今回紹介させていただいたことを参考に仮想通貨Stellarを購入してみても良いと思いますのでおすすめな仮想通貨取引所を利用してみてください。

Stellarまとめ

如何でしたでしょうか?今回はStellarについて紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたようにStellarは魅力が多くあり、購入する価値というのも非常に高い仮想通貨となっています。

またリップルに似ているという特徴を持っている事もあるため、リップルを保有している方は同じようにStellarを購入してみても良いと思います。仮想通貨界隈でもStellarは期待されていますので、今回紹介させていただいた内容を参考にStellarを購入してみるのも良いと思いますので是非今回紹介させていただいたことを参考にしてみください。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top