ホームアルトコインビットコインキャッシュを理解すれば2018年値動き予測可能なのか?
研修生

ビットコインキャッシュを理解すれば2018年値動き予測可能なのか?

5月にビットコインキャッシュと呼ばれる仮想通貨がハードフォークと呼ばれる事を行いましたが、あなたはきちんとそのことについて説明できますでしょうか?ここではビットコインとの相違を元にビットコインキャッシュの理解を深めていくために説明していきます。

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

 

ビットコインが台頭してからビットコインの弱点を補うものから、画期的な特徴を持ったアルトコインが誕生してきました。
そんな中、2017年8月にビットコインはハードフォークと呼ばれる技術により、ビットコインキャッシュという新たな通貨と分裂しました。
ビットコインが何故分裂したのか、またビットコインとの違いビットコインキャッシュにはどのような特徴や将来価値があるのかみていきましょう。

ビットコインは完璧な通貨ではなかった

まずはじめに、言っておきますがビットコインキャッシュは元々はビットコインであったため、基本的な仕組みには変わりないですし、性能面に関しても驚くほど性能が上がっているわけでもありません。
分裂した原因はビットコイン開発者と、今の仮想通貨を支えるマイナーの間で生じた問題による対立によります。

ビットコインは確かに送金面や、非中央集権化など新しい技術が盛り込まれていましたが完璧だったわけではなく、取引量が増加すると、取引する際に最も大事な取引速度に対応できないという致命的な欠点を抱えていました。

先ほど紹介したハードフォークとは別にソフトフォークによって問題を解決することになっていましたが、ビットコインのシステムを管理をする役割を持つマイナー側を持つマイナー側がこれに反対、
特に中国大手のマイニング会社が断固としてソフトフォーク実行には断固反対の姿勢を取っていたため、結果、ハードフォークによって分裂することになりビットコインキャッシュはマイナー主導の下誕生しました。

ビットコインとビットコインキャッシュの違いとは

大きな違いとしましては3点あります。

ビットコインキャッシュの違い1:ブロックサイズ

先ほども言いましたように、ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために作られており、容量に当たるブロックサイズを1MBから8MBに上げることで処理速度を上げようとしました。
しかし、それぞれのトランザクションのデータ量を圧縮するsegwitを導入しないという規定に設定されています。

ビットコインキャッシュの違い2 : アルゴリズムの難易度自動調整

マイナー主導で生まれたビットコインキャッシュは、マイナーの意向を反映した仕組みが導入されました。

マイニングと呼ばれる取引承認のために、マイナーがPCやASICを駆使して作業をしますが、ビットコインの価格が高騰したために競争が激しくなり、マイニングの難易度が跳ね上がっている問題がありました。そんな状態が続けば、マイニングを継続していくことは難しくなり、人々もビットコインキャッシュを利用しなくなっていくことから、自動でマイニングの難易度を調整して、問題が生じることを予め対処してくれます。

ビットコインにも同じ仕組みは存在しますがこちらは2週間に一度ですがキャッシュの場合は10分に一度です。
この機能のおかげでマイニングの効率が悪かったビットコインキャッシュは、徐々に効率が上がる要因となりました。

ビットコインキャッシュの違い3 : リプレイアタックへの対処

まずリプレイアタックとは何かを説明していこうと思います。

今ビットコインキャッシュに対応するA取引所と、対応しないB取引所の2種類の取引所が存在したとします。

仮にあなたがB取引所で3BTC(ビットコインの単位)を持っているとします。そこであなたは、今ビットコインキャッシュに対応するA取引所に1BTCを送ることにしました。

その場合1BTCだけでなく、1BCH(ビットコインキャッシュの単位)がA取引所内で生じます。

その後あなたが1(BCH)をA取引所からB取引所に移せばこのBCHはタダで手に入れたものであり無限に作れてしまいます。

そんなことが簡単にできてしまえば、BCHの価値はないも当然です。ビットコインキャッシュはこのリプレイアタックを防止する仕組みが組み込まれているのです。

5月に実施されたビットコインキャッシュのハードフォーク


2018の5月にビットコインキャッシュは、システムのルールを根本的に変更するハードフォークを行いました。ちなみにこのハードフォークではビットコインとビットコインキャッシュのような分裂は起こっていません。

このハードフォークでは、大きく分けて2つの機能が追加されました。

1つめが、8MBから32MBに容量を増やすことで、送金手詰まりや速度向上を目的としています。

2つめがビットコインスクリプトのオペレーションコード(Satoshi OP_codes)が追加されたことです。OP_RETURNというデータサイズが拡張されているため送金履歴に情報を追記することが出来ます。

今回は大きな混乱なく無事ハードフォークが出来たので良かったですし、イーサリアムのようなスマートコントラクトされたことで、今後も目が離せません。

ビットコインキャッシュをお得に買える取引所

 

現在日本の取引所で取り扱っている中からオススメな取引所3つ紹介します。

 bit flyer

https://bitflyer.com/ja-jp/

日本最大の取引所であり、運営会社の信用も強いため破綻や潰れる心配する必要はありません。ですが、取引手数料が高いことが、信用力があるという代償となります。

bit bank

https://bitbank.cc/app/trade

現在手数料が無料であり徐々に取引所の認知も上がり利用率も増えているので取引量に困る恐れはなく、スムーズに取引ができるでしょう。

 zaif

https://zaif.jp/

大きな特徴としましては、手数料がマイナスのため取引量が大きければ大きいほど、稼ぐことができます。

ビットコインキャッシュの将来性とは

もっとも重大な取引速度の問題についてブロックサイズを8倍にすることで解消されましたがこれまで8MBの取引量が存在したことがないため、有効に利用されていないのではという疑問視もされてはいます。

しかし、いずれ仮想通貨がいまよりも普及していけばそれでも足りなくなってくるかもしれない、という懸念のもと、32MBへのアップデートが行われたとも考えられています。

このようにビットコインキャッシュはスケーラビリティ問題を今のビットコインとは別の方法で解決するために作られたため、これが評価されれば今後ビットコインの代わりになるのかもしれません。

ですが現状のビットコインキャッシュですと、マイナーの間でその仮想通貨がどれだけ人気かを表すハッシュパワーが足りないため、これからのビットコインキャッシュをマイナーたちがどう評価するかにビットコインキャッシュが普及するかどうかがかかっていると言えるでしょう。

またマイナーたちの動向やこれからのイベントに注目していけば2018年に何倍もの値上がりするのは、難しくないかもしれません。これからのビットコインキャッシュの成長を見守りましょう。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top