ホームアルトコインビットコインキャッシュの誕生秘話!分裂騒動とは一体何だったのか?
ゆかり

ビットコインキャッシュの誕生秘話!分裂騒動とは一体何だったのか?

ビットコインキャッシュ、分裂

ビットコインが分裂して誕生したのが、ビットコインキャッシュ!さらにそこからビットコインキャンディが分裂!今回は仮想通貨の分裂について、ビットコインキャッシュをテーマに解説していきたいと思います

こんにちは!
朝、雨の音を聞いた瞬間、
布団から出られなくなるゆかりです!

布団の中でいつも通り、
もぞもぞとスマホでニュースを読んでいたら、
日本のコンビニで仮想通貨が使えるようになるかも!?なんて記事があってびっくりしました。

その通貨というのも、ビットコインから分裂して生まれたビットコインキャッシュ

まだ噂の段階なので、実際にコンビニ利用が開始されるかどうかはわかりませんが、
もしコンビニ決済が実用化したら、多くの場所で使えるようになって、どんどん広がっていきそう!
個人的には、とっても楽しみなニュースです!

ビットコインキャッシュって、ビットコインと性質は似ていますが、
ビットコインの問題点を解決している良い通貨なんですよねー(‘ω’)

今回はそのビットコインキャッシュに関して、
分裂することになった経緯や、分裂とハードフォークとの違いについて、お話をしていきたいと思います!

ビットコインキャッシュで注目を浴びた仮想通貨の分裂とは?

ビットコインキャッシュ、分裂

2017年8月1日、
世界中が見守る中、ビットコインのブロックチェーンが分裂し、ビットコインキャッシュが生まれたのです。

もちろんそれまでにも仮想通貨の分裂は行われてきました(イーサリアムなど)。
しかし、仮想通貨のリーダー的なビットコインの分裂ということで、世界中の人々がその動向に注目しました。

では、仮想通貨の分裂とは一体のどようなものなのか、ビットコインキャッシュはどのようにして誕生したのか、基本的なことから確認していきたいと思います。

ビットコインキャッシュは現物が存在しない仮想通貨

ビットコインキャッシュなどの仮想通貨は、
暗号化のシステムで管理されているネットワーク上の通貨のことです。

ビットコインキャッシュは、現物はもちろん存在せず、取引の履歴だけが存在の証明となります。

また、ビットコインキャッシュ自体のデータも存在せず、
取引のデータを管理し、それを所有の証明としていることから、
「仮想」通貨と呼ばれています。

また、その取引データ自体は暗号化のシステムが用いられているため、
暗号通貨と呼ばれることもあります。

では、ビットコインキャッシュの取引データの管理はどのようにして行われているかというと、
ブロックチェーンというシステムを用いて管理されています。

ゆかりゆかり

「ブロックチェーン」
めっちゃ大事な言葉なので、しっかり押さえておきましょう!

なお、ビットコインキャッシュについては下記の記事も参考にして下さいね!ビットコインから分裂したビットコインですが、ビットコインとの違いがよくわかります。

ビットコインキャッシュのブロックチェーンとは

ビットコインキャッシュ、分裂

ビットコインキャッシュの分裂問題を語るうえで、ブロックチェーンの知識は欠かせません
ほんとうに基本的な部分だけですが、ビットコインキャッシュを例に、ブロックチェーンについて解説したいと思います。

ブロックチェーンとは、P2P(データを共有するシステム)を採用しているネットワークシステムです。
世界中のコンピュータでデータを共有していることから、分散型台帳とも呼ばれています。

ゆかりゆかり

簡単にいうと、世界中のみんなで「ひとつの台帳を作っていこう!」って感じのシステムです!

複数の取引データをひとつのブロックにまとめ、
時系列に沿ってつなげていく方法(チェーン)で記録されていきます。

先ほど、
ビットコインキャッシュの現物は存在せず、取引の履歴だけが存在の証明となる」
と言いましたが、このブロックに記録されている取引データのみが、ビットコインキャッシュを持っている証拠になるのです。

たとえば、
「AさんがBさんにビットコインキャッシュを10枚送金した」という記録がブロックチェーン上にあれば、Bさんがビットコインキャッシュを10枚所有しているという扱いになります。
正確には、Bさんではなく、Bさんが所有しているビットコインキャッシュのアドレスに紐づけられる形になります。

ここで大切なのは、すべてのブロックが、分岐・分裂・派生せず、一本の線でつながっているということです。
ひとつのブロックには、ひとつ手前のブロックのデータを暗号化したものが含まれており、またそのブロックのデータを暗号化したものが次のブロックへ含まれることで、順番につなげられていきます。

P2Pとは?

P2Pとは、複数の端末が互いに通信してデータを共有するシステムです。
ブロックチェーンというシステムを、世界中のコンピュータで共有し、管理し合う、そんなシステムのことです。

それに対し、データをサーバにまとめておき、そこへ端末(クライアント)からアクセスして情報を取得する方法のことを、クライアントサーバシステムと言います。

ゆかりゆかり

私たちが普段利用しているインターネットもこのクライアントサーバシステムを採用しているんですよ?パソコンからサーバにアクセスして、インターネット上の情報を閲覧できるようになっています!

分裂とハードフォークの違いはシステムの「アップデート」がポイント

ビットコインキャッシュ、分裂

ブロックチェーン上のブロックは、プログラムによってその規格が設定されています。

規格と言っても難しくてなかなか想像しにくいですが・・・
ブロックの大きさとかだと、わかりやすいですか?

ビットコインキャッシュのブロックは、
ひとつ8MB(メガバイト)という容量のプログラムが組み込まれています。

1MBの容量には、3,000~4,000程度の取引数を含むことができる大きさなのだそうです。
もちろん、取引データが大きければもっと少ない数になってしまいます。

3,000~4,000って凄そうに見えますが、ぶっちゃけ全然間に合ってないんです( ゚Д゚)

でも、このようなブロック容量とかの、あらかじめ定められている規格を、アップデート(改変)することもできます。
たとえば、ビットコインキャッシュのブロック容量を、8MBから32MBにアップデートする、というようなことです。

規格のアップデートを行った場合、過去のバージョンと互換性があるかどうかが重要なポイントとなります。
「新しいバージョンをダウンロードできます!すぐにバージョンアップしてください!」
という言葉をどこかで聞いたことがあるかと思いますが、これに近いものがあります。

マイクロソフトの「word」で例えると、
wordのシステムがバージョンアップしても、過去に作成したページを参照することができます。
反対にバージョンアップ後に作成したページを、過去のバージョンのwordで参照したり編集したりすることもできます。

もちろん不具合が生じることもありますが、これが互換性があるということです。
(正確には、wordの中でも互換性のあるアップデートと互換性のないアップデートがあります。)

互換性のないアップデートが行われた場合、それぞれのバージョンで作成されたページは、お互いが参照したり編集したりすることができなくなってしまいます。

word2013で作った表が、word2000で見ると崩れちゃう!しかも編集できない!みたいな感じです。(実際に崩れるかどうかは別として)

さて、ビットコインキャッシュの分裂問題に話を戻すと、
ブロックチェーンの互換性のあるアップデートを「ソフトフォーク」
互換性のないアップデートを「ハードフォーク」と言います。

先ほど例に出した、ビットコインキャッシュのブロック容量を32MBに変更するアップデートは、過去のバージョンと互換性がなくなってしまうので、ハードフォークということになります。

ハードフォークによるビットコインキャッシュの分裂について

ビットコインキャッシュ、分裂

ビットコインキャッシュでソフトフォークが行われた場合、
取引の管理者(マイナー)は今まで使っていたソフトウェアがそのまま使えるので、何も問題は起こりません。

しかしビットコインキャッシュのブロックでハードフォークが行われた場合、
アップデート後のシステムは、今まで使っていたソフトウエアでは動作させることができません。

ゆかりゆかり

P2Pは中央集権的な組織がないので、全員のソフトウェアを、強制的にアップデート後のシステムに合わせることはとても難しいことなんです。

つまり、自主的にアップデート後のシステムに合わせる人と、
アップデート前のシステムを使い続ける人に分かれてしまう可能性があるということです。

取引の管理者はそれぞれのバージョンでブロックをつなげていこうとするので、ビットコインキャッシュのブロックチェーン上で、ブロックが分岐してしまうことになります。

ハードフォークによってブロックが分岐した場合、
アップデート前のシステムを採用しているブロックと、
アップデート後のシステムを採用しているブロックの2つが存在することになりますよね?

これはお互いにまったく別の通貨として扱われることになります。

そして、これこそが、仮想通貨の「分裂」と呼ばれるものです。

ビットコインのブロックチェーンの分岐によってビットコインキャッシュが誕生し、ビットコインキャッシュのブロックチェーンの分岐によってビットコインキャンディ(のちほど解説します)が誕生しています。

ビットコインキャッシュは分裂しないハードフォークも実施

ゆかりゆかり

ちょっと余計な話になっちゃうんですけど、
仮想通貨のブロックチェーンでハードフォークを行った場合に、必ず仮想通貨が分裂するということではありません

互換性のないアップデートが行われた際に、それを利用しているすべての人が、アップデートに納得してシステムをバージョンアップさせた場合、アップデート前のブロックはそれ以上伸びていくことはありません。

仮想通貨の分裂は
ブロックチェーンシステムのアップデートに対して不満のある人や、そもそもアップデートを知らない人などが、過去のバージョンのシステムを使いつづけることで発生することだと知っておきましょう。

ビットコインキャッシュにおいても、2018年5月15日に行われたアップデートは互換性のないアップデート(ハードフォーク)でした。
しかし、ビットコインキャッシュの取引を管理しているすべての人が、アップデート後のシステムに合わせることで、通貨が分裂することなく、正常にアップデートが完了しています。

ちなみにこのときのビットコインキャッシュのハードフォークによって、ブロックの容量が8MBから32MBに変更されています。

ブロックの分岐=分裂ではない

ブロックチェーンは、すべて一本の線でつながっており、それが仮想通貨では重要なことだと言いました。

しかし、ブロック生成は世界中のコンピュータが膨大な量の計算によって行っているため、タイミングによっては2本以上に分岐してしまうこともあります。

でもね、これは仮想通貨の分裂にはならないんです。
ややこしいですよね・・・。

ゆかりゆかり

ブロックが分岐した場合、そのままブロックの生成が続けられますが、短いほうは正式なブロックとして認められないので、長いほうが正式なブロックとして続いていくことになります。

そもそも2つに伸びたブロックは、同じシステムで生成されたブロックなので、最終的に1つの線に収束していきます。

ハードフォークが行われた場合、2つのブロックは別のシステムで動いているので、1つに収束することはなく、仮想通貨が完全に分裂することになります。

ブロックの「分岐」と通貨の「分裂」は、しばしば同じ意味で使用されますが、正確には違う意味なので覚えておくと便利?ですよ( *´艸`)

ちなみに、ハードフォークに関しては下記の記事も参考にして下さいね!ハードフォークについて詳しく書かれています。

ビットコインキャッシュの分裂騒動とは?

ビットコインキャッシュ、分裂

ここまで読んでくれた人の中には、
もう今日の話の流れがわかった、という人もいるかもしれませんね(・´з`・)

再確認しておくと、ビットコインキャッシュは、
ビットコインのハードフォークによって分裂した仮想通貨
です。

つまり、ビットコインのアップデートをしたい人と、
それに反対する人が対立していたことから分裂が起こったということです!

対立せず、そのアップデートにすべての人が納得していれば、ビットコインは分裂することなく、アップデートによってビットコインキャッシュになり、過去のバージョンのビットコインは消えていたことになります。

もちろんそうなれば、おそらくビットコインという名称が使われ続けていたはずなので、ビットコインキャッシュはこの世に存在しなかったことになります。

ゆかりゆかり

では、ビットコインキャッシュが生まれる原因となった分裂騒動について、一体何があったのか、詳しく見ていきましょう!

ビットコインキャッシュ騒動の発端は世界的な取引量の増加

さきほど例にも出したように、ビットコインはひとつのブロックが1MBと決まっており、3,000~4,000の取引データしか入れることができません。(ビットコインキャッシュは2018年6月現在32MB)

システム上、ひとつのブロックを生成するために約10分程度かかってしまいます。

ゆかりゆかり

つまり、世界中でビットコインの取引がなされ、10分間に4,000以上もの取引がされていった場合、ブロックの生成が追い付かない状態になってしまうということです。

ビットコインの取引量は年々増加しており、2017年の仮想通貨ブームのときには25万件以上もの取引が未承認となっていたこともあります。

当時、送金したのに届かない(._.)という人が大勢いたんですね。

取引データをブロックに入れてもらえないと、取引が成立したことにはならならず、取引が成立するまでに長い時間がかかってしまいます

決済システムが導入されたとしても、決済完了まで時間がかかってしまうと成り立たなくなりますよね。
極端な例ですが、自動販売機にお金を入れて1時間待たされたら・・・それってもう商売にならないですよね?
(実際には、仮決済などの対応により、即時決済を可能とする方法などが考えられています。)

ただし、取引データを早く承認してもらうために、手数料を高くするという方法があります。
手数料はブロックを承認するマイナー(採掘者)のお財布に入るので、手数料が高いほうが優先的に承認されるからです。

するとどうでしょう、
手数料を低く設定した人はいつになっても承認されないということが起こってしまいます。

これを、送金詰まりと言います。
送金詰まりが起こった場合、取引成立までの時間は長くなり、しかも必要な手数料もどんどん高くなってしまうのです。

ビットコインキャッシュ騒動の肝はスケーラビリティ問題

ビットコインキャッシュ、分裂

ビットコインが分裂してビットコインキャッシュが誕生した経緯には、ビットコインのスケーラビリティ問題が話の中心となります。

ゆかりゆかり

スケーラビリティとは、日本語で拡張性という意味があります。
実際にはいろいろな意味がありますが、性能や容量を拡張する能力とイメージしておいて問題ありません。

スケーラビリティ問題は、ずばりビットコインに拡張性がないことが問題となっています。
つまり、今現在目の前で起こっているトラブルに対して、性能や容量をアップデートすることができないという問題です。

拡張性があれば、取引量が増えて取引の承認が追い付かなくなった場合、たとえばブロックの容量を1MBから8MBまで大きくするなどの対応がとれるはずです。

しかし、ビットコインには拡張性がないので、そのようなことができません。

もしブロックのサイズを大きくした場合、これまでのシステムと互換性がなくなり、これまでのビットコインとはまったく別の通貨となってしまいます。

ビットコインキャッシュ騒動のスケーラビリティ問題の解決策

ビットコインキャッシュ騒動の中で、
ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題を解決するため、実にたくさんの人たちが意見を交わし合い、議論を進めてきました。

そこで出た有力な対策は2つ。

ひとつは、segwitと呼ばれるシステムを導入すること。

segwitを導入すると、取引データを圧縮することができ、今よりもたくさんの取引データをひとつのブロックに入れることができます。

これは、ビットコインのシステムはそのままで、ソフトフォークという形でアップデートができるため、分裂せずに済みます

ゆかりゆかり

ただし、この方法でアップデートしてしまうと、それ以降アップデートをしにくくなるため、今後さらに取引量が増えたときに対応できない可能性があると異論を唱える人もいたんです(*´Д`)

そして、もうひとつの有力な対策が、ブロックサイズを大きくしてしまうこと!

先ほど例を挙げた通り、1MBのブロックサイズを8MBまで大きくすることで、送金詰まりを解消しようとする作戦です。

この方法のデメリットは、アップデートがハードフォーク(互換性のないアップデート)になってしまうということです。
互換性がないということは、これまで築き上げてきたビットコインの信用や、大切にしてきた理念が失われてしまうことになりかねません。

ゆかりゆかり

たくさんの人が「いつでも簡単にシステムを変更できる」という印象を持ってしまうことも考えられますよねー。

このような原因でビットコイン自体の価値が下がってしまう可能性もあるため、多くの人がこのアップデートに反対をしました。

ビットコインキャッシュ騒動はビットコイン開発者とマイナーの対立が原因

ビットコインキャッシュ、分裂

  • segwitを導入
  • ブロック容量の拡大

この分裂問題を解決する2つの方法で特に対立していたのが、ビットコイン開発者たちと、大手マイニングプールです。

ビットコイン開発者たちは、ビットコインコア派と呼ばれ、ビットコインの理念やこれまでの信用を大切にしているため、ハードフォークによるブロック容量の拡大に反対し、segwitの導入を支持しました。

それに対して大手マイニングプールは、segwitの導入に反対し、ブロック容量の拡大を推し進めてきました。

マイニングプールとは、仮想通貨のマイニング(承認作業)をする人たちの集まりのことです。
特にそのマイナー派を主導していたのが、中国の大手マイニングプールのBitmain社です。

segwitが導入されることで、これまで使用していたマイニング機器が使えなくなってしまうことが最大の理由だと言われています。

ビットコインキャッシュ騒動における妥協案の締結と分裂

ゆかりゆかり

この対立をめぐって、
専門家が集まり、ニューヨークで会談が行われることになりました。

そこで妥協案として決められたのが、segwit2xを導入するということ。
segwit2xは、segwitを導入したあと、6ヶ月以内にブロックサイズを1MBから2MBに引き上げるというものでした。

これはハードフォーク(互換性のないアップデート)ですが、全員一致でバージョンアップすることで、通貨を分裂させないという方針です。

これを、ニューヨーク合意と言います。

しかし、この妥協案の締結があったにもかかわらず、ビットコインの分裂が起こり、ビットコインキャッシュは生まれてしまいました

それは、このニューヨークでの会談が、segwit2xを支持する人たちばかりが集まっていたからだと言われています。

ほかにも原因はいろいろありますが、水面下で動いていた中国の大手マイニングプールであるViaBTC社が通貨分裂を主導し、ビットコインキャッシュが誕生したという流れです。

妥協案を決めたのに結局分裂してしまうなど、私たちが得られる情報だけではちんぷんかんぷんなことだらけですが、裏でいろいろな人たちの、政治的な力が動いていたことに違いはありません。

ビットコインキャッシュがさらに分裂!?

ビットコインキャッシュ、分裂

2018年1月、
ビットコインキャッシュのブロックチェーンが分裂し、新たな仮想通貨が生まれました。

ビットコインから見ると、孫のような関係にあたります。

その名も、
ビットコインキャンディ(CDY)です。
なんだか美味しそうな名前ですね( *´艸`)

はっきりしたことはわかっていませんが、ビットコインキャッシュからの分裂によってビットコインキャンディが誕生したのは、中国政府の規制が原因だと言われています。

おそらく分裂を主導したのはビットコインキャッシュの分裂を主導したViaBTCです。

なぜなら、
唯一ビットコインキャンディの取扱がある取引所が、ViaBTCが運営する取引所「CoinEx」だからです。

中国では、マネーロンダリング(資金洗浄)の懸念があるとして、仮想通貨取引所の規制が非常に強くなっています。

CoinExはイギリスにある取引所で、中国政府の規制を逃れることができます。
規制を逃れてイギリスに取引所を開設し、開設して間もないCoinExに人を集めるために、ビットコインキャンディを誕生させたのかもしれません(; ・`д・´)

また、
ビットコインキャッシュの実験のために、ビットコインキャッシュを分裂させた、という噂もあります。

ゆかりゆかり

ViaBTCの思惑はわかりませんが、ビットコインキャッシュを世界の基軸通貨にしたいという理念はぶれていないようです。

なお、ビットコインキャンディーについては下記の記事も参考にして下さいね。
ビットコインキャッシュのハードフォークによって生まれた、ビットコインキャンディーとはどんな通貨なのでしょうか?

分裂の前後は要注意

ビットコインキャッシュの分裂騒動のときもそうでしたが、仮想通貨の分裂の前後は、その通貨の価格が乱降下する可能性があるので、取引には十分注意しましょう。

今回ビットコインキャッシュの分裂について調べましたが、思ったより政治的な力が働いていて、仮想通貨のイメージが少し変わってしまいました。

ただ、やはりビットコインキャッシュはビットコインの問題点を解決するために誕生した通貨なので、個人的にはとても期待していますし、これからも応援していきたいと思います!

また下記にもビットコインキャッシュについての記事がありますよ。期待される通貨のわけがわかりますね!

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆかり
就活の到来から全力逃亡中。H〇NTER×HUNT〇Rのヒソカ好きな仮想通貨女子です。夢のハイパーニート生活のために全力で仮想通貨を勉強してます!
ゆかりの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top