ホーム仮想通貨基礎知識ビットコインで儲けた人・損をした人とは?誰がどのくらいの金額を儲けたの?
まどか

ビットコインで儲けた人・損をした人とは?誰がどのくらいの金額を儲けたの?

ビットコイン 儲けた

ビットコインで◯億円儲けた、などのニュース、新聞等で目にしたことがある人はいるのではないでしょうか。もちろん事実ではありますが逆に大損した人もいるのです。今回はビットコインで儲けた人、損をしてしまった人などをまとめていきたいと思います。

株や為替と同じように、仮想通貨ビットコインもその需要と供給の比率によって大きく価格が変動するものですが、近年ビットコインで投資する人も多く見受けられるようになりました。

ビットコインは2009年に初めて通貨としての価値を認められた仮想通貨ですが、10年も経たない間に急激にその価値は上昇しています。そのため多くの人々がビットコインで投資をするようになり、大金を儲けた人もたくさんいます

ただしビットコイン儲けた人もいれば大損した人も少なくはありません。一体誰がどれだけ儲けていて、どれだけ損をしているのか気になるところです。今回はビットコインで儲けた人、損した人をまとめてみました。

ビットコイン・仮想通貨で儲けた人

ビットコイン 儲けた

ビットコインが市場に登場した2009年当初は1BTC日本円にして0.07円の価値でしたが、僅か10年足らずでその価値は約70万円にまで高騰しています。

その背景には数多くの著名人がビットコインで投資を試みて儲けたという事実があるからです。

ここではビットコインで儲けた著名人をご紹介します。誰がどれだけ儲けているか、ビットコイン投資の成功例を見ていきましょう。

堀江貴史氏

「ホリエモン」の愛称で親しまれる堀江貴史氏は、日本でビットコインの話題が出る随分前からビットコインを数千万分購入していたと言われています。

堀江氏はビットコインの他にも、イーサリアム等の仮想通貨も保有しその購入を他者にアドバイスしたところ、実際にイーサリアムの価格が高騰し儲けることができたということも話題になっています。

注目されるのは、堀江氏は仮想通貨が新規に発行されて初めて売りに出される「プレセール」のタイミングで購入しているというところです。

プレセール時の仮想通貨は、流通しづらくその後の価値高騰も不明であるという理由から、リリース時の価格より安値で発行されます。

その後仮想通貨の価値が60倍以上に高騰したと言われています。堀江氏は仮想通貨の仕組みや価値を熟知しその将来を見抜く力があったために成された業であると考えられます。

ジャレット・ケンナ氏

推定資産5憶円と言われているジャレット・ケンナ氏は30歳の時1BTCが約20円相当でしかない時に、約5,000BTCを購入して保管していたと言われています。現在1BTC約70万円として計算するとその価値は350億円程にも高騰していることになります。

ジャレット・ケンナ氏はそれを資金にしてビットコインの取引所を経営してその資産をさらに増やしています。

コンスタンティン氏(匿名)

元々は一介のコンピューターマニアであったコンスタンティン氏(匿名)はビットコインの価値が約20円程の時に購入し、ビットコインの普及活動を続けていたといいます。

その後ビットコインの価格は高騰し、現在は3億円以上の資産を持っていると言われています。

実名は知られていませんが、関係者からは「ビットコインフィクサー」と呼ばれていて、ビットコイン長者として「影のビットコイン支配者」などとも呼ばれています。

成功者の共通点

こうやって成功者を見てみると、その誰もが価格が高騰する前に購入し、実際にその価値が上がったことにより儲けているという共通点があります。

つまりビットコイン投資成功者のほとんどが先を見抜く力を持っていたということが言えるのではないでしょうか。

ビットコイン・仮想通貨で損をした人

ビットコイン 儲けた

ビットコイン投資で儲けた人は多数いますが、逆に失敗した人も少なくないのです。

ビットコインで失敗をしてしまった人の中では、2014年に起こったマウントゴックス事件が原因で損をしてしまった、という人が多くいます。

同事件で大きな損失を出した著名人も見受けられます。ここでは最初にマウントゴックス事件の概要を紹介し、その後にビットコインで損をしてしまった著名人をご紹介していきます。

マウントゴックス事件の内容

マウントゴックスとは、2010年よりビットコイン事業を開始し、2013年には世界中で取引されているビットコインの7割を預かる程にまで成長を遂げた仮想通貨取引所のことです。

そのマウントゴックスが2014年にそのサーバーがサイバー攻撃を受けてハッキング被害に遇い、ビットコイン約75万BTCと顧客が売買資金として預けていた約28億円が消失したという事件です。

この事件は後ほど内部の人間による横領が原因であるとして当時の社長が逮捕されました。

その後事件の影響は大きく、中央銀行などの国家に管理されない通貨としての信用が暴落し、ビットコイン自体が最も悪いイメージを持たれるきっかけとなってしまいました。

ロンドンブーツ1号2号、田村淳氏

このマットゴックス事件の影響で、損失を受けた被害者の1人としてロンドンブーツ1号2号、田村淳氏がいます。

田村氏はビットコインが有名になるより随分以前から10万円程を用意して投資をしていた様で、当時はマウントゴックスしか取引所がなかったと言われています。

この場合の損失の原因は取引所のセキュリティの甘さが挙げられており、現在ではビットフライヤー等をはじめとする信頼のおける取引所も多数できているので、同様の損失を回避することは可能になってきています。

ジェームス・ハウエルズ氏

IT関連の仕事をしていたイギリスのジェームス・ハウエルズ氏はビットコインが誕生したばかりの2009年に、当時はただ同然といわれたビットコイン7,500BTCを購入しました。

その7,500BTCを保管したハードディスクは机の引き出しに収納されたまま日常生活の中で埋もれていき、何とそのまま破棄してしまったと言います。

近日急にそのハードディスクの存在を思い出したハウエルズ氏は地元ニューポートのごみの埋立地を訪れましたが、その広さはサッカー場と同等の規模であることから泣く泣く断念したという例もあります。

この一件は「推定7.7憶円をうっかり捨ててしまった」事件としてジェームス・ハウエルズ氏の名前も話題になりました。

ビットコインの投資を始めるにはどうしたら?

ビットコイン 儲けた

ここまでビットコインでの投資の話をしてきた中で、成功した例を見てやる気になった方もいるのではないでしょうか。

また失敗した例を見て尻ごみすることもあるかと思いますが、ここでは投資を始めるにあたってどの様な手順で行うかをご紹介しておきたいと思います。

その中で前述した成功例失敗例を照らし合わせて、自分なりの絶対に失敗しない投資の方法をひとつ考案してみるのも良いかと思います。

まずはビットコイン初心者にもわかりやすいようにその購入の仕方から口座の開設、取引の仕方からその他の仕組みについても順を追って説明していきます。

投資に利用する取引所を選ぶ

ビットコインを購入するにあたって、まずは仮想通貨取引所に登録する必要があります。

ビットコインが市場に現れた当時と比べて現在は取引所も数多く運営されていて、その中でも信頼のおける取引所も数多くあります。

まずはインターネットなどで仮想通貨取引所を検索してみて自身に合ったものを選定して登録してみると良いでしょう。

複数の取引所を利用するのが良い

そしてここでひとつのポイントは、「複数の取引所に登録し資産を分散する」ことです。この方法は投資の基本と言われています。

その理由としては、前述のマウントゴックス事件に習いひとつの取引所に資産を預けていた場合に、何かのきっかけで取引所の資産が消失する可能性もないとは言えないからです。

そこで複数の取引所に資産を分散しておけば、例えひとつの取引所が使用できなくなったとしても、その保険として他の取引所に預けて売る資産が残っているという訳です。

取引所に登録すれば、後は銀行などから日本円を送金し、ビットコインを購入することができます。

ウォレットの登録を検討する

取引所の登録が完了したら、ビットコインを購入する前に「ウォレット」を登録することをお勧めします。「ウォレット」とは取引所とは別に自身で通貨を管理できる「仮想通貨の財布」の役割を持つものです。

ウォレットを持っていれば、例え取引所の管理ミス等でビットコインが流出する様なことがあっても、自身のビットコインが奪われることはありません。

取引所と同様にウォレットも多数種類がありますが、話題になっているのが日本の会社で誕生したインストールが無料のモバイルウォレットです。つまりスマートフォンで仮想通貨を管理できるアプリです。

また多額の通貨を管理する場合にはUSBタイプのハードウェアウォレットをお勧めします。ハードウェアウォレットはその中に入れて通貨を管理することができるのでハッキングされる心配もないのです。

リスク回避のために積み立てをする

ビットコインは日本円にして500円から購入できますが一度に多額の投資をすることは当然リスクを伴います。

そこでビットコインの自動積立を設定できる「Zaif」というサイトがあります。ここでは一度自動積立に設定しておくことで自動的にリスクのない投資ができるという仕組みになっています。

例えば毎月1万円の積立をしておけば、知らぬ間に20倍に膨れ上がっている可能性もあるということもあります。

少ない金額から始める

前述の通りビットコインは500円から購入することができます。また自動積立ができることもご紹介しました。

「投資」というと一度に多額の資金が必要なイメージがありますが、ビットコインのシステムは貯金箱にお金を貯める様にコツコツと投資することも可能であるということが言えます。

投資初心者でビットコインに興味を持たれた方は、まず少額からの投資を始めてみてはいかがでしょうか。

ビットコインで儲けたいなら基礎を学びましょう

ビットコイン 儲けた

ビットコインにおける数々の成功例と失敗例をベースに、投資の方法も簡単にご紹介してきました。成功者にはそれなりの共通点があり、また失敗の例にはその原因となる事件が関係していました。

ビットコイン儲けた人、成功した人には先を見抜く力があり、売るタイミングを見極められたことがとても大きな要因と言えるでしょう。

成功例はこれからビットコインで投資をはじめる人にとっては大きな夢や目標となり、失敗例は貴重な情報となって大きな武器になると思います。

投資を始める前にまずはビットコインの基礎を学び、無理のない金額から始めてみましょう。経験を積んできたら、今回紹介した成功者の投資方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

【この記事を書いた女子会メンバー】

まどか
アラサーですが女子です(笑)。仮想通貨は主人に内緒でやってます。当面は主人の年収を超える額を稼ぐことを目標。生活のためというよりも、毎日を楽しく過ごしたくてトレードしてます。
まどかの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top