ホーム取引所SBIバーチャルカレンシーズが「VCTRADE」をスタート!取り扱い通貨、手数料、入出金方法について解説
さおりん

SBIバーチャルカレンシーズが「VCTRADE」をスタート!取り扱い通貨、手数料、入出金方法について解説

SBIバーチャルカレンシーズ,取り扱い通貨

SBIバーチャルカレンシーズ,が、2018年6月4日、ついに仮想通貨取引サービス「VCTRADE」をスタートさせました。SBIバーチャルカレンシーズ,の取り扱い通貨、手数料、特徴について調べました。

どーも、さおりです。

さおりんさおりん

SBIバーチャルカレンシーズが、ついに仮想通貨取引サービス「VCTRADE」をスタートさせたわね。

ゆいゆい

最近、GMO、DMM、マネックスグループと大企業の仮想通貨市場への参入が続いているわね。

SBIホールディングスを親会社に持つSBIバーチャルカレンシーズが、2018年6月4日、ついに仮想通貨取引サービス「VCTRADE」をスタートさせました。SBIバーチャルカレンシーズが、1年近くの準備期間を設けた理由は絶対的なセキュリティ体制を構築するためとの事。

取引所のハッキング事件が続いていることもあって、SBIバーチャルカレンシーズの「VCTRADE」は気になるところです。

そこで今回は、SBIバーチャルカレンシーズの仮想通貨取引サービス「VCTRADE」の取り扱い通貨、手数料、セキュリティ、入出金方法についてお伝えします。

「VCTRADE」の取り扱い通貨は3つ

SBIバーチャルカレンシーズ,取り扱い通貨

 

SBIバーチャルカレンシーズが提供する「VCTRADE」では、仮想通貨の現物取引を行うことができます。

VCTRADEの取り扱い通貨は3つ。

  • リップル(XRP)・・6月4日より取り扱い
  • ビットコインキャッシュ(BCH)・・6月8日より取り扱い
  • ビットコイン(BTC)・・6月15日より取り扱い
ゆいゆい

取り扱い通貨がビットコインじゃなくてリップルからスタートなんて珍しいわね。

さおりんさおりん

SBIグループとリップルの結びつきが強いからよ。SBIはリップルに出資するほど結びつきが強いの。

2016年にはSBIグループとリップルが共同で「SBI Ripple Asia株式会社」を設立しています。

SBIバーチャルカレンシーズ,取り扱い通貨

リップルを購入するなら断然SBIグループが有利になりそうですね。

北尾社長は「スプレッド革命を起こす」と宣言。
仮想通貨売買手数料が無料 日本円の出金はたった51円!!

VCTRADEの最大の売りが、仮想通貨売買に手数料がかからないことです。

SBIバーチャルカレンシーズ,取り扱い通貨

 

SBIグループ北尾吉孝社長は、

「僕はスプレッド革命を起こそうと思っている。」

と過去のインタビューに答えて、手数料を大幅にカットすることを宣言していました。

さらに、VCTRADEから住信SBIネット銀行に日本円を出金した場合、たった51円(税込)しかかからないんです。(他銀行への出金は3万円未満なら手数料が165円、3万円以上なら258円)

ゆいゆい

他の取引所が出金に500円から1000円程度かかっていたことを考えるとSBIバーチャルカレンシーズってすごいね。

さおりんさおりん

仮想通貨の売買手数料がかからない。日本円の出金も激安!!XRP、BTC、BCHを買うならSBIバーチャルカレンシーズがいいかもしれないわね(^^♪

VCTRADEのセキュリティは業界トップ

SBIバーチャルカレンシーズ,取り扱い通貨

VCTRADEの取引時間は、「午前7時~翌午前6時(23時間)」となっています。

取引所は24時間マーケットを開いていることが一般的ですが、VCTRADEでは「午前6時~午前7時」の1時間をメンテナンスに当ててセキュリティ管理を徹底しているのです。

さおりんさおりん

SBIホールディングスの北尾吉孝社長は、(仮想通貨取引の)「安全性を徹底的に追求する」と宣言して強固なセキュリティ体制の整備にこだわったのよ。

「午前6時~午前7時」の1時間をメンテナンスに当てることは異例ですが、北尾吉孝社長の安全への強いこだわりが感じられます。

SBIバーチャルカレンシーズへの新規口座開設は2018年7月から

現在のところVCTRADEを利用できるのは、昨年の12月までにSBIバーチャルカレンシーズで口座開設先行予約を行った2万人の方に限定されています。

これからSBIバーチャルカレンシーズに口座開設を行おうとすると、2018年7月まで待たなくてはいけません。セキュリティ管理を整えたり、マネーロンダリングを防ぐためにしっかりとした対策が取られています。

SBIバーチャルカレンシーズ,取り扱い通貨

SBIバーチャルカレンシーズ,取り扱い通貨

 

2018年2月にもSBIバーチャルカレンシーズへの口座開設の受付を開始しようとしましたが、コインチェックの事件があったため営業を先延ばしにしました。

SBIバーチャルカレンシーズは、セキュリティを万全にするための取り組みには特に慎重なようです。

さおりんさおりん

しっかりとセキュリティ対策を行おうとする真摯な取り組みが評価できるわ。

SBIバーチャルカレンシーズで安心な取引が可能になる

SBIバーチャルカレンシーズ,取り扱い通貨

今回は、SBIバーチャルカレンシーズの仮想通貨取引サービス「VCTRADE」について紹介してきました。
紹介した内容は以下の通りです。

  • 取り扱い通貨は、「リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコイン(BTC)」
  • 仮想通貨売買手数料は無料。日本円の出金もわずか51円
  • 営業時間は、「午前7時~翌午前6時(23時間)」
  • 新規口座開設は2018年7月から

SBIグループの北尾社長は、仮想通貨業界でNO1を目指すとも言っていることからも、これからのSBIバーチャルカレンシーズの動きは注目ですね。

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top