ホーム仮想通貨基礎知識ビットコイン投資の入門書!初心者でもわかるビットコインのすべて
まどか

ビットコイン投資の入門書!初心者でもわかるビットコインのすべて

ビットコイン 入門

仮想通貨と言えば一番にビットコインを考えるでしょう。そのビットコインの投資に入門したい方はまず何をしたらいいのかわからないですよね。今回はビットコインの入門書となるような、仮想通貨とはどういったものなのかなどの基礎的な部分を紹介していきます。

インターネットの普及を皮切りに広まった情報社会において、現金以外の通貨も普及してきています。

現在は「仮想通貨」という実態のない貨幣で物が購入できる時代に突入しています。目まぐるしい進化を遂げる現代において、「仮想通貨」という言葉がピンとこない方も多いと思われます。

しかしこれから先、更なる普及を遂げる可能性のある仮想通貨についての基本的な知識を持っておくことに損はありません。今回は仮想通貨の中で日本では最も知名度の高いビットコインについてご紹介していきます。

今まで仮想通貨を全く知らなかった方、あるいはこれからビットコインでの投資をお考えの方の入門として見ていただけたらと思います。

ビットコイン投資へ入門したい!そもそもビットコインってなに?

ビットコイン 入門

ビットコイン投資で稼いだ人の話を聞くと「私もビットコインで投資してお金を稼ぎたい」と考える方も多いと思います。ただしビットコイン投資に入門したいのであれば、まずはビットコインを知らなければなりません。

仮想通貨についての知識のある方は、当然ビットコインもご存じのことと思いますが、仮想通貨そのものが馴染みの薄い方のためにここではビットコインについて簡単に説明していきたいと思います。

まず、仮想通貨には紙幣、貨幣といった実体がありません。仮想通貨とはインターネット上にデータとして存在する通貨です。オンライン上での買い物やビックカメラ等の大手電化製品店で現金と同様に使用することができます。

電子マネーとの違いはなに?

電子マネーとの明確な違いは発行元の有無です。電子マネーは楽天等の企業が発行元となり使用データに関しては発行元にて保証される仕組みになっています。

一方の仮想通貨は発行元は存在せず、オンライン上で取引履歴等の使用データが暗号技術で徹底管理される仕組みとなっています。ビットコインは2009年に開発された仮想通貨であり、世界各国で使用されている最も代表的なものです。

ビットコインの特徴を知ろう!

ビットコインを上手に活用するためにはその代表的な特徴を理解しておく必要があります。知らない方にとっては「実体のない通貨」というだけでも疑問や不信感は多いと思われます。

ビットコインを安心して使用するために、まずは「実体のない通貨」とは何なのかについて見ていきましょう。

円やドルの様に国家や銀行等に管理されていない

ビットコインは前述した通り発行元がない通貨です。

当然の如く中央銀行の様な管理される場所もないことになります。ビットコインはコンピューターのネットワーク上で取引の詳細情報を分散して保存する仕組みになっています。つまりオンライン上に全ての取引を記録した台帳がある様なかたちになっているのです。

中央銀行等で国に管理されていないということは、どこの国でも流通には関与していないことになります。要するにビットコインには国境がないということになります。

そのため換金せずにどこの国でも使用できる、ということになるのです。

発行量に上限がある

さらにビットコインには、円やドルの様に大量に発行されることによるインフレが起こることがありません。

何故ならばその発行上限が約2,100万ビットコインと決まっているからです。ビットコインも円やドルと同じように人間によって作り出されたものですが数に限りがあるということです。

その上限を設定することにより使用される程減っていく仕組みになっています。減れば減るほどその価値が上昇するという市場原理が働くのです。

ビットコインの仕組みについて

ビットコイン 入門

ビットコイン入門するにあたって最も気になるところであるその仕組みを具体的にみていくことにしましょう。

実体のない通貨であるビットコインが短期間でこれほどまでに流通できたのにはそれなりの理由が確かに存在します。

それは特定の国家や銀行、企業に管理されていることに相応する信頼性があるからです。その信頼性を支えているのが盤石のシステムにより稼働しているという現実です。

ここではその盤石と言われるシステムについて詳しく見ていくことにしましょう。

ブロックチェーン技術とはいったいどんなもの?

ブロックチェーンというのは、一定時間内で行われた取引の記録が記載されたものが、その時間が過ぎるごとに別の記録に記載されるという作業が延々と繰り返されたシステムのことです。

一定時間内に行われた取引記録を記載したものを「ブロック」と呼び、時間経過ごとに新たなブロックが綴られていくところからブロックチェーンという名称が付けられています。

このブロックチェーンによるデータ管理こそがオンライン上で分散されている記録台帳という訳です。

チェーンにより綴られたブロックが新しくなる度にその直前のデータを暗号化した「ハッシュ値」がつくられデータに入ります。それが入ることにより、特定のブロックでの改竄や削除が出来なくなるという仕組みになっています。

プルーフオブワークとマイニング(採掘)システムってなに?

ビットコインの分散システムの中で計算が多量に出題され、その解答はブロックと共に保存されます。

ブロック内と記録を改ざんしようとした場合にはこの多量の計算を解かなければならないという仕組みになっています。この仕組みをプルーフオブワークといいます。

自身のPCでビットコインを発行する場合もプルーフオブワークによって問題が出題されます。その問題を解き、結果を提出するとビットコインが報酬として発行されます。この一連の行為をマイニング(採掘)と呼びます。

ビットコインのメリット・デメリットはなに?

ビットコインを使用することにより何がどれだけ違ってくるのでしょうか。

ここでは一般の通貨を使用する場合との違いや、メリットとデメリットについてまとめてご紹介していきます。

ビットコインのメリット

換金性の高さと送金の早さが優れている!

海外旅行などに行った際に、換金が面倒と感じた方も少なくはないと思います。

「お金」というものは国別に管理されているもので、犯罪などを防止するためなどの理由でその管理のシステムも厳重でなければならないものという概念が根強くあることによるものと思われます。

ビットコインにおいての換金は、全世界中に取引所が存在することでどこでも他貨幣とスムーズに換金できる上に為替取引と同じ早さで他通貨と交換できるのです。

また全世界で共通の通貨であるために変金することなく世界中でやりとりできます。その分送金が早く手数料も割安になっています。

ビットコインが切り札になる?!

ビットコインは国家に管理されない通貨であるために、例え発行元の国家が金融危機に陥って通貨の価値が下がった時にもその価値は失われないため、そういった事態が起こった場合には危機回避のために使用された例もあります

つまり国家で財政危機が起こった場合の切り札にもなり得るのです。

ビットコインのデメリット

ビットコインはブロックチェーンによって管理されていることによって大きな信頼を得てここまで発展してきた一方で、逆に「改竄」ができてしまえば、その信頼と価値が失われる可能性も懸念されています。

またビットコイン取引所を運営していたマウントゴックス社が破錠しビットコインを含む114億円が喪失する事件が引き起こっています。

この事件によってビットコインそのものより、その取引所の体制にはまだまだ不安要素があるという課題が浮き彫りになっています。

ビットコインを購入するにはどうしたらいいの?

ビットコイン 入門

ビットコインを購入するにはまず仮想通貨取引所に登録する必要があります。ビットコインの取引所で代表的なものが、ビットフライヤー、ビットポイント、ビットバンクなどがあります。

取引所を選ぶ際にはまず金融庁に登録済みであることを確認する必要があります。同時に取引高が多いかどうかも確認すると良いでしょう。さらに初心者にも扱いやすいところが最も望ましいです。

そういった理由で、ここではもっとも名高いビットフライヤーの登録法を簡単にご紹介します。

ビットフライヤーのアカウントを作成方法とは?

まずは、インターネット上でビットフライヤーのHPに入り「ビットコイン販売所へ」というアイコンをクリックすると次のページで「無料アカウント作成」のアイコンをクリックします。

そこで自身のメールアドレスを入力して「無料アカウント作成」をクリックすると登録したアドレスにキーワードが送信されます。

そのキーワードを入力し「アカウント作成」をクリックすると「ご登録ありがとうございます」と表示され、その下にチェック項目4点が表示されます。

その全てにチェックを入れて「ビットフライヤーをはじめる」をクリックすると登録が完了します。

アカウントクラスの制度を知っておこう!

ビットフライヤーにはアカウントクラスという制度があり、新規でアカウント作成すると「ウォレットクラス」というステータスから開始します。

ただしウォレットクラスのままでは仮想通貨の売買ができない仕組みになっています。売買を行うには「トレードクラス」というステータスに登録する必要があります。

トレードクラスに登録するには本人情報の登録、本人確認書類の提出、取引目的等の確認、銀行口座情報の入力が必要になってきます。これらの情報を登録して初めてビットコインの売買ができるような仕組みとなっているのです。

正しい知識を身につけビットコイン投資へ入門しましょう!

ビットコインの投資に入門するには、まずはビットコインを知らなければなりません。ただしビットコインについての情報はまだまだこれだけではありません。

本記事はあくまでも初心者のための「ビットコイン入門」というかたちでお役立ていただければと思います。

ビットコインは知れば知るほど奥が深く、私自身もまだまだ勉強が必要だと思っています。これから始めてみようと思っている方は、まずは取引所での登録を済ませ、勉強をした後に投資をスタートしてみてはいかがでしょうか。

情報をきちんとリサーチすることで、自分の投資スタイルが確立されると思いますよ。

【この記事を書いた女子会メンバー】

まどか
アラサーですが女子です(笑)。仮想通貨は主人に内緒でやってます。当面は主人の年収を超える額を稼ぐことを目標。生活のためというよりも、毎日を楽しく過ごしたくてトレードしてます。
まどかの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top