ホームアルトコインビットコインキャッシュを購入するときの注意点とは?初心者向けに徹底解説!
ゆかり

ビットコインキャッシュを購入するときの注意点とは?初心者向けに徹底解説!

ビットコインキャッシュ、購入

ビットコインキャッシュはとても人気のある仮想通貨ですが、どこで購入できるのか知っていますか?今回は、ビットコインキャッシュの購入方法の紹介と、お得にそして安全に購入する方法の解説をしていきたいと思います!

ゆかりゆかり

こんにちはー!
こないだの大雨ではビクビクしながら縮こまっていたゆかりです(; ・`д・´)

今日は初心者向けに、ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法についてわかりやすく解説しようかと思っています!

とりあえず取引所に登録しときゃいいんでしょ?と思っているそこのあなた。
何も考えずに購入すると、損をしてしまうこともありますよ?

どうやって購入するのが簡単でお得なのか、注意するべきことは何か、今回もしっかり解説していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね♪

ビットコインキャッシュを購入する前の基本的な確認

ビットコインキャッシュ、購入

今回は初心者向けの記事として、基本的なことから解説していきたいと思います(*’ω’*)

ビットコインキャッシュとはどのような仮想通貨なのでしょうか。
また、購入することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

ビットコインキャッシュはビットコインから誕生

ビットコインキャッシュの魅力は、今世界で最も取引されているビットコインから分裂して誕生したということです。

2017年8月、ビットコインはいくつかの問題を抱えており、システムの根本からアップデート(ハードフォーク)を行いました。

このようなアップデートを行うと、アップデート前のシステムは消えてしまうというのが通常です。しかし中には、アップデート後のシステムが残り、そのまま使われていくこともあります。

このとき、ビットコインのアップデートとして誕生したのが「ビットコインキャッシュ」、アップデート前の通貨が「ビットコイン」だということです。

ゆかりゆかり

この元祖ビットコインを、ビットコインキャッシュと区別する意味で、ビットコインコアやビットコインクラシックなどと呼ぶことがあります(*’ω’*)

ビットコインキャッシュのハードフォークについてもっと詳しく知りたいという人は、以下の記事を参照してみてくださいね。

本物のビットコインはどっち?

あなたがこれから購入しようとしているのは、ビットコインキャッシュですか?それともビットコインですか?

おそらく、ビットコインから分裂したビットコインキャッシュを購入しようと考えているのではないでしょうか。

先ほど解説しように、アップデート後のビットコインキャッシュが誕生した時点で、ビットコインクラシック(元祖ビットコイン)は消えていてもおかしくありませんでした。

しかしビットコインクラシックはビットコインキャッシュとは違った目的・役割を持つということで、継続して使用する人がいたためそのまま残り、今でも世界1位の通貨として存在しています。

この辺りの事情に精通している人の中には、ビットコインキャッシュのことをビットコインと呼ぶ人もいます。

そして現在、ビットコインとビットコインキャッシュのブランドが混在してしまっていることが、ちょっとした問題になっています。

ゆかりゆかり

私なりにタイトルをつけると、「名前を何て呼ぶか問題」です!

海外の大手仮想通貨メディアであるBitcoin.comのCEOロジャー・バー氏が、「ビットコインキャッシュこそが本物のビットコインである」と発言したことで、その状況がさらに悪化してしまったと言われています。

通貨購入は必ず単位を確認しよう

ビットコインキャッシュ、購入

初心者がビットコインキャッシュを購入するときにまず確認しておきたのは、その通貨の単位です。

ビットコインの単位は、BTCやXBTで表されます。

ビットコインキャッシュの単位は、BCHやBCCで表されます

先ほど解説した通り、ビットコインキャッシュやビットコインなどという名称は、人によって呼び方が変わります。

しかし通貨の単位はどの取引所もほとんど共通で、BTCと書いていたらビットコインクラシック(ビットコイン)のことだし、BCHと書いていたらビットコインキャッシュのことです。

この単位をしっかりと意識していないと、間違って購入・売却をしてしまうおそれがあります。

慣れてくればすぐにわかるかもしれませんが、初心者のうちはしっかりと、単位での確認を怠らないようにしましょう。

ビットコインキャッシュを購入するメリット

あなたがビットコインキャッシュを購入する目的は何ですか?

やっぱり、価格が上がったときに売って儲けたいという人が多いのかな?

もちろん、そういう目的でビットコインキャッシュを購入するもの、もちろん悪くありません。

でもどうせビットコインキャッシュを購入するなら、自分のウォレットを持って、決済に使ってみてはいかがでしょうか。

ゆかりゆかり

私は、ビットコインキャッシュを購入する最大のメリットは、決済通貨として使えることだと思っています(*^^*)

ビットコインでも決済に使えますが、送金に時間がかかり、送金手数料もかなり高いです。

でもビットコインキャッシュなら、送金詰まりはほとんどないので一瞬で相手に届きますし、相場にもよりますが1円以下の手数料で送金できることがほとんどです。

このように比較すると、ビットコインキャッシュが決済通貨として優れていることは一目瞭然ですよね♪

せっかくビットコインキャッシュを購入するなら、このような利用法もぜひ検討してみてください!

ビットコインキャッシュのウォレットについては、以下の記事で詳しく紹介しています(*^^*)


ウォレットって何?ってところから説明している初心者向けの記事となっています。

ビットコインキャッシュの購入方法は3種類

ビットコインキャッシュ、購入

ビットコインキャッシュは、ほとんどの人が「取引所」と呼ばれる場所で購入することになります。

それでも、ほかにどのような購入方法があるのか知っておいて損はありませんよね。

今回は、ビットコインキャッシュを購入する3種類の方法を紹介したいと思います!

ビットコインキャッシュ所有者から購入

そもそもビットコインキャッシュなどの仮想通貨は、個人間で簡単に取引ができるような仕組みになっています。

ビットコインキャッシュを購入する一番てっとり早い方法は、ビットコインキャッシュを所有している人に売ってもらうことです。

ゆかりゆかり

私はビットコインキャッシュを広めたいので、友達に「ビットコインキャッシュ売って」と言われたら、秒で売ります!友達価格で(*^^*)

先ほど紹介したウォレットのアプリをダウンロードしておけば、こちらからすぐに送ることができますよ♪

ただし、それを個人で商売としてやっている人には注意が必要です。

日本で仮想通貨の取引を商売にするには、金融庁に「仮想通貨交換業者」として登録されなければいけません。

登録されてないのに商売をしていた場合、行政処分を受けることもあります。

また、信用できない人からの取引は、詐欺の可能性もあるので十分注意をしてください。

「ビットコインキャッシュを売ってあげる」と言われてお金を渡したけど、そのまま持ち逃げされる可能性もあるということを知っておきましょう。

ゆかりゆかり

なので私も、仲の良い友達にしか売ったりしません。というかもう、少額ならあげちゃいますね(;´∀`)

ATMからビットコインキャッシュを購入

ビットコインキャッシュを購入する2つめの方法は、ビットコインキャッシュ対応のATMを利用することです。

ATMを利用すれば、その場でビットコインキャッシュを買ったり、売ったりすることができます。

ただし現時点でこれには制限があって、日本ではなく海外に行く必要があるということです。

先ほども解説したように、日本では仮想通貨の取引(ATMも取引に含まれる)をする場合、金融庁の登録が必要です。

これまでいくつかの会社が日本で仮想通貨のATMを開発して設置しましたが、2018年7月現在では、金融庁の規制が入り、すべて一時停止状態となっています。

海外ではそのようなことはなく、アメリカではビットコインのATMはたくさんありますし、2018年2月には大手取引所のAthena bitcoin社がビットコインキャッシュ専用のATMを設置したことでも話題になりました。

また、先日オーストラリア(北クィーンズランド)でも、ビットコインキャッシュ専用のATMが設置されたとニュースになっており、これからもどんどん増えていくことが予想されます。

 

現在日本では利用することができないと言いましたが、金融庁に登録されていればATMを設置することができるのです。つまり、現在金融庁に登録されている取引所がその気になれば、日本でもATMを設置することが可能だということです。

日本の取引所にとって今は規制が強く、取引所内部の調整(マネーロンダリングなどの不正対策など)で大変ですが、それが落ち着いたあと、ATMの設置に力を入れてくれるかもしれません。

そう遠くない未来、日本でもビットコインキャッシュを購入できるATMが、たくさん設置されているのではないでしょうか。

取引所でビットコインキャッシュを購入

ビットコインキャッシュ、購入

ビットコインキャッシュを購入しようと考えるほとんどの人は、仮想通貨取引所を利用するのではないでしょうか。

仮想通貨取引所には、取引をしたい人がたくさん集まっているので、現在の相場価格で自由に取引できるのがメリットです。

ただし、何がなんでも取引所が一番良いというわけではなく、以下のようなデメリットもあります。

  • 手数料がかかる
  • 登録に時間がかかる
  • 資産が100%守られているわけではない

取引所では、仮想通貨の取引をするために手数料が必要です。

ビットコインキャッシュを送金するときに必要な「送金手数料」ではなく、取引所内で売買するときに毎回必要な「取引手数料」です。

ゆかりゆかり

1回や2回の取引なら気にならないかもしれませんが、何度も取引をしていると、かなり大きな金額になっていることもあります(;´∀`)

また、取引所で取引をするには、アカウント登録が必要です。日本では登録だけではなく、本人確認もしておかないと取引することはできません。

その本人確認は、ハガキ通知などで完了させることが多く、場合によっては1~3週間ほどかかることもあります。
登録は基本的に無料なので、いつでも取引できるように、とりあえず登録だけしておくというのがおすすめです(*^^*)

ビットコインキャッシュが購入できる取引所の選び方

ビットコインキャッシュ、購入

多くの人は、取引所を利用してビットコインキャッシュを購入するかと思いますので、取引所の選び方も紹介しておきますね♪

いくつか大切なポイントを押さえて、自分に合った取引所を選びましょう(*’ω’*)

取引所と販売所のどちらで購入するか

ひとつめのポイントは、ビットコインキャッシュを取引所で購入するか、販売所で購入するかを決めなければいけません。

取引所は利用者同士で売買取引をするところ、販売所は事業所と利用者が売買取引をするところです。

利用者から見た取引所と販売所の主な違いは、以下の2点です。

  • 販売所よりも取引所のほうがお得に取引できる(販売所はちょっとだけ損する)
  • 取引所よりも販売所のほうがすぐに売買できる

また、取引所は「板」を利用した注文システムを採用していますが、販売所は事業所が提示した金額での取引になるので、板を利用することはありません。

ゆかりゆかり

簡単に言うと、取引所では自分の希望価格を提示できるけど、販売所では販売所が価格提示するので、利用者は希望価格を提示することはできません(‘ω’)

「今どうしてもこの価格で買いたい!」というときは販売所を利用するのが良いですし、今の価格では買えないけど自分の希望価格を提示して、じっくり取引したいという人は取引所を利用するのが良いのではないでしょうか。

取引所でも少額ならすぐに購入できますが、高額になると売却している相手がいない可能性もあるので、そんなときは販売所が良いかもしれないですね♪

ビットコインキャッシュが購入できるかどうか

取引所でも販売所でも、どんな通貨を取り扱っているかは重要なポイントです。

当たり前ですが、取引所によって取扱通貨は異なります。

ゆかりゆかり

私は何も知らなかったとき、世界中すべての取引所がつながっていて、仮想通貨はどこで買っても同じ、なんて思っていました(;´・ω・)

でも実際は、取引所ごとに価格も違うし、取り扱っている通貨も異なります

というわけで、ビットコインキャッシュを購入したいのであれば、ビットコインキャッシュの取扱がある取引所を選ばなければいけません。

ただビットコインキャッシュはかなり人気の通貨なので、多くの取引所で取扱があります。

とにかくビットコインキャッシュを購入できたらどこでもいい!という人は別ですが、自分がちょっとでも興味のある通貨の取扱がある取引所を選ぶようにしておくと良いのではないでしょうか。

私は初めてのときZaifでビットコインキャッシュを購入したのですが、リップルが購入できないことに気づいて、ほかの取引所の登録をした記憶があります。

はじめに解説したように、取引所の登録は簡単ですが、取引をするためには本人確認が必要です。本人確認はめっちゃ時間がかかるので、正直めんどうだなと思いました。

いろんな取引所に登録しておいても良いですが、パスワードの管理や資産管理も大変なので、特にはじめはきちんと選んだほうが良いですよ♪

BCH/JPYの通貨ペアで購入できるか?

ビットコインキャッシュ、購入

初めてビットコインキャッシュを購入するなら、「通貨ペア」という言葉も知っておくべきです。

通貨ペアとは、どの通貨と交換できるかを表すものです。

たとえば、
・BCH/JPYなら、日本円でビットコインキャッシュを購入できる
・BCH/BTCなら、ビットコインでビットコインキャッシュを購入できる
ということを表します。

ビットコインキャッシュを購入したくて登録したけど、BCH/BTCの通貨ペアしかなかった、ということもあり得ることです。

特に海外取引所の場合、日本円に対応しておらず、ビットコインを購入するために米ドルが必要だということもあります。

日本円でビットコインキャッシュを購入したいなら、BCC/JPY、もしくはBCH/JPYという通貨ペアを探す必要があるということを知っておきましょう。

購入にかかる手数料はいくらか

ビットコインキャッシュを購入するなら、ビットコインキャッシュの取引手数料がいくらになるのか、きちんと確認しておきましょう。

回数を重ねるごとに手数料の負担も積み重なるので、できるだけ安いところを探しておきましょう。

手数料は時期によっても異なることがあるので、いろんな取引所を見て確認していただきたいのですが、その前にひとつだけ知っておいてほしいことがあります。

それは、maker(メイカー)とtaker(テイカー)の違いです。

取引所では、板注文システムを利用して取引が行われます。

自分の希望価格と数量の注文を出すと、それが板に載り、条件に合った取引が自動的に約定(取引成立)していくというシステムです。

ここで2つのパターンが考えられます。

ひとつは、自分の注文を板に載せて、取引を待つ方法。これをmaker、またはmaker取引などと呼びます。

もうひとつは、すでに誰かが板に載せている注文と取引をする方法。これをtaker、またはtaker取引と呼びます。

makerは板に自分の注文が載りますが、takerは注文を出した瞬間に取引成立となるので、板に自分の注文が載ることはありません。

取引所では、makerとtakerで取引手数料を変えていることがあります。

「お、ここの取引所、手数料めっちゃ安いじゃん!」と思っても、実は安いのはtakerだけで、makerは高いというようなことはよくあることです。

もちろん通貨によって異なることもある(だいたいビットコインが一番安い)ので、ビットコインキャッシュを購入するときは、ビットコインキャッシュのmaker手数料とtaker手数料をしっかりと確認しておきましょう。

ビットコインキャッシュが購入できるおすすめの取引所

ビットコインキャッシュ、購入

取引所の選び方だけ紹介するのも優しくないと思うので、私が選ぶおすすめの取引所をいくつか紹介しておきます♪

もちろんこの取引所が絶対に良い!というわけではなくて、最終的には自分がどのように取引したいかを考えて選ぶのが大切ですよ(*^^*)あくまでも私のおすすめ、ということで読んでみてくださいね。

購入手数料が無料の「bitbank」

2014年5月に設立されたbitbank(ビットバンク)取引所は、なんと購入の際の取引手数料が無料となっています。

「手数料無料キャンペーン中」と書いてあるので、いつかは有料になるのかもしれません。

ゆかりゆかり

私が知っている限りですが、もう1年以上は無料キャンペーンやってるんじゃないかな・・・?(; ・`д・´)

maker、taker共に無料なので、ビットコインキャッシュを購入したい人にまずおすすめしたい取引所です。

また、国内で人気のリップルやモナコインの取扱があるということも、bitbancの魅力のひとつです。

ビットコイン・仮想通貨の購入方法|bitbank.cc

ビットコインの積立購入ができる「Zaif」

Zaif(ザイフ)は、大阪に本社を持つテックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

少し前まで、ビットコインの取引手数料がマイナスといううたい文句で人気を得ていました。

マイナス手数料というのは、取引をすると手数料がもらえるということです。

現在ではそのサービスは終了しており、ビットコインは手数料0%となっています。

ビットコインキャッシュの購入手数料は、BCH/JPY、BCH/BTCともに、
・maker:0%
・taker:0.3%

となっています。

ゆかりゆかり

Zaifでビットコインキャッシュを購入するなら、できるだけmaker取引を狙いたいですね(*^^*)

また、自動的にビットコインを買い付けしてくれる「コイン積立」があるのも特徴です。

ドルコスト平均法(一定金額を毎日購入する方法)という理にかなった投資法で、自動的に購入してくれるサービスです。

積立は少額でも可能なので、自分で買うのはちょっとこわいという人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨取引所・販売所 – Zaif(ザイフ)

販売所でビットコインキャッシュを購入できる「bitFlyer」

おそらく日本で初めて仮想通貨のテレビCMを始めたのが、国内大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)です。

2017年は国内第1位の仮想通貨取引量を誇っていましたが、2018年になってbitbankに抜かれ、現在では国内第2位となっています。

ビットフライヤーの特徴は、取引所での対応通貨がビットコインとイーサリアムだけだということです。

ビットコインキャッシュ含むその他のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)は、販売所形式での取引となっています。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

ビットコインキャッシュをお得に安全に購入する方法まとめ

ビットコインキャッシュ、購入

今回、ビットコインキャッシュの購入についていろんなことをお話してしまったので、最後に大切なポイントまとめておきたいと思います。

ビットコインキャッシュをお得に購入したいなら、
・できるだけ販売所ではなく取引所を選ぶ
・手数料が安い取引所(今なら手数料無料のbitbankなど)を選ぶ
・ツテがあるなら直接取引で安く売ってもらうのが一番

また、ビットコインキャッシュを購入する際の注意点は、

・BCH/JPYの通貨ペアを取り扱っている取引所を選ぶ
・makerとtakerの手数料の差に気をつける
・取引所を介さない購入の場合は詐欺に気をつける

の3つが大切なポイントです。

ビットコインキャッシュの購入は短期でも長期でもおすすめ

私はビットコインキャッシュ推しなので、結構な金額を購入しています(; ・`д・´)

ビットコインキャッシュが散るときは、私も散るときだ!という気持ちで購入しました!
死なば諸共!ってやつです。(ちょっと意味違う?笑)

でもビットコインキャッシュってしっかり将来性もあって、長期的に見るととても良い通貨なんですよね。
価格の乱降下が激しいので短期で購入してもおもしろいですし、決済通貨として購入するのもおすすめです。

自分に合った方法で、ぜひビットコインキャッシュを購入してみてくださいね♪

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆかり
就活の到来から全力逃亡中。H〇NTER×HUNT〇Rのヒソカ好きな仮想通貨女子です。夢のハイパーニート生活のために全力で仮想通貨を勉強してます!
ゆかりの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top