ホームアルトコインビットコインキャッシュ高騰の鍵となる「コンビニ決済」は本当に来るの!?
ゆかり

ビットコインキャッシュ高騰の鍵となる「コンビニ決済」は本当に来るの!?

ビットコインキャッシュ,高騰

先日話題になったビットコインキャッシュのコンビニ決済。もし実現したら、ビットコインキャッシュの高騰も夢ではありません!現時点でどこのコンビニが有力なのか、情報をまとめてみました!

ゆかりゆかり

こんにちは!ゆかりです!

私の書いた記事がたくさんの人に読まれているみたいで、めっちゃ嬉しいです!
本当に、ありがとうございます!
これからも応援、よろしくお願いします(*’▽’)

今ちょうどビットコインキャッシュが高騰していて、結構盛り上がっていますね!

これまで8万円前後を推移してなかなかぱっとしない感じでしたが、7月の三連休で一気に9万円まで高騰しています。まだまだ上がるのかな?楽しみですねー(*’▽’)

さて今日は、先日話題になったビットコインキャッシュのコンビニ決済についてのお話。

あの有名な投資家ロジャー・バー氏が発言したことで大きなニュースになっていましたね。

もしビットコインキャッシュのコンビニ決済が実現したら、価格は高騰するよね!?
結構大事なことだよね???ってことで、今回も気になることを調べてみることにしました!

ビットコインキャッシュのコンビニ決済ニュースの概要

ビットコインキャッシュ,高騰

知らない人もいるかもしれないので、まずはビットコインキャッシュのコンビニ決済の噂について解説をしておきたいと思います!

2018年6月2日、とある一本の動画配信がニュースになりました。

その動画を配信したのは、ビットコインの神様と呼ばれる投資家ロジャー・バーです。彼は現在ビットコインキャッシュを推していることでも有名で、彼の一言でビットコインキャッシュが高騰することもしばしば。

ロジャー・バー氏はBitcoin.comという大手メディアを運営しているのですが、そのサイト内で以下の動画を公開しました。

Bitcoin News | Bitcoin Drama! $250k To Reddit? BTC’s New Name & Lightning Network | Roger Ver

動画の内容は、とある会議(何の会議かは不明)の内容を報告するものでした。

その中で、日本の全国のコンビニエンスストアで、ビットコインキャッシュを決済可能にするためのプロジェクトが進行しているというような会話がありました。

ちなみにそのときロジャー・バー(Bitcoin.com)はTwitterでも同じように、
「BitcoinCash is coming to tens of thousands of convenience stores in Japan soon! 」
(日本に数万あるコンビニで、ビットコインキャッシュがもうすぐ来るよ!)
と投稿しています。

このニュースがあったことでビットコインキャッシュは高騰しており、10万円から最高値13万円を記録しました。

どこのコンビニなのか、いつ開始されるのか、本当に開始されるのか、まだまだ何もわかっていません。

しかし、ビットコインキャッシュファンにとっては非常に嬉しいニュースになりました。

もしビットコインキャッシュでコンビニ決済可能になると、これまで仮想通貨に触れてこなかった人たちの目にも触れることになります。

もちろんビットコインキャッシュの需要は増えるので、それだけ価格は高騰するということで、Twitterなどで大変盛り上がっています。

投資家のロジャー・バーってどんな人物?

ビットコインキャッシュ,高騰

どんな情報も、どこが情報源なのかによって、その信ぴょう性は大きく変わります。

「友達が言ってた」と「市が発表した」では全然違いますよね?

今回の件で言えば、日本のコンビニがビットコインキャッシュ決済を導入するという情報を流したロジャー・バーは、情報源として本当に信用できるのか?ということです。

このニュースに信ぴょう性があるかどうか知るためには、ロジャー・バーという人物について知らなければいけませんよね。

ロジャー・バーは1979年にアメリカに生まれましたが、現在は日本に在住する投資家です。コンピューター部品事業の「MemoryDealers.com」で成功し、CEOを務めるなど、25歳にしてすでに富豪と呼ばれるほどの資産を所有していたそうです。

ロジャー・バーは、2011年にビットコインへの投資を始め、ビットコイン関連のスタートアップへの多額の投資も行いました。

ゆかりゆかり

ビットコインは2009年ごろに公開されましたが、2014年ごろまでは所有者も少なく、それほど価値もなかったんです。

その当時に、なんと100万ドル(1億円以上)もの投資を行ったことで、「ビットコインの神様(bitcoin jesus)」と呼ばれるようになったということです。

彼は現在ビットコインキャッシュを支持していることを表明しており、多額の投資も行っています。彼の一言でビットコインキャッシュが高騰することも珍しくありません。

また、2011年からビットコインや関連スタートアップに投資をしていることから、多くのコネクションを持っていることがわかります。

ビットコイン財団の創設を支援したり、世界的に有名なBitcoin.com(メディア・マイニングプール)のCEOを務めていたり、ただの一般投資家ではありません。

つまり、日本のコンビニ決済のプロジェクトも、ロジャー・バーの耳に入ってもなんらおかしくはないということです。

ビットコインキャッシュ高騰のきっかけとなるコンビニ決済ニュースは、実現する可能性がかなり高いと考えて良いのではないでしょうか。

ビットコインキャッシュ決済導入の有力なコンビニは?

ビットコインキャッシュ,高騰

気になるのは、一体どこのコンビニでビットコインキャッシュ決済が導入されるの?という疑問ですよね(`・ω・´)

ロジャー・バーの動画で言及されていたのは、「数万の店舗がある日本のコンビニ(tens of thousands of convenience stores in Japan)」ということなので、有名なコンビニチェーンはある程度限られてきます。

統計を参考に限定していくと、
・セブンイレブン20033
・ファミリーマート17409
・ローソン13693

この3つのコンビニのどこかになることはほぼ間違いないかな?という感じです。

「数万」というくらいなので、セブンイレブンかファミリーマートが有力ですね(`・ω・´)

そして、なんと台湾のファミリーマートでは、すでにブロックチェーンの技術導入が始まっているようで、ファミリーマートが一番有力なのかもしれません。

ゆかりゆかり

私の自宅付近にはセブンイレブンしかないので、個人的にはファミマよりセブンがいいなーと思っています(*’ω’*)

まぁどこのコンビニだとしても、ビットコインキャッシュが高騰する可能性は十分にあるので、あまり気にしなくても良いかもしれませんね。

ビットコインキャッシュのコンビニ決済でどうなる?

ビットコインキャッシュ,高騰

最後に、ビットコインキャッシュのコンビニ決済が決定した場合に、仮想通貨全体でどのような影響があるのか考えてみたいと思います。

以下はあくまでも私の予想なので、ビットコインキャッシュの購入などはご自身で判断してくださいね(`・ω・´)

まず当たり前ですが、ビットコインキャッシュは一時的に高騰するでしょう。

それにつられて、ビットコインが高騰するのか、それとも決済通貨としてのビットコインキャッシュに差を縮められるのかがひとつのポイントとなります。

同じようにビットコインも高騰するなら、その他のアルトコインも同じように高騰し、ビットコインが下がるときにビットコインキャッシュも一緒になって下がっていくことが予想されます。

反対にビットコインの高騰がなかったとしたら、ビットコインキャッシュの一人勝ちということになり、ちょっとやそっとじゃ下げない強い相場が見られるかもしれません。

そして、コンビニ決済のニュースは世界的なニュースになるはずですが、実際に導入されるのは「日本」です。

日本は世界的に見ても仮想通貨への投資割合が高く、仮想通貨大国として知られています。

一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の2018年4月の報告によると、ビットコインに投資をしている約6割が日本の投資家だということです。

ゆかりゆかり

日本が仮想通貨大国だということがはっきりわかる数字ですね(*’ω’*)

しかしビットコインキャッシュに関しては、日本円で購入しているのは約0.3%にすぎず、米ドルでの購入が約15%、50%以上がBTC建て(国は不明)となっています。(ビットコインキャッシュはアメリカで人気ってことなのかな?)

もし日本のコンビニでビットコインキャッシュ決済が導入された場合、まず始めに私のような「ビットコインキャッシュ推し」含む仮想通貨ファンたちの買いで、価格が高騰することが考えられます。

そのあと、これまで仮想通貨に対して不信感を抱いていた人たちや、まったく関心のなかった人たちの目にも触れることになります。おそらく国内のテレビ番組で特集を組まれ、たくさんのニュースが流れるでしょう。

これまで仮想通貨は「ただのネット上のデータ」と考えていた人たちは、「本当に通貨として使えるんだ」と思うはずです。

そうなるとさらに、ビットコインキャッシュは高騰していきます。

ゆかりゆかり

ビットコインキャッシュ持っていてよかったー!!ってなる瞬間ですね(*’▽’)

各国の銀行(日銀総裁など)や世界的な投資家ウォーレン・バフェット、大富豪ビル・ゲイツなどが、仮想通貨に価値はないと批判していますが、これらがすべて覆されることになるのです。

彼らのマイナス発言によって価格が下がっていた分、強い反発がくる可能性もあります。

問題はこのあとです。おそらく、価格が高騰したところで投機目的で購入していた人たちの売りが入ります。価格がどこまで高騰するのかはわかりませんが、売りタイミングが非常に重要だということです。

そして、これまで仮想通貨に関心がなかった人たちのろうばい売りもあれば、ビットコインキャッシュが暴落する可能性も十分にあります。

そのあと価格は少しずつ回復し、また横ばいが続く・・・というのがいつものパターンで、私の予想です。

以上のことは予想にすぎず、ほかのニュースや、コンビニ決済開始の時期によっては、まったく違う値動きをする可能性もあります。たとえば、ビットコインキャッシュは2018年11月にハードフォークを控えていますが、それと時期が被れば、値動きの予測は難しくなるでしょう。

コンビニ決済はなぜビットコインキャッシュなのか?

ビットコインキャッシュ,高騰

いろんな仮想通貨がある中で、なぜコンビニ決済にビットコインキャッシュが選ばれたのでしょうか。

ゆかりゆかり

あまり詳しくない人からすれば、「あれ、ビットコインじゃないんだ?」って感じですよね?

そもそもビットコインキャッシュは、仮想通貨の王様であるビットコインから分裂によって誕生した通貨です。

ビットコインは優れた仮想通貨ですが、取引データを入れるためのブロックサイズが小さく、送金に時間がかかるという問題を抱えていました。

この問題を解決するために、ビットコインに対してアップデートを行い、それによって誕生したのがビットコインキャッシュということです。

本当ならビットコインがアップデートによって新ビットコインになり、旧ビットコインは消滅してもおかしくはなかったのですが、一部(主に開発者など)の意向により旧ビットコインも継続して使用されることになりました。

その旧ビットコインが現在のビットコイン、新ビットコインが現在のビットコインキャッシュというわけです。

つまり、ビットコインキャッシュはビットコインの問題を解決して誕生した通貨なので、送金時間はとても短く、そのために送金手数料も非常に安いというのが特徴です。

ビットコインももちろん、「資産」として、また「基軸通貨」として価値があるので、これからもなくなることはないでしょう。

でも、コンビニ決済となると話は別です。

コンビニで決済システムを導入するのであれば、送金に時間がかからない仮想通貨である必要があり、ビットコインキャッシュが最適だということなんです。

ビットコインキャッシュのアップデート(ハードフォーク)についてもっと知りたい人は、以下の記事が参考になるかと思います!

ビットコインキャッシュのコンビニ決済で期待大!

ビットコインキャッシュのコンビニ決済導入は、まだまだわかっていないことだらけですが、私たちビットコインキャッシュファンにとっては本当に楽しみなニュースです!

価格が高騰するかどうかはいろんな情報を総合的に判断しなくちゃですが、導入決定のニュースが流れた瞬間はほぼ間違いなく高騰すると考えられます。

決定してからビットコインキャッシュを買うのではもう遅いかもしれないので、よければ今のうちに買っておきませんか?

これから取引所を選ぶなら、この記事がおすすめです!

それでは今日も、ありがとうございました!

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆかり
就活の到来から全力逃亡中。H〇NTER×HUNT〇Rのヒソカ好きな仮想通貨女子です。夢のハイパーニート生活のために全力で仮想通貨を勉強してます!
ゆかりの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top