ホーム市況7/17(火)|SBIVCが一般向けに新規顧客受け入れを開始/Coinbaseが有価証券型の仮想通貨を取り扱い可能に
たかしま編集長

7/17(火)|SBIVCが一般向けに新規顧客受け入れを開始/Coinbaseが有価証券型の仮想通貨を取り扱い可能に

仮想通貨 市況

7月17日の仮想通貨市況
・SBIVCが一般向けの新規口座開設の開設を開始
・Coinbaseによる3社の買収が米当局に認可され有価証券型の仮想通貨の取り扱いが合法化する
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

17日の仮想通貨市場は、昨日にも紹介したBlack Rock社が仮想通貨市場に興味を持っているというニュースの影響で起こった上昇トレンドが続き、多く続伸しています。

仮想通貨 市況
https://coinmarketcap.com/charts/より

17日18時56分現在の主要通貨の価格と変動は以下の通り

通貨
価格(円)
24時間の変動比
BTC751,693+21,593(+2.96%)
ETH53,214+908(+1.75%)
XRP53.000+2.008(+3.94%)
BCH88,875+3,934(+4.63%)

17日、今年の夏には開業するといわれていたSBIバーチャルカレンシーが、一般向けの新規口座開設の受付を開始したことが明らかになりました。

これまでは昨年の先行予約に申し込んだ人を対象にした「優先口座」のみの仮想通貨交換サービスの機能しかありませんでしたが、これで名実ともに日本での仮想通貨交換所として一般利用が可能となりました。

コインチェックの事件以降、行政処分などの金融庁による仮想通貨交換業者に対する締め付けが厳しくなってきた中、従来の金融業界で着実な実績を上げてきたSBIホールディングスが、満を持して仮想通貨交換業に参入してきたのには大きな意味があります。今後、SBIVCの規模が拡大していけば、日本における取引所の中心になっていくかもしれません。

また米国最大手の取引所であるCoinbaseによる、

  • Keystone Capital Corp.
  • Venovate Marketplace Inc.
  • Digital Wealth LLC.

の3社の買収が、SECとFINRAに認定されたことが明らかになりました。

これにより、最近までXRPとETHが議論の渦中にあった、有価証券とみなされる仮想通貨の取引が合法になり、例えばイーサリアムプラットフォーム上でICOされたトークン(仮想通貨)を取り扱えるようになったといえるでしょう。

現時点で数少ないメジャー通貨しか扱ってこなかったCoinbaseが、先日の5銘柄追加検討のニュースと合わせて、これから取り扱い銘柄を拡充していくものと思われます。

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一わかりやすい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top