ホームアルトコイン仮想通貨NEM(XEM)の魅力に迫る!将来性抜群と言われる理由を分かりやすく徹底解説!
はる

仮想通貨NEM(XEM)の魅力に迫る!将来性抜群と言われる理由を分かりやすく徹底解説!

仮想通貨,NEM

数ある仮想通貨の中でも独自の高度な技術を採用しているNEM。今回はそんなNEMの仮想通貨としての将来性やメリット、デメリットを中心として人気の秘訣を徹底解剖してご紹介します。

目次

NEM(ネム)とは?仮想通貨XEM(ゼム)との違いはなに?

仮想通貨,NEM

現在、インターネットやTwitter等のSNS上では様々な仮想通貨が話題になっていますが、日本国内のアルトコインでも非常に知名度・将来性があると言われているのが「NEMです。

NEMは、あの有名な仮想通貨ビットコインのブロックチェーン技術を応用・改良したプラットフォームを持っているのが最大の特徴です。

NEMとXEMの違いってなに?

そもそも「NEMとXEMの違い」を比較しようにも、比較する対象ではありません。
ただ、NEMとXEMを混同している人も多いのであえて簡単に両者を言葉に表してみると、

はるはる

「NEM」は、ビットコインの持っている欠点を補って開発されたブロックチェーン技術の名前であり、そのプラットフォーム上で使用されるトークンが「XEM」という仮想通貨と言われているんです!!

NEMの仕組みや特徴は後述しますが、ここではとりあえず、

  • NEMはブロックチェーン技術で、XEMはそこから生まれた仮想通貨である
  • NEMには色々な高い技術が備わっており応用が可能である

という2点を最低限、頭に入れておくと良いでしょう。

NEMの仮想通貨としての特徴とその仕組みを徹底解説

仮想通貨,NEM

独自の技術がキラリと光る仮想通貨NEM!将来性抜群との声もたくさんあるその特徴と仕組みをここではご紹介します。

NEMの特徴①基本情報

発行日2015年3月31日
通貨単位XEM(ゼム)
発行上限枚数8,999,999,999枚
コンセンサスアルゴリズムPOI(Proof of Importance)
ブロック生成時間約1分
承認時間即時
開発者ネム財団
HPhttps://nem.io/

NEMの仮想通貨としての最大の特徴と言えば、やはり「使用しているアルゴリズムPOI」です。

また、NEMは日本のたくさんの企業と関わりが深い事でも知られています。

NEMの特徴②POI(Proof of Importance)について

POI(Proof of Importance)とは、直訳すると「重要度の証明」という意味になります。

ビットコインのアルゴリズムは、有名なPoW(プルーフオブワークス)を採用しており、マイニングでもっとも早く演算処理をしたユーザーに報酬が支払われる仕組みになっています。

NEMのアルゴリズムである「POI」は、ビットコインのようなマイニングではありません。
後述しますが、ハーベストといってウォレットにあるネムの量、および取引量によって評価が変動してその貢献度により報酬が貰える仕組みになっているのです。

ウォレット内のネムの量と記載しましたが、ただNEMコインを大量に所持しているだけでは評価は上がらないのが特徴で、取引をどれだけ行ったかという点が評価されます。

NEMの特徴③ハーベスティングについて

ビットコインの採用しているアルゴリズム「Pow」では、大量の電力消費をまかなえて、かつ迅速な計算力を持つ人が報酬を貰えるシステムになっています。

仕事量に応じて報酬が貰える健全な仕組みには見えますが、こうした仕事をこなすのには大量の電力と高い計算力が必要となってきます。

結果的に、資本力のある者が有利になり、お金持ちがさらにお金持ちになるだけの傾向が強いといも言われているのです。

しかし、NEMの採用しているアルゴリズム「POI」の概念は、NEMアカウントの処理する量が多い(貢献度が高い)ほど、ネットワークとしての重要性が増すという考えが基本となっています。

その為、PoWのように大量の電力を必要とせず、前述した仮想通貨の所有量と取引量に応じてハーべスティングを行う権利が発生します。

つまり一般のパソコンでも、ハーべスティングに参加する事ができるのが魅力的なんですね。

NEMの特徴④Catapult(カタパルト)について

2018年、NEMが仮想通貨として大きな期待をされているのが「カタパルト」です。

カタパルトとは、簡単に説明すると「現在のNEMの基本性能を大幅に向上させるアップデート」の事で、仮想通貨NEMの開発チームと日本のテックビューロ株式会社が現在共同開発を行っています。

NEMは、仮想通貨としては現時点でもビットコインを上回る性能を持っています。

それに加えて大型アップデート「カタパルト」が実装されてNEMUの基本性能が飛躍的に向上すれば、全仮想通貨の中でもトップクラスのスペックに進化するとも言われています。

NEMの特徴⑤Super Node(スーパーノード)について

現在、多くの仮想通貨システムの主体となるのがブロックチェーン技術ですよね。
特定の管理者が居ないP2Pネットワークの集合体が取引の記録などをおこなっています。

仮想通貨NEMにも、こうしたP2Pに参加しているコンピュータである「ノード」が存在しますが、中でも特別なのが「スーパーノード」と呼ばれるものです。

スーパーノードとは、過去の取引記録が書き込まれたブロックチェーンを全て持っているノードの事を指します。

スーパーノードになるにはある一定の条件が設けられています。

「300万XEM以上保有している事」や「24時間体制のコンピュータシステムを保有している事」「迅速なスピードを維持できるインターネット環境」等、非常に厳しい条件がありますが、もちろんハーべスティング以上の高額な報酬があると言われています。

以下が、リアルなスーパーノードの方の意見です。




やはり、不労所得という面ではスーパーノードは魅力的に見えますが、個人的に様々な見解があるようですね。

NEMの特徴⑥Apostille(アポスティーユ)について

NEMには「Apostille(アポスティーユ)」と呼ばれる公証機能があります。
日本国内では、遺言や養育費などの条件や賃貸借や債務の弁済などの公正証書作成には、厚生的な立場となる第三者、役場などで証明してもらうのが一般的ですよね。

アポスティーユは、こうした第三者を介さずにブロックチェーン上で公正な証明をする事が可能なのです。

アポスティーユの魅力は何と言っても「証明するまでの期間の短縮と費用の安さ」です。
役場であれば「一日かかってさらに約5万円もかかる遺言証明が、アポスティーユ経由なら「たった1分で約7.5円」というから凄すぎますよね!

ただ、現時点ではまだ法的効力を持たないので、いつか判例でNEMのアポスティーユ機能が認められる日が来れば社会的な変革をもたらすのではないでしょうか。

NEM(ネム)|仮想通貨としての3つのメリット

仮想通貨,NEM

NEMの様々な特徴やハーべスティングなどの仕組みを見てきましたが、ここでは仮想通貨として保有する場合のNEMのメリットをご紹介します。

仮想通貨NEMのメリット①セキュリティ機能が高い

仮想通貨で行われる一般的なマイニングであれば、不正なノードが使用される可能性があり、結果としてウィルス感染などにより他人のマイニング作業に悪影響を及ぼすケースもあります。

しかし、NEMではこうした不正なアクセス防止の為に「EigenTrust++」と呼ばれるアルゴリズムを採用しセキュリティ機能の強化を図っています。

EigenTrust++とは、ノードを評価するシステムです。
接続してきたノードの過去動作の質を随時監視しています。

その為、不正アクセスしてくるノードは、容易にハーべスティングできないような仕組みになっているのです。

仮想通貨NEMのメリット②価値が保たれている

NEMは仮想通貨発行時に、XEMを1500名に配布しました。
その後、これ以上XEMが発行される事はないので、将来的にNEMの価値は下がりにくく保たれるでしょう。

前述したハーベストは、新規に仮想通貨としてXEMを発行はしません。
あくまで承認してほしい人が承認者に支払う手数料なのです。

その為、仮想通貨市場でのXEM総発行量は、基本情報に記載した通り「8,999,999,999 XEM」で固定されています。

仮想通貨NEMのメリット③カタパルトが予定されている

カタパルトはNEMの基本機能を向上させるアップデートです。
これによりNEMの処理スピードが飛躍的にアップし「1秒当たり4,000件」ものトランザクションが可能と言われているのです。

現時点でデータ容量が大きくて決済スピードが遅くなる問題も、カタパルト実装により改善されるでしょう。

これもNEMの仮想通貨としてのメリットと言えますね。

NEM(ネム)にデメリットはある?

仮想通貨,NEM

一見すると良い面ばかり見えるNEMですが、当然デメリットも存在します。
それは、基本的に「報酬が少ない」点です。

NEM(XEM)はブロックを1分で生成可能ですが、取引量自体が他の仮想通貨と比較すると少ないので、ブロックに収められる手数料も当然少なくなります。

つまり、頻繁にNEMの取引をしない人は報酬を得られない仕組みとも言えるので、この点はデメリットと言えるでしょう。

NEM(ネム)の将来性を考察

仮想通貨,NEM

ここまでNEMに関する記事を読んでいただいた人も、NEMが今後期待がもてる仮想通貨である事はわかるのではないでしょうか。

ここでは、前述した項目も含め、NEMの気になる将来性を考察してみたいと思います。

NEMの将来性考察①カタパルト次第で価格が大幅に変動する!?



何度もご紹介している通り、2018年度内に実施が予定されているカタパルト。
カタパルト実装により決済スピードが大幅に上昇するわけですが、これがどれほど凄いのかを他社と比較してみましょう。

NEMと他の仮想通貨の決済スピード比較表
XEM1秒当たり4,000件
BTC1秒当たり14件
ETH1秒当たり15件
XRP1秒当たり3,000件
VISA1秒当たり4,000件

数ある仮想通貨の中でも決済スピードに優れているリップル(XRP)をゆうに超える事になります。

あの有名なVISAカードと同じスピードで処理できるので、カタパルトを実装したNEMは、VISA同様に世界最高水準の処理速度を持った仮想通貨という事になりますね。

仮想通貨取引において決済スピードは非常に重要なので、今後こうしたカタパルト実装によりNEMの価格が大暴騰する可能性はあるかもしれませんね。

NEMの将来性考察②テックビューロ社がNEMを採用!?



国内で有名な仮想通貨取引所ZaifやCOMSAなどにサービスを提供しているテックビューロ社が、誰もがブロックチェーンを利用できるようになるソフト「mijin」にNEMの技術を採用しています。

こうしたNEMの高い技術は、現時点で400社以上に採用されていっており、今後も導入する企業は増加するとともに、将来的なNEMの価値も上昇していくと見られています。

NEMの将来性考察③POIが超民主的な世界を実現!?

NEMのコンセンサスアルゴリズムであるPOI。
このPOIですが、要は「NEMを使用した取引をたくさんした人が報酬を貰える」システムですよね。

つまり、世界的にNEMを流通させる事を前提に開発されたシステムで、一部にお金が集中しないようにする役割を担っています。

NEMという名前の由来も、「New Economy Movement(新しい経済運動)」という頭文字からきていますので、将来NEMが世界中に普及すれば「超民主的な世界」が実現するとともにNEMの価値も上昇する可能性があるのです。

NEM(ネム)を取り扱っている仮想通貨取引所はココ!

仮想通貨,NEM

NEMはハーべスティングで入手する事が可能ですが、そもそもハーべスティングをする為に「10,000XEM以上保有」しておく必要があります。

ここでは、個人ユーザーがNEMを入手する為に一般的となる仮想通貨取引所をご紹介します。

NEMを取り扱っている仮想通貨取引所①Zaif(ザイフ)

Zaifは、前述した「mijin」を開発したテックビューロ社が運営する仮想通貨取引所です。
NEMとmijinの注目度がある程度比例すると思われる為、仮想通貨として「NEMに注目している人でこれからNEMを保有しておきたい人」にはおすすめの取引所です。

Zaifは、国内でもセキュリティ機能が高く手数料が安い事で知られており、NEMの他にも人気のモナコインなどを取り扱っています。

NEMにオススメの仮想通貨取引所②DMMビットコイン

有名な大手DMMグループが運営している仮想通貨取引所で、NEMの取扱いもしています。
ただ、DMMビットコインでは、NEMだけでなく他のアルトコインも同様に「レバレッジ取引しかできない」点に少し難があります。

初心者にはおすすめできませんが、NEMのレバレッジ取引をしたい人にはおすすめの取引所と言えるでしょう。

NEMにオススメの仮想通貨取引所③Poloniex(ポロニエックス)

海外でも有名な仮想通貨取引所で、NEMをはじめとしたアルトコインの取扱い種類が60種以上ある点は非常に魅力的です。手数料も日本国内の取引所より安いのもいいですね。

ただ、日本語が未対応なので、国内の取引所である程度慣れてもっとNEMを含んだアルトコインを購入してみたいという人にはおすすめです。

NEMの将来性は明るい!?今のうちに購入しておくのがおすすめとの見方が強い!

仮想通貨,NEM

ここまで、仮想通貨NEMの魅力や将来性について色々とご紹介してきましたが、他の銘柄と比べて将来性という面では非常に期待できる材料が揃っていますよね。

仮想通貨業界で数あるアルトコインの中でも、「将来的にNEMは買い」という人はTwitter上でも散見されます。



2018年7月時点での「NEMの時価総額ランキングは16位」です。

しかし、前述した大型アップデートであるカタパルトも控えている事から、

はるはる

今後のNEMと企業の提携や様々な動向をチェックしながら購入を検討するのがベストとではないかとわたしは思います!!

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top