ホーム市況7/20(金)|マネックスが米国進出に向けライセンス取得の準備を開始/マルタ証券取引所とOKExが共同で取引所を開設の方針
たかしま編集長

7/20(金)|マネックスが米国進出に向けライセンス取得の準備を開始/マルタ証券取引所とOKExが共同で取引所を開設の方針

7月20日の仮想通貨市況
・コインチェックを擁するマネックスグループが米国進出に向けてライセンスを取得する準備を開始
・マルタ証券取引所とOKExと共同で有価証券型仮想通貨に特化した取引所を開設するとの表明
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

20日の仮想通貨市場は、価格高騰が一服して若干の下落傾向にありながらも、BTC価格にして800,000円が底となって強く働く形で、ほぼ横ばいの値動きを見せています。

仮想通貨 市況
https://coinmarketcap.com/charts/より

20日19時35分現在の主要通貨の価格と変動は以下の通り

通貨
価格(円)
24時間の変動比
BTC833,500+6,282(+0.76%)
ETH51,741-1,668(-3.13%)
XRP51.482-3.522(-6.40%)
BCH88,472-3,995(-4.32%)

20日、1月末に巨額の仮想通貨を流出させてサービスが全面停止したコインチェックのマネックスグループが、米国進出にむけてライセンスの取得の準備を始めたことが明らかになりました。米国への進出は年内の参入を目指しており、日本で最大規模の仮想通貨取引サービスを提供していたコインチェックを現地でも使えるようにしていくとのことです。

さらに、最近議論を呼んでいる仮想通貨の「通貨、コモディティ、有価証券」の分類については慎重な調査を進めつつ、子会社の米トレードステーショングループのトレードステーション証券を活用し、BTC先物取引を新たなサービスとして創出していく姿勢を表明しています。

また19日、マルタ証券取引所が世界の最大手仮想通貨取引所OKExと協力し、OKMSXという名称で有価証券型仮想通貨に特化した取引プラットフォームを開設することを明らかにしました。

このように、米SECを中心にした仮想通貨を有価証券とみなすかどうか議論を通じ、有価証券となりえる仮想通貨にも対応できるようにする動きが広がっているものと思われます。

仮想通貨が有価証券ではないかという議論が大きくなった発端⇓

米最大手取引所のCoinbaseが有価証券とみなされる仮想通貨も取り扱えるように⇓

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一わかりやすい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top