ホーム仮想通貨基礎知識ビットコインETFの上場により仮想通貨市場は転換期を迎える!?上場によるメリットや今後の動向を考察!
はる

ビットコインETFの上場により仮想通貨市場は転換期を迎える!?上場によるメリットや今後の動向を考察!

ビットコイン,ETF,とは

現在、仮想通貨業界で話題になっている「ビットコインETFの上場による影響」!ビットコインETFが上場すると仮想通貨市場はどうなるのかをご紹介!また、ETF上場によるメリットや今後の動向も考察します!

目次

ビットコインETF(上場投資信託)とは

ビットコイン,ETF,とは

近年、雑誌やTwitter等のSNS、インターネット上でにぎわいを見せている仮想通貨業界ですが、みなさんは「ビットコインETF(上場投資信託)」という言葉を聞いた事があるでしょうか?

ビットコインETFは、証券取引所に上場する事によって「誰もが取引を行いやすい金融商品」として世間に認知されるのが最大の目的と言われています。

ビットコインETFを知る前に、そもそも「投資信託」「ETF」とは何なのかを理解する必要がありますので、それぞれの特徴をみていきましょう。

投資信託(ファンド)とは

投資信託とはファンドとも呼ばれており、一般の投資家から幅広く資金を集めて、ある特定の投資対象を売買する投資の事です。売買によって利益を積極的に狙いにいかず、「特定の指数(今回で言えばビットコイン)に連動して価格が変動」するように設計されています。

ETF(上場投資信託)とは

ETFとは、投資信託が証券取引所に上場される事を指します。投資信託が上場されてETFになる事によって、証券取引所を介して誰もが投資信託取引を行う事が可能になるわけですね。

また、個人の投資家だけでなく機関投資家(大量の資金を使用し株式・債権などで運用を行う大口の投資家)も投資できるようになります。基本的に、ETFは日々の日経平均株価やTOPIX(株価指数)の値動きに合わせて運用されています。

市場規模で言えば、日本で約25兆円、世界で400兆円以上の規模とまで言われています。

はるはる

つまり、今回ご紹介する「ビットコインETF」は、ビットコインの値動きに連動するように運用されているのが特徴なんですね!!

株式投資と同じようにシンプルな取引が可能になって、高い手数料もかからなくなる点も特徴の一つと言われています。

ビットコインのETFが上場した時の経済への影響を考察

ビットコイン,ETF,とは

では、ビットコインETFが実際に上場した場合、企業や機関投資家の動きにどんな影響を及ぼすのかをそれぞれ考察していきます。

機関投資家の資金が流入する

もし今後ビットコインがETFに上場すれば、これまでビットコイン売買に参加できなかった機関投資家による大量の資金が流れ込んでくると言われています。

機関投資家は一般の投資家と違って、出資者の利益を最優先に株式や債券などの資金を運用する義務があります。

その為、ビットコインのように政府が公認している取引所でないところに投資をする事が出来なかったんですね。

しかし、ETF上場によってなによりもビットコインの信用度が高まるので、堂々と取引ができるようになり、その資金が流入する事で仮想通貨市場の活性化が期待されます。

ビットコインのETF上場により各企業はどう動くのか

既に2017年までの段階で、いくつかの企業にビットコインをETFに上場させる為の動きが見られます。

ここでは、ビットコインのETF上場によりなんらかの動きが予想される3つの企業等の動向をご紹介します。

『Evolve Fund』の動き

Evolve Fundは、カナダの企業で、既に「ビットコインETFの目論見書」を提出しているようです。

世界各国で仮想通貨に対する認識やその対応等が全く異なってきますが、その中でもカナダは仮想通貨に対する姿勢が柔軟であると言われています。

その為、もしカナダでETF上場が決定すれば、世界各国でもETF上場が始まる先駆けとなる可能性は高いと言えるでしょう。

『ウィンクルボス兄弟』の動き

仮想通貨取引をしている人ならその名を聞いた事がある人が多いと言われる「ウィンクルボス兄弟」。

仮想通貨投資で億り人になった兄弟で、世界最大のビットコイン保有者とも言われています。

2017年3月に、このウィンクルボス兄弟が「ビットコインをETF組織に申請」しましたが、当時経営していた「ジェミナイ」と呼ばれる取引所の信頼度不足により申請が却下されてしまいました。

企業ではないこのウィンクルボス兄弟ですが、現在はETF上場に向けて着々と準備を進めており、現物のビットコインを10億ドル以上集めており再度申請を出す可能性があると言われています。

今後のウィンクルボス兄弟の動向には要注目ですね。

『SBIホールディングス』の動き

日本国内の大手証券会社として有名なSBIホールディングス。
こちらは2017年9月にアメリカの「CoVenture Holding Company」という運用会社と共同出資して仮想通貨ファンドの運営をする事を発表済みです。

このファンド自体が上場するのかはまだ未定ですが、もしかしたら国内ではSBIホールディングスを中心としたETF上場に関する動きがあるかもしれません。

ビットコインのETFが上場した時の5つのメリットとは

ビットコイン,ETF,とは

そもそもビットコインETFが実際に上場すると具体的にどんなメリットがあるのか知っておく事はとても重要です。

ここでは、ビットコインETFが上場した際に考えられる5つのメリットについてご紹介します。

ビットコインETF上場によるメリット①ビットコインの知名度が上がる

まず一つ目は世間での「ビットコインの知名度が上がる」事が挙げられます。

ビットコインという名前は聞いた事があるが興味がない場合など、ネット上やSNSを通してビットコイン情報を提供しても全く届かないですよね。

しかし、ビットコインがETFに上場する事で、公開されている株式と同じように誰もが取引可能になります。

わかりやすく言えば、これまで株式投資をトレードしていた人などにとって、「ビットコイン=認知されていないのでよくわからない投資対象」だったのが、公式的に具体的な投資対象として認知されるようになるのです。

ビットコインETF上場によるメリット②安心感が生まれる

これまでの人生の中で投資を全く行った事が無い人にとっては、ビットコインは「良く分からない怪しいもの」というイメージもあるでしょう。まあ今まで存在すらしなかったものなので、怪しいと思うのも当然かもしれません。

しかし、公式となる証券取引委員会が認めた通貨となればまったく話は別です。
「怪しいもの」から「投資対象としての選択肢に入る」ので、ビットコインという仮想通貨への安心感が生まれるでしょう。

ビットコインETF上場によるメリット③証券会社への入金資金で投資が可能

現時点では基本的にビットコインは、仮想通貨取引所へ入金してトレードしますが、例えばある企業がビットコインを購入しようとする場合、やはりハードルが高いと言わざるをえません。

つまりは新興企業とされる仮想通貨取引所に口座を作り資金を入れて、そこでトレードする事について企業としてはやはり色々と不安があるのではないでしょうか。

ただし、これがETFならば、証券会社に入金している資金でトレードが可能となるので、企業としては安心感につながる大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

ビットコインETF上場によるメリット④取引市場が活性化する

ビットコインがETF上場された場合、証券取引所で取引する機会は当然多くなりますよね。

今までは仮想通貨取引所でしかトレードできなかったビットコインですが、証券取引所で取扱い可能になる事により個人の投資家だけでなく、前述した機関投資家など大口の資金が流入する事が期待できます。

これまで投資対象として優先順位が低かったビットコインが、証券会社への上場を機に信頼性が高まり安心して取引できるようになると、仮想通貨市場は間違いなく活発化するでしょう。

ただ、機関投資家がどれだけの資産を投資するのかは全くの未知数ですが、ビットコインをはじめとした仮想通貨の将来性はかなり有望です。

その為、こうした市場の活性化が起こる期待はかなり大きいと言えるでしょう。

ビットコインETF上場によるメリット⑤税率が有利になる可能性あり!?

現在ビットコインをはじめとした仮想通貨取引により利益を出している人は、確定申告を行いしっかりと納税していると思います。

2018年7月現時点での税制度では、仮想通貨取引での利益は雑所得に分類され総合課税対象となっています。所得金額によりますが、最高で55%の税金を納める義務があるのです。

しかし、ETFは雑所得ではなく「申告分離課税対象」にあたるので、税率は約20%(内訳:所得税15%・住民税5%・復興特別所得税2.1%)しかかかりません。

はるはる

こうした税率の面で見ても、仮想通貨取引所で得た利益よりも税率が有利になるんですね!

この点は非常に大きいメリットで、仮想通貨業界に参入する人は増えるのではないでしょうか。

結局ビットコインETFの上場はいつになる?過去の流れと今後について

ビットコイン,ETF,とは

ここまでビットコインETFの上場メリットをいくつかご紹介しましたが、現時点ではまだ実現はしていません。

今後、こうしたビットコインETFの承認において、どのような動き、そして流れになるのかを解説します。

ビットコイン先物がETF上場への先駆け!?

実はビットコイン先物は既に上場を果たしています。
2017年12月から、アメリカのシカゴオプション取引所(CBOE)やシカゴマーカンタイル取引所(CME)で取扱いが始まっています。

ビットコイン先物とは、ビットコインの将来の価格を予想して取引するもので、「現在の価値と将来の価値の差で損益が決定される」仕組みになっています。

特に前述した「CBOE」に関しては、アメリカの政府機関や商品先物取引委員会から認定されている公的な取引所となっており、事実上アメリカ政府がビットコインを認めた事になり、仮想通貨業界に大きな転換期をもたらしました。

2018年7月現在では、国内の仮想通貨取引所でも上場を見事果たしており、ビットコイン先物取引を行っている人も多いようです。

ビットコインのETF上場申請が承認されない理由とは

ここまで記事を読んで下さった人は疑問に思うかもしれません。
「なぜここまでビットコインのETF上場が承認されないのか」

前述したように、ビットコイン先物は既に上場を果たしていますが、上場後ビットコイン価格が急上昇したもののすぐに急落する値動きを見せて不安定な状況になりました。

やはりハイリスクハイリターンな金融商品である先物取引は、全ての投資家にとって思い切った投資に躊躇してしまうイメージがあるようですね。

ただ、ビットコインETFが上場すれば、これまで躊躇していた機関投資家などの参入は期待できると言われています。

これまでも何度か上場申請は行われましたが、SEC(アメリカ証券取引委員会)に全て却下されています。
ビットコイン,ETF,とは

申請が却下された主な理由は以下の3つと言われています。

  • 仮想通貨であるビットコインの価値を評価する判断が難しい
  • 大事な顧客資産を管理するカストディアン(有価証券の管理を行う機関)の整備がない
  • 現時点では実店舗で利用できる数が少ない為に流動性が低い

などといった点が指摘されて申請が却下されているようです。

2018年内にビットコインETFの上場は実現する!?

では、「ビットコインETFの上場はいつ実現するのか」という問題ですが、仮想通貨取引を行っている人であれば一番知りたい情報ですよね。

過去に、ETF上場申請を判断するSECは、「NYSEアーカ取引所(株式の電子取引所)にETFを上場させる規約についての承認作業が進行中である」事を明らかにしています。

上記でいうETFとは、

  • プロシェアーズビットコインETF
  • プロシェアーズショートビットコインETF

の2つの商品になります。

この商品は、プロシェアーズ(ProShares)社が提供しているもので、この上場が承認された場合、個人だけでなく機関投資家も注目する事は間違いないと言われています。

さらに、多額の資金がビットコインに投資され、結果として仮想通貨市場の活気が高まるでしょう。

ビットコインETFの上場については、「2018年内になんらかの動きが見られるのでは」という見方が強い為、今後の動向に特に注視するべきでしょう。

ビットコインETFが上場によりアルトコインが淘汰されていく!?

もし仮に前述したように2018年内に、ビットコインETF上場が実現に至ったとすれば、仮装通貨市場は活性化されると前述しましたが、逆に懸念される材料もあります。

それは、「ビットコイン以外のアルトコインが淘汰されていくのでは」という事です。

ビットコインETF上場が実現すれば、ビットコインだけに取引が集中する可能性があり、これまでビットコイン価格に連動していたアルトコインの値動きもなくなり、アルトコインの価値がどうなるのかという問題が懸念されているわけです。

必ずしもビットコインETFが上場する事によって、ビットコインの価値と同じようにアルトコインの価値も高まるとは言い切れないので、上場が実現した際にはこうしたアルトコインの値動きにも注意しながら取引する事が重要と言えるでしょう。

ビットコインETFの上場に関するみんなの口コミまとめ

ビットコイン,ETF,とは

では実際に、ネット上の仮想通貨に投資しているユーザー達は、どんな思いでビットコインETFの上場について考えているのでしょうか。

ここでは、Twitter上にいくつか散見されるユーザーの意見をみてみましょう。



ビットコインETF上場に伴い、世界中の企業がこうしたプロジェクトを立ち上げるという噂がTwitter上で散見されています。



ナスダックや日経225等の指標を元に、ビットコインの値動きを分析している人も居ますね。
ETFの条件緩和については、現状なんとも言えないのでまさに「意味深」と言えるでしょう。



なんと過去に金がETF上場した時とビットコインの値動きを比較していますね。
チャートを見る限りに通った値動きに見えますが、果たして今後どうなるのでしょうか。

ビットコインETFへの上場の影響は仮想通貨市場全体の問題!今後の動向に注目!

ビットコイン,ETF,とは

今回はビットコインETFの上場に関する情報をまとめましたが、もしETFの上場が実現した場合、大口の機関投資家等の影響で仮想通貨市場は確かに流動性を増すでしょう。

しかし、ビットコインの取引量が増加し価格が上場しても、アルトコインの価値がどうなるのかわからないという見方が大半のようですね。

はるはる

いずれにせよビットコインETFが上場する事によって、ビットコインだけでなくアルトコインを含めた仮想通貨業界全体の大きな転換期が訪れるのではないかとわたしは予想しています!!

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top