ホーム最新ニュース日本のGDPを超える、運用資産600兆円の機関投資家、BlackRock社の参入で仮想通貨市場が 変わる!?
研修生

日本のGDPを超える、運用資産600兆円の機関投資家、BlackRock社の参入で仮想通貨市場が 変わる!?

仮想通貨,機関投資家

運用額が日本のGDPを超える、機関投資家のBlackRockが先日仮想通貨に関するインタビューを受けました。金融業界を牽引する企業が仮想通貨に対してどんな意見をもっているのか、また500兆円を運用する、BlackRock社について解説します

日本のGDPの500兆円を動かす、世界のBlackRocが仮想通貨に参入!?

仮想通貨 機関投資家

日本のGDP500兆円を超えるといわれている、世界最大の資産運用会社である、ブラックロックは運用資産594兆円もの資金で仮想通貨市場への参入を検討しているといわれています。

ブロックチェーンに関して、とっても前向きな発言ですが、
まだ仮想通貨に関しては検討で、読めないところはありますね。

先日の報道で、ブラックロックのCEOは、仮想通貨の流行について以下のように
のべています。

仮想通貨の巨大な需要が見られない」

と言っています。

フィンクCEOによると、同社は当面、相場動向に加え現金に替わる「合法的」手段になるかを見極めるために仮想通貨を研究するといっていました。

ブラックロックのフィンクCEOは仮想通貨はマネーロンダリングに
使われるものだと発言しています。

以前の報道でもありましたが、
ソフトバンクグループの孫正義社長やアリババ会長のジャックマー氏も同じように
ブロックチェーン技術には、とても興味深い姿勢があるが、仮想通貨に対しては
まだ否定的な要素が強いと思われます。

3人に共通するのは、「まだ仮想通貨は始まったばかり」と言っているということです。

また、ブラックロック社は金融業界の世界を代表する会社なので、発言を控えている部分もあるかもしれないですね。

今回のインタビューだけでは、まだまだわからないところがありますね。
ただ、ブロックチェーンに関して興味深いといっていたこと、仮想通貨に対しても意見をお持ちだったので、

今後、どんなアクションを起こしていくかワクワクしますね。

そして、今回の報道で、仮想通貨の市場に対する期待や不安から、
影響を及ぼす可能性が高いですね。

仮想通貨に嵐がくる!?世界を代表する、ブラックロックの会社を学びましょう!

仮想通貨 機関投資家

今回、報道にあったブラックロックという企業について、ご存じでしょうか。

仮想通貨市場は30兆円規模といわれる中で、600兆円を動かす会社が、ブラックロックです。

数字が、想像つかないですよね。

今後、ブロックチェーンや仮想通貨の市場には、権威となる存在になっていく可能性が高いと思われる企業の一つです。

まだ知らない方のために、今回は、私が知っている範囲で、今後ブロックチェーンや仮想通貨業界に大きな影響を与えるといっても過言ではない企業、ブラックロック者について詳しく解説していきます。

どんなサービスをしているの会社なの?

機関投資家として知られる、ブラックロックは1988年に8人のパートナーによって、ニューヨークで設立されました。

ブラックロックは始め、お客様の利益を第一に考えに客観的データに基づいた投資
をしたいという声にこたえてきました。

機関投資家として、始めは債券の運用でした。

すぐに、相手の意見を聞きながら、
確定年金などの分野に新しい商品を解決し、事業を徐々に拡大していました。

その後、ブラックロックの機関投資家として資産運用業務をサポートする、
アラジンの自社開発も始まりました。

報道でも、仮想通貨に関する意見があったとき
アラジンの自社サービスに導入しようか考えていたとおっしゃっていましたね。

シングルビジネスにとどまらない、多角化への歩み

1995年には、機関投資家として、新しい展開を考えて、株式を含むオープン・エンド型の
ファンド運用を始めました。

ブラックロックは、機関投資家としてお客様本位のビジネス・モデルを考え、一つのプラットフォームの中に、あらゆる事業をまとめる動きを示しました。

そして、1999年には、ニューヨーク証券取引所において
株式会社を行いました。

機関投資家として、世界に発信する資産運用会社へ

ブラックロックは、これからさらに他社との経営統合によって、さらに大きな
プラットフォームを確立することに成功しました。

機関投資家として、ブラックロックは、債権の運用、株式の運用、アドバイザリー業務におけるビジネス基盤を確立しました。2006年には、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズとの経営統合によって、規模だけに限らず、ネットワークもさらに飛躍的に
拡大しました。

きっと、報道をみて、初めて、ブラックロッという企業を聞いた方が大半だと
思います。

私自身、世界最大の企業がどんな展開で600兆円まで上り詰めたのか
知っていけばいくほどおもしろくなってきます。

そして、ブラックロックは、この頃さらに機関投資家として大きな成長を成しました。

アセット・アロケーションと、トップの資産クラスを取り入れ、画期的な運用ソリューションを融合しました。

結果、さらにお客様本位のビジネスを確立しました。

ブラックロックは、選ばれる企業としてお客様が投資に伴うリスクを把握できるよう
アドバイスを提供する専門の事業も開始したそうです。

機関投資家として、イノベーションを起こす企業へ

仮想通貨 機関投資家

ブラックロックは、資産運用とリスクマネージメントの分野において
金融業界に革命を起こしてきました。

結果、世界最大の企業、600兆円を機関投資家として運用する
企業までのぼりつめました。

今回は、報道をきっかけにブラックロック社に関する記事を書いてきました。

どんな企業か少しは知っていただけましたでしょうか。

日本にいると、世界では有名でも知らない企業って沢山ありますよね。

先日、ソフトバンクが買収した、「アーム」という企業も
ご存じない人が多いのでは?

世の中にとんでもない影響力を与えるけど、知られていない企業って意外とありますよね。

今回紹介しました、ブラックロックは、金融業界に革命を起こした、そして起こし続けるグローバル企業として公的機関や個人投資家、世界の主要な金融機関に多くのサービスを提供しています。

今回は、報道でもあったように、世界が注目している、ブラックロックが
仮想通貨やブロックチェーンに関して意見を述べていました。

現時点では、顧客から仮想通貨に関する要望もなく、考えてはいないということでした。

現在の、仮想通貨市場は30兆円と言われる中で、
その10倍以上の資産運用を動かしている企業が、仮想通貨市場に参入したら
市場の動きはとんでもないことなりますよね。

事実、今回の報道でも、仮想通貨に関しては検討中、考えてはいないという
ことでしたが、一般の方々は、いづれは参入するだろうと、きっと少し期待をしているでしょう。

まだまだ、仮想通貨市場は始まったばかりなので、
まだ読めないという判断を下している有名な経営者の方は多いようですが、
この先、5年、10年とみていく中で、どう未来が変わっていくのか。

人工知能や仕事の働き方も変わってきていますが、お金のあり方も過去を振り返ると変わってきています。

ICO情報だけに限らず、世界をリードする企業が、
仮想通貨市場にどんな意見をもっているのか、またどんなアクションをとっているのか、
今後に注目ですね。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top