ホームICO最近話題のERC20トークンとは?
研修生

最近話題のERC20トークンとは?

ERC20,トークン

一時期よりは波をひそめているICO(Initial Coin Offering)ですが、最近ERC20トークンというものが話題になって再び注目を集めるようになりました。いったいERC20トークンとはどのようなトークンなのでしょうか?今回はERC20トークンについて詳しく解説していきたいと思います。

ERC20トークンとは?

ERC20トークンとは、ICOで発行されるトークンのうちイーサリアムブロックチェーン上で機能するもののうち、
ERC20という規格に準拠して発行された仮想通貨です。

最近話題になっているOmiseGoトロンバイナンスコインなどのトークンもERC20です。

 

これらのトークンはERC20で規格が統一されているので一括して管理がしやすいといった特徴があります。
この管理がしやすいという点が、ICOにおいて非常に重要となってくるのです。

ICOについて詳しく知りたい!

ERC20,トークン

ではERC20トークンのことを語るうえでは絶対に外せないICOについて詳しく見ていきましょう。

ICOという言葉自体は、このサイトを読んでいるあなたなら少なからず目にしてきたでしょうし、意味も分かっていると思います。

ここではERC20トークンICOに対して持つ役割の大きさを解説していくために改めてICOというのは何かということについて再確認させていただきますが、

ICOというのは、ブロックチェーン関連のスタートアップ企業が、事業を始めるための資金を、トークンと呼ばれる仮想通貨を発行しそれを投資家に購入してもらうことで資金を集める方法です。

これまでは株式発行をすることによって資金を集めていたところを、株式のところをそのまま仮想通貨に置き換えたものがICOという新しい資金集めの方法になるわけです。

ICOについてさらに詳しく知りたい方はこちらから!

トークンとは?

ERC20,トークン

ここでちょっとトークンについて解説を加えておきたいと思います。
なぜなら、トークン仮想通貨の定義があいまいになってしまってよく分からないという声をよく耳にするからです。

実際に、トークン仮想通貨の違いに関しての明確な定義づけの違いはなく、一般的な仮想通貨の中でもトークンと呼ばれるものは多々あります。

ですので、これから説明することがらは、明確な定義としてではなく、ニュアンスの違いとしてとらえてください。

まず仮想通貨という大枠があって、その中にビットコインだのイーサリアムだのNEMだのがあります。そしてそれら既存の仮想通貨のブロックチェーンを利用して新たに作られた仮想通貨トークンです。

例えば、イーサリアムOmiseGoも両方仮想通貨ですが、元からあるイーサリアムブロックチェーンを使ってOmiseGoというトークンと呼ぶことのできる仮想通貨が作られています。

したがって、ERC20の規格でできた仮想通貨たちは、すべてイーサリアムブロックチェーン上で機能しているので、必然的にERC20「トークン」と呼ばれるのです。

ERC20があることによるメリット

ERC20,トークン

これまではこのトークンが様々な規格で作られていたために、トークンを購入した投資家はそれぞれのトークンごとに異なるウォレットで管理せざるを得ませんでした。

なぜならトークンを送金する際に使われるプロトコルと同じプロトコルを使用しているウォレットでないと受金ができないからです。

ここでいうプロトコルというのは、異なる機能を持つプログラム同士(ここではトークンの発行元の機能ウォレット機能)がやり取りをする際に必要な共通言語のようなものです。

ですがERC20が定められてからは、たくさんのトークンERC20に準拠したERC20トークンとなり、様々なトークンを同一のウォレット(マイイーサーウォレットなど)で管理できるようになりました。

冒頭でも少し触れたように、ERC20の規格に基づいて作られたトークンはイーサリアムブロックチェーン上で動いています。
他の例をあげると、例えばmosaicNEMブロックチェーン上で動いていますね。
ちなみにビットコインブロックチェーン上で動いている仮想通貨は実はほとんどないです。

これには、イーサリアムスマートコントラクトという契約の執行を自動化させる仕組みがあるのでよりトークン開発に適しているという事情があります。
ビットコインにはこのスマートコントラクトという仕組みがなかったので、トークンの発行が盛んではなかったという話です。

ただし、最近ビットコインにもRootstockというスマートコントラクト機能をつけようという新たなプロジェクトがスタートしたようです。
今後ビットコインのブロックチェーン上で動くトークンも増えてきたら面白そうですね!

ERC20の問題点

ERC20,トークン

規格を統一することでトークンの管理を容易なものにしたERC20ですが、実はいくつか問題点があります。

ERC20の誤送信問題

そのうちの一つがERC20トークンの誤送信問題です。
実はERC20トークンには誤送信の危険があり、通常のユーザーのアドレスではなくコントラクトアドレスに送金してしまうとお金が消えてしまう危険性があります。

ユーザーのアドレスというのは、そのトークンを購入した人の送金先のアドレスのことなのですが、実はイーサリアムブロックチェーンを利用した取引では、その間に一度ユーザーではなく取引の契約自体をブロックチェーン上に書き込む必要があります。そのための契約自体のアドレスがコントラクトアドレスです。

コントラクトアドレスそのものには本来送金ができなくなっているので、間違ってユーザーのアドレスではなくコントラクトアドレスを入力してしまうと送金されたトークンが消失してしまうのです。
このことが原因となってこれまで3.2億円相当ものトークンが消失してしまったと言われています。

ERC20の上位互換、ERC223

これを解決するために作られたのが、ERC20の上位互換であるERC223という新たな規格です。

ERC223ではTokenFallBackというシステムを追加することによって誤送金をした場合でもトークンが元の場所へと送り返されるようになりました。

このような新しい規格は他にも出ていて、例えばERC271という規格は最近流行りの日本初のDAppsゲームくりぷ豚のゲーム内アイテムで用いられています。

ERC20,トークン

くりぷ豚に興味がある方はこちらの記事もどうぞ!

ERC20のバグ

誤送信問題以外にも、ERC20トークンでバグが発生するという事件も発生しました。

ただし、誤解のないように説明させていただくと、これはすべてのERC20トークンでバグがあったというわけではありません。BatchTransferというコードを活用していたトークンに限って、コスト無しでトークンを無限生成できるバグが見つかったということのようです。

にも関わらず、一部の取引所ではERC20のトークンをすべて取り扱い停止にするという極端な措置をとるところも現れてしまいました。

とはいえ、ERC20トークン全体に起きた問題というわけではないので、解決策としてはBatchTransferのようなバグが生まれるコードを使っていないERC20トークン、具体的にはSafeMathなどのような安全なコードを使っているERC20トークンを使うようにすれば大丈夫です。

ERC20トークンのススメ!

ERC20,トークン

ERC20ICOにもたらした影響についてはご理解いただけたでしょうか?
ERC20の登場により、これまで一括して同じウォレットで管理することが難しかったトークンERC20という統一された規格のもと、一元化して管理ができるようになりました。

また、誤送信バグなどの問題に関してもしっかりと対応策が明らかになっており、ERC223のような上位互換も出ているということで、仮想通貨のICOは今後も盛り上がりを見せていきそうですね!
ERC20トークンにはOmiseGoトロンバイナンスコインなどの知名度も高く信頼性の高いトークンがたくさんあるので皆さんも一度購入してみてはいかがでしょうか?

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top