ホーム仮想通貨基礎知識初心者のための仮想通貨!難解に見える用語を徹底解説
研修生

初心者のための仮想通貨!難解に見える用語を徹底解説

初心者,仮想通貨

仮想通過と聞くと敷居が高いイメージがありますが、用語をしっかり理解すると株よりも簡単で初心者でも簡単に取引が出来る事がわかります。仮想通過が分からない人は理解が出来ないのではなく未知の世界に踏み込んでいると錯覚しているからです。

仮想通貨の投資がとても最近話題なので、一度自分もどんなものだか挑戦したいと思っている人たちもとても多いです。でも、初心者の方々がなんの知識もなく、すぐにスタート出来る投資かといえば、やはり、あらかじめ仮想通貨がどのようなものか知識を蓄えておくことが必要です。

そもそも仮想通貨とは


仮想通貨投資とは、 インターネット上にある架空のお金で、 「取引所」という仮想通貨を売買するウェブサイトに、 銀行振込などで日本円を送金してビットコインと交換をします。 これだけの方法で仮想通貨は購入することができるのでとても簡単です。

いろいろな仮想通貨の種類


いま、巷ではビットコインがとても有名なので、 仮想通貨=ビットコインと思っている初心者もいますが、実際には仮想通貨には、他にいろいろな種類があります。

Ethereum / イーサリアム(ETH)

Ethereum / イーサリアム(ETH)も注目されている仮想通貨です。Ethereum / イーサリアム(ETH)は、2014年に公開されたコインです。 ビットコインが「決済システム」なのに対して、 イーサリアムは取引情報だけでなく、 スマートコントラクトと呼ばれる契約情報(プログラム)を一緒に記録します。

イーサリアムは、アプリケーションのプラットフォームになることを目的として開発された経緯があります。

Ripple / リップル(XRP)

Ripple / リップル(XRP)は、 国際送金の手数料と時間問題を解消するために開発された仮想通貨です。 ビットコインやイーサリアムと言った仮想通貨は、 特定の個人や団体に依存することのない、「非中央集権的なシステム」を採用していますが、リップル・ラボ社が運営を行っているのが、 リップルです。

リップル・ラボは、 グーグルが出資していることが話題にもなっています。 三菱東京UFJ銀行などでは、今後、銀行間の送金にリップルのネットワークを使うことも検討しているという情報なので、仮想の通貨は、実用性が疑わしいと思うものの、 リップルは結構信頼感も得ることができるでしょう。

NEM / ネム(XEM)

NEM / ネム(XEM)は、2015年に公開された仮想通貨です。 この仮想通貨は、保有や使用をするだけで報酬を受け取ることができ、ハーベスティング(収穫)と呼ばれています。

ビットコインにはマイニング(発掘)があります。ビットコインのマイニング(発掘)は、一般人はなかなか手を出しにくい問題がありますが、一定量のXEMを所持していれば、 ハーベスティングの恩恵は受けることができます。

さらにNEMにアプリケーションプラットフォームとしての一面もあり、 Zaifを運営している「テックビューロ」がCOMSA(コムサ)というプロジェクトを発表しましたが、テックビューロ社とも関わりが深くあり、連携が注目されています。

いかがでしょうか。簡単にですが、初心者の方々のため、どのような仮想通貨があるのか紹介しました。実際に、仮想通貨は、3,000以上もあり、初心者の方々は複雑で厄介と考えるのかもしれませんが、それぞれの仮想通貨について理解しなければならないということではありません。

ただし、この中から今後、抜きんでて知名度を持つ仮想通貨も出てくることも予想することができます。 今回、ここであげた仮想通貨は、現在トップランキングに入っているものばかりです。

しかし、実際に今後、これら仮想通貨が、どのような状態になって行くのかは闇の中と言っていいでしょう。これって、初心者の方々も、相当リスクが大きそうという感じがありますが、逆に言えば、だからこそ仮想通貨には魅力が一杯詰まっているともいうことができます。

ここで紹介している仮想通貨は、仮想通貨取引所であるcoincheckで購入することができます。

採掘・マイニングとは?


仮想通貨は簡単に出来る取引と言われていますが、このようなちょっと難しい用語と出会い、首を傾げてしまうこともあるでしょう。一つずつ問題は解決していきましょう。

「採掘」「採鉱」の意味は、 何かを掘り起こすことを言います。では、何かを掘り起こすことが仮想通貨とどう結びつくのでしょうか。

仮想通貨業界で使われる「採掘」は、ビットコインに代表されている仮想通貨の売買取引などを記録していく作業にコンピューターを使い貢献することで、対価とし新たに発行される仮想通貨を得ることを言います。まだ発行されていない仮想通貨を掘り起こすという意味合いで使用されています。

仮想通貨の売買取引を記録する作業に貢献するという意味がまだはっきりとは理解出来ないのではないでしょうか。ここであらためて仮想通貨は……ということからスタートする必要がありますが、無論、仮想通貨は、インターネットの中に存在している通貨のことで、紙幣や硬貨と言ったものが存在しないから、なんだか漠然とし判りづらいという方々もいるでしょう。現実社会では、仮想のものなどほとんど信用しない常識が作られていました。

実際に、仮想通貨は、インターネットの上で、商品・サービスの購入や送金などに利用することができ、仮想通貨の取引所で売り買いすることが可能です。ビットコインは、まさに仮想通貨の代表格と言っていいでしょう。

仮想通貨は、現在、1000~1500種類程度あると言われていますが、一番流通しているものがビットコインです。 既にビットコインは、非中央集権的というお話しをしていますが、もし、 非中央集権的であるのなら、そこで安易に不正がおこってしまうリスクについて考える必要があるでしょう。

もちろん、仮想通貨は多くの人たちが利用するために、「不正がおこらないようなシステム作り」を考えていかなければなりません。そこで、「採掘(マイニング)」が貢献してくれるということになります。

取引記録を採掘者・マイナーが承認する

採掘作業を行っている個人や法人たちが存在し、それらのことを、「採掘者(マイナー)」という言い方をします。世界で取引されている仮想通貨の取引が行われている記録は、「ブロックチェーン」という台帳に記録作業が行われます。「ブロックチェーン」という名前が示す通り、 取引記録がルールに従い、チェーンのように繋がり、情報が更新され続けて行きます。

そこで採掘・マイニングがどのような作業なのかといえば、 取引記録を採掘者・マイナーが承認をすることであり、チェーンの末尾に繋ぐ作業を採掘者(マイナー)が行って行きます。

なんとなく理解は出来たかもしれませんが、採掘者・マイナーが取引記録を承認する作業は、そう簡単ではなく、コンピューターの演算機能を利用したうえで、 やや難解な数学のパズルを解答していくような感じです。

難解な数学のパズルを最初に解答した採掘者・マイナーには、 「承認権」が与えられることになり、承認作業を完了させれば、仮想通貨をゲットすることができます。

誰よりも早くこのパズルを解くために

基本、1件の取引に対し、1人の採掘者・マイナーしか報酬を得ることができません。当然ここには、誰よりも早くこのパズルを解こうという競争も起きてしまうでしょう。難解なパズルを解く、かつコンピューターも必要であり、実際には報酬を得られる人たちは、高性能なコンピューターがたくさん必要になって来たりします。

当初ビットコインとの認識には、採掘・マイニングの意識まで伴っていなかったでしょう。かつ、 採掘者・マイナーの数もごくごく少数でした。ですから、家庭で使用しているパソコン程度でもある程度競争に勝てた時代もあったと言っていいでしょう。

しかし2018年あたりでは、 仮想通貨は相当な価格高騰もおこり、採掘・マイニング事業に企業が参入しているケースを見かけることになります。企業は、 多額の設備投資をして、ハイスペックのパソコンを多数導入したりし、なかなか家庭のパソコンでは競争に勝つことができない事態となって来ました。

マイニング工場

最近では、マイニング工場という意味不明の言葉も頻繁に登場するようになって来ました。マイニング工場とは、マイニングする工場のことであり、工場と言われてしまうほど、大規模で採掘を行っている企業が存在するようになったことに注目する必要があります。競争に勝つために、工場でのコンピューターは、フルに活動し続けています。

そして、コンピューターの稼働にとって大事なのは、コンピューターに対して果たすヒトの役割です。 マイニング工場は、まさにマイニングを事業化することになりますが、実際にビジネスとして成り立つものなのでしょうか。

マイニング作業は、コストも相当かかることになります。初期の投資として、マイニングに、コンピューター設置、冷却装置の設置、電源関係の設備投資などに負担をしなければならないでしょう。それにともなう 人件費・電気代もかかることになり結構想像以上の額がかかったという声を多く聞きます。

様々なコストがかかってしまうことになり、それを、仮想通貨取引の「承認」で一気に収益へと替えていかなければなりません。

実際には、マイニング事業に参加する企業もどんどん増えて来ているため、競争率が激化していると言っていいでしょう。そのために企業は更に、レベルの高いスペックを持つコンピューターを導入しなければならない事態になります。

一方で報酬として得た仮想通貨には、どんどん高騰していく期待値もありますが、暴落してしまうリスクもあります。企業は、黒字で大喜びしているかと思えば、一気に赤字に転落してしまう事態になる可能性もあります。

DMM.com株式会社やGMOインターネット株式会社、そしてSBIホールディングス株式会社など、日本からも、既にマイニング事業に参加している企業があります。様々な企業が、事業規模の拡大に向けて、 採掘・マイニング事業を表明しています。

仮想通貨という概念がはじめて誕生して、もう既に年月が流れて行きました。ビットコインが誕生して、ビットコイン以外の仮想通貨も、どんどん増え続けている事態です。マイニング事業は、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)によって規模が膨らみ続けているということができます。

ここまでの記事を読んでいただければ、現在のマイニング事業が、レッドオーシャン市場であることを理解することができます。事業参入には一定の事業規模と投資が今後も必要で、疲弊して行ってしまうのかもしれません。

仮想通貨の取引所とは何か


初心者の方々が、仮想通貨のトレードをするときには、必ず取引所に登録する必要があります。実際に取引所にも数え切れないほど数が存在してるので、初心者は、どこを利用していいか頭を抱えているかもしれません。

仮想通貨について考え、取引所についてまた検討することが厄介なので、最初に登録した取引所をずっと使い続けてしまっているという方々が多いようです。

しかし、仮想通貨を投資として向きあうのなら、最低レベルで、3つ程度取引所を使い分けるのがいいでしょう。

いろいろ取引所がありますが、一体どこを使うのが無難なのでしょうか。初心者たちの選択のポイントはなんとなくだったり、ちょっと有名そうだからと言った、それほど具体的でないものばかりです。

しかし、安易に取引所を選択してしまうから、異常に手数料を取られてしまっていたり、買いたいと思っている通貨を買うことができなかったりします。とにかく初心者にとって使いづらい取引所もるあるので注意する必要があります。

お金のやりとりをする訳ですし、セキュリティーについてもしっかり考えなければならないでしょう。

仮想通貨取引所のタイプを知る


まず、仮想通貨取引所のタイプには、大きく分類して2つあることを理解してください。それは、取引所形式で行われているものと、販売所形式で行われているものです。両方とも初心者の方々が、仮想通貨を売買することができます。

どのような点が違うのかですが、 取引所形式の場合、仮想通貨取引所は仲介役を果たし、「板」を利用し、そのなかでユーザーたちがやりとりをしています。株式の売買でも、板が登場して来ますが、それが取引所の特徴です。

板には、売りたい・買いたい注文が並んでいます。板によって、売りたい人の数、買いたい人の数を知ることができます。

仮想通貨販売所の場合は、「仮想通貨取引所」という会社から、コインを直接売買しています。 初心者の人たちがどちらを選択すればいいかということですが、仮想通貨取引所形式のパターンのほうが、割安で購入することができるからいいでしょう。

まず、ここで初心者たちが理解しなければならないのは、取引所形式のほうでは、 買値と売値の価格差(スプレッド)が小さいから、割安価格で購入することができます。

仮想通貨取引所全部同じというなら判りやすいですが、実際にはそうではなく、取引所によって、仮想通貨の価格が違います。なんでこんな面倒くさいことになってしまっているのか……と思っている人もいるでしょう。

仮想通貨取引所によって、仮想通貨の購入する価格、売る価格、そして買値と売値の価格差に対して違いがあり、この違いのことをスプレッドという言い方をします。

ここのあたりのことも理解しなければ、自分は1BTCを100万円で購入したというのに、他の人は99万円あたりで購入していたということがあります。 仮想通貨はやっぱり、できるだけ安く売って、高く売るべきです。 このスプレッドという用語も、初心者の方々は安易にスルーしてしまっているのではないでしょうか。

スプレッドとはなにか


既にお話ししたように、買値と売値の差のことをスプレッドと言います。スプレッドに価格差が生まれて来てしまうのは、スプレッドは取引手数料であり、仮想通貨取引所の利益となるものだからです。

ですから、初心者の方々が、仮想通貨を購入して、すぐにやっぱり違う仮想通貨にしようと思って売ろうとしただけでもスプレッドがあり、損をしてしまうことになります

BTC/JPYの購入価格と、BTC/JPYの売り価格には、2万円以上のスプレッドが意図的に設定されていたりします。 銀行振り込みなどすれば、概ね納得出来る程度の手数料ですが、 2万円以上というは軽視出来ない問題です。

販売所・取引所スプレッドのやりとりの注意

全部、仮想通貨のやりとりをするとき、この程度のスプレッドを取られるというのなら納得もしなければならないでしょうけど、仮想通貨販売所では取引所のほうでスプレッドを勝手に設定出来るので注意が必要です

「取引板」では、スプレッドは、400円ちょっとだったりします。この差は一体なんなのでしょうか。初心者の方々は、「取引板」で売買するのがいいと考えるのでしょうけど、それで問題はないのでしょうか。

「取引板」は、仮想通貨取引所が通貨を販売しているという訳ではなく、仮想通貨を買いたいと思っている人と、売りたいと思っている人をマッチングさせる機能を持っているだけなのでスプレッドは小さく済ますことができます。

仮想通貨販売所なら、いつもすぐに購入することができるでしょう。「取引板」を利用すれば、自分の購入したい価格で売ってくれる人が見付からないこともあり、取引が成立しないこともあります。実際に、「取引板」でも手数料は取られることになりますが、0%~0.2%あたりの少額です。

販売所でのスプレッドが、2万円以上というお話しをしていますが、それも違う日に見ればスプレッドが変わっていたりします。日によってスプレッドは違うというのが結論ですが、流動性の変化があり、 レートの急激な変化もあり、買う人と売る人の量によって変動してしまうものなのです。

仮想通貨のやりとりが盛り上がっていて、購入したい人たちも多く、売りたい人たちも多いと流動性は高くなって、そうでないと流動性が低くなります。

流動性が低いと、スプレッドは大きくなる傾向があります。なぜそうなるのかといえば、市場に元気がないと、資産家などお金を持っている人たちが一度に注文をいれ、操作することも予測することができ、そのようなことが起きないためにも、手数料を高め設定にして価格を安定させようと働きかけて来くるからです。

さらに、大きなニュースが流れた場合も、仮想通貨に突然注目度が高まったりして、取引所の注文が一度に来てしまうときに、スプレッドを大きくして、少しでも注文する人数を減らそうという配慮をして来ます。

みなさんが、スプレッドが気になるというのなら、取引板を使うというのがいいでしょう。スプレッドは、日によって違うということも考えると、複数の取引所を開設しておいて、どこが一番いいのか選択するような姿勢を持つといいでしょう。

いろいろな取引所があって、bitFlyerなら約340円、
Zaif 約195円
QUOINEX 約800円
Bit Trade 約240円
みんなのビットコインでは、約300円

あたりということです。

スプレッドが気になるのなら、取引板を使用してこのような取引所で売買するのがいいでしょう。一般的に大手と言われている取引所を数カ所開設しておくといいでしょう。大手の取引所だから、取引の量もある程度安定していて価格もそれほど大きく変化しないと考えることができます。

アービトラージという方法もある


初心者はここまで考える必要はないのかもしれませんが、仮想通貨には、アービトラージという方法もあり、 取引所の価格差を利用して利益を得ることができます。 様々な仮想通貨取引所では、購入価格が違うということを利用して、例えばAででは1,013,002円でビットコインを購入することができ、Bでは1,014,951円で売ることができます。

ここに2,000円程度の差がありますが、同時に行うことで、そのままそのお金を利益とすることができます。 1万円ほどの差があるものを見つけることができれば、大きな利益にすることができますよね。

初心者の方々も、いずれこのような取引にも注目すれば、もっと仮想通貨に対しての知識を蓄えることができるでしょう。そのためにも、取引所は、複数開設しておくといいでしょう。

ただし、ビットコインアービトラージはそれほど簡単な取引ではありませんので、初心者の方々は、まだ手出し出来るものではないかもしれません。 アービトラージは、勝率100%とか、簡単に稼げるなどといった記事も見かけるので、ちょっとその気になっている初心者たちもいるかもしれないですよね。

どのようなリスクがアービトラージに潜んでいるのかといえば、 ここでもネックになってしまうのは手数料の問題です。仮想通貨を購入して手数料がかかることは既にお話ししましたが、プラスα送金手数料についても考える必要があります。

取引+送金の手数料について考えると、 1BTCで3,000円あたりの価格差では、とんとんで儲けがないという場合もあるでしょう。そのまま1BTCで3,000円が儲かるという旨みのある話しではありません。

アービトラージは、応用編とも言えるジャンルであり、最低で1BTC分ぐらいの取引最低で1BTC分ぐらいの取引することによってやっと旨みが出てくる程度のものです。

様々な取引所で購入出来る状態と売る状態を作るための大きな資金が必要になって来ます。 アービトラージとまともに向きあうには、追加で入金して現金の調整をしたり、BTCの送金することをしないと、購入と売却、両方の維持をすることができません。 結局はどんどん入金につぎ込むことができる1,000万円以上というお金が必要になって来るでしょう。

鼻からアービトラージをあきらめている人もいるでしょうけど、これって逆に言えば、資金に余裕のある人たちは楽に稼ぐことができる方法なのかもしれません。

ただし、そうはいうものの、アービトラージという投資と向きあうためには、安く買い、高く売れる状況を待つ必要があり、相場を一日ずっと監視している必要があります。ここまで来ると比較的仮想通貨の投資は楽とも言われていますが、全然そんな感じじゃありませんよね。

つまり、アービトラージは、本気で稼ぐのには実際にはそんなに簡単なことではないのです。 1BTC分だけやって一日○○円程度の利益でいいという思いなら、それほど難易度は高くないのかもしれませんが。

本気でアービトラージで稼ごうと思っている人たちは、手動でなんかいちいち取引をしている訳ではありません。 自動で利益が必ず発生するシステムがあらかじめ開発されてあれば、そのようなプログラムを使用すれば、がっつり稼ぐことができます。

「ビットトレード24」という自動売買も、そのようなシステムなのです。値段は24万円ということなのですが、莫大な利益を儲けることができるのなら、その程度の額は安いと考えるべきでしょう。 いろいろここでもシステムが販売されているようですが、安いどこのメーカーかわからないものを購入して痛手を背負ってしまう人たちもいます。ほとんど詐欺のシステムもあるので、そのようなものに引っかからないようにしてください。

取引所を使い分けするべき理由


初心者の方々は、コインチェックCoincheckだけを利用して取引をしているケースがとても多いです。そのような人たちにアドバイスをしたいのですが、やっぱり、コインチェックCoincheck以外の取引所でも取引をスタートさせるべきでしょう。

コインチェックCoincheckの取引は、ビットコインなら理解出来るものの、アルトコインの購入は、基本するものではないという声も聞きますが、コインチェックは多くの主要コインを取り入れておりビットコイン以外にも8種類もの時価総額が高いコインの取引を可能にしています。

仮想通貨取引所は沢山ある!コインを購入するなら色々な所に目を向ける必要がある

もしも、仮想通貨取引所が一つという場合には、購入する仮想通貨は限られてしまうことになります。初心者の方々も、仮想通貨の数だけ、稼げるチャンスはあるといずれ知ることになるでしょう。仮想通貨取引をしているというのに、そのチャンスをみすみす逃しているのは、非常に残念なことです。

国内の取引所ではアルトコインは20種類程度、コインチェックで13種類程度なのですが、海外取引所に注目をすれば、200種類以上もの仮想通貨とも出会うことができます。国内取引所のコインチェック(coincheck)・Zaif(ザイフ)・ビットバンク(bitbank.cc)と言ったところでは、短期で、何十倍もの利益狙いはなかなか難易度が高いですが、 そのとき海外取引所を狙うというのがいいでしょう。

海外取引所を狙い、 国内取引所でもコツコツ同時に稼いで行くというのがおすすめの手法です。 そして、取引所を使い分けすることで、 最安値で購入することができる選択肢を見つけることができ、無駄な手数料を支払いしないという意思を持つことができます。

それは、一枚でも多く通貨を購入して儲けるためのテクニックです。 登録している仮想通貨取引所の数が多いほど安く購入することができ、高く売却出来る可能性が出てきます。

どこの取引所を使い分けするべきか


それでは、どこの取引所を使えばいいのかですが、 ビットバンク(bitbank.cc)は抑えていただきたい国内仮想通貨取引所です。 現在は取引手数料が無料になるキャンペーンもしているということなので、この機会に開設しておいたほうがいいでしょう。

Ripple / リップルが一番国内で安く購入出来るのはここです。 取引手数料が非常に安く済んで、セキュリティーも万全で初心者の方々も、安心して使用することができます。 リップルを細かくトレードして稼いでみましょう。

Zaif(ザイフ)は、仮想通貨積立投資をすることができるからおすすめです。 金やプラチナと言ったもののように積立したいなどの希望を叶えるのならZaifコイン積立がいいでしょう。銀行口座から毎月固定額を自動で引き落とし、希望の金額を積み立てすることができます。 仮想通貨は、まだまだ値動きが激しくてちょっと恐いという方々におすすめです。

ビットコインの購入手数料がマイナスで一番安いというのも、おすすめしたい理由の一つです。 ここでは、自分で買いたい値段・売りたい値段を決めて取引することができます。

BINANCE(バイナンス)は、 アルトコインの取り扱いが80種類もあり、 日本語対応はないのですが、日本人も多く利用している取引所です。海外取引所の中でも取引手数料が安いのもおすすめしたい理由です。初心者の方々も、積極的に向きあうことができるのではないでしょうか。

日本人利用者が特に多い傾向があり、 通貨の値上り幅が大きくなる傾向があり、比較的利益をあげやすい特徴があります。

いかがでしょうか。初心者の方々は、固定観念に縛られて、あの仮想通貨と、取引所でやりとりするものという決まり事を作ってしまっていることがあります。もっとフレキシブルに向きあうことが、仮想通貨取引で勝つ必勝法なのです。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top