ホーム仮想通貨基礎知識【超初心者向け】誰でも理解がしやすい仮想通貨の始め方
研修生

【超初心者向け】誰でも理解がしやすい仮想通貨の始め方

仮想通貨,購入

最近話題の仮想通貨、インターネットでのやり取りやFXを目的に、購入を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、仮想通貨ってどのように購入すればいいの?という方のために、仮想通貨の購入方法についてまとめてみました。

仮想通貨とは

仮想通貨,購入
仮想通貨とは、主にインターネット上でやり取りされる実体を持たない通貨のことで、その特質上、インターネットによる手続きで購入することができます。

また、仮想通貨が実際の通貨と異なる点として、直接やりとりのできない相手とも、銀行というシステムを介さずにやり取りできる点があげられます。

そのため、同じ種類の仮想通貨を使っている方であれば、銀行に対する手数料なしにやり取りができる、ということです。

また、仮想通貨は一般通貨に比べて価値の変動が激しいことから、利益目的の投資などに使われることも多いようです。

仮想通貨を購入するには

仮想通貨は、仮想通貨の取引所で購入することができます。ここでは実際に、筆者が「GMOコイン」という取引所で仮想通貨を購入する手続きを取ってみようと思います。

まずはじめに、取引所のサイトにアクセスします。取引所は複数あるので、その中で自分に合った利点を持った取引所を利用するとよいでしょう。

今回はGMOコインで口座を作ってみます。取引所のサイトを開くと、口座の開設をするように促されます。複数の取引所サイトを訪れてみましたが、訪れた取引所ではどの取引所でも口座開設は無料で行うことができました。

多くの取引所で、メールアドレスを登録することで口座開設ができます。GMOコインでは、Googleアカウントや、Facebookアカウントなどでも口座開設することができるようです。
登録したメールアドレスに、GMOコインの方から登録用メールが送られてきたので、そのメールに従って登録を行います。

パスワードを設定し、携帯電話または固定電話との電話番号の登録を行うと、筆者の登録するGMOコインの会員登録ができました。

次に、いよいよ口座を開設します。そこでは、名前や住所、口座を持つ理由、職業などを登録し、規約を読んで同意し、本人確認を行います。運転免許証など本人確認できるものを写真にとって送信すると、本人確認をすることができます。

GMOコインでは、本人確認に時間がかかっている模様で、筆者が本人確認用の写真を送信してから、2日後に書類を自宅に送った旨のメールが来ました。現在は、書類が自宅に届くのを待っている状況です。

仮想通貨の取引所の選び方

仮想通貨を始めるにあたって、一番初めにぶつかる課題が「どの取引所で取引を行うか」だと思います。筆者自身、仮想通貨を購入したり、取引したりすることは初めてなので、どの取引所にするか悩みました。

その際、取引所を決める判断基準にしたのが、「初心者でも使いやすいか」「口座開設の特典」の二つです。「初心者でも使いやすい」という点については、GMOコインは、チャットやメールの問い合わせを受け付けてくれるので、身近に仮想通貨について詳しい人がいない筆者にはありがたい特典です。

さらに、筆者はパソコンよりスマホをよくチェックすることから、スマホアプリも展開されているGMOコインに惹かれました。さらに、東証一部上場の「GMOインターネット」グループなので、セキュリティも信頼出来そうです。

「口座開設の特典」については、GMOコインで口座を開設すると20,000Satoshiがプレゼントされるということで、仮想通貨を筆者のような初めて手にする方には嬉しい特典です。筆者は仮想通貨を手に入れたのち、仮想通貨FXに取り組むつもりですので、自分の手出しなしに仮想通貨が少しでも手に入るのはラッキーだとおもい、GMOコインに登録することにしました。

Satoshiとは

仮想通貨,購入
ここで、先ほど述べた20,000Satoshiについて、「Satoshiってなんだろう」と思った方もいらっしゃるとおもいます。簡潔に言うとSatoshiとはビットコインの単位の一つです。ここで、ビットコインの単位について説明します。

まず、ビットコインについて、ビットコインは仮想通貨の有名な1つです。耳にしたことがあるかたも多いと思います。そのビットコインの、基本単位がBTC(読み:ビットコイン)です。

現在1BTCが筆者が記事を書いている現時点で93万円ほどで取引されています。ここで生じる問題が、基本単位BTCの額があまりに大きすぎるために、少額取引において使いづらいという問題です。この問題に対応するため、BTCより小さい単位を用いています。

BTCの次に小さい単位はmBTC(読み:ミリ・ビットコイン)です。1mBTC=0.001BTCと定義されています。次に小さく、なおかつ最も小さい単位が、先ほど述べたSatoshi(読み:サトシ)です。1Satoshi=0.00000001BTCと定義されています。

つまり、筆者がGMOコインに登録することで手に入った20.000Satoshiは現在日本円に直すと、184円ということになります。

どうしてSatoshi?

ところで、ビットコインで用いられる最小単位が、Satoshiであることに疑問を感じた方もいると思います。Satoshiというのは、ビットコインの理論を考えた「サトシ・ナカモト」という方の名前からとったといわれています。

日本人の名前のように聞こえますが、実際に日本人であるかなどの詳しい情報もなく、その業界では無名の研究者として論文を発表したそうです。実際には、サトシ・ナカモトという名前が本名であるか、また個人または団体なのかなど、詳しいことは全く分かっていないそうです。

GMOコイン 口座開設の間に

仮想通貨,購入
筆者は、GMOコインの口座を開設するのに思っているより時間がかかってしまっているので、その間に入手したビットコインについて勉強しておくことにしました。

まず、GMOコインで取り扱っている仮想通貨についてですが、GMOコインではビットコインを含め5種の仮想通貨を取り扱っています。

ビットコイン以外の仮想通貨のことを、「アルトコイン」といい、仮想通貨の中でも、価値の変動が小さいビットコインと価値の変動が大きいアルトコインという風に分けられるようです。

ビットコインは、2009年に先ほど述べたサトシ・ナカモトによりビットコインの基となる仕組みが掲載された論文が発表され、インターネットユーザーにより開発が始まりました。

その名前が広まったのは、ビットコインなど仮想通貨を取り扱う「マウントゴックス」という会社が、仮想通貨数百億円分を消失し、経営破綻した事件によってです。このことで、仮想通貨ユーザーの仮想通貨に対する不安が大きくなったと同時に、仮想通貨について知識のなかった人たちにとっても、事件がメディアに大きく取り上げられたことで、仮想通貨について知るきっかけとなりました。

この事件で仮想通貨に対する危険性が大きく報じられたものの、大手事業者の参入などもあり、今でも人気上昇を続けています。

ビットコインなど仮想通貨は、インターネットでやり取りされるため、名前などを偽装して詐称に用いたり、盗難の対象にされたりなど、犯罪に利用されてしまいやすいという特徴があります。そのため、中国・インドネシアなどではビットコインの使用が政府によって禁止されています。

日本では現時点では特別に国からの介入はありません。ただし、国からの介入がない以上、自己責任で仮想通貨の運用を行わなければいけません。

また、その管理を自分自身では完璧に行うことはできず、開設する口座を選んだり、二段階認証を行ったりするなどのことしかできません。そのため、初めての仮想通貨を購入する際には、有名企業が運営しているなど、自分自身で信用できるところで口座を開設することが必要です。

今後の展開

筆者の今後の展開としては、GMOコインの口座の開設手続きを完了させ、実際に仮想通貨を購入する予定です。仮想通貨購入後は、実際に取引を行うつもりですが、経験がないため、しばらく保持しておくかどうかは検討中です。

その間に仮想通貨のやりとりについてや、他の仮想通貨の将来性についても勉強していく予定です。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

たのしいAVACUS応援イベント♡

ランキングに参加してね♡

 

 

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total
Page Top