ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨の銘柄は何を基準に選べばいいの?徹底比較!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.07.16 最終更新
研修生

仮想通貨の銘柄は何を基準に選べばいいの?徹底比較!

仮想通貨を購入する際に何を考えて銘柄を選べば良いのでしょう。ビットコイン、アルトコイン、草コインの分類と銘柄の紹介をした上で、どのような考え方で購入する銘柄を選ぶべきか考察します。仮想通貨の各銘柄にはネット上の技術革新など理念があるのです。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨を始めてみたいけど知っているのはビットコインだけ。他にどんな仮想通貨の銘柄があるのか、仮想通貨が銘柄によってどんな違いがあるのかもよくわからないという方は多いでしょう。今回は仮想通貨の大まかな種類と銘柄、それぞれの特徴と何を基準に選べばいいのかを調査しました。

仮想通貨には大きくわけて3種類ある


仮想通貨は主にその信用性からビットコインアルトコイン草コインの3種類に分類されています。信用が高ければ高いほど仮想通貨の価値は上がります。

暫定王者のビットコイン

ビットコインは仮想通貨のですが、分類上も独立しています。世界で最初の仮想通貨であり、基軸通貨として価値が高いです。基軸通貨とは何かというと、仮想通貨の世界が成り立つ基準になっている通貨ということです。例えば、ビットコインは日本円でもドルでもユーロでも購入できますが、ビットコイン以外の仮想通貨はビットコインでしか購入できません。

現在為替市場はドルを中心に成り立っていますが、ビットコインを仮想通貨市場のドルだと考えると早いかもしれません。

ビットコインがなぜそんなに信用があるのかというと、単純に一番古くから使われているためユーザーが多いこと、技術的な信頼度が高いからということが挙げられるでしょう。技術的なことに関しては細かくあるのですが、とりあえず今回は「世界一メジャーな仮想通貨はビットコイン」と覚えておいてください。

てっぺんを目指すアルトコイン銘柄

アルトコインの定義はざっくりいうと「ビットコイン以外の銘柄の仮想通貨」ということになります。銘柄でいうとイーサリアムもネムもモナーコインもみんなアルトコインです。

アルトコインとはAlternative coinの略で、代わりになるコインつまり「ビットコインの代わりになるコイン」という意味があります。なぜビットコインの代わりになる仮想通貨の銘柄が誕生しなければいけなかったかのでしょうか。

まず一つ目はビットコインの発行量が年々減ってきているからというのがあります。ビットコインはマイニング(採掘)によって新しく発行されますが、発行上限に年々近づいているため、先々手に入りにくくなることが予見され、ビットコインの代わりに手に入れやすい仮想通貨を作ろうという趣旨で生まれたのです。

2つ目は投資目的です。ビットコインは初期の頃1BTC=10,000円でしたが、2018年現在では1BTC=700,000円程度です。過去には1BTC=2,000,000円まで上がったこともあり、仮想通貨が新しい投資の対象として優れていることから「次なるビットコインを」ということで次々と新しい銘柄のアルトコインが発行され続けているのです。

3つ目はビットコインや既存のアルトコインの改良です。例えばビットコインの欠点としてよく言われるのが取引スピードの遅さです。送金をして完了するまで10分以降かかるのは普通です。こうなるといわゆる普段の買い物では使えません。そう言った様々な欠点を克服したり、新たな機能を加えて便利な仮想通貨を作ることで、アルトコインの銘柄が新しく生まれ続けています。

夢を追いかける草コイン銘柄

草コインはざっくりいうと「市場価値がほぼない仮想通貨銘柄」ということになります。サッカー選手で例えると、ビットコインはヨーロッパリーグでプレイする日本人選手、アルトコインはJリーグでプレイする日本人選手、草コインはサッカー部に所属する高校生ということになるかもしれません。しかし、高校卒業してJリーガーになり、海外移籍するサッカー選手もいますので草コインもそうバカにしたものではないという現状になっています。

そもそも草コインはネットスラングの「www(草生えた)」が語源です。つまり半分バカにしているわけです。海外だと呼び方が違っていてshit coin(クソコイン)と言われています。

ではなぜバカにされたりクソだったりするのかというと、本来の価値としてはこども銀行のお札や肩たたき券と大差ないからです。なんの信用の裏付けもなく「これはお金です、すごく価値があります(多分)」と言っている草コイン銘柄はやはり生まれては消えていくわけです。

しかし、価値を見出され、下克上を実現している草コインも多数あります。というか、アルトコインはもともと全て草コインでした。

ではなぜ価値を見出されるかというと、草コイン銘柄の持っている技術自体に価値があったり、草コインを発行している企業や団体が事業として目指していくビジョンに魅力があったりするからです。

また、事業の資金を集める目的で草コインが発行される場合もあるので、応援目的で草コインを購入する人々もいるのです。もちろん、事業は頓挫する場合も多いわけですが、事業やサービスが大きく躍進つまり価値が高まった場合、それの資金となっている草コイン自体の価値が高騰することになります。

草コインは各銘柄の成り立ちと将来性に期待して購入するのであれば、とてもロマンのある仮想通貨なのです。

ただし、単に金を集めることだけを目的とした草コインも多数あります。これを詐欺コインということもあります。この場合は、購入すると当然損をすることになるわけです。草コインの発行目的や母体の団体、どういう人間がやっているのかがよくわからない草コイン銘柄は購入しないほうがいいでしょう。

仮想通貨銘柄の選び方


では実際に仮想通貨の銘柄を選ぶ際には何を考えたらいいのでしょうか。前述の分類を見る限り手堅いのはビットコイン>アルトコイン>草コインという順番になりそうですが、本当にそうなのでしょうか。

最初はビットコインから購入するしかない?

初めて仮想通貨を購入する方はビットコインを購入しましょう。というより、日本円で購入できる仮想通貨銘柄はビットコインだけです。他の仮想通貨銘柄はビットコインを使わないと購入できません。

というのは建前です。実際には日本国内の仮想通貨取引所では日本円でビットコイン以外の仮想通貨銘柄を購入することができます。どういうことかというと取引所があなたの代わりに、あなたが希望した銘柄をビットコインで購入してくれているのです。ですので、初めて購入した仮想通貨銘柄は、Zaifで購入したモナーコイン1万円分だったという方もいるかもしれません。

とはいえ、やはり最初のうちにビットコインをある程度購入してビットコインに慣れておいたほうがいいです。というのも、仮想通貨銘柄の価格変動の動き(チャート)はビットコインを基準に描かれているため、ビットコインがどのような動きをしているのかを知っておくことで他の銘柄の動きも読みやすくなります。

例えばあなたの保有しているある仮想通貨銘柄が日本円で高騰したとして、よく見たらビットコインも似たような動きをしていた場合、単にビットコインの動きに合わせてあなたの保有している銘柄が動いただけということになります。もちろん何であれ自分が保有している仮想通貨銘柄の価値が高まるのは嬉しいですが、ビットコインの動きをわかっていないと大きな勘違いをする可能性もあります。

そして、ビットコインを取り扱っていない仮想通貨取引所というのはまず存在しません。ですので、ビットコインの購入が最もハードルが低いですし優先すべきでしょう。


取引所で取り扱っているか

アルトコイン、草コインの銘柄は2,000近くあります。国の通貨の種類よりすでに多いのです。ところが、国内の仮想通貨取引所の取扱銘柄をみるとそんなにありません。ぱっと見でせいぜい20程度ではないでしょうか。これは、金融庁が定めたホワイトリストという安全な仮想通貨銘柄一覧があり、これに載っていない仮想通貨銘柄を扱っている取引所は日本国内での認可が降りづらいのが理由です。認可が取れなくてもみなし業者として営業をしている取引所はありますが、当然経営の見通しが不安定なのであまりお勧めできません。

ですので、国内の取引所で日本円を使って購入するなら、自然と金融庁のホワイトリストに掲載されている仮想通貨銘柄に絞られるわけです。

ホワイトリストに入っている仮想通貨銘柄

それでは2018年7月現在、日本円で購入できる仮想通貨銘柄を紹介していきましょう。ホワイトリストに入っている銘柄です。

ABC順に紹介します。
※紹介する銘柄の中にはトークンも入っていますが、今回あえてトークンに関する説明は割愛します。

Bitcoin(ビットコイン)

ビットコインだけを扱っている取引所も存在します。まずはここから…という基本の銘柄です。

Bitcoincash(ビットコインキャッシュ)

2017年8月に生まれたばかりの仮想通貨銘柄です。送金が非常に早くできること、ビットコインを考案した研究者が最初に思い描いていた仮想通貨の形に近いことから多くの支持を集めています。

Bitcrystals(ビットクリスタル)

ビットクリスタルは2015年に発行されたオンラインゲームと連動した仮想通貨銘柄です。ざっくり言うと「Spells of genesis」というオンライントレーディングカードゲーム内で、カードを売却すればビットクリスタルが手に入り、現金化ができるのです。

Caicacoin(カイカコイン)

カイカコインは発行する株式会社カイカや親会社のフィスコ、ネクスグループの商品やサービスと交換できるという機能を持っています。

Comsa(コムサ)

コムサは、ICOの新たなプラットフォームになることを目指しているプロジェクトの名称です。その資金を集めるための仮想通貨でもあります。ICOというのはものすごくざっくりいうと仮想通貨でプロジェクトや事業、研究への出資を募ることです。コムサはICO用に、「これまでより場代が超安い場所」を開発すると言っているのです。

Counterparty(カウンターパーティー)

新しい仮想通貨銘柄の発行に流用しやすいシステムの開発をしたということで注目されています。またCounterpartyが発行されるシステムはProof of burnといって、これまでのマイニングと異なる新しい概念の方法です。

Ethereum(イーサリアム)

現状ビットコインに次ぐ価値の仮想通貨銘柄と言われています。特徴はスマートコントラクト。仮想通貨に契約情報を盛り込み、設定した条件に合致すれば、自動で契約内容を実行してくれるという優れた機能を持っています。どういうことかというと、例えば私が10ETHを購入したうちの、5ETHを明日の午前7時にAさんに送金するという契約が入っていれば、わざわざ早起きしてパソコンをいじらなくても勝手に実行されるというわけです。
※あくまでわかりやすく説明するための例です

Ethereumclassic(イーサリアムクラシック)

前述のイーサリアムと元々は同じ仮想通貨でしたが、DAO事件が発生しイーサリアムの価値の暴落を防ぐために2つに分かれました。元々は同じとは今では別物ですし、セキュリティや開発も独自に進んでいます。

Fiscocoin(フィスココイン)

フィスココインは発行する株式会社フィスコや、ネクスグループ、カイカの商品やサービスと交換できるという機能を持っています。

Lisk(リスク)

今最も注目されている仮想通貨銘柄の一つです。リスクに用いられているシステムは革新的で、開発にはマイクロソフト社が19億円分のビットコインを出資するほどです。こう言った知名度のある大企業がバックアップすることで、仮想通貨の価値は高まって行きます。

Litecoin(ライトコイン)

ライトコインはその送金方法が注目されています。完全分散型と言われる「個人対個人」の取引が実現されており、仲介者による手数料の徴収が行われない仕組みです。このシステムはもともとビットコインが目指していたものです。

Monacoin(モナーコイン)

2chのアスキーアートであるモナーをモチーフにしているという点で、仮想通貨に馴染みのない方でも耳に覚えがあるかもしれません。特徴としては意外に高性能で決済が早い、日本のオタク文化との親和性が高くファンが多いということです。ネタとしてでも応援する人がむやみに多いというのは大きな強みです。

NCXC(ネクスコイン)

ネクスコインは発行する株式会社ネクスや、フィスコ、カイカの商品やサービスと交換できるという機能を持っています。

Nem(ネム)

イーサリアムやビットコインなど市場の主要な仮想通貨銘柄のいいとこ取りをしており、人気があります。実生活での汎用生も上がってきており注目の仮想通貨です。2018年1月のコインチェック事件で流出したことで有名になりました。

Pepecash(ぺぺキャッシュ)

ぺぺキャッシュは海外版、モナーコインとも言われています。海外版の2chである4chから生まれたネタ仮想通貨です。ぺぺキャッシュはデザインをユーザーがすることができ、人気の出たデザインのぺぺキャッシュは高値がつくこともあります。仮想通貨自体がトレーディングカードのコレクションに近いわけです。

Qash(キャッシュ)

キャッシュは新しい金融システムの構築に野心があり、立ち上げ時にはICOで124億円もの資金調達に成功しています。

Ripple(リップル)

とにかく送金が早いのが特徴の仮想通貨銘柄です。ビットコインで15分かかるところがリップルだと5秒。保持している技術が大きな自慢であり、今後世界のインターネット上の送金システムを大きく変える可能性があるプロジェクトに参加しています。

StorjcoinX(ストレージコインエックス)

廃止の方向で進んでおり、あまり考えなくてもいい銘柄です。後継のSTORJはまだ準備段階です。

Zaif(ザイフ)

Zaifは仮想通貨取引所のZaifが発行した仮想通貨であり、取引所のZaif自体が国内で最も注目されている仮想通貨取引所の一つであることから支持をあつめている銘柄です。イベントなどでも認知度アップにも積極的です。運営会社の勢いが反映されている仮想通貨銘柄と言えます。

Zen(ゼン)

Zenは一風変わっていて、投資目的で運用する仮想通貨銘柄とは一線を画しています。1円=1ZENをキープすることが目的であり、投資ではなく実社会での利用に適した仮想通貨という側面を持っています。ですので、投資目的で持っていてもほとんど意味はないでしょう。逆に一瞬高騰してもすぐに1円に戻るので買うタイミングには注意が必要です。

注目すべきは社会に支持される趣旨かどうか

かなりざっくり駆け足で説明しましたが、現在特に強いと言われている銘柄「仮想通貨に使われる技術が社会の役に立つことを期待されている」「元ネタがカルト的な人気がある」「運営会社が勢いがある」「仮想通貨自体の利便性が高い」のいずれかもしくは全てが含まれています。

例えばビットコインはそもそも銀行や国家などの中央集権的な金融システムからの脱却を目指して開発されました。いまではライトコインがその理想を引き継ぐ形で活動していますし、モナーコインはネラーから愛されている通貨です。イーサリアムは資金調達の巨大なプラットフォームとして、研究や事業に役立っています。

こう言った普遍性のある価値を提供できるかどうかも過疎通貨の銘柄を選ぶ上でポイントになるでしょう。投資のプロであれば、仮想通貨市場の動静を見て短期的な売り買いを行うのでしょうが、そうでもなければ長期的に保有する方が多いはずです。長期で保有するのであれば仮想通貨の価値を上昇させるのは、発行している団体が目指す未来ということになります。例えばリップルを購入するということは「リップルが唱える未来に投資しよう」という風に言い換えることもできるのです。

草コインどこ行った?


ここまで草コインの登場がないのでがっかりしている方もいるかもしれません。草コイン銘柄が登場しなかった理由は「日本の仮想通貨取引所では扱っていないから」ということになります。

海外の仮想通貨取引所を利用することで金融庁のホワイトリストに乗っていないような草コインを購入することはできます。国産の草コイン銘柄でもホワイトリストに乗っていないものは国内の仮想通貨取引所で購入することはできません。

やり方は
①日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入する
②購入したビットコインを海外の取引所に送金
③海外の取引所で好きな銘柄を購入する

という方法になります。ビットコインの送金には時間がかかる場合がありますのでご注意下さい。

いま注目されている国産の草コインには以下のような銘柄があります。

NANJコイン

なんJ民という言葉を聞いたことある方もいるかと思いますが、いわゆる5chネラー発祥です。ネタコインと思われがちですが、以外にしっかりしたビジョンを持っておりスポーツ選手やチームへの支援を大きな目的としています。価格も安定しており、投資目的としても期待できる草コイン銘柄です。

ALIS(アリス

良質な記事を集めたソーシャルメディアを開発することが運営会社の目的です。記事の執筆者と、評価した閲覧者にALISを配布しています。いわゆるクリエイター支援のための草コイン銘柄という色合いがあります。それなりに注目されており、まだまだ投資先としての伸び代があるとも期待されています。

RINGO(リンゴ

なんと実物のリンゴと交換できる仮想通貨という目的で開発された草コインです。実際にはもちろんりんごにしか使えない用途ではありません。ネット上のオークションや投げ銭のサービスに親和性が高い仮想通貨銘柄を目指しています。開発が一時期停滞しましたが再開されたようです。

銘柄はしっかり考えて選びましょう


いかがでしたか。本日は仮想通貨の選び方と銘柄についてご紹介しました。今仮想通貨を購入される方は投資目的で購入される方がほとんどでしょう。「儲かればなんだっていいや」という方も多いと思います。しかし、実は仮想通貨市場はプロの投資家があまり手を出したがりません。理由はまだ始まったばかりの市場でリスクが大きいからです。そして、現在日本の仮想通貨市場を支えているのは素人だと言われています。これは市場が読めない原因にもなっており、儲かりそうだからという理由で安易に購入するのは危険です。

とはいえ、まだまだこれから仮想通貨の価値は高騰していくとみられており、今購入しておけば儲かる可能性が高いというのもある程度は事実でしょう。納得の行くビジョンを持って開発された仮想通貨銘柄を選んで、ロマンのある投資を行ってください

最終更新日:2018年07月16日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事