ホームICO仮想通過のトークンとは?仮想通貨との違いも分かりやすく解説 !
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.07.16 最終更新
研修生

仮想通過のトークンとは?仮想通貨との違いも分かりやすく解説 !

仮想通貨でよく聞くトークンってなんでしょう。トークンを購入するためにはICOに参加するという方法と仮想通貨取引所で購入するという方法があります。危ないトークンの見分け方、ビットコインやイーサリアムとの技術的な違いやおすすめの銘柄についても紹介していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨中にはトークンと言われるものがあります。トークンと言われる仮想通貨と、例えばビットコインとは何が違うのかよくわからないという方は多いのではないでしょうか。トークンを定義すなのすればICOで資金を集めるために発行される仮想通貨ということになります。

ICOとは何か


ICOとは研究や開発、新規事業、プロジェクトなどのために出資を募る方法ことです。「クラウドファウンディングと同じじゃん」と思われる方は多いでしょう。

確かに似ているのですが、大きな違いは「出資はプロジェクトで発行された仮想通貨を購入することによって行われる」という点です。

例えばタイムマシンを作るための出資を募ろうというプロジェクトがあったとします。このプロジェクトを仮に「A計画」と名付けます。

もしA計画でICOを用いて資金を集めるとするならばA計画は仮想通貨を発行する必要があります。この仮想通貨がトークンです。ここで発行されたトークンをAコインと名付けます。Aコインを購入するには、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の世界で主要な銘柄を用意する必要があります。

ICOの段階ではドルや円を使ってトークンを購入することはできません。ですのでA計画に投資家として参加したいと思った方は、A計画のホームページなどに行きビットコインなどで投資額を送金すると、それに見合ったAコインがもらえる仕組みです。

ICOを通じてトークンを購入するメリット

ICOでトークンを購入することになんのメリットがあるのかというと、そのプロジェクトが成功したり、事業として大きくなったときにトークンの価値も跳ね上がる可能性があります。ですので、A計画の場合だとタイムマシンの製造に成功すればトークンの価値は上がるでしょうし、時間旅行がビジネスとして可能になればさらに価値は跳ね上がるでしょう。

「それって随分先の話だなあ、もっと目先のメリットはないの?」と思われる方もおいでしょう。ですので、トークン自体に購入者に対する特典がついている場合が非常に多いです。例えばA計画の場合で考えられるのは、一般公開していない研究の進捗レポートを閲覧できる権利とか、研究所ツアーに参加できる権利とかが考えられます。

クリエイター支援のためのトークンもあり、その場合の例としてはトークンを持っていれば作者の作品を40%引きで購入できるとか割引券やポイントカードのような使い方ができます。

「いや、そうじゃなくて、せっかく仮想通貨買ったんだからどうやって儲かるかを知りたい」という方…。

基本的にICOでトークンを買うということの意味を誤解しています。ICOの時点でトークンを購入するというのはプロジェクト自体の出資者になるということなので、金融商品を購入するという意味合いとは少し異なるのです。

「ということは金融商品としての価値がないってこと?」仰るとおり、この段階ではまだ未知数です。それどころか価値ゼロの紙くずならぬ電子ゴミになる可能性もあります。

トークンは必ずしも仮想通貨取引所に上場されるわけではない

ICOで購入したトークンはそのままでは現金に換金はできませんし、日々の買い物に使うこともできません。

トークンをビットコインやイーサリアムと同じように金融商品として扱うためには、トークン銘柄を仮想通貨取引所に上場させる必要があります。ちなみに仮想通貨の銘柄は全世界で現在2,000近くあると言われています。

しかし、日本の仮想通貨取引所を見ると、扱っている銘柄が最も多いZaifでも15程度。日本の仮想通貨取引所は、金融庁が定めたホワイトリストというリストに掲載されている仮想通貨鹿基本的には扱っていません。残りの仮想通貨、トークンはどこに行ってしまったのでしょうか。

ICO後のトークンはどこに向かうのか


さて、ICOでトークンを販売することによってプロジェクトの資金調達が完了した後には、当然そのプロジェクトを成功させるべく頑張ってもらうことになるわけです。

それと同時に仮想通貨を金融商品として販売することで、さらなる資金を集めることができます。ですので、トークンを仮想通貨取引所に上場させるというのが通常の流れです。

仮想通貨取引所に上場したトークンを購入する

さて、ようやくトークンが金融商品として儲かるのか知りたかった方に関連するパートに入ります。先ほど、「ホワイトペーパーの関係で日本国内の取引所では20の仮想通貨しか扱えない」というお話をしましたが、海外の取引所でなら購入することのできる仮想通貨、トークンはたくさんあります。

例えばバイナンスは300以上もの仮想通貨銘柄を扱っていますし、Huobiも200種類以上。これだけあれば選ぶのには困りません。基本的に仮想通貨取引所は商売なので、儲からなそうな仮想通貨や事故を起こしそうな怪しい仮想通貨はあまり上場させたがりません。ですのでICOの段階で完売しなかったトークンはどこの国の取引所であっても上場できる可能性は非常に低いです。

ここでおさらいですが、ICOは仮想通貨を使って資金を調達するための手段です。例えばあるプロジェクトに100ビットコインが必要とします。これを集めるために1トークン/1ビットコインとしてトークンを販売した場合は、トークンは100枚売れないといけないわけです。

これが10枚売れ残った場合は未達成ということでプロジェクトの人気、信頼度は低いものとなり、当然トークンの価値も低く見積もられる場合が多いです。

実際にはこれほど単純ではないのですが、ざっくりいうとこういう理屈のため売れ残りがあったトークンを取引所は扱いたがりません。ただ、例外もありALISなどは売れ残ったトークンをバーン(燃やす)することによって、逆にトークン1枚あたりの価値が上がるようにしました。

とにかく、ICOの段階で売り切れることが信頼できる実績となり取引所に上場できる条件の一つであります。ですので、仮想通貨取引所に並んでいるトークン銘柄は、その時点でちょっとだけ安心とは言えます。儲かるかどうかは不明です。

しかし、バイナンス300銘柄に対して日本のZaifが15銘柄ということは、たとえICOの段階で売り切れても怪しいトークンだらけだと金融庁が見ていることに他なりません。日本以外だと中国政府は現在仮想通貨の取引を完全に禁止していますが、取引がまだOKだった頃「ICOの90%は詐欺」と声明を出しています。

ですので海外の取引所に並んでいるマイナー仮想通貨銘柄を「超安いから今のうちに買っておけば、流石にこれよりは価格上がるはず」と狙うのは間違ってはいませんが、安全ではありません。下手をしたらその仮想通貨銘柄自体がなくなっている可能性があります。マイナーな仮想通貨、トークンを大量に購入するのはリスクが高い投資方法です。

バイナンスやHuobiについて知りたい方は以下の記事をどうぞ!

何故ICO案件が90%も詐欺だと言い切れたのか?

元々ICOは株式と似ており資金の調達手段として使われています。
仮想通貨を5年前から見守り同時に色々なICOにも投資をしてきました。

その中でもICOに投資して思った事が4つあります。

  • 80%は詐欺に近い案件だという事
  • 5%は資金調達を実現できても仮想通貨の取引開始には至らず、プロジェクトが開始されない
  • プロジェクトが開始されても実際に成功しているのは6%も満たない
  • 値段の価格が上下する仮想通貨は投資している間に価格が暴落してプロジェクト自体が機能せず運営側が逃げる

勿論、最初から詐欺や資金を持ち逃げしようと考えている人は少ないと思いますが、実際にICOの全体を見てみると
ICOの中身が蓋を開けると夢物語で実現する範囲内にない。

未来を見据えたビジョンがなくてICOの案件をたてているというのが多く目立っています。

株で例えるなら上場していない企業にお金を預けると同様と考えるとわかりやすいです。
「6時間後に潰れるかもしれない」「数日後会社がなくなるかもしれない」と同様という事です。

冷静に考えたらそんな所に数百万も投資するというのは危険です。

 

仮想通貨取引所に上場しなかったトークンは?

さて、それではICOでトークンを購入したけど、上場しなかったら完全にそのトークンは無駄になってしまうのでしょうか?

結論から言うとその場合もあります。しかし、前述したようにICOの段階でトークンを購入すると言うのは、プロジェクトに出資すると言う意味合いが強いため「トークンが無駄になった、ふざけんな」と言うよりは「見込んで出資していたプロジェクトが失敗したね。悲しい」というのが近いでしょう。

上場できなかったトークンでも、トークン自体に特典がついている場合が多いと言うのも述べました。ですので、そのプロジェクトや運営母体が持続している限りはトークン保持者はなんらかの恩恵は受けられることが多いです。これは資産になるかどうかとは別の部分の価値ということになります。

中にはトークンであるにも関わらず「特典一切なし」という超強気なものも存在するようです。仮想通貨取引所への上場はほぼ確実、事業の将来性に非常に自信があるという場合でないと、こういったトークンの販売はできませんし、購入にメリットを感じられないでしょう。

さて、中国政府によるとICOの90%は詐欺であると言われていますので、ICOで資金を集めるだけトンズラする人間がほとんどということです。上場できなかったトークンのほとんどはこのパターンで、出資者は泣き寝入りするしかないというのが実情です。

ICOで詐欺にあわないために


さて、それではICO詐欺に引っかかって妙なトークンを購入しないためにはどうしたら良いのでしょう。一番確実なのはICOに参加しないということですが、それを言っては元も子もありませんから、心がけるべき点をご説明します。

広告を打ちすぎているICOは怪しい

一般人が投資に手を出すというのは、少なくともここ日本ではごく最近まで一般的ではありませんでした。文化的にもコツコツ真面目に働いて慎ましく生活をすることが良しとされていたわけです。

日本的社会文化が崩壊し、ここ20年で一般のサラリーマン投資家、素人投資家もかなり増えました。株式やFXのチャートを眺めてこの銘柄がこれから上がるに違いない、今朝流れたニュースによって上がった下がったと一喜一憂しているわけです。

金融商品を安く買って高く売るという意味での投資をするならそれでもいいのかもしれません。しかし、ICOはこれから始まるプロジェクトに出資をするという趣旨のものなのでそもそもの性質が全く異なります。

一つ考えなくてはいけないのは、数百万円程度のクラウドファウンディングならまだしも、数千万、数億円といったプロジェクトの出資をプロではなく素人に頼るかということです。

そのような大規模のプロジェクトであれば大企業や小口の投資家を説得してトークンへの巨額の投資を数件ゲットした方が話が早いはずなのです。投資家へのリターンの提案もしやすくなります。

これを「個人の小額投資家がとにかくたくさん集まること」に頼るというのは不確実ですし、ビジネスで有効なチャネルを増やすということを考えると資源が分散化されるためメリットも少ないのでは?と思い当たります。

ですので、ネット広告やDM、 SNS上でのトークン購入のキャンペーン告知に異様に精を出しているICOがあったとすると、「大口の投資家が見向きもしない案件なのではないか」「プロジェクトの実態がないのでは」などと勘ぐることが可能ですし、そうしたほうがいいでしょう。

ホワイトペーパーをちゃんと読む

ICOを行うプロジェクトではホワイトペーパーというものが必要です。仮想通貨のホワイトペーパーとは要は事業計画書ですが、これが適当なICOも詐欺だと考えていいでしょう。

事業計画書の怪しさを見破るには経営やその分野についての知識はある程度必要になってくるため、ホワイトペーパーを読んで判断する自信がない方は、そもそもICOに参加するのをやめたほうがいいでしょう。

有望なトークンとは


さて、ここまでトークンについて述べてきましたが、「ICOでトークンを購入するのは難しいってことね」という印象を持たれた方は多いと思います。

おっしゃる通りで、仮想通貨取引所に上場しているトークン銘柄ならまだしもというところです。では、仮想通貨取引所で購入できる有望なトークンにはどのようなものがあるのでしょう。

仮想通貨取引所自体が発行したトークン

仮想通貨取引所は自身でトークンを発行することができ、そのトークンは最低でも自分のところでは販売可能です。例えば仮想通貨取引所のZaifは「Zaif」というトークンを発行し、自分のところで販売しています。

数あるトークンの中ではこの種類のトークンが購入のハードルが低いでしょう。やはり多くの仮想通貨を販売しているノウハウがあり、事業自体がこれからさらに成長を見込める分野だからです。

しかし、仮想通貨取引所はコインチェックやマウントゴックスのように事件の当事者になることもあるため完全に安心とは言い切れません。

プロが注目しているトークン

やはり物事はプロに従うのが一番。ただここでいうのは投資のプロというよりは、仮想通貨やICOのことをよく理解しているプロという意味です。例えば、ホリエモンが○○という仮想通貨に注目しているという発言をすればほぼ確実にその日は価値が爆上がります。

ただ、価値が上がってから買うと落ちた時に痛い目を見ることになるので、一番いいのはこういったプロの普段の動きをSNSやブログ等でチェックしておくことです。仮想通貨の価値が上がるのは行っているプロジェクトが好調だからという側面もあるため、最新情報を入手できる可能性のたかそうな人を追いかけるのは有効です。

特典が多いトークン

トークンは「ポイントカードや会員証、割引券のように特典をいろいろつけられる」という特徴があります。これは発行元の自由なので、特典が全くないようなトークンもあります。

「保有しているとビットコインが毎月もらえる」「運営元の会社が提供している商品やサービスを格安で購入できる」「イベントに優先して参加できる」など、トークンの特典目当てで購入する銘柄もあります。

この場合は「トークンを発行している団体を応援したい」という趣旨が含まれている場合が多いので、金融投資の趣旨とは異なりますが仮想通貨の楽しみ方の一つではあります。

2018年6月までの有望なICO案件がどのようなものがあったかを知りたい方は以下の記事をどうぞ!

 

トークンの技術的な仕組み


トークンが仮想通貨の一種ということは開発がとても大変なんじゃないか、イーサリアムを考えたのは天才高校生だというし、普通の会社でトークンを発行ってハードルが高いのではないかと思う方もいるかもしれません。

トークンの手軽なところは「既存の仮想通貨のシステムを使うことができる」という点です。どういうことかというとビットコインをベースに作られたトークンは、PASSやビットコインのブロックチェーンの仕組みをそのまま使うことができ、システム上はビットコインに連なっています。ラーメン屋の暖簾分けに近い感じでしょうか。店の名前は違うけど、ラーメンの基本作り方は本店に倣っていいという感じです。

ですので、自社でゼロから仮想通貨を開発する技術力がない場合もトークンなら仮想通貨市場に参入できるわけです。というか、むしろトークンの方が参入しやすかったりします。

トークンはビットコインやイーサリアムなどの信頼度が高い主要仮想通貨の仕組みをベースに作られるため、技術的な信用もあるわけです。これが全く新しい仮想通貨となると取引所も慎重になります。結果、新しく並ぶ仮想通貨の多くは実はトークンだったという場合が非常に多いわけです。

日本国内で買える注目のトークン銘柄


それでは最後に実際にチェックしておいた方がいいトークン銘柄をご紹介します。日本国内の取引所で販売しているものに絞るため、リスクもそれなりにおさえられてはいますが。それでも価格の乱上下が激しいのは間違い無いので、一喜一憂せずにある程度期間を見た方が精神衛生上いいでしょう。

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はテックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所Zaifが発行する独自トークンです。実はトークンの特典はありませんが、仮想通貨取引所そのものを運営しているという信頼性、また代表がXEM(ネム)の評議員を務めるなど仮想通貨の世界で発言権を持っているという期待もあり、発行当初から人気銘柄です。そして、将来的にはテックビューロ株式会社が株式上場するという可能性もあるため、そうなればトークンのZaif(ザイフ)の価値も爆発することが予想されます。

テックビューロ株式会社およびZaifの市場での動きがトークンの価値に直結するという意味では、わかりやすいトークン銘柄かもしれません。

COMSA(コムサ)

COMSA(コムサ)は前述のテックビューロ株式会社が開発したトークンです。このトークンで調達した資金はICOの新しいプラットフォームを作る目的で使われました。これは誰でもICOに参加できるということで大変評価されています。開発元がZaif(ザイフ)と同じなので、双方に好調さが連動していくことの期待感もありますし、COMSAを使ったICOが成功すればトークンのCOMSA(コムサ)自体の価値も高まるといういま注目のトークン銘柄です。

QASH(キャッシュ)

QASH(キャッシュ)は日本国内の仮想通貨取引所であるQUOINEX(コインエクスチェンジ)が開発したトークンです。仮想通貨同士を両替するプラットフォームを目的にICOで資金調達をしました。前述のCOMSAがICOで1ヶ月かけて調達した額に1日で迫るという勢いを見せました。こちらも注目されているトークン銘柄です。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)

PepeCash(ぺぺキャッシュ)は海外の5チャンネルである4chから生まれたトークンです。特殊なのはトレーディングカードの要素を持っているトークンであるということ。4chはカエルをモチーフにしたイメージキャラクターがいるのですが、このキャラクターを基にしたデザインしたレアカード「Rare Pepe Card」を手に入れるのがひとつの醍醐味となっています。ネタコインではありますが、日本のモナーコインと同じく強いコミュニティ豊富なファン層に支えられているので価値が暴落しにくいというメリットがあります。ただ、実生活で使用できるのがカードのトレーディングのみというのがデメリットとしてあります。

トークンはプロジェクトが資金調達を行うための便利な手段です

いかがでしたか。今回は仮想通貨の中でもトークンについてご紹介しました。ICOでトークンをゲットするなら、深い知識と広い見識が必要でしょう。仮想通貨取引所でトークンを購入する方が難易度は低いと言えます。あなたにあった進め方で、仮想通貨のロマンを追い求めて下さい。

最終更新日:2018年07月16日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」