ホーム仮想通貨初心者向けビットコインの始まりを知っていますか?ピザが変えたビットコインの歴史
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.03.19 最終更新
はる

ビットコインの始まりを知っていますか?ピザが変えたビットコインの歴史

ビットコイン 歴史 0

あなたは今話題のビットコインってどのように誕生したか知っていますか? 名前だけは知っているけどどんなものかわからないそこのアナタ! ただ投資をするよりビットコインの歴史を知ればより一層ビットコインが楽しめますよ!一緒に見ていきましょう。

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

こんにちは、ビットコインの魅力にどっぷりハマっているハルです(*^^)v

突然ですがあなたはビットコイン歴史ってご存知ですか?

最近少しずつですがビットコインという言葉を聞いたりみたりすることって増えたと思いますが
歴史まで知っている人って意外と少ないんです。

実は私もまったく知りませんでした^^;
でもビットコインの歴史を知ると「え!?そうだったの?」と驚くこと間違いなしです!
ビットコインの投資をやっていくうえで歴史を知っているとより楽しめると思いますので、
今回は初期のビットコインの歴史のについて一緒に見ていきましょう♪

ビットコインの誕生

ビットコイン 歴史

ビットコインの誕生は、2008年10月31日
Satoshi Nakamoto(中本哲史)という人物によって「Bitcoin;A Peer‐to‐Peer electronic cash system」というビットコインの論文が発表されたことが歴史のはじまりです。

もともとこの論文は、仮想通貨を管理者が発行するものではなかったようです。

P2Pの仕組みを利用して分散処理され暗号化された技術との組み合わせることによって、
偽造を防ぎ、情報の書き換えも実質不可能にする、という試みが論文で発表された内容です。

これまでは通貨の信頼を確保するには中央集権的な要素が必要不可欠でしたが、それを分散したネットワークで実現することが、この論文の大きなポイントです。

(んー・・・・なにやら難しい話ですね。。^^;)

そしてナカモトサトシさんの発表した論文の考えに賛同した人達が集まりプログラミングを組んで誕生したのが仮想通貨ビットコインなんです。

ビットコインに限らず物の誕生って「作ろう!」と思って作るよりも、元は違うものでそこから発見し
凄いものができた!ということが多かったりしませんか?
ビットコインもその一つだったんですね(^^)

ビットコインを作ったナカモトサトシってどんな人物?

ところで上記にも出てきた「中本哲史(ナカモトサトシ)」という人ですがどんな人だろう・・・と思って調べて見ると、実は・・・どんな人物だか明らかになっていません。

ナカモトサトシという名前からして日本人かなー・・・とは思いますよね?
しかし、「私がナカモトサトシだ!」と名乗る人物が後から出てきたのですが、
どう見ても外国人なんです^^:

未だ彼が本物なのか・・ナカモトサトシが実在しているのか、どこの誰なのか…日本人なのか・・・
もし日本人でなければ何故ナカモトサトシという名前にしたのか・・・謎が深まるばかりです。

最初のビットコインの使われ方

ビットコイン 歴史

さて、作者が名前しかわからないビットコインですが、はじめから
取引きされていたわけれではありませんでした。

ビットコインはどのようなに使われていたかというと、ゲームの世界で使うコインのようなものからスタートし、その後発掘、送金をしたりと何度も繰り返し行って今のような取引きにたどり着いたそうです。

実際に今のように取引きをしたわけでもなく、まったくビットコイン自体には価値がなかった所から
どのようにして今のビットコインのように取引きされるようになったのでしょうか。

ビットコインの歴史~取引きのはじまり~

ビットコイン 歴史
ビットコインのはじまりは今のように多くの取引きされるわけでもなく、全く価値のないものでしたが一体どのようにして今の価値までのぼりつめたと思いますか。

実は、「一枚のピザ」に隠されていました。

ある日、まったく価値がなかったビットコインを使って一人のエンジニアが誰も考えないようなある行動を起こしたのです。

それは暗号通貨のメーリングリストに、
「ビットコイン1万枚とピザを交換しない?」と投稿したのがはじまりでした。

そして、これを見た別のプログラマーがピザを注文後、1万ビットコインを交換をしたのです。

いやいや・・・なんの価値のない仮想通貨とピザを交換ですよ?
あなただったら交換しますか?
私だったらよくわからないし交換しないかも(笑)

いやいや・・・なんの価値のない仮想通貨とピザを交換ですよ?
あなただったら交換しますか?
私だったらよくわからないし交換しないかも(笑)

しかし、その取引きが今のビットコイン取引きの原点だったと思うとすごいですよね。
ピザと1万枚のビットコインが歴史を変えたといっても過言ではないと思います。

それからビットコインは通貨として使えそうと広がり今は世界中で使われる仮想通貨になったのです。

ピザとの交換がなければビットコインと出会えていなかったわけですし、「こんな面白いものに変えてくれてありがとう!!(≧▽≦)」って感じです。(笑)

これからのビットコインはどうなる?

ビットコイン 歴史

2017年にビットコインは価値を上げ、ビットコインバブルと言われ多くの億り人が誕生しました。
しかし、歴史上史上最大といわれる仮想通貨の流出があってから、「ビットコインはもう終わりだ」という人もいれば、これを機にビットコインを始めたり、「これからもっと価値があがる」という人もいます。

実際にビットコインは発行数が2100万ビットコインと決められており、求める人が多くなれば多くなるほどその価値はあがります。
そしてそれと同時に、発掘できる上が難しくなり以前では普通のパソコンでも簡単にできた発掘が
高速処理ができるパソコンを使って簡単に発掘している業者まで出てきています。

(まぁ・・・私が発掘しようと思っても無理ってことですね^^;)

それに、取引所をみても取引きされている数が他の仮想通貨と比べ物にならないほど人気なのです。
しかし、一つ問題なのは、ビットコインは値動きが激しく投資家たちにも全く読めない仮想通貨になります。
どこかで流出した!とニュースになれば暴落したりするので一部の投資家たちからは
バブル崩壊を恐れている人もいます

(バブルは知らないけどなんかすごいことは知っています。)

今後ビットコインの動きがどうなるかは誰にもわかりませんが
まだまだ未知の世界なビットコインでこれからまた新しい歴史が作られると思うとワクワクしませんか?

さらにビットコインが価値ある仮想通貨になるように楽しんで取引きしていきたいと思います(*^▽^*)

✓最後まで読んでくれたあなたに♪
コインチェック

いつもコインガールズの記事を読んでくださり、ありがとうございます♪

私達は、皆様にもっと仮想通貨のことを知ってもらいたい!楽しんでもらいたい!稼いでもらいたい!と思っているので、これからもどうぞ、応援のほどよろしくお願いします!!

ところで皆様、もう取引所は登録していますか?取引所の登録は3分ほどで完了しますが、利用可能まで3日ほど待たないとダメなんです。

仮想通貨の最大の魅力は「突然やってくる高騰」です。「今まさに買い時!!」というときにすぐ買えるよう、準備しておくべきじゃないですか?

まずはアプリのダウンロード数国内No.1を誇る「コインチェック」に登録しちゃいましょう♪

コインチェックなら…

  • 登録料や年会費は無料
  • 通貨取り扱い数は国内最多
  • 取引手数料はもちろん無料
  • 手厚いユーザーサポート
  • コインガールズの豊富な記事でお悩み解決!

ということで、今激アツの取引所なんですよね!まずは公式サイトをチェックしてみてね♪

✓仮想通貨は1,000円から買えて、10倍~100倍になる可能性を秘めています!完全無料で始めて高騰するまで放置もOKなので、登録だけでもしておいて損はないですよ♪

最終更新日:2018年03月19日

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事