ホーム最新ニュース仮想通貨の価格下落が止まらない! その原因は一体なに?
えりな

仮想通貨の価格下落が止まらない! その原因は一体なに?

仮想通貨,下落,原因

先月からコインチェックのネム流出問題などもあって、仮想通貨の価格の下落が続いています。なぜここまで下落しているのか?価格が下落している原因にはいくつかの原因がありました。今回は仮想通貨の価格下落の原因をわかりやすく解説しました。

こんにちは!えりなです!

私は仮想通貨で稼ぐために、いろんなところに投資してるんですけど、
最近仮想通貨の価格がどんどん下落してますよね。

仮想通貨,下落,原因

私は価格が下がっても


「どうせ一時的に下がっただけでしょ?」


とあんまり気にする方ではないんです。

でも今回は価格が大幅に下落してるし、かなり長い間価格が下落してるんです。

だから、私も少し不安になってきて


「なんで今仮想通貨の価格が下落してるんだろう…」


と思うようになりました。

皆さんも気になりますよね?

そこで今回は、仮想通貨の価格が下落している原因を調べてみました。

これを読んで今後の仮想通貨の運用の対策として、
一緒に仮想通貨が下落している原因をみていきましょう!

仮想通貨が下落している原因は?


仮想通貨,下落,原因

今の段階で仮想通貨が下落している原因を調べてみました。

すると大きく4つの原因があることがわかったんですよ。
その原因を1つずつみていきましょう。

①テザー(USDT)、Bitfinex問題


まず1つ目の原因は、テザー、Bitfinexの2つの取引所に関する問題です。


この2社から詳しい情報が発表されていないのであちこちでいろんな予測がなされています。

だけど、テザーの問題は深刻なレベルの問題になっているという噂があるんです。

というのもこの2社にCFTC(米商品先物取引委員会)から召喚状が送られました。


つまり、2社の動きを「怪しい」と思ったCFTCが2社を呼び出して、調査しようとしたんです。

また、テザーに関して言うと実際に市場に出回っているUSDTトークンと
同じ額のUSドルを口座に持っていることを証明する1つだった、
監査法人Freidmanとの契約の解消もしました。

こういった動きが投資家たちに大きな不安を与えているんです。

また、テザーには前から2つの疑惑がありました。

1つは準備金に関する問題です。


USDTは1USDT=1USドルという前提によって作られる仮想通貨です。

しかし、


発行量の多さ


銀行口座に準備金として担保されていることの裏付けがない


などの疑惑がありました。

もう1つは、USDTを架空の資金で発行した上で、
レバレッジ取引で価格を操作しているという疑惑です。

こういったCFTCの動きや2社の動き、テザーの疑惑が
仮想通貨の価格に大きな影響を与えているんです。

特にテザーは、広く取引されている取引所なんです。


こういった大きな取引所が
怪しい動きをしていると分かれば、
投資家も不安になってしまいますし、
取引所の存在自体もヤバイという感じになりますよね。


②コインチェック問題


仮想通貨,下落,原因

日本の大手仮想通貨取引所のCoinCheckで、
XEM(ネム)がハッキングを受けて大量に流出した問題です。


今話題の問題で、ニュースでも大きく取り上げられていますよね。


これによる被害総額は580億円で、
市場の規模は違いますが過去最大の被害総額になりました。

現在では金融庁が立ち入り検査を行って、
コインチェックに補償資金の状況の確認などを行っています。


コインチェックは、数日以内に補償についての詳しい情報を開示するとしています。

ですが、これからの営業についても含めて、
今後の金融庁の発表がとても重要になっています。

コインチェックは立ち入り検査を受けて、テレビ局の取材に対して


「真摯に対応して参ります」


としており、被害を受けた顧客への補償については


「返金できる時期のめどは立っていないが、
自己資金で補償できるという考えに変わりはない」


とコメントして、被害総額の補償は会社の資金でできるという考えを強調しました。

今回のコインチェックの問題は、
テレビや新聞でも大きく取り上げられて多くの人から注目されました。

これから仮想通貨投資を始めようという人にとって、
この事件は仮想通貨市場への参入をためらう原因になったといえます。

今後さらに仮想通貨への注目がされる中での
今回の事件は多くの人に影響を与えるものになるかもしれませんね。

③各国での法整備に関するニュース


昨年は「仮想通貨元年」と言われ、仮想通貨の価格が大きく上昇した年でした。


これを受けて、各国が国民の投資家保護を目的に仮想通貨の法整備に乗り出しています。

その中でも、仮想通貨について厳しい規制をしている国では
仮想通貨自体の取引の禁止を検討したり発表したりしているところがあります。

この各国の法整備に向けた動きが投資家たちの不安要素になって
仮想通貨の下落の原因にもなっているんです。


また、ドイツの中央銀行であるドイツ連邦銀行の
ヨアヒム・ビュルメリング理事は仮想通貨の規制について


「仮想社会では国境がないため、国ごとの規制は難しい。世界規模で規制をするべき。」


という見方も示していて、今後の各国の動きが注目されています。

国の対応によって仮想通貨の価格も左右されるので、
各国の動きはこれから見逃せない要素になりそうですね。

④インド政府の仮想通貨に関する情報の間違い


仮想通貨,下落,原因

インドの財務大臣が年度予算についてのスピーチで


「政府は、仮想通貨を法定通貨や通貨として見ていない。
仮想通貨の不正使用や支払いシステムでの使用を抑制する政策を打ち出していきたい。」


と話しました。

しかしインドの報道各局が、インドは『仮想通貨の完全禁止の警告』と報じてしまったのです。

これを受けて、インドの仮想通貨禁止が投資家の間で話題になってしまい、
これも仮想通貨の価格下落を進めてしまう原因になってしまったんです。

インド政府はどちらかといえば仮想通貨について否定的な立場です。


しかし、仮想通貨の完全廃止についてはまだ触れてなくて、
むしろブロックチェーンについては前向きな姿勢をとっています。

仮想通貨下落の原因のまとめ


いかがでしたか?


今、仮想通貨が下落している原因を見てみると1つの問題が元になっているのではなくて
いくつかの問題が複雑の絡み合って起こっているということがわかったと思います。

仮想通貨,下落,原因

仮想通貨の投資をするときには、こういった情報も取り入れながら
どうやって運用していくのかを決めていく必要がありそうです。

普段から情報を取り入れておけば、
今回のような暴落が起こってもしっかりと対応できて、被害を最小限におさえられるでしょう。


私も色々な情報を取り入れながら仮想通貨の投資をやっていきたいと思ってます。


一緒に良い仮想通貨投資ライフを送りましょうね!

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

大人気スマホアプリ!

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら

CryptoGTの無料登録はこちら