ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨の「マイニング」とは何か?マイニングで事件が相次ぐ
研修生

仮想通貨の「マイニング」とは何か?マイニングで事件が相次ぐ

仮想通貨は、人から人に伝わり有名になりましたが、マイニングと聞くと何だろう?という人が大半をしめています。
マイニングの将来性や今後の動きを紹介していきます。マイニングを行なえるのはパソコンだけでなくスマホ、これからはゲームでも出来る次代に。

皆さんはマイニングについてご存知でしょうか?今回はマイニングについて詳しく紹介させていただこうと思います。2017年には仮想通貨「ビットコイン」が話題となりましたが、仮想通貨とマイニングというのは大きな関係性を持っています。

マイニングが悪用され、事件が相次いで発生している状況となっていますので、幾つか事件についても紹介させていただきます。マイニングの規制なども起きていますので今後の将来性なども紹介させていただきますので是非最後までご覧ください。

マイニングとは?


まず「マイニング」について紹介させていただきます。マイニングというのは仮想通貨の暗号化システムに参加することです。そもそも仮想通貨というのは、一定期間が経つと全ての取引データを取引台帳に追記します。

それによって「整合性」を管理しており、追記の処理には今までの取引台帳データと対象の期間中に発生した取引データの整合性を記録することが出来て、このシステムによって中央管理者が必要とせず、透明性が高く、正当性のあるブロックチェーンを作る事が出来ます。

そのため、マイニングに参加をするという事は「管理者」として承認などを行うということでもあります。

またマイニングをする為にはコンピューターの計算能力を利用して、仮想通貨の取引データをマイナーが承認・確認を行う事によって、ブロックの生成などを行う事が出来ます。

ですが、この作業には膨大な計算が必要となり、取引台帳のデータであったり、追記の取引データを正確に検証した上で追記しなければいけないため、間違ってしまったりすることで報酬を貰う事が出来ません。

また報酬を貰う事が出来るマイナーというのは一番最初にブロックを追加出来た人となっており、仮想通貨「ビットコイン」などの新規発行というのはマイニングを通さなければ行われません。

そのため、ビットコインの安全性や仕組みというのはマイナーによって保たれている状態にあると言えるわけです。ですが、マイニングをし続けたとしても、無限に新規発行が行われ、報酬を貰う事が出来るわけではありません。

仮想通貨の中には「総発行量」が決められている物もあります。ビットコインの総発行量は2100万BTCとなっているため、2100万BTC以上のビットコインが支払われる事がありません。そして、マイニングによって報酬として払われる発行量も調整されています。

またマイニングには「ソロマイニング」や「プールマイニング」であったり「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」や「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」といったようにマイニングでも違いがありますので、紹介させていただきます。

マイニングの方法も違いがある!


マイニングの方法というのは下記で紹介させていただく「ソロマイニング」「プールマイニング」や「クラウドマイニング」などの3種類があります。それぞれに特徴がありますので1つずつ紹介させていただきます。

ソロマイニングとは?

まず「ソロマイニング」について紹介させていただきますが、ソロマイニングというのはその名の通り、1人でマイニングを行う方法になります。上記で紹介させていただいたようにマイニングというのは計算をしてブロックを生成し、追記することで報酬をもらう事が出来ます。

ですがソロマイニングというのは、コンピューターを始めとした機材を揃えなければいけなかったり、解読する為に必要な勉強などをしなければいけません。そういった初期費用が掛かってしまうのがソロマイニングとなっています。

それだけではなく「ビットコイン」などの仮想通貨というのは価格が高騰したことによって、計算処理能力が高いコンピューターでなければ、処理が追い付かず報酬を手に入れる事が出来ません。またビットコインのマイニング専用機器である「ASIC」なども現れ、マイニング業界では競争が激しくなっています。

ソロマイニングは成功すれば報酬を独り占めすることが出来るのですが、上記で紹介させていただいたように初期費用や知識などを付けなければいけないというのがあり、リスクが高いです。

プールマイニングとは?

一方で「プールマイニング」というのは複数人でマイニングを行う方法となっています。プールマイニングの場合は、自分が既に保有しているコンピューターでも参加することが出来て、マイニングの報酬は貢献度に応じて分配されるため「効率性」「安定性」の高いマイニングとなっています。

特に「ビットコイン」などの有名な仮想通貨というのは集団で行った方が計算の処理が早く終える事が出来て、ソロマイニングなどは報酬を貰う事が出来るケースというのは非常に低い状況にあります。

それに比べてプールマイニングは簡単に参加することが出来て、難しいプログラミングなどを覚える必要もないというのが特徴となっています。

クラウドマイニングとは?

ソロマイニングやプールマイニングとは違う「クラウドマイニング」というのはマイニングに必要な機材を揃えたり、運営をする為に必要な資金投資を募り、その見返りとしてマイニングによって得たコインの一部を報酬として渡すシステムとなっています。

クラウドマイニングは機材などの初期費用を無く始める事が出来て、専門知識なども必要ないため、ソロマイニングやプールマイニングに比べると簡単に利用することが出来ます。また少額から参加することもできて、安定した報酬を得る事が出来るのが魅力としてあります。

ですが「経営破綻」や「詐欺」などもリスクとして存在しており、投資した資金を失ってしまう事や、投資した金額がプラスになるまでに時間が掛かってしまう事などもデメリットとして存在しています。

「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」と「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」の違いとは?

では「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」と「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」の違いについて紹介させていただきます。

まず「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」について紹介させていただきますが、「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」は「ビットコイン」などが採用しているアルゴリズムとなっています。

仮想通貨
は「ブロックチェーン」という技術を取り入れていますが、管理者がいない「非中央集権」のシステムとなっており、上記で紹介させていただいたマイニングとは大きく関係をしています。

「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」というのは「取引データの改ざん」が行われないようになっており、ブロックチェーンは随時追加されるため、改ざんが追い付かないため現実的には「不可能」とされています。

また「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」の「プルーフ」というのは「証明」と訳されるため、このような言葉が使われています。

一方で「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」というのは「イーサリアム」を始めとした多くのアルトコインで採用されています。「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」では保有しちえる仮想通貨の量に応じて、取引の承認権を得る事が出来ます。

つまり、新しいブロックを追記することが出来る権利を得やすくなる仕組みとなっており、「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」の改善策として考案されたアルゴリズムとなっています。

「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」と「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」の違いですが、「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」は上記で紹介させていただいたように膨大な計算をしてブロックの生成をして追記をしたマイナーが報酬をもらう事が出来ます。

そのため、高スペックのコンピューターを常に稼働させなければいけないというのがあり、無駄な電力が多くありました。

ですが「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」では必要な計算量を減少させ、必要とする電力量を削減することが出来ます。また「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」で問題視されている51%攻撃ですが、「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」は51%攻撃に強いというのがあります。

51%攻撃というのはマイニングのハッシュパワーが全体の51%以上の計算能力を持ってしまう事でブロックチェーンのネットワークをコントロールすることが出来るようになってしまいます。

ですが「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」では大量の通貨を保有しておかなければいけないというのがあるためコストがかかり、51%攻撃をしてしまう事で通貨の価値が下がってしまうため、攻撃者もメリットがないので起こりづらいというのがあります。

このように「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」の問題を改善されたのが「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」となっています。

マイニングのメリット・デメリット


マイニングを始める上でメリット・デメリットを知っておかなければいけません。まずはメリットについて下記で紹介させていただきます。

マイニングのメリットについて

マイニングのメリットについてですが、マイニングを始める理由として一番の要因であり、メリットでもあるのが「収益」です。上記で紹介させていただいたようにマイニングにも様々な種類がありますが、殆ど「不労所得」に近い感覚だと言えます。

マイニングで得た仮想通貨というのは「購入」をしたわけではないため、心理的にも楽で電気代のみとなっているので、そういった点でもストレスが少ないのがメリットとしてあります。

またクラウドマイニングであれば「初期費用」「電気代」などを考える必要がなく、マイニングが儲からないと思った場合には直ぐにやめる事が出来ます。そういった点ではクラウドマイニングは初心者の方にもメリットが多くあるといえます。

マイニングのデメリットについて

マイニングのデメリットについてですが、一番のデメリットは「詐欺」「企業倒産のリスク」になります。仮想通貨に関する詐欺が増加している中でマイニングの詐欺なども増加している傾向にあります。

またマイニングをするにしても、勉強をしてマイニングをする方であれば理解をしているので問題はないと思いますが、分からない方はクラウドマイニングをすることが多いと思います。そういった時に「手数料」を多く取られたり、企業が倒産してしまう事でコインの価値がなくなってしまう事もあります。

また自分でマイニングをする方であれば「初期費用」が結構掛かってしまいます。少なからず30万円以上は掛かってしまうのではないでしょうか?実際にマイニングをする為に、私自身30万円以上はかかっているため、1年以上は利益を出す事が出来ません。

それだけではなく自作PCを組み立てるのであれば、結構難しいと言うのがある為、そういった点でもデメリットがあるといえます。

マイニングが悪用されている?事件が多数起こっています


最近テレビで報じられた3つのマイニング事件を紹介

● 16人摘発仮想通貨「採掘」に他人のPC無断使用容疑
● TV接続サービス「Amazon Fire」経由で感染報告か?
● ブログでマイニングをしていた男性

16人摘発仮想通貨「採掘」に他人のPC無断使用容疑について
2018年6月に仮想通貨を得る事が出来るマイニングをする為に他人のコンピューターを無断使用できるプログラムを仕込んだとして全国で16人を摘発しました。

逮捕された男性らが運営をしているサイトを閲覧している人のコンピューターに無断でマイニングをするプログラムを送り込み、勝手にマイニングをさせていました。この事件では仮想通貨「Monero」など匿名性の高い仮想通貨のマイニングをするサービス「コインハイブ」のプログラムが使用されていました。

TV接続サービス「Amazon Fire」経由で感染報告か?について
昨年と比べて「マイニング」の不正ウイルスが4000%増加していると報告が出ています。TV接続サービス「Amazon Fire」を経由してテレビを乗っ取る事が可能な不正ソフトウェア「ADB.Miner」の感染報告がありました。「ADB.Miner」の不正ソフトウェアが「Amazon Fire」に感染して、TV接続をしてしまうことで、処理速度が吸い取られてしまい、殆ど動かなくなってしまいます。

「Amazon Fire」などによって感染した場合の対処法として「システムデータ」を初期化してしまう事が最も簡単とされています。データは消えてしまいますが、確実に取り除く事が出来るので、この方法を不正ソフトの感染をしたのであれば利用してください。

ブログでマイニングをしていた男性について


サイトの運営をしている男性が仮想通貨マイニングツール「Coinhive」をサイト閲覧者に設置し、家宅捜索を受けました。

摘発されたデザイナー「モロ」さんは他の方が同じような経験をしてほしくないとブログで経緯などを説明しています。モロさんは「Coinhive」を自らのブログに1ヶ月間設置していました。それによって家宅捜索を受け、罰金10万円の命令を受けています。

しかしモロさんは警察からマイニングの不正動作に関して「事前に許可なく動作させてしまうといけない」とアバウトな説明を受けていました。そのことに関して「Coinhive」がダメであれば、AdsenseやJavaScriptなども全てアウトになるのではないかと懸念をしています。

またアバウトな説明ということは警察が独断で裁くことが出来るということを合わせて心配しており、新しい価値を生み出す事が出来る「Coinhive」の事件に対してモロさんは刑事裁判を起こす事を明らかにしています。

マイニングの今後の将来性とは?


マイニングと一言で言ったとしても上記で紹介させていただいたように様々な方法があります。また仮想通貨というのも「ビットコイン」や「イーサリアム」を始めとした様々な仮想通貨があります。このような仮想通貨の中には皆さんがご存知ではない仮想通貨も多く存在しています。

このようにマイニングを行うのであれば、自分にとって価値があると思えるコインを選ばければいけません。ですが、将来性などを見極める事は難しく、見極めに失敗してしまうことで利益なども大きく関わってきます。

マイニングの利益は「通貨の価値」と大きく関係をしており、価値が高い通貨の方が利益は多くなる傾向にあります。その為、価値が高いタイミングでマイニングをすることでその分、報酬なども高くなります。

それ以外にも将来性のある仮想通貨というのは価値も将来的には高くなるため、将来性のある仮想通貨を探す事が大切になります。将来性がない仮想通貨というのは取引が不可能となり、価値がゼロになってしまうこともあります。

また自分でマイニングを行わない方というのは「業者選び」も大切になります。上記で紹介させていただいた「クラウドマイニング」というのは、機材を集める必要がないため、非常に楽だといえます。そういった業者の中にはマイニングに特化をしていることもあります。

そういった業者を慎重に選ぶことが大切だと言えるわけです。また業者の業績が多い方がリスクも低くなるため、無難な業者を選ぶ事が大切です。

このようにマイニングの業者が増加していたり「マイニング」そのものの将来性というのは非常に高いといえます。マイニングに関連している被害者が昨年度に比べて4000%となっているように、被害者が増加している一方でマイニングの利用者が多くなっている事が伺えます。

マイニングはコンピューターだけでなくスマホでも出来る時代に?


マイニングはコンピューターだけでなくスマホでも出来る時代となっています。利用することが出来るアプリは「MinerGate Mobile Miner」https://play.google.com/store/apps/details?id=com.minergate.miner
となります。基本的に英語ですが、設定は日本語とあまり変わらないので問題はないと思います。

マイニング出来る銘柄なども多くあり「Monero」や「ビットコイン」「ダッシュコイン」などご存知の仮想通貨などもあります。

やはりコンピューターと比べると劣りますが、携帯を触らない間や暇な時は利用することで利益を出す事が出来るのでそういった点では便利だといえます。

またそれ以外にも「Electroneum(ETN)」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.electroneum.mobile
と呼ばれるマイニングアプリなどもあります。現在は価値があまり高くないため、1日30円程しか稼ぐ事が出来ません。ですが、相場が高くなった時に売却すれば利益を出す事が出来るので、興味がある方はぜひ利用をしてみてください。

まとめ

仮想通貨の「マイニング」について紹介させて頂きました。マイニングは将来性が高く、魅力が多くありますが、その半面でマイニングの詐欺なども横行しています。そのため、利用者はマイニングをする時には注意をしなければいけません。

またマイニングは今後もアプリなどが増加していくと思われます。どのようにすれば利益を一番出せるのか考えた上でコンピューターやスマホでマイニングをすることが大切になりますので皆さんも是非今回紹介させていただいた内容を参考にしてみてください。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

大人気スマホアプリ!

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら

CryptoGTの無料登録はこちら