ホームアルトコイン仮想通貨NEMは、これ1つ読めばもう完璧!特徴・最新ニュース・2018年はどうなる!?
さおりん

仮想通貨NEMは、これ1つ読めばもう完璧!特徴・最新ニュース・2018年はどうなる!?

「仮想通貨NEMか〜あんまり興味ない」なんてよく調べもせず思っている方、2018年損をするかもしれませんよ!今回は、仮想通貨NEMの機能を詳しく説明するとともに、最新ニュースと将来性について述べたいと思います!

1.はじめに

こんにちは。
旅行のために仮想通貨を頑張ってるさおりんです。

今回は私がここで書かせていただく最初の記事だということで、
私一押しの仮想通貨のNEMについてじっくりとお話ししていこうと思います!

というのも、
私の最初に買った仮想通貨のうちの一つがこのNEMなのです。

さおりんさおりん

なので結構思い入れはあります。

Twitterでよくそれぞれの仮想通貨にファンみたいなのをよく見かけるのですが、最近はその気持ちが分かるような気がします(笑)。

それではどうぞ!

2.仮想通貨NEM 特徴・人気のわけ

仮想通貨,nem1

1.概要

仮想通貨,nem2

さて、初心者の方も上級者の方も仮想通貨NEM(ネム)の由来はご存知だったでしょうか?

NEM = ”New Economi Movement” のそれぞれ頭文字を取って名付けられているようで、意味は、「新しい経済活動」となるのです。

このことから、「NEMを社会に浸透させよう!定着させよう!」という制作者側からの意図が汲み取れますね。

要するに、お金稼ぎや投資、ゲーム的な要素で作られているわけでなく、「現実的にお金としてNEMを流通させよう!」という意図があるということです。

その証拠といったらなんですが、Proof-of-Importanceのような機能が組み込まれています。

※知らない方もいらっしゃるかと思いますので、これについては後ほど説明します。

通貨名(単位)NEM(XEM)
発行上限枚数8,999,999,999XEM
時価総額ランキング6〜10位
時価総額約1兆円
承認アルゴリズムProof of Importance

また、この仮想通貨NEMは、ビットコイン2.0と称される仮想通貨で、ビットコインの弱点を改善した1ランク上の世代となっています。

今でこそビットコイン3.0というものまで作られてしまっていますが、2.0世代の伸びはまだまだこれからです。

後述する”カタパルト”と呼ばれる大型アップデートも控えていて、今年とっても熱い通貨といってもいい銘柄になっています!

2.凄い機能

仮想通貨,nem4①”Proof of Importance” 初心者でも稼げる? その魅力とは?

当たり前のことを聞くようですが、仮想通貨を手にいれる方法をご存知でしょうか?

もちろん、あたし達が持っている日本円と交換すれば良いわけですが、実はもう1つ手段があります。

マイニングです。

これはごく簡単に言うと、”ご自身のPCを稼働させて仮想通貨を稼ぐ”ことを指します。

マイニングでは、ご自身のPCを提供する形で、仮想通貨の取引データを承認・保存するのを手伝うことになります。

仮想通貨はその対価としてもらえる仕組みになっています。

さおりんさおりん

要するにPCを提供して、電気料金を負担する代わりに、仮想通貨をもらっているとも言えますね。




さて、ビットコインやイーサリアムなどでは、このマイニングという作業に、どうしても”弱肉強食”とも言える状況が多々としてあります。

細かくいいますと、ビットコインなどのProof of Workでは、よりPCのスペックが高いほど、マイニング報酬が得られる仕組みになっています。

一方、イーサリアムなどのProof of Stakeでは、よりコインの保有量と保有した期間が大きいほど、マイニング報酬が得られやすい仕組みになっていて、こちらもまた、昔から多額のイーサリアムを持っている人が有利になっています。

そういった問題点をこの仮想通貨NEMでは、Proof of Importanceと呼ばれる機能を採用することで、平等を目指しています。


どういう仕組みかと言いますと、より仮想通貨ネムを使って貢献している人ほど、マイニング報酬を与える仕組みになっているのです。

さおりんさおりん

この貢献の評価の材料として、コインの保有量や、使用量、取引高などを利用し、総合的にスコアが付けられています。

つまり、ビットコインのようにPCのスペックによらないため、消費電力が節約されますし、イーサリアムのように富豪に有利な状況を無くし、新規参入者でも稼ぎやすいように改善されたので、とっても革新的な仕組みになってるのです。

※ちなみに他の通貨でマイニングと呼ばれる作業のことを、ネムでは「ハーベスティング(収穫)」と言われ、ハーベスティングをする為には、10000XEMを保有していることと、※Vested Balanceが10000XEM以上であることが条件になっています!

Vested Balance:NEMでは、1日ごとに保有しているNEMの10%がVested Balanceに加算されていくのですが、その合計額も10000XEM以上に成らないとハーベスティングを行えません。

なお、Vested Balanceは、1440ブロック(およそ1日)毎に (Balance(残高) – Vested Balance(既得残高)) × 0.1 づつ増えていきます。

以下に10000XEMを保持した場合のグラフを載せておきます。

仮想通貨,nem5

(https://nem.io/NEM_techRef.pdf NEM referenceより引用)

さおりんさおりん

ちょっと難しく思えるかと思いますが、がんばってください。

念のため伝えておきますが、この一見面倒にも思われるVested Balanceによって、1つのアカウントにつき、大量のお金と時間をかけさせることによって複数のアカウントを作ることを防いでいるようです。

これにより、冒頭でも触れたNEMの由来「新しい経済活動」につなげているとも見て取れますね。

なぜなら、新規参入者に優しい通貨の作りをしていて、NEMを一般の方にもどんどん広めようという意図が見れるからです。

②”カタパルト” 超進化を果たした先に見えるものとは?

カタパルトとはネムの性能を大幅に向上させるアップデートのことです。日本のテックビューロ株式会社とNEM開発チームが現在も絶賛開発中のようです。

内容は「処理スピード」を早くすることや、誰でも開発しやすくすることを実現させること。

以下に、他の通貨と処理スピードについて、比較した値を載せておきました。

取引速度(件/秒)
ビットコイン14
イーサリアム15
リップル1500
NEM4000

これってとんでもなく速くないですか〜?仮想通貨NEMの処理スピードが、世界中の銀行間の送金手段として期待されているリップルよりも早くなるというのは驚異的です。

加えて現在世界1位のクレジットカード「VISA」の5000件/秒という処理速度に到達しようとしているのですから、すごいとしか言いようがありませんね。

またカタパルト実装によってセキュリティ機能も向上するようですし、全体的な能力の底上げだといえます。

さらに!

このカタパルトを行うことによって、「Java」という難しいプログラミング言語だけでなく、「C++」による開発が可能になるのです。

NEMはイーサリアムと同じプラットフォーム型の仮想通貨になりますが、「Solidity」という独自の言語を採用しているイーサリアムと違って、既にあるプログラミング言語の選択肢を増やしていくというのは大きな強みです。

さおりんさおりん

これによって、今イーサリアムで流行中のゲームなどが、NEMでもどんどん開発されていくと面白いことになりそうです!

③”mijin”(ミジン) 多業界から引っ張りだこな、その機能とは?!

mijinはNEM財団からテックビューロに専属することになった開発者を中心に開発されているプライベートブロックチェーンです。

ブロックチェーンという点ではNEMとおなじですが、NEMはパブリック、つまり誰でも参加できるものです。

それでは情報を外に出したくない人・企業が使うことができない、ということで開発されているmijinでは安全で、安く、早いデータの保存をすることができます。

資産管理システム・決算システム・契約システム・情報処理システムなど様々な用途があって、今後、さまざまな企業で使われることが予想されています。

さおりんさおりん

また、既に、利用している企業に以下の会社があるようです。

・日本電気株式会社(NEC)

・株式会社野村総合研究所

・SBIポイント株式会社

・株式会社ミクシィイノベーションセンター

・ウェルネット株式会社

・株式会社ドリコム

・関西テレビ放送

・freee株式会社

・株式会社オウケイウェイブなど。

https://hajimete-tousi.com/archives/51/#NEMmijinより。)

④”マルチシング” とっても安心なセキュリティ機能とは?

マルチシグとは、ウォレットを複数の秘密鍵で管理する機能のことを指します。

1つのアカウントに関する出金を、複数人で管理することができるのですね。

これによって、出金をする際には、署名が集まらないと許可が降りないため、ウォレットから通貨を引き出すことができない仕組みになっています。

3.仮想通貨NEM ハッキング犯の動き

仮想通貨,nem7先月起きたコインチェックでは、仮想通貨NEMが約580億円分、流出したと言われています。

さおりんさおりん

NEMが悪いわけではないんですが、被害にあった方は、本当に残念ですよね。。

この事件の後、NEMは、自動タグ付けシステムを即座に開発しました。

これは、盗まれたお金を受け取った人全てのアカウントに、タグつけを行う機能になります。

これによりハッキングによって盗まれたネムを簡単に売却できない仕組みを作ったわけですね。

しかしながら、犯人もばかではありません。ビットコインなど他の仮想通貨に約100億円交換されたことが、取引記録などからわかったようなのです。

いわば、ダークウェブのサイトを介し、匿名性のある仮想通貨を利用してマネーロンダリングが行われているようなのです。そしてこの資金洗浄が、あと1ヶ月くらいで完了してしまうと言われており、犯人を追うのが大変難しい状況のようです。

4.仮想通貨NEM 最新ニュース

仮想通貨,nem8

1.マレーシアブロックチェーンセンターが着工!

仮想通貨,nem9

昨年2017年8月に着工した、ブロックチェーンセンターをご存知でしょうか?

NEMブロックチェーンイノベーションラボや研究開発の本部がそこに入居することになります。

また、NEMのプラットフォームを使用することに関心を示す団体・組織への地域的サポートを行ったり、起業家の支援や、コワーキングスペースの提供を行う予定だそうです。

そもそも、このブロックチェーンセンターは、NEM.io財団とオーストラリアのBlockchain Globalとの提携による最初の取り組みだそうです。場所は、マレーシアの首都クアラルンプールで、広さは約930平方メートルの面積となり、以下のようなイメージとなります。

さおりんさおりん

最先端でなかなかクールな感じでいいですね!

また、Blockchain GlobalのCEOである”Sam Lee” 氏が、以下のように述べていることがネット上にアップされています。span>(https://jp.cointelegraph.com/より)

非営利ブロックチェーンセンターをマレーシアで開始したことは、Blockchain Global社及びNEMの目的である‘主流の発明や国際的な採用’を促すことになるでしょう。弊社は、将来仮想通貨NEMのブロックチェーンテクノロジープラットフォームが、大手企業そして企業インフラにとって標準化されると信じているために、NEM.io Foundationと協力できることをとても光栄に思います。

2.MDECのプログラム!

仮想通貨,nem10NEM財団はマレーシアにブロックチェーンセンターを作るということで、マレーシアの経済や、デジタル技術を先導するMDEC(マレーシアン・デジタルエコノミーコーポレーション社)と協力関係を結んでいます。

MDECが掲げるプログラムによると、以下のようなインセンティブが挙げられています。(https://coinpost.jp/?p=5426より)

・テックスタートアップ企業に課される法人税の免税

・マレーシアに事業を設立または拡大目的の個人への認可(Malaysia Tech Entrepreneurs Programme)

・資金入手

・指導及び教育

・事業の低コスト化

・高スピードブロードバンド

・安定したビジネスフレンドリーな環境

・海外事業や投資家の所有権の自由

要するに、仮想通貨NEMとNEMのプラットフォームを使用して、社会に価値を提供する個人から会社までのサポートと、それを支えるあたし達ユーザーへの知識提供と、もっと支える投資家の方のサポートを尽くすことが、掲げられています。

さおりんさおりん

これは、NEMを普及させる取り組みの大きな後押しになっていることでしょう。

3.ベネズエラ政府がNEMのブロックチェーンを使用!?

仮想通貨,nem11仮想通貨Petroが、NEMのブロックチェーン技術を使い始めるのではないかと噂されています。

これについてはTwitterや、あらゆるサイトでも騒がれていて、多分確かそうなのですが、もしこれが決定すれば、高騰する要因になるのではないでしょうか?

ちなみにこのPetroですが、石油に裏付けられた通貨、いわば、世界で初めて天然資源に裏付けられた通貨になっていて、特異性があって面白い機能にはなっております。

さおりんさおりん

ただ、1点懐疑的なポイントがあります。この仮想通貨Petro自体がだいぶ不透明なようで、実態が明らかになっていない点です。

これが安心できる通貨であればいいのですが、時価総額ランキングを見ましても、100位以内に入っておりませんし、少々心配であります。

一方で、現在ベネズエラでは、激しいインフレによって国の通貨の信用が薄まっており、仮想通貨への期待や注目度が上がっているとのこと。

ある意味日本とは逆の状況だとも言えます。日本では、仮想通貨に対する信用性というのはまだ確立されておらず、普段あたし達が使っている法定通貨のほうが安心はできます。

しかし、ベネズエラのような国が安定していないような国では、日本とは逆の現象が起こっているのです。少し前に、Petroの価値が上がったのは、法定通貨を持っていても安心できず、仮想通貨を買うなんて人が出てきたからだと考えられます。

4.NEMと中東市場

仮想通貨,nem12今年2月中に、仮想通貨NEMを中東市場に普及させることを目的とした会議が、複数開かれ、UAE首相や、国際通貨基金の長官も参加しました。

どうやら2月22日のドバイ会議にて、イスラム銀行システムを採用する銀行がネムを使用し始めることが知れ渡ったのは大きなニュースでした。

5.NEMと南アメリカ市場

仮想通貨,nem13
ネムはコロンビアのSynergyCryptoAdviserとの提携を発表しました。このまま認知度が増えれば、南アメリカの巨大な送金市場で大きな需要が生まれる可能性があります。

というのも南アメリカの人達は、米国に移住をし、実家である南アメリカへ送金をするといったことが、どうやら頻繁にあるようなのです。

そんな人達がいっせいに仮想通貨NEMを使用しはじめたら、大きな価格高騰が起きることでしょう。

6.SadadがNEMと提携?!

仮想通貨,nem14Sadadというバーレーン王国の有望なフィンテック会社と、アラブ首長国連邦(UAE)拠点のNEMチームがパートナーシップを結んでいます。

Sadadは、デジタル決済プラットフォームの提供など、容易で便利な決済のために様々な革新的商品の実装を目指した企業のようです。

例えば、携帯電話使用料金を始め、電気、水道料金、送金や寄付、オンラインゲームへの課金、振替、学費、食品サービスなど、様々な分野を取り扱っていて、かなり大きな規模の企業です。

また、Sadad社が作成するウォレット内に、NEM専用ウォレットであるnanowalletを組み込む計画が、現在進行中のようです。

7.Landsteadのサービスが海外で進行!

仮想通貨,nem15Landsteadとは、仮想通貨NEMのブロックチェーン技術を使用することで、土地や財産の登録ができる仕組みです。

市民が政府にブロックチェーンアカウント情報を提出するだけで、Landsteadに登録できるとのことです。

8.Luxtagのサービスも海外で進行!

仮想通貨,nem16これは、仮想通貨NEMのブロックチェーン技術を利用し、高級品や芸術品など一点もの商品が本物であるかどうか証明して、保証するサービスになります。

仕組みは、取引や過去の全ての情報を記録することで、盗難や紛失による被害をブロックチェーン技術により回避することができます。

個人的な妄想ですが、将来この仕組みが広まれば、今よりも芸術品や骨董品・伝統芸能などの価値が認められるようになるのではないでしょうか?

なぜなら、取引データとして保存されている、保持者本人でないと、売ることはできないからです。

さおりんさおりん

「盗まれる恐れのある法定通貨を持っているよりも、”金”などのように、形あるものとして、保持しているほうが安心!」なんて時代がくるかもしれません。

9.Xhai Studiosサービスも海外で進行中!

仮想通貨,nem17この機能は、NEMのブロックチェーンをゲームのプラットフォームとして組み込んだものになります!

具体的に言いますと、ゲーム内で使われるクーポンを購入したり、ゲーム内で貯めた点数をネムの通貨に交換することができる仕組みです。

この点をみて、仮想通貨について調べている人なら「あれ?」と思うかもしれません。

さおりんさおりん

この機能、「仮想通貨エイダコイン」や、「仮想通貨MANA」のようなカジノやゲーム機能を持つ通貨とよく似ています。

機能の深さや、クオリティは知りませんが、仮想通貨NEMでもカジノ的・ゲーム的要素が、追加されています。

「仮想通貨NEMが、ほとんど全ての通貨の存在を脅かす」と言われているのも、こうして調べていると、だんだん納得していっちゃいますね。

5.2018年のロードマップ

仮想通貨,nem18

2018年1月:NEM(XEM)Global Hackathon

2018年1月11日:DMM Bitcoin 取り扱い開始

2018年Q1(1〜3月):Catapult リリース

上記3つが公になっている主なロードマップです。

これ以外にも補完する形で様々な他の計画があります。

6.将来性と考察

仮想通貨,nem19さて、ここまで読んでみていかがだったでしょうか?NEMの好き嫌いはあるかもしれませんが、この仮想通貨NEMの可能性については、みなさん感じられたかと思います。

さおりんさおりん

将来性ですが、かなりあると思っています。

まずは、Proof of Importanceを初めとした「新しい経済活動」を目指すNEMの開発の姿勢に、とっても信憑性が湧くのです。

SuicaやPasmoのような電子マネーは、今では当たり前のように流通しています。これは、便利で、しかも詐欺などの起こらない、安全な通貨であるからです。

そんな中、同じように仮想通貨も、電子マネーという点で便利であるのに加えて、面白くて、なおかつ手数料が減って、そして速く送金できたりするというメリットが、たくさん存在しています。

どうしてそんな仮想通貨が普及しないのか、最大の理由は、セキュリティの問題ではないでしょうか?
ハッキングといった行為などからの防護策が定かでなく、安全面が確保されいません。

要するにここで私が言いたいことは、「安全面さえクリアできれば、この仮想通貨が社会に普及して、当たり前に使われはじめる時代がすぐに来るんじゃないか?」ということです。

そして、その「社会に仮想通貨を普及させよう!」という想いが最も熱く感じられるのが、この「新しい経済活動」を掲げている仮想通貨NEMなのです。

さおりんさおりん

さて、「社会に流通するのはいいけれど、俺は儲けたいだけなんだ!」という正直な方もいらっしゃるかと思います。

実際に投資としての魅力も、今年2018年は少なくともあるとは思っています。

というのも、”カタパルト”が予定されています。

他の通貨よりも早い取引ができ、さらに”C++”で開発できるようになるなどの魅力的な追加機能が加わるとなると大きな価格上昇が見込めるでしょう。

さらに、現在はまだ、NEMを扱う取引所が世界的に少なく、知名度が低いようですが、今後は、ベネズエラ、コロンビアのような南米諸国、ドバイ、イスラム、バーレーンのような中東の国でも取り扱われたり、世界の企業と連携するなどの計画もあるため、NEMにとって今年は特に見通しが良いように感じます。

1つ不安面を挙げるとすれば、「”浅く広い”という風なイメージを与えかねない」という点です。

というのも、いろんな機能を含んでいて、どの機能も優秀であるのですが、これが裏目に出るような気もしないではないのです。

NEMと似たような、”なんでも屋さん”の通貨、中国の仮想通貨NEOも、一部の地域(原産国である中国)では人気がありますが、他国へのイメージは、あまりパンチが無いような気がします。

事実、日本でも仮想通貨NEOの魅力は、あまり感じられないのではないでしょうか?それよりも皆、リップルやイーサリアムに流れている気がします。

これらの点を踏まえて、まずは、今年2018年のNEMの動向を見守っていこうと私は思っています。

7.仮想通貨NEMを買うために取引所の紹介

仮想通貨,nem20

1.Zaif(ザイフ)

実は、mijinを開発したテックビューロが運営する仮想通貨の取引所です。(Zaifで仮想通貨NEMもってたら、ちょっとお得になるような仕組みないかな。笑)

セキュリティの高さと手数料の安さが特徴なので、1番オススメですね!

Zaif公式ページ

2.Coincheck(コインチェック)

日本の仮想通貨の取引所で、ついこないだハッキングを受けたところですね。使いやすさと種類豊富な仮想通貨のラインナップがいいのですが、セキュリティよりも宣伝など広告費にお金を使っていたという噂もあるようです。

Coincheck会社ページ

3.Poloniec(ポロニエックス)

海外にある仮想通貨の取引所で、60種類以上の通貨を取り扱っていて、驚きです。また、当然ですが、日本よりも海外のほうが手数料が安いので、運用を頻繁に行いたいという方には、海外取引所がいいかもしれませんね!

Poloniex会社ページ

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら

CryptoGTの無料登録はこちら

BitMEXの無料登録はこちら

BitMEXの無料登録はこちら