ホーム取引所Krakenは日本人向けサービス満載の仮想通貨取引所!その魅力や特徴を徹底解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.07 最終更新
はる

Krakenは日本人向けサービス満載の仮想通貨取引所!その魅力や特徴を徹底解説!

Kraken,日本

数ある仮想通貨取引所の中でも、特に日本人向けのサービスに特化したのが「Kraken」です。今回はそんなKrakenに焦点を当てて、日本人に利便性のあるサービスや魅力的な特徴等を徹底解説致します。

記事上「コメントボタン」

Krakenとは?日本人向けサービス満載なのが魅力の仮想通貨取引所!

Kraken,日本

日本国内で仮想通貨取引を行っていると、いつかは海外の取引所に興味を持ち始めますよね。

海外の取引所は日本の取引所に比べて手数料は若干見劣りするものの、なんといってもアルトコインの取扱い種類が多いのが魅力的です。

Krakenは、2011年7月28日サンフランシスコを拠点としたアメリカで設立された取引所で、2014年には早くも日本へと進出して、海外取引所では珍しく日本語対応や日本語のサポート等といった手厚いサービスを受けられる取引所として人気があります。

今回はそんな日本人に馴染み深い仮想通貨取引所Krakenの魅力的な特徴、メリットやデメリット、新規登録のやり方、口座開設方法等を中心にわかりやすく解説していきますのでぜひ参考にして頂ければ幸いです。

仮想通貨取引所Kraken|概要・基本情報

Krakenは特に「ユーロ / ビットコイン」の取引量が世界一と言われており、2014年に日本法人が破たんした「マウントゴックス事件」の被害者救済支援をする等、仮想通貨業界に多大な貢献をしている取引所として知られています。

下記が、Krakenの仮想通貨取引所としての主な基本情報になります。

会社名 Kraken
拠点 サンフランシスコ
代表取締役(CEO) Jesse Powell(ジェシー・パウエル)
設立日 2011年7月28日
取り扱い通貨(17種類) ビットコイン(XBT)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
モネロ(XMR)
オーガー(REP)
リップル(XRP)
ジーキャッシュ(ZEC)
アイコノミ(ICN)
ライトコイン(LTC)
ドージコイン(DOGE)
ステラ―(XLM)
メロンポート(MLN)
ダッシュ(DASH)
ノシス(GNO)
イオス(EOS)
ビットコインキャッシュ(BCH)
テザー(USDT)
取り扱い法定通貨(5種類) USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
JPY(日本円)
GBP(英ポンド)
CAD(カナダドル)
取引手数料 0%〜0.16%(指し値注文)
0.1%〜0.26%(成行注文)
日本円出金手数料 300円
BTC出金手数料 0.0005BTC
入金方法 銀行振込
提携銀行 三井住友銀行

※上記取扱い通貨で様々なペアが作成されています。
※上記取扱い通貨のうち、「ICN・DOGE・XLM・MLN・GNO・EOS・USDT」は国内の取引所では売買できません。

Krakenでの取扱い通貨|リップル円の導入を開始

Kraken,日本

上記の基本情報で記載したとおり、Krakenは仮想通貨だけでなく日本円を含めた法定通貨の取扱いも可能です。

2018年5月18日に、日本で大人気の仮想通貨リップル(XRP)と日本円の通貨ペアが追加されて円でのリップル取引が可能となりました。

日本でもコインチェック等でリップル円の取引が可能となっていますが、ビットコイン以外は全て「販売所取引」になってしまうというデメリットがあります。

はるはる

しかし、Krakenではリップル円の指値注文ができる他、様々な特殊注文があり色々な機能を利用できるのが非常に魅力的なんですよ!!

Krakenの仮想通貨取引所としての魅力や特徴とメリット

Kraken,日本

ではここで日本の取引所と比較して、Krakenがいかに魅力的な特徴をもっているのか、そのメリットをいくつかご紹介します。

Krakenの特徴①取扱い通貨が豊富

Krakenで取り扱っている仮想通貨に種類は、基本情報の記載通り17種類となっており、日本の取引所よりも豊富なのが特徴です。

一般的な海外の取引所の中でも、完全日本語対応をしている海外の取引所の中では、Krakenは仮想通貨の取扱い数はトップクラスです。

いくら仮想通貨の取扱い数が数百種類と多くても、完全日本語対応していない海外取引所では「ハードルが高い」「英語が苦手なので操作しづらい」等の理由で手を出せない人も多いようです。

そういった点で、Krakenは早くから日本に拠点をおいており完全に日本語対応している上に、日本企業との提携なども多いので安心して取引可能です。

Krakenの特徴②日本円以外の法定通貨も使用可能

Kraken,日本

2018年7月末現時点では、海外のほとんどの仮想通貨取引所で日本円の入金対応はしていないのが現状です。

その為、日本円の入金に対応していない海外の取引所を利用する場合、「いったん日本の取引所で日本円を入金してからビットコイン等の仮想通貨を購入し、海外の取引所に送金してから」でないと海外の取引所での取引ができないので、送金時の手数料と手間がかかるのが難点です。

それでも、豊富なアルトコインの取扱い種類が多い海外の仮想通貨取引所を利用する人も多数居ますが、

はるはる

Krakenであれば日本円の入金対応をしているので、直接日本円を入金して取引できるのは非常に大きなメリットだと思います!!

※ただし、日本円の入金には「本人確認手続きの為の身分証アップロード」が必要です。

Krakenの特徴③日本語対応している

Krakenは、数ある海外取引所の中でも、公式サイト、トレードの為のツール等、ほとんどが日本語化されているので、日本人にとっては非常に利便性が高い取引所です。

英語が苦手で海外取引所を避けていた人でも問題なく利用できますので、国内の取引所とほぼ同じような使い心地を実感できるでしょう。

Krakenは海外取引所とは思えないほど、日本人向けのサービスが充実していますので、仮想通貨取引初心者の人でもすぐに慣れる事ができるのは大きなメリットと言えます。

Krakenの特徴④取引手数料が安い

仮想通貨を日本で購入する場合、通貨によっては販売所でしか購入できないものもあって手数料が高くなるケースはよくありますよね。

しかし、Krakenでは全ての仮想通貨が取引所を通して売買可能なので取引手数料が安く済むのです。

ちなみに、Krakenの取引手数料については、取引する量によって以下の範囲で変動します。

  • 指値注文:0~0.16%
  • 成行注文:0.1~0.26%

海外最大と言われている仮想通貨取引所「Binanceの取引手数料0.1%」と比較しても安い事がわかります。

Krakenの特徴⑤スマホアプリが使いやすい

近年ではスマホが普及して一人1台スマホを持っているのが当たり前になっていますよね。
その為、各取引所はスマホアプリの開発を積極的に進めているようです。

Krakenもそんな取引所の一つで、スマホアプリを開発・提供しています。

はるはる

もちろんこのスマホアプリも取引所と同様に、完全日本語対応となっているのは嬉しいですね!!

Krakenが提供しているこのスマホアプリが非常に使いやすいと評判が高く、特にトレードに慣れた中級者以上のユーザーにとって豊富な機能(アラートによるニュース配信等)が満載です。

Krakenの特徴⑥セキュリティが高い

Kraken,日本

Krakenは、数ある海外の仮想通貨取引所の中でも特にセキュリティが高い取引所として有名です。

このセキュリティの高さを売りにして、ヨーロッパ中心に規模を拡大していき「ユーロでの取引量が世界一」となったほどで、圧倒的な信頼を得ています。

具体的な例で言えば、ログイン後一定時間放置すると自動ログアウトする機能や二段階認証などももちろん設定できますし、システムを冗長構造にしたり暗号化したりする事も出来る為、ハッキング対策にも非常に力を入れているようです。

また、取引所内にある仮想通貨は、全てオフラインのコールドサーバー(ネットワークから遮断したサーバー)に厳重保管されるので、そこへのクラッキングなどは物理的に不可能と言われています。

Krakenの特徴⑦サポートが充実している

Krakenは、海外の仮想通貨取引所としては非常に珍しく「日本語によるサポート対応」を行っています。

公式サイトにあるヘルプセンター内のFAQも充実しており、見やすくわかりやすいので利用上迷う事があれば、このFAQを見る事でほぼ解決するほどです。

仮想通貨取引を海外で行う際、万が一のシステムトラブル等が起きた時に「日本人向けのお問い合わせフォーム」がある点は非常に助かるので安心して取引できます。

仮想通貨取引所Krakenの注意点、デメリットは?

Kraken,日本

Krakenには魅力的なメリットがたくさんある事がわかりましたね。
ただ、どんな有能な取引所にもデメリットは存在します。

ここでは、主なKrakenを利用する際のデメリットをチェックしましょう。

Krakenのデメリット①新規登録に時間がかかる

Krakenは前述したように、海外でも特にセキュリティに優れた仮想通貨取引所で、登録時のセキュリティ設定に「多段階認証システム」を導入しています。

その中でも特に書類を郵送しなければならない「レベル3段階の審査に時間がかかる」ケースがあるようで、書類が届くまでに数週間~1カ月待たされることもあるようです。

その為、新規口座を開設してすぐに取引所を利用したい人にとってはデメリットと言えるでしょう。

Krakenのデメリット②使用感が初心者向けではない

一般的な大手海外取引所の取引画面と比較して、Krakenの取引画面はチャートが表示されない点やユーザーインターフェースが中級~上級者向けであり、初心者にはわかりづらいと言われています。

実際にわたし自身もKrakenの取引画面を操作してみましたが、日本の主な取引所であるコインチェックやbitFlyerに比べてやはり若干わかりづらいです。

また、売買注文画面では、様々な取引形態(指値注文や成行注文、ポジション決済等)が選択できますが、この点もやはり仮想通貨取引初心者には難しいような気がします。

ただ、初めて日本語非対応の海外の取引所を使用し始めて慣れてくるのと同じように、Krakenで何度も取引する事に慣れている人とっては、違和感なく使用可能でしょう。

はるはる

逆に他の取引所よりもカスタマイズ可能な部分が多いので便利に感じる人もいるかもしれませんね!!

Krakenのデメリット③入金に時間がかかる

Krakenは日本円を入金できる数少ない海外の取引所ですが、実は入金した際まれにそれが反映されるまで数日かかる事があると言われています。

日本円を入金して数日かかる事はごくまれとは言われていますが、入金するタイミングによって送れが生じた場合、投資家としては重大な損失を被る事につながります。

この点は致命的なデメリットになる可能性があると言えます。

もしどうしても心配な人は、ビットコイン建てで取引して資金運用するならば問題はありません。

Krakenのデメリット④サーバーが弱い

Krakenで取引を行っている人は、ほとんどが分かっているとは思いますが、他社と比較してサーバーが弱いと言われています。

取引画面から別の画面に移る際に「520エラー」が出てしまう事が多いようです。

この520エラーはサーバー側の問題なので、クライアント側である利用ユーザーにはどうする事もできません。

こうした取引画面を管理するサイトに問題があると、ユーザーとしては預けている資産が心配になりますよね。

はるはる

この点は、今後のKrakenの最大の課題であり早急に対処すべき問題だとわたしは思います!!

ただ、Krakenの公式サイトの記載によれば、「これまで一度も外部からサイバー攻撃に合ったことはない強固なシステム」とありますので、セキュリティ対策自体は徹底しているようです。

Krakenの新規口座開設・登録方法は?認証レベルに要注意!

Kraken,日本

前述したように、Krakenは完全日本語対応しているので、新規に口座を開設し登録する方法は非常にわかりやすく簡単です。

実際にKrakenの口座開設・新規ユーザー登録をしたい方は下記手順に従って登録の参考にして下さい。

【Kraken口座開設方法】
①公式サイトにアクセスし一番下の「新規登録」ボタンをクリックする
②必要事項(メールアドレス・ユーザー名・パスワード)を入力し設定する
③Krakenから登録メールアドレスに届いたメールを開く
④メール内にあるURLリンクをクリックするとアカウントが有効化される
⑤公式サイトの右上にある「ログイン」ボタンを押しログインできると完了

Krakenには5段階の認証レベルが設定できる

セキュリティに力を入れている取引所だけあって、Krakenではなんと5段階もの認証レベル設定を導入しています。

自分が必要とする認証レベルを設定しておきましょう。
また、認証レベルが上がれば上がるほど、必要な本人確認書類などが多くなります。

認証レベル0

Krakenの口座開設後、アカウント登録を終了した直後の段階です。
この段階では、入出金は不可能となっていますので、取引を行う場合は認証レベルを上げましょう。

認証レベル1

「名前・生年月日・居住国・電話番号」を登録するとこの段階になります。
認証レベル1は全ての取引が可能となりますが、入出金は仮想通貨のみで円などの法定通貨の入出金ができません。

ほとんどの日本人登録者は、円での入出金ができないと不便ですのでもう一段階認証レベルを上げましょう。

認証レベル2

認証レベル1から「現住所の登録」を設定する事で認証レベル2に上がります。

この段階でやっと円などの法定通貨の入出金が可能となります。
仮想通貨取引が初めての方は、まずはこの認証レベル2まで設定をしておきましょう。

認証レベル3

認証レベル3にする為に必要となる書類は主に以下の3つとなります。

  • パスポート又は運転免許証(写真付きの身分証明書)
  • 現住所が確認可能な書類(過去3か月以内の公共料金請求書、住民票)
  • ID確認写真

以上の3つを提出する事で、入出金の限度額がアップします。

認証レベル4

認証レベル最高となる4は、入出金の限度額をさらにアップする事が可能になって高額な取引ができるようになります。

しかし、ここで取引可能となるのは数千万円単位での取引となる為、ほとんどの方は認証レベル3までの設定で4まで上げる必要はありません。

仮想通貨取引所Kraken利用者の口コミ評判まとめ

Kraken,日本

仮想通貨取引をする上で実際にKrakenを利用している人の口コミ評判は非常に参考になります。ここでは、Kraken利用ユーザーの口コミをいくつかご紹介します。





上記の様に、Krakenの口コミや評判についてはTwitter上で多く散見されます。

はるはる

特に仮想通貨取引所として、「日本円の入金が可能な点」「セキュリティが高い点」を評価している人が多かったですね!!

意外にも、「完全日本語対応」に関する良い口コミはあまり見られませんでした。
Twitterに投稿するほとんどの人は、仮想通貨取引に慣れている人が多い為、海外の取引所が英語ばかりでも、慣れれば扱い方にそれほど困らないようですね。

また、良い口コミが多かったのですが、やはりデメリット面でご紹介したサーバーの弱さを指摘する人が若干多いようです。

自分の大切な資産を預けるユーザーに、安心安全に利用してもらいより信頼を得る為にも「Krakenのサーバーエラー問題」は早急に改善すべき点と言えるでしょう。

仮想通貨取引所Kraken|資産運用として仮想通貨取引に慣れている人はおすすめ!

Kraken,日本

今回は、セキュリティの高い完全日本語対応の海外仮想通貨取引所Krakenの魅力をご紹介しました。

Krakenは、実際に口座を開設して取引画面を見ると分かりますが、パッと見て初心者ではわからないくらいハイエンドなインターフェースになっています。

仮想通貨取引の詳細なカスタマイズが可能な点がメリットになりますが、

はるはる

やはりトレードに慣れている人の方が取引画面上の特性を活かせるとわたしは思います!!

資産運用として仮想通貨取引に慣れていて、かつ海外の取引所で取り扱っている豊富なアルトコインを運用してみたいという人には特におすすめと言えるでしょう。

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」