ホーム市況4/16の仮想通貨市況
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Editor-in-Chief Takashima

4/16の仮想通貨市況

4月16日の仮想通貨市況

・米VCのパンテラ・キャピタルがビットコインの価格を予想
・コインチェックの新体制が正式に発足

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

16日の仮想通貨市場は連日の上昇傾向を底堅く保ちつつ、90万円の大台に乗ったところで利確売りが入ったのか、午後になり大きな値下がりをすることになりました。


https://coinmarketcap.com/charts/より

16日21時31分現在の主要通貨の価格と変動は以下の通り

12日、運用資金が860億円を超える米国のVCであるパンテラ・キャピタル・マネジメントは投資家向けリポートにて、
「ビットコインの今回の弱気相場の底は6,500ドルだった。」
「今年中に2万ドル弱(215万円)の史上最高値を突破する公算が大きい。」
と予想しました。

パンテラ・キャピタルのダン・モアヘッドCEOは、ビットコインの価格が新高値に届く前に50%下落すると予測し、2月には実際にビットコインの価格が65%の下落を見せています。
そのパンテラ・キャピタルが出した高騰の予想に、市場には安心感が広がっています。

公式サイトのプレスリリースによると、16日をもって、コインチェック株式会社はマネックスグループ株式会社の完全子会社となり、新しい経営体制を発足したことが発表されました。

報道や記者会見で明らかになっていた通り、代表取締役には勝屋敏彦氏、元社長の和田晃一良氏と元CTOの大塚雄介氏は執行役員として経営陣に残留することとなり、記者会見時に宣言していた2か月以内のサービス全面再開に向けて動き出しました。

この計画が予定通りに遂行されてコインチェックの再開が果たされた場合、既存の大手企業による仮想通貨交換業の最初の本格参入となるため、注目が集まっています。

【この記事を書いた女子会メンバー】

Editor-in-Chief Takashima
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
Editor-in-Chief Takashimaの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事