ホーム市況4/17の仮想通貨市況
たかしま編集長

4/17の仮想通貨市況

4月17日の仮想通貨市況

・米Coinbaseがビットコイン送付型SNSのearn.comを買収
・米Krakenが日本在住者向けのサービスを廃止
・リップルがイギリス当局に日本に続いた規制を要求

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

17日の仮想通貨市場は昨日の下落から反転、底堅く上昇する形を見せています。


https://coinmarketcap.com/charts/より

17日21時30分現在の主要通貨の価格と変動は以下の通り

17日、米国最大の仮想通貨取引所であるCoinbaseが、SNSの「earn.com」を買収しました。その額は未公開ながら、百億円を超えるものになるのではと言われています。

earn.comは電子メール・アンケートに返答するとビットコインがもらえるサービス。最初にメールを送る人間がビットコインを支払うことで、返答者は返信するメッセージを選択し、回答をすればビットコインを受け取ることができます。
earn.comのユーザー数は数十万を超えるといわれ、今後はCoinbaseの元で存続し、Coinbaseの抱えるユーザーへと拡大していく方針のようです。

一方、米国の仮想通貨取引所のKraken(クラーケン)が、日本在住のユーザーに向けたサービスを終了させることが明らかになりました。
日本での事業コストの上昇が原因であるとされ、2018年6月末までにはすべて暫定的に停止。再参入の可能性については言及したものの、見通しは立たない状態です。

今回のKraken(クラーケン)の日本からの撤退は、金融庁による仮想通貨取引所に対する締め付け、またユーザー保護の施策を打たない海外取引所への警告などといった厳しい姿勢が影響している可能性があります。

仮想通貨取引所にとっては大きな負担となっている日本行政の態度ですが、世界第三位の仮想通貨であるリップルのリップル社規制担当のライアン・ザゴネ氏は17日、イギリスの規制当局に対し、日本に続いて新しい規制を導入するように求めていることが分かりました。

ザゴネ氏は、「顧客保護」「反資金洗浄」「安定性」
の三つの原則をもとに、仮想通貨を取り巻く枠組みを整備するべきだと語っています。

適切な規制は市場を健全に成長させることが期待されるため、イギリスでの規制が前進することとなった場合、大きな好材料として市場に受け入れられる可能性が高いでしょう。

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一わかりやすい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

大人気スマホアプリ!

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら

CryptoGTの無料登録はこちら