ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨と電子マネーの違いとは?初心者でもわかる解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

仮想通貨と電子マネーの違いとは?初心者でもわかる解説!

仮想通貨 電子マネー

仮想通貨と電子マネーは似たような性質を持っていますが、違いについて理解しているでしょうか。仮想通貨初心者の方でもわかりやすいように、違いについて解説していくので参考にしてみてください。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ビットコインなどの仮想通貨は、最近メディアでの露出も多く話題になっています。しかし。一体どういう仕組みを持っている通貨なのか、メリットやデメリットは何なのかわからないという方も多いでしょう。
また、同じような性質を持つと言われている電子マネーとの違いについても、混同してしまい、それぞれの特徴を間違った認識で覚えてしまう可能性があります。
今回は、そんな仮想通貨と電子マネーの違いについて、詳しく紹介していくので、参考にしてみてください。

仮想通貨の特徴

仮想通貨 電子マネー

仮想通貨とは暗号技術を用いて成立する電子的な通貨のことを指していて、国家による制限や保証を持たないのが特徴となっています。紙幣とは違い、電子データのみの取引ですが、紙幣で行える交換や決済などの仕組みを担うことが可能です。

他にもどんな特徴がある通貨なのか、詳しく解説していきます。

発行上限が決められている

通常、紙幣などの通貨は発行上限が決められていないため、可能であればいくらでも発行すること可能です。しかし、発行枚数が多くなると、インフレを引き起こしてしまい、物品の価値を大きく揺るがす問題に発展することがあります。

その点、仮想通貨には発行上限が設けられているのが特徴です。

メディアでも有名なビットコインで例えると、マイニングという発掘作業が成功した時に、新しくビットコインが発行され、報酬として支払われますが、徐々に発行量は少なくなっていき、発行上限に達すれば新規にビットコインが発行されることはありません。

法定通貨に換金することができる

仮想通貨の特徴は、法定通貨である円やドルなどに換金が可能という点です。取引所で手持ちの仮想通貨を売却することで、換金することができるので、資産のような形で維持することができるのが魅力になっています。

保有している仮想通貨の価値が上昇すれば、売却する時に、購入した際の金額よりも高値で取引を行うことも可能です。反対に、仮想通貨の価値が下落してしまうと、売却時には購入金額よりも下回る金額で売却することになるので、法定通貨に換金するタイミングにも注意する必要があります。

仮想通貨と電子マネーの違い

仮想通貨 電子マネー

電子データでやり取りする点では似たような性質を持っている仮想通貨電子マネー。違いはどの部分にあるのでしょうか。

それぞれの差異について紹介していくので、参考にしてみてください。

仮想通貨は中央管理者がいない

基本的に仮想通貨は中央管理者がいないシステムになっていて、誰かの取引をみんなで監視するような体制になっています。その点、電子マネーで例を挙げるのであれば、Suicaの管理はJRが行っているように、電子マネーには管理を行う責任者がいるのが特徴です。

本来多くの通貨は、信頼できる管理者を設けることで運営が成り立っています。しかし、仮想通貨の場合は、特定の団体に干渉されずに、各々が作業を行う上で書き換えられないように保証をするという特性があるのです。

仮想通貨は一つの団体に管理を任せるのではなく分散型、電子マネーは中央管理者を設けて、一つの団体に任せるという違いがあります。

仮想通貨は換金可、電子マネーは換金不可

仮想通貨は、法定通貨から仮想通貨に換えた後に、もう一度法定通貨に換えることも可能な換金が可能な通貨となっています。しかし、電子マネーは一度法定通貨を電子マネーに変換すれば、法定通貨に戻すことができず、換金は不可能なのが原則です。

つまり電子マネーの場合は、法定通貨を電子マネーに変換すれば一方通行のため、お金で電子マネーを購入した後は返品不可というイメージなのが正しい認識になります。

利便性でいえば仮想通貨の方が換金が可能なので、使い勝手はいいといえるでしょう。

管理者がいない仮想通貨は安全?

仮想通貨 電子マネー

中央管理者がいない仮想通貨ですが、活用する上で安全性は確保されているのでしょうか。中央管理者がいれば、監視を行ってくれているため、危険性はありませんが仮想通貨の場合は分散型であるため、常に監視することは難しいでしょう。

仮想通貨の安全性は問題ないのか解説していきます。

暗号技術で守られている

仮想通貨の管理は高度な数学を用いて、暗号技術が使用されているためまず破られることはないでしょう。個人で開発された仮想通貨などでは、セキュリティが甘い可能性がありますが、世に出ている仮想通貨であれば、堅牢なシステムが活用されているため、トラブルが発生する可能性は低いのです。

電子署名によって不正な送金が防げる

仮想通貨で取引が行われる際には、誰と誰が取引を行ったのか、電子的な取引証明書が残されます。この取引証明書が改ざんされないように、暗号化する鍵が用意されているのです。

この暗号化された鍵は、送金された方しか持っていないため、勝手に取引証明書を作ることができないため、仮想通貨が偽造されることはありません。そのため、安全に取引を行うことが可能なのです。

仮想通貨と電子マネー:まとめ

仮想通貨 電子マネー

仮想通貨電子マネーの違いについて解説してきましたが、他にも電子マネーの決済は、限定的なものが多いというデメリットもあるため、仮想通貨の方が決済については柔軟に対応できる性質を持っています。

しかし、日本では仮想通貨で決済できる店舗も少ないため、今後の導入次第では、さらなる仮想通貨の成長が期待できそうです。

また、仮想通貨は換金可能な電子通貨なので、使い勝手もよく、資産として残せるのも魅力の一つといえるでしょう。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事