ホーム最新ニュース仮想通貨で会社設立!?イーサリアムを組み込んだ現物出資
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.06.20 最終更新
研修生

仮想通貨で会社設立!?イーサリアムを組み込んだ現物出資

仮想通貨 イーサリアム

この数年で仮想通貨自体が認知されて流通も増加していますが、先日仮想通貨が資本金に組み込まれた会社が設立されるというニュースが流れました。資本金2億円のうち9,800万円相当のイーサリアムが組み込まれるようです。
今回はなぜイーサリアムを資本金に組み込んだのか、設立された会社の目的やメリットなど調べていきたいと思います!

記事上「コメントボタン」

仮想通貨を資本金に出来るの?


これまでは現金以外での資本金と言えば不動産や有価証券などの現物出資が一般的でした。まだまだ相場の変動が激しかったり、セキュリティの問題などが取り上げられている仮想通貨を資本金として組み込む事は可能なのでしょうか?

結論から言うとそれは可能なんです!いくつかの仕組み作りが必要にはなりますが、企業会計基準委員会(ASBJ)が2018年3月に策定した会計ルール、原則として保有する仮想通貨を期末に時価評価し価格変動に応じて損益を計上する事などの透明性があるルールに従えば可能という事です。

今回設立される「ディフィニティ」はスマートコントラクトシステムズ社とシンプレクス社の共同出資で設立されますが、イーサリアムで出資を行うスマートコントラクトシステムズ社は多めに現物出資を行い、価格変動に伴う出資比率の変動を補うようです。


仮想通貨を資本金に組み込む目的は?

仮想通貨 イーサリアム

設立される「ディフィニティ」は主に仮想通貨のシステムを展開する会社です。
共同出資するスマートコントラクトシステムズ社とシンプレクス社はどちらも仮想通貨取引のノウハウをもっており、仮想通貨を資本金に組み込むことで企業活動の宣伝や仮想通貨の普及、地位向上に貢献するはずです。

取引所やシステム開発など仮想通貨を取り扱う会社にとっては企業活動の一環として資本金に組み込むメリットはありそうですね!

仮想通貨での出資は増えるの?


スマートコントラクトシステムズ社の垣谷氏は「新しいアセットクラスとして評価された」と話しており将来的にはスタンダードな投資資産として期待ができそうです!
現時点では他に新会社設立に伴うイーサリアムなど仮想通貨での出資というニュースは探せませんでしたが、他にもイーサリアムを活用した取り組みが行われようとしています。

欧米や日本では企業連合やグループを作り、企業間取引などに使える新たな技術開発を進めています。将来的にどの会社も仮想通貨を利用し、資本金もすべて仮想通貨なんていう日が来るかもしれません。

仮想通貨で会社設立!?仮想通貨で現物出資 まとめ


今回設立される「ディフィニティ」は2018年5月に設立予定となっています。まだ実例がないのでイーサリアムによる資本金のメリット、デメリットが立証されていませんがこれからどうなるのか非常に楽しみですよね!

今回のイーサリアムでの現物出資のように仮想通貨の活用方法がどんどん広がりを見せていっています!私たちも遅れをとらないようにしっかりと仮想通貨を勉強して、ためになる記事をご紹介していきたいと思います!

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」