ホーム仮想通貨初心者向け次世代仮想通貨の技術である「サイドチェーン」について徹底解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.05.18 最終更新
さおりん

次世代仮想通貨の技術である「サイドチェーン」について徹底解説

仮想通貨,サイドチェーン

これからの仮想通貨に必要不可欠になってくる可能性のあるサイドチェーン。サイドチェーンの実装によって、トランザクション機能の向上や2way-pegによる仮想通貨同士の取引が可能となります。今回は、サイドチェーン技術を解説しています。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
さおりんさおりん

ねー、ねー、昨日ビットコイン・ニュースでサイドチェーンの話が出てたわね。ビットコインまた価格が上昇するかもね。

ゆいゆい

サイドチェーン!!なに、それ!?

さおりんさおりん

この前話したばっかりじゃない。

ゆいゆい

そうだっけ。さっぱり忘れちゃったみたい。

さおりんさおりん

サイドチェーンは、これからの仮想通貨にとって大事な技術なんだよ。ちゃんと覚えておいてよね!!

サイドチェーンという言葉を初めて聞いて人もいるかもしれません。

しかし、新しく発行される仮想通貨には必要不可欠な技術であるといわれているサイドチェーン。
さらに仮想通貨の機能を広げる可能性を秘めているのが、サイドチェーンなのです。

そこで今回は、次世代仮想通貨の技術『サイドチェーンについて分かりやすく紹介していきたいと思います。

サイドチェーン(Sidechain)とは!?

仮想通貨,サイドチェーン

サイドチェーンとは、仮想通貨のブロックチェーン上に繋がったもう一つのブロックチェーンのことを指します。

サイドチェーンを繋ぐことで、仮想通貨には新たな機能が追加できたり、取引の処理速度が向上したりできるようになります。

サイドチェーンが開発されたことによってさまざまな可能性が広がると専門家の間では評価の高い技術です。

2つのブロックチェーンが繋がることになるため、仮想通貨のブロックチェーンを親チェーン、サイドチェーンを子チェーンと呼んで区別します。

サイドチェーンが開発された背景

仮想通貨,サイドチェーン

さおりんさおりん

サイドチェーンは、ビットコインの取引データを承認するスピードを向上させるために開発されたのよ。

ビットコインは、取引データに改ざんがないかビットコイン・ネットワーク参加者が複雑な計算によって確かめることで承認作業が行われています。

この仕組みでビットコインの取引は何も問題がありませんでした。

しかし、ビットコインの取引数が増えるに従って、承認作業に時間がかかるようになってしまい送金が遅れるという問題が出てくるようになったのです。

さおりんさおりん

ビットコインの問題を解決するため、2014年Blockstream社によってサイドチェーンが開発されたのよ!!

(2016年、Blockstream社は米国商標庁より特許防衛ライセンス(DPL)を取得しています。)

サイドチェーンは、ビットコイン取引の承認処理速度を向上させると期待されています。

サイドチェーンで可能になること

仮想通貨,サイドチェーン

サイドチェーンを実装することで、主に4つのことができるようになります。

1.取引承認の処理速度が向上する
2.スマートコントラクト機能の追加
3.サイドチェーン上に独自通貨の発行
4.2way-peg(ウェイ・ペグ)による仮想通貨との交換

では、詳しく見ていきましょう。

サイドチェーンで可能になること1 取引承認の処理速度が向上する

サイドチェーンを実装された仮想通貨は取引承認の処理速度が向上します。

また、取引承認の演算処理の負担が軽減されるので、手数料が安くなるというメリットもあります。

サイドチェーンで可能になること2 スマートコントラクト機能の追加

サイドチェーンでは、スマートコントラクト機能を追加することができるようになります。

イーサリアムでは、既にスマートコントラクト機能が実装されているので、ビットコインのブロックチェーンを利用している仮想通貨で効果があります。

ビットコインのブロックチェーンは、非常にセキュリティ能力が高くデータ改ざんは不可能な仕組みとなっています。

イーサリアムのようなカスタマイズ性能は高くなく、取引データの記録しかビットコインのブロックチェーンでは利用できないところが難点でした。

しかし、サイドチェーンを実装することによってビットコインのセキュリティ能力は保たれたまま、スマートコントラクト機能も追加できるようになるのです。

ビットコイン・ブロックチェーンにサイドチェーンを実装すると、堅牢性が高く、スマートコントラクトの機能性もある仮想通貨に進化できます。

サイドチェーンで可能になること3 サイドチェーン上に独自通貨の発行と2way-peg(ウェイ・ペグ)

サイドチェーンを実装すると、親チェーンとは別にサイドチェーン(子チェーン)上に独自通貨を発行することができます。

この独自通貨は、サイドチェーンの2way-peg(ウェイ・ペグ)という技術によって、親チェーンの仮想通貨と交換することができるようになります。

例えば、ビットコインにサイドチェーンを実装し、子チェーン上にサイド・コインを発行したとします。

このサイド・コインとビットコインが交換可能となるわけです。

最近では新しく仮想通貨を発行するICOが乱発していて、本質的な価値がないため大きく取引価格を下げるものもあります。

いくら素晴らしい仮想通貨であることをアピールされても、大きく価値を下げてしまう可能性のある仮想通貨には投資もできません。

しかし、2way-pegでビットコインと交換できる状態であれば、ある程度の価値は担保されることとなり、安心して新しい仮想通貨にも投資を行えます。

サイドチェーンの問題点

サイドチェーンで独自の仮想通貨が発行できるため、多くの仮想通貨が発行されることになると、マイニングの集中化が進んでしまうという心配な点があります。

必然的に高性能な演算処理能力を持つマイニング企業に、報酬が集中してしまうかもしれません。

サイドチェーン 3つのプロジェクト

サイドチェーンを実装したプロジェクトは3つあります。

1.Blockstream社が開発した「Liquid」
2.RSK Labsが開発した「Rootstock」
3.スマートコントラクト・プラットフォーム「Lisk」

では、詳しく見ていきましょう。

サイドチェーンのプロジェクト1 「Liquid」

Liquidは、Blockstream社によって初めて実用化されたサイドチェーンです。

Liquidのサイドチェーンによって、ビットコインを扱う仮想通貨取引所やウォレットを互いに繋げることができます。

イメージとしては、各仮想通貨取引所は持ち寄ったビットコインをLiquidに預けることで、いつでもビットコインを引き出せるようになるという仕組みです。

Liquidによって、長時間かかっていたビットコインの送金が数秒で済んでしまうことになります。

Liquidは、ビットコイン取引所の利便性を大幅に向上させました。

サイドチェーンのプロジェクト2 「Rootstock」

Rootstockは、Liquidより性能が向上しており、ビットコインブロックチェーン上にスマートコントラクト機能を実装することが特徴です。

Rootstockは、ビットコイン・ブロックチェーンの堅牢性を持ちつつ、イーサリアムのスマートコントラクトの機能性を持っています。

つまり、Rootstockはビットコインとイーサリアムの2つの良さを掛け合わせたいいとこどりをした仮想通貨だということです。

Rootstockが、次世代仮想通貨といわれる理由は、2つの仮想通貨の特徴を持っているからなのです。

サイドチェーンのプロジェクト3 スマートコントラクト・プラットフォーム「Lisk」

Liskは、イーサリアムと同様のスマートコントラクト機能を利用するためのプラットフォームです。

Liskのスマートコントラクトは、プログラミング言語のJavascriptを採用しているため、エンジニア達から利用しやすいと評価が高くなっています。

Liskは、イーサリアムのセキュリティ面での懸念点が改善されています。

次世代仮想通貨の技術である「サイドチェーン」について徹底解説のまとめ

今回は、『次世代仮想通貨の技術であるサイドチェーンについて以下の内容でお話してきました。

サイドチェーン(Sidechain)とは!?
サイドチェーンが開発された背景
サイドチェーン技術で可能になること
-サイドチェーン技術で可能になること1 取引承認の処理速度が向上する-
-サイドチェーン技術で可能になること2 スマートコントラクト機能の追加-
-サイドチェーン技術で可能になること3 サイドチェーン上に独自通貨の発行-
-サイドチェーン技術で可能になること4 2way-peg(ウェイ・ペグ)による親チェーンの仮想通貨と子チェーンの独自通貨の交換-
サイドチェーン 3つのプロジェクト
-サイドチェーンのプロジェクト1 「Liquid」-
-サイドチェーンのプロジェクト2 「Rootstock」-
-サイドチェーンのプロジェクト3 仮想通貨「Lisk」-

サイドチェーン技術の素晴らしさが理解できたでしょうか。

サイドチェーンは、これからの仮想通貨にとって必要不可欠となりうる技術です。

もし、新しい仮想通貨に投資をする際は、サイドチェーン技術が使われているかを確認しましょう。

投資する仮想通貨の開発能力を測るものさしになります。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!!

最終更新日:2018年05月18日

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事