ホームウォレットビットコインウォレットその種類と作り方は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.06.20 最終更新
研修生

ビットコインウォレットその種類と作り方は?

ビットコイン ウォレット 作り方

ビットコインウォレットは送金や決済に便利で重宝しますが、その種類もいろいろあります。ここではウォレットの作り方と一緒に用途に応じたウォレットの種類と使い方をお伝えしていきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ビットコインウォレットとはどんなもの?

ビットコインウォレットは直訳すればビットコイン用財布という意味になりますね。ビットコインを貯めておく役割は名前から想像できますが、実体のない仮想通貨の財布とはどういう意味なのでしょう。

ビットコインウォレットは秘密鍵と公開鍵であるビットコインアドレスによってビットコインを保管するだけでなく、送金や入金、決済などの管理をします。
この公開鍵であるビットコインアドレスから送金や決済が可能になります。

イメージとしてはネットバンキングに似ています。ネットバンク口座が公開鍵、ビットコインアドレスのイメージで、ネットバンクにログインするときの暗証番号が秘密鍵のイメージです。秘密鍵はその性質上、他人に知られてはいけないとても大切なものだということがわかりますね。公開鍵と秘密鍵、この二つを組み合わせて初めて送金が可能になります

ビットコインウォレットの役割

ビットコイン ウォレット 作り方

2018年1月26日、コインチェック取引所に預けていたNEM(ネム)580億円がハッキングにより流出したという事件は記憶に新しいです。これはコインチェックでのNEM(ネム) の管理がホットウォレットだったことによって起こった事件だと考えられています。

取引所のウォレットが完全なセキュリティを保てないことを目の当たりにして、確実に保管するにはどうしたらいいのかと誰でも思うのではないでしょうか。

大切なビットコインはできるだけ安全に管理したいですよね。重要な役割を持ったビットコインウォレットにはいろいろな種類があるので、自分の要望に合わせて選ぶことができます。その一方で容易に送金、決済できる利便性もウォレットの良さです。スピーディーな決済、簡単な操作による送金など使える機能が満載です。

ホットウォレットとコールドウォレットその特徴は?

ビットコインウォレット作り方を知る前にそれぞれのウォレットの特徴を知っておく必要があります。

その上で自分がどんなウォレットを作りたいのかを選んでいきましょう。
ウォレットの種類をひとつずつ紹介する前に大まかに2種類に分けるとわかりやすいです。

まずネットにつながったオンライン=ホットウォレットと、つながっていないオフライン=コールドウォレットに分けてみます。動きのあるネットにつながっているからホット、ネットから遮断されていてコールドと覚えてみるとイメージがしやすいと思います。

取引所のコインチェックで保管していたネムはホットウォレットの部分から流出したと言われています。このことからわかるのはホットウォレットは送金などに便利な代わりに万が一のハッキング、流出の可能性があるということです。ですから多量のビットコインを保管するには向いていません。

いろいろな種類のウォレット

では二種類に分けたうえで、様々な種類のウォレットを見ていきましょう。まずオンラインであるホットウォレットにはどんなものがあるでしょう。

ホットウォレットとは?

取引所、ウェブウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレットがあります。

ウェブウォレットは自分で手軽にアドレスを設定することができます。取引所もウェブウォレットのひとつです。

秘密鍵は自分で持つか、管理会社に管理してもらうかを選べます。ただし管理会社の管理の場合、ネムのように流出という事態になる可能性があります。

デスクトップウォレットはパソコンにダウンロードして使うウォレットで、モバイルウォレットはスマホアプリでダウンロードして使うウォレットなので、自分で秘密鍵を管理します。取引所に預けてハッキングに合うより安心ですが、パソコンやスマホもウイルス対策しておく必要があります。

ネットにつながっている、イコール完全に安全とはいえない、ウィルス対策などが必要ということになるのです。その代わりホットウォレットは頻繁に利用する送金や決済時に便利です。

コールドウォレットとは?

次にコールドウォレットを紹介します。ハードウォレットと呼ばれる外部デバイス、または原始的な方法ですが、紙に記録したペーパーウォレットもこれにあたります。ハードウォレットはUSBメモリのようなものだとイメージしてください。ネットにつながらないので絶対ハッキングにはあいません

紛失や破損、盗難にあわないないかぎりは大丈夫です。ですから多額のビットコインの保管、管理におすすめします。安全性を求めるならコールドウォレットを選びましょう。そのかわり、自分で管理するので、秘密鍵の暗証番号を忘れたり記録しておいたペーパーウォレットを紛失したらその時点でアウトです。二度とビットコインを取り出せなくなってしまいます。ですから完全な自己管理が大前提です。

ビットコインウォレットにはどんなものがある?

ビットコイン ウォレット 作り方

現在ビットコインに対応するウォレットは多数あります。種類別にざっと紹介していきます。

まずデスクトップ用ウォレットの種類をみていきましょう。

BitcoinKnots  BitcoinCore グリーンアドレス(GreenAddress) ArcBit mSIGNA アーモリー(Armory) Bither エレクトラム(Electrum)などなど、たくさんありますね。セキュリティに優れている、容易に使える、高機能、高速、シンプルなど様々な特徴を謳っています。どんなウォレットを自分が求めているかを明確にして、自分に合ったものを選びましょう。

次にスマホ用モバイルウォレットの種類をみていきます。iPhoneだけでこんなにあります。

BRD Bither グリーンアドレス(GreenAddress ArcBit Coin.Space BitPay breadwallet Myceliumなどです。

そしてウェブウォレットはこちらです。Coin.Space グリーンアドレス(GreenAddress) BitGoなどです。

標準的なビットコインウォレットの作り方は?

ウォレットの種類がわかったところでいくつかの代表的なウォレットの作り方をお伝えしましょう。

ビットコインウォレットの作り方は基本的には、ホットウォレットならダウンロード、コールドウォレットならデバイスを購入する、または紙に書いて保存となります。

たくさんあるビットコインのホットウォレットですが、作り方はだいたい同じ流れになっています。ポイントをまとめて大まかな作成方法をお伝えしましょう。ここでは代表的で標準的なウォレットのCopayとBitpayの作成方法をおおまかにお伝えします。両方ともBitpay社の開発したウォレットでスマホとパソコンのどちらでも利用が可能です。

まずCopayまたはBitpay のホームページにアクセス後、ダウンロード、そしてパスワードを設定します。そして通知を受け取るためのメールアドレスを登録します。その後、機種変更や紛失時のために バックアップの設定をします。seed(シード)と呼ばれる12個の英単語が表示されます。ビットペイではひらがなが表示されます。設定を忘れたときの「秘密の質問」のようなものだと考えて下さい。これを記録、保管します。利用規約に同意して終了します。

デバイスを購入してハードウォレットを作るなら、Ledger(レジャー) 、TREZOR(トレザー)、Keepkey(キープキー)の3種類があります。一例として、Ledger(レジャー)は15,600円で購入することができます。TREZOR(トレザー)、Keepkey(キープキー)は国内の販売代理店で購入することができるようです。

有効なビットコインウォレットの活用方法は?

ビットコイン ウォレット 作り方 

動きの多い送金、決済用のビットコインはホットウォレット保管大量に貯めておくビットコインはコールドウォレットに保管、と分けて利用すれば利便性と安全性のどちらも高まるのではないでしょうか。

様々な種類のウォレットがありますから、その用途によってウォレットを使いわけることをおすすめします。

ビットコイン決済ができる店舗は徐々に広まっていると聞きます。また決済手数料が安いことから、外国人客にとってビットコイン決済は喜ばれるサービスになりそうです。今後もビットコインウォレットの需要は常にあるのではないでしょうか。

自分が納得できるウォレットを選んでビットコイン保管の安全性を高め便利な機能を使いこなしてみてはいかがでしょう。

最終更新日:2018年06月20日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事