ホームウォレット仮想通貨取引の必需品!おすすめウォレットを厳選して大公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

仮想通貨取引の必需品!おすすめウォレットを厳選して大公開!

仮想通貨 ウォレット おすすめ

仮想通貨の取引に必要なのがウォレットと呼ばれるデータを保存するネット上の財布!それぞれメリットやデメリットも違ってきます。今回はそんな仮想通貨ウォレットに焦点を当てて、取引が初めての方にもおすすめの仮想通貨ウォレットを厳選して大公開します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨ウォレットってなに?

仮想通貨 ウォレット

仮想通貨取引を始める時にウォレットは非常に重要なものになります。
特に最近はスマホが爆発的に普及しており、スマホのウォレットアプリから仮想通貨取引を行う方もたくさんいるようです。

しかし、「仮想通貨ウォレットってなに?」を疑問に思う方も居るでしょう。
仮想通貨ウォレットとは、その名の通り自分が取引した仮想通貨(アルトコイン)の記憶媒体、つまり財布の役割を担うものになります。

一口に仮想通貨ウォレットと言っても、たくさんの種類がありどれが自分に適しているのかわからないかもしれませんね。

今回はそんな仮想通貨取引において重要な役割を担うウォレットの種類やおすすめのウォレットをご紹介していきます。

アルトコインについて

仮想通貨と言えばビットコイン(Bitcoin)を連想する方は多いのではないでしょうか?
既に仮想通貨取引を始めている方の中にもリップルやイーサリアムは知っているけど、アルトコインは知らないという方も少なくないようですね。

アルトコインとは、「ビットコイン以外の仮想通貨」の事を総称して呼ばれています。
その為、一つだけの仮想通貨の事を指しているわけではありません。
ビットコインは非常に取引数が多いですが、使い勝手が悪い点も指摘されていました。

はるはる

よく話題に上がるビットコインのスケーラビリティ問題ですね。

ビットコインは当初、今のように価値を持たせることも前提ではなく、
サトシ・ナカモトという謎の人物が発表した論文の内容を実証するための、あくまで実験的なものでした。

そのため、いざ実用となると処理能力が間に合わなくて、
送金がいつまでたっても終わらないということがたびたび起こってきています。

そこで誕生したのが、こうした使い勝手の悪さを改善して便利な機能を付加したアルトコインというわけです。

仮想通貨(アルトコイン)を保管する為のウォレットの種類

ウォレット 種類

仮想通貨にはたくさんの種類がありますが、仮想通貨をしっかりと記録・保管する為のウォレットはどんな種類のものがあるのでしょうか?
ここでは、5種類の仮想通貨ウォレットをご紹介していきます。

オンラインのウォレットは3種類

5種類の仮想通貨ウォレットのうち3種類はオンライン上で使うものになります。

Webウォレット

Webウォレットは、主にインターネット回線や携帯電波等を通じてオンライン上で使用するものになります。ほとんどが手持ちのパソコンやスマホにインストールするタイプとなっています。

Webウォレット最大のメリットは、初めのアカウント開設や設定が非常に簡単な事と、インターネットがあればどこでもどの端末からでも利用できる利便性です。

逆に、オフラインでは使用できない為にネット接続が必須となる点とセキュリティ対策がほぼ業者まかせになる点がデメリットと言われています。

モバイルウォレット

モバイルウォレットは、スマホ等のモバイル端末にアプリとしてインストールして使用するタイプです。
オンラインでもオフラインでも使用可能な上に、QRコードが読み込み可能な点や持ち運びに便利な点などのメリットがあり、仮想通貨取引時の決済を店舗でするユーザーに最適と言えるでしょう。

ただし、スマホは常に持ち歩いて便利ですが紛失する危険性やウィルス感染やハッキングには注意が必要となります。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、主に手持ちのパソコンにインストールして使用するタイプになります。
モバイルウォレット同様に、オンライン&オフラインどちらでも使用できるので、一旦インストールしてしまえば簡単に使用出来る点は魅力的です。

他のウォレットと比較すると非常に機能が豊富なものが多い反面、パソコンの故障やインストールが面倒臭いというデメリットもあります。

オフラインのウォレットは2種類

スマホ回線やインターネット回線などを利用するオンライン上のウォレットとは違って、回線がなくても使用できるオフラインウォレットは2種類になります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、仮想通貨の秘密鍵を専用端末に保管して使用するタイプで、オフラインでも使用できるのがメリットです。

後述するペーパーウォレットと同様に長期間データを保管したい方に向いています。
セキュリティを強化する為に、専用端末に二段階認証などを設定して、より強固なセキュリティ対策ができます。

ただし、価格が他のウォレットと比較すると高い事や、専用端末が故障する危険性があるので注意しましょう。

この時のために、復元キーを使えば新しく購入したもので復活することもできます。

他のデメリットというと、いちいち保管・引き出しするのは面倒という点です。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットはその名の通り、紙に仮想通貨の秘密鍵を印刷して使用するタイプになります。
オンライン上のデータとは違って紙なので、当然ですが紛失や盗難といった危険性はあります。

その代わり、ネット回線を完全に遮断するのでセキュリティ面はより強固になるのが最大のメリットです。

ほぼ毎日のように仮想通貨取引を行わず長期間保管したい方向けのウォレットと言えるでしょう。

仮想通貨取引時のウォレットの取扱いや注意点は?

仮想通貨 ウォレット 注意点

ウォレットには実にたくさんの種類がある事がわかりましたね。
では、実際に仮想通貨ウォレットを使用する上で注意したい点がいくつありますので、ここで頭にいれておきましょう。

ウィルス対策は自分でする

オンライン上のウォレットやモバイルウォレットに仮想通貨データを保管している時に注意すべき点が「使用しているパソコン&スマホのウィルス感染」です。

取引所に全て保管をまかせておくよりは危険性は少ないですが、ウィルス感染する可能性は少なくありません。

その為、ウィルス対策ソフトは自分でインストールし、セキュリティ対策をしておくと良いでしょう。

ウォレットを紛失してしまう

ソフトウェアやモバイルウォレット以外で、取引データの入ったハードウェアや紙を紛失してしまうケースも少なくありません。

ハードウェアウォレットの場合は、故障したり紛失しても復元可能な場合はありますが、紙媒体を使用している場合には全てデータが消えてしまうので特に注意しましょう。

取引時の操作ミスに注意

仮想通貨の取引時に意外とあるケースが「送信先に間違ったアドレスを入力して送金してしまう」事です。当然ですが、自分の誤操作による送金ミスによって損失した仮想通貨は二度と元に戻す事はできません。

取引時の送金先アドレスはしっかりと再確認してから送金するようにしましょう。

仮想通貨(アルトコイン)向けおすすめウォレットを大公開!

おすすめ 仮想通貨 ウォレット

前述した仮想通貨ウォレットの種類によって、使用しやすいウォレットを自分で選ぶ事は非常に重要です。

ここでは、特におすすめのウォレットを種類別に厳選してご紹介しますのでぜひ参考にして下さいね。

スマホ等のモバイル端末で使用するおすすめウォレット

【Copay】

CopayはWindowsだけでなくMacやiOS、Androidにも幅広くOS対応したウォレットです。
モバイルとパソコンの両方で使用できるのが非常に魅力的で、双方のデータ移行なども簡単にできて便利でおすすめ!

インストールも日本語版があり簡単ですが、現時点ではビットコインのみの取扱いとなっています。
今後他のアルトコインにも対応したものが開発されるかもしれませんね。

⇒Copay公式サイトはコチラ!

パソコンを使用する方におすすめのソフトウェアウォレット

【Electrum】

Electrumは、主にパソコンにインストールして使用するクライアント型のウォレットです。
仮想通貨取引時にはブロックチェーン(取引台帳)がサーバーで保存されますが、このブロックチェーンを全てダウンロードしない為に起動が軽快なのが一番のメリットと言われています。

英語表記のウォレットが多い中、Electrumは日本語にも対応!
便利な復旧機能やハッキング等に対するセキュリティ面でも非常に強いのでデータを厳重に保管しておきたい方にはおすすめです。

⇒Electrum公式サイトはコチラ!

インターネット上で使用するおすすめオンラインウォレット

【breadwallet】

breadwalletは、スマホ等のモバイル端末で使用可能なオンラインウォレットです。
必要最低限のわかりやすい機能のみを厳選している為、見た目もシンプルで仮想通貨取引が初めての方にも非常に扱いやすいウォレットアプリとなっています。

ウォレットアプリを使用するのにアカウント登録不要でダウンロードするだけですぐに使用できるのも魅力的で、セキュリティ面でもビットコインネットワークにつながっている為にコインが盗まれる心配もなく安心安全です。また、Apple Watchにも対応しています。

⇒breadwallet公式サイトはコチラ!

オフラインでも使用できるおすすめのハードウェアウォレット

【Trezor】

Trezorは、ビットコインやリップル、イーサリアムと言った有名なアルトコインにも多数対応したハードウェアウォレットです。
前述しましたが、ハードウェアウォレットは無料のものはほとんどない為、Amazonや日本語版の公式サイトから購入します。

付属のコードでパソコンとUSB接続して使用するタイプで充電が不要な点は非常に魅力的です。
ウォレット管理は、Google Chromeのウェブ上で行いますので煩わしいインストール作業がありません。

パソコン1台で複数の仮想通貨の送金や受取りをしたい方には最適と言えるでしょう。

⇒Trezor登録サイトはコチラ!

仮想通貨(アルトコイン)ウォレットは自分の用途に合ったものを選びましょう

仮想通貨 ウォレット まとめ
ここまで仮想通貨取引時に必要なウォレットをご紹介してきました。
最近では実に様々なタイプのウォレットが出てきており、どれを購入すれば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

ウォレットアプリは、仮想通貨取引時の用途や機能、特徴が自分に最適なものであるかどうかを見極める必要があります。

自分が取引した仮想通貨に対応しているか、使いやすさはどうか等、よくチェックしてから選んで上手に活用しましょう。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事