ホームウォレット仮想通貨のウォレットとは?初心者も理解できるウォレットの種類!
研修生

仮想通貨のウォレットとは?初心者も理解できるウォレットの種類!

仮想通貨 ウォレット 0

せっかく仮想通貨を購入したのに、きちんと管理できていなかったことが原因で次の日には資金がゼロに……。そうならない為にも今回はどういった種類のウォレットがあるのか、どんなリスクが考えられるのかを紹介していきたいと思います。

ウォレットの種類は何があるの?

仮想通貨 ウォレット

購入した仮想通貨を、大切に保管する為に用意されているウォレットには、いくつかの種類が存在します。まず、この種類によってセキュリティの強度が変わってくることを覚えておきましょう。

みなさんの中でも聞いたことがあるかもしれませんが、ホットウォレット、コールドウォレットの2つに大きく分け、その中でさらに細かくご紹介していきたいと思います。

ホットウォレット

ホットウォレットとは、オンライン上で保管ができるウォレットのことを言います。みなさんが使用しているPCやスマートフォンなどに、資産を預けて管理を行うことになります。

このホットウォレットを細かく見ていきましょう。

取引所

一般的に取引所はウォレットとして扱われませんが、今回は便宜的にウォレットとして説明していきます。

仮想通貨ウォレットとして活用している人が多いのが、この取引所です。初心者の人に多く見受けれられるのですが、セキュリティ面は充実していないと言えます。

その理由として、基本的にIDとパスワードを作るだけで利用できるので、それがメリットと見えますが、簡単に利用できるという部分が安全面で見るととても危険なのです。

ZaifやCoincheckなどの取引所がありますが、この取引所自体が倒産してしまえば資産もゼロになってしまいます

また、この取引所での具体的な管理方法が、利用者の目で見てわからないという大きなデメリットがあります。大事な資産を失いたくない方は別のウォレットへの移行をおすすめします。

ウェブウォレット

取引所自体が倒産してしまった場合、資産を引き出すことができなくなってしまいますが、そういったリスクが少ないのがウェブウォレットです。

具体的なウェブウォレットでは、BLOCKCHAINやcoinbaseなどがあり、日本語対応のサービスもあるので、まだ取引所で保管している方は移行してみてください。

しかし、このウェブウォレットと取引所のどちらにも言えることなのですが、小さい金額の保管や送金の際に利用することが推奨されています。

失ってしまったら困る大きな金額を保管するには、この後に紹介するより強度なセキュリティを持つウォレットを利用するようにしましょう。

デスクトップウォレット

このデスクトップウォレットは、自分のPCにソフトをダウンロードし、資金を管理することができます。

デスクトップウォレットの完全型の場合、ブロックチェーン情報もダウンロードしないといけないので、とても容量を使用してしまいます。しかし、全ての取引記録が確認できる、マイニングを行うことができるというメリットもあります。

簡易型の場合、そういった情報の確認はできませんが、容量も軽く利用することができます。

メリットが多いように感じられますがもちろんデメリットもあります。まず1つは、複数の種類の通貨を同時に管理することができない、という点です。基本的に1つのデスクトップウォレットに1つの通貨の管理、ということを覚えておきましょう。

またPCで管理しているので持ち運びの不便さもあります。そして、PC自体が壊れてしまう、ウイルス感染してしまった場合なども自己責任になってしまうので注意しましょう。

コールドウォレット

ホットウォレットの逆で、完全オフラインで管理をすることができるのがコールドウォレットです。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットはその物自体に仮想通貨が保管してあるわけではなく、秘密鍵を保管する小さな端末のことを指します。

仮想通貨の送受金をするには、アクセスするためのアドレスと秘密鍵が一致していないと利用ができないような仕組みになっています。その秘密鍵を、ハードウェアウォレットの中でさらに暗号化し管理するということになります。

ハードウェアウォレットを使用する際には、PCに接続し専用のアプリを起動、秘密鍵を読み取るだけです。ハードウェアウォレットのLedgerやTREZORも、初期化することで新しい秘密鍵を生成することもできるようになっていてセキュリティ面がとても優れているのです。

ハードウェアウォレットの注意点としては、購入時に付いてくるアクティベーションキーというものがあります。悪質な流通業者はこのキーを商品が購入される前に把握している場合があります。

このキーさえ把握していれば他の端末からでもアクセスが可能となってしまうので、正規店での購入をするようにしましょう。

ペーパーウォレット

仮想通貨ウォレットの中では一番安全と言われているのがこのペーパーウォレットです。

このペーパーウォレットはとても簡単で、アクセスするためのアドレスと秘密鍵を紙に書き出したり印刷して保管しておくだけです。

リスクとしては記録した紙の劣化により読み取れなくなってしまったり、紛失してしまうという点があげられますが、この点に注意しておけば一番安全と言えるでしょう。

また仮想通貨の送金を行う際には、デスクトップウォレットなどにインポートする必要があるので、一度の送金でそのウォレットは使用できなくなります。

入出金の頻度が高い方はこのペーパーウォレットは不向きになり、長期的に保管しておきたい方にはうってつけのウォレットと言えるでしょう。

ウォレットを充実させないと考えられるリスクとは?

仮想通貨 ウォレット

仮想通貨のウォレットのセキュリティ面を充実させておかないと様々なリスクが考えれます。どういった危険性があるのかを紹介していきたいと思います。

フィッシング

このフィッシングというのは、本来のサイトと似ているサイトを用意し、そこでアドレスなどの必要なデータを入力させ盗むという詐欺のことを言います。

フィッシングサイトを見分けるにはドメインの確認が一番重要と言われています。悪質なサイトの場合、類似した文字に置き換えている場合があるので注意して見るようにしましょう。

またサイトのアドレスも「http:」ではなく「https:」からはじまるアドレスが基本となっているので、確認するようにしてください。

ウイルス

ウイルスをPCに感染させることで、そのPC内に保存されたパスワードなどを抜き取るという方法もあります。

不明なメールのリンクをクリックしてしまったり、安全性の低いサイトの閲覧やダウンロードなどは避けるようにしましょう。また、アンチウイルスソフトを利用することもおすすめします。

ウイルスが感染するとただPCの速度が遅くなった、重くなったと感じる方が多いのですが、実際はパスワードなどの重要事項を盗まれている可能性があるので注意するようにしてください。

取引所の信頼性

仮想通貨のウォレットの中でも説明しましたが、取引所ではどのような形態で管理をしているかが確認ができません。また、取引所自体が倒産してしまった場合、資金を失ってしまいます。

信頼できるかどうかの判断は様々ではありますが、複数の認証システムを導入しているかどうか、サポートの対応の柔軟性などの確認は必要不可欠と言えるでしょう。

より簡単な取引所を利用する方の気持ちもわからなくはないですが、よりセキュリティ面を強固のものにしたいのであれば、ハードウェアやコールドウォレットにするようにしましょう。

仮想通貨ウォレットでセキュリティ面を充実させましょう

仮想通貨 ウォレット

仮想通貨のウォレットの種類、セキュリティを充実させたほうが良い理由、どういったリスクがあるのかを紹介してきました。

私が一番伝えたいことは、大事な資金をしっかりと保管する為に、仮想通貨ウォレットでセキュリティ面を充実させるようにしましょう、ということです。

各ウォレットごとにメリットとデメリットはあるので、ご自身の仮想通貨の取引の仕方にあったウォレットを選ぶようにしてください。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら