ホーム仮想通貨初心者向け「オリジナル仮想通貨の作り方!」ICOから見る仮想通貨の本質的な価値とは!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.09.17 最終更新
研修生

「オリジナル仮想通貨の作り方!」ICOから見る仮想通貨の本質的な価値とは!?

オリジナル、仮想通貨

最近話題の仮想通貨ですが、実は自分で作ることができるなんてご存じでしたか?スキルがなくても、オリジナル通貨を作るのは難しくありません!!この記事ではオリジナル仮想通貨の作り方を解説していきます!

記事上「コメントボタン」

皆さんは「仮想通貨」についてご存知でしょうか?ここ数年間で仮想通貨という言葉を良く聞く様になったと思います。そんな仮想通貨ですが「ビットコイン」や「イーサリアム」など有名な通貨以外にも多くの仮想通貨が存在しています。

この様に仮想通貨が増加していて「オリジナル仮想通貨」を作る事は出来るのではないかと思った事はないでしょうか?結論から言ってしまうと「オリジナルの仮想通貨は自作可能」です。しかし始める前に注意しなければいけないこともありますので解説させていただきます。

仮想通貨には2種類ある

オリジナル、仮想通貨

まず最初に紹介させていただくのが仮想通貨には2種類あるという事を理解してください。仮想通貨には「コイン」と「トークン」の2種類があります。「ビットコイン」や「ライトコイン」などのコインは独自のブロックチェーンを利用されています。

コイン」と「トークン」の違いについては、以下の記事がよくまとまっていてわかりやすいので、参考にしてみてください。

 

一方で「イーサリアム」などの仮想通貨はトークンと呼ばれており既存のブロックチェーンを利用しています。

ブロックチェーンというのは取引データの技術のことを指しており、複数の取引データをまとめた物が「ブロック」と呼び、このブロックが連鎖している状態を「ブロックチェーン」と言います。

ブロックチェーンは仮想通貨のサービスには重要な役割を果たしており、このブロックチェーンがある事によって仮想通貨がハッキングされない様になっています。またブロックチェーンは「分散管理」をしており、様々なユーザーのコンピューターに保存されています。

この様なブロックチェーンには「独自」と「既存」があり、コインには独自の取引データを持っており、トークンには取引データを既存の「ネットワークテクノロジー」を利用しています。

更にコインは「資産の移動」に利用される事が多いのが特徴としてあり、トークンは「物」や「ポイント」などと交換する際に必要な仮想通貨として利用されており、契約を意味している事が多いのが特徴です。

トークンは「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」と呼ばれているクラウドファンディングのようなものによって、投資家が新しい事業のプロジェクトに対して投資をする事で、企業のオリジナルの仮想通貨である「トークン」を引き換えに発行され、入手することが出来ます。

またICOが終了したとしても、設定された基軸通貨を使い、購入すればトークンを入手することも可能となっています。

ICOの注意するべきポイントについて

オリジナル、仮想通貨

ICOの注意するべきポイントとして「資産」を盗まれる可能性があります。ICOの場合、株式とは違い、資金調達を完了し、事業のプロジェクトに失敗したとしても返金する必要がありません。そのため「ICO詐欺」なども横行している事実があります。もちろんこのような詐欺は許されることではありませんが、巻き込まれないように注意しましょう。

またこのような問題に対して、米証券取引委員会(SEC)はICOを株式と同様に有価証券として取り扱うという考えを持っています。ですが、現時点では規制が入っていないため、投資家の方は注意をしなければいけません。

ICOについて詳しく知りたい方は、こちらの記事がとてもわかりやすくまとまっています!

オリジナルの仮想通貨で出来る事とは?

オリジナル、仮想通貨

仮想通貨は「デジタル通貨」となっているため、プログラミングの技術が用いられていますが、仮想通貨は「オープンソース」となっているため、プログラミングに必要な物を公式サイトから取得することが出来ます。

これによって、仮想通貨をオリジナルの物にすることが出来たり、発行することが可能となっています。またオリジナル仮想通貨によって「送金」や「資産」として利用することが出来ます。

三菱UFJ銀行では「MUFGコイン」を発行していたり、長崎のハウステンボスでは「テンボスコイン」を発行しています。このようなトークンによって、決済を効率化したり、電子マネーのように利用することが出来たりします。

また、オリジナルの仮想通貨に「将来性」と「価値」があれば仮想通貨取引所に上場して、世界中の人に利用して貰う事も可能となっています。

オリジナルの仮想通貨を自作するためには

オリジナルの仮想通貨を自作するためには以下のような方法がありますので1つずつ紹介させて頂きます。

ブロックチェーンを自作する

オリジナルの仮想通貨を自作する上で大切なのがブロックチェーンの技術知識になります。オリジナルの仮想通貨であるトークンを自作する為にブロックチェーンを自作する必要があります。

自作するにはブロックチェーンを最初から作る方法と既存のブロックチェーンを改造する方法しかありません。ブロックチェーンを最初から作る為にはある程度の知識を必要としており、個人で作成することは困難となっています。

オープンソースを利用して仮想通貨を作成

上記で紹介させていただいたように仮想通貨は「オープンソース」となっているため、プログラミングで改変したり、発行することが可能となっています。この方法では「Linux」など難易度が高いプログラミングやサーバーの構築が必要となります。

そのため、個人でオープンソースを利用して仮想通貨を作成する事は非常に難しいと言えます。ですが、その分仮想通貨の需要が高くなる事で価格が向上する可能性が高くなるので期待することが出来る方法ではあります。

プログラミングスキルがない場合でも作成が可能!

オリジナル、仮想通貨

プログラミングスキルがない場合でも作成は可能です。オリジナルの仮想通貨を持ったとしても、「仮想通貨の本来の魅力」が無ければ、ビットコインやイーサリアムのように多くの人に利用してもらう事が出来ません。

またオリジナルの仮想通貨が作れたとしてもメンテナンスが必要となります。メンテナンスをしていなければ、仮想通貨の将来性が失われてしまいます。そういった時に「デベロッパー」を雇用することをおすすめします。

デベロッパーは開発業者を指しており、仮想通貨の管理を任せる事が出来ます。また、メンテナンスは自分でしてしまう事で失敗してしまったり、時間が掛かってしまう事もあるため、そういった点でもおすすめです。

デベロッパーを雇用するのであれば「Reddit」や「CodementorX」などのサイトで、仮想通貨のデベロッパーを探す事が出来ますので試してみてください。

またオリジナルの仮想通貨に価値を持たせるためには、ユーザーが価値があると思わなければいけません。そのため、任せっきりではなくデベロッパーと話し合う必要があります。

失敗している仮想通貨も数多くありますので、そういった点を注意しながら行う必要があります。またそれ以外にも仮想通貨を使ってオリジナルの仮想通貨を作成することが可能ですので紹介させていただきます。

仮想通貨取引所を利用してオリジナルの仮想通貨を自作!

オリジナル、仮想通貨

仮想通貨取引所を利用してオリジナルの仮想通貨を自作することが出来ます。上記で紹介させていただいたようにトークンは既にある仮想通貨を基に作成をしています。

そのため、独自のトークンも既にある仮想通貨から発行されており、仮想通貨取引所で購入した仮想通貨をウォレットに入れて、そのままオリジナルの仮想通貨を自作することが出来るというのがあります。

私が仮想通貨取引所を利用するのであれば「Zaif」がおすすめになります。Zaifでは海外への仮想通貨取引所に対してビットコインの送金は取引手数料がマイナスとなっています。海外の仮想通貨取引所の仮想通貨を基に作成を考えている方にとってZaifは便利だといえます。

Zaifでビットコインを購入してみたい方は、以下の記事が非常にわかりやすいので参考にしてみてください。

 

また下記では基となる仮想通貨の中でもおすすめな仮想通貨の3種類から発行する方法について紹介させていただきます。

イーサリアムでオリジナルの仮想通貨を作成

オリジナル、仮想通貨

イーサリアムはビットコインに次いで時価総額が第2位となっています。イーサリアムの魅力として「スマートコントラクト」が利用することが出来ます。スマートコイントラクトというのは、支払いと契約を自動的に行ってくれるプログラムです。

自動的に行ってくれるので、改ざんや不正などが行えないようになっており、尚且つ取引で利益が得られます。このシステムは将来性が高く、様々な仮想通貨に導入されているため利便性が高いです。

「スマートコントラクト」を利用した、最近流行りのアプリ「Dapps」に関しては、以下の記事がとてもおすすめです!

 

さて、そんなイーサリアムを利用してオリジナル仮想通貨を作成する方法を紹介させていただきます。

用意する物がこちらになります。
・0.15ETH
・MyEtherWallet
・GoogleChrome
・METAMASK
・Token Factry

イーサリアムを利用した作成手順
1.仮想通貨取引所で0.15ETHを購入し、イーサリアムのウォレットMyEtherWallet」を作成してください。

2.GoogleChromeに拡張機能の「METAMASK」をダウンロードしてください。

3.イーサリアムのトークンを発行できるソフト「Token Factry」を起動する事が可能になりますので検索、アクセスをしてください。

4.Token Factryの画面上部にある「Create Token Contract」をクリックしてください。そして発行したいオリジナルの仮想通貨の「名前」「通貨単位」「発行数量」「小数点以下の桁数」を決めてください。確認が完了したら「Create Token」をクリックして完了となります。

カウンターパーティでオリジナルの仮想通貨を作成

オリジナル、仮想通貨

カウンターパーティは金融プラットフォームを持っている仮想通貨となっています。カウンターパーティの特徴として、プラットフォーム自体に「取引所機能」と「オリジナルの仮想通貨を発行出来る機能」が備わっています。

またカウンターパーティの魅力として「簡単にオリジナルの仮想通貨を作成出来る」と言うのがあるためおすすめです。

用意する物がこちらになります。
・0.5XCP
・0.0005~0.00010BTC
・Counterwallet
・IndieSquareWallet

カウンターパーティを利用した作成手順
カウンターパーティではPC版とスマホ版で手順が違いますのでPC版から紹介させていただきます。

PC版
1.カウンターパーティの公式ウォレットCounterwallet」でアカウントを作成してください。

2.XCP(カウンターパーティ)をZaifで0.5XCP購入してCounterwalletに送金してください。

3.Counterwalletの「My Account Balances」にある「Address Actions>Create a Token(Asset)」をクリックしてください。

4.購入したXCPを手数料として払い、オリジナル仮想通貨の名前を設定して完了となります。

スマホ版
1.カウンターパーティの公式ウォレットアプリIndieSquareWallet」でアカウントを作成してください。

2.XCP(カウンターパーティ)をZaifで0.5XCP購入してIndieSquareWalletに送金してください。

3.送金が完了されたことを確認したら、スマホ左上に記載されている「トークン新規発行」をタッチしてください。

4.購入したXCPを手数料として払い、オリジナルの仮想通貨の「名前」「通貨単位」「発行数量」を設定して完了となります。

ネムでオリジナルの仮想通貨を作成

オリジナル、仮想通貨

ネムはブロックチェーンの「開発・研究」と「決済」に利用されている仮想通貨です。

公式ウォレットである「Nano Wallet」にある「モザイク」を利用することでオリジナル仮想通貨を発行出来ます。

用意する物がこちらになります。
・5020XEM
・NanoWallet

ネムを利用した作成手順
1.Zaifで5020XEMを購入してください。

2.ネムの公式ウォレット「Nano Wallet」をインストールしてください。そして5020XEMをウォレットに送金してください。

3.NanoWalletのサービスにある「ネームスペース」にアクセスをしてください。そしてオリジナルの仮想通貨の名前を決めます。この時に購入したネムを手数料と支払います。

4.サービスにある「モザイク」にアクセスをし、作成したオリジナルの仮想通貨の「通貨単位」「説明」「発行数量」を設定し、完了となります。※希望で手数料を設定出来ます。

オリジナルの仮想通貨の作り方まとめ

このように仮想通貨は自作することが出来ます。オリジナル仮想通貨を自作しようと考えている方はブロックチェーンを自作してゼロからオリジナルの仮想通貨を作成するか、それとも既存の仮想通貨から作成するか決めていただけたらと思います。

多くの方法がありますので、価値のある仮想通貨を作成しようと考えている方は是非今回紹介させていただいた内容を参考に作成してみてください。

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」