ホーム最新ニュース仮想通貨の勢いを知るには?韓国の仮想通貨事情に注目すべし!
ちあき

仮想通貨の勢いを知るには?韓国の仮想通貨事情に注目すべし!

仮想通貨,韓国

仮想通貨の価値を予測するためには、やはり世界の動きに着目する必要があります!そこで今回は、仮想通貨熱狂国として有名な韓国を取り上げました。どうして韓国で、これほどまでに仮想通貨が熱いのかを踏まえて、韓国の仮想通貨情報をお伝えしていきます!

韓国の仮想通貨事情に注目しておくべきわけ!

韓国,仮想通貨

おひさしぶりです!ちあきです!(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
最近は、仮想通貨を考える上で、やはり世界の情勢を知っておくことがほんとに大切だな〜としみじみ感じている次第です。

特にキムチプレミアムで有名な、韓国の仮想通貨熱は必見だと思いました。
仮想通貨の価格を考える上で、韓国仮想通貨情勢はマストポイントですので、今回は、知らない方にむけて、かるーくお伝えしていきたいと思います!

例えばですが、ご存知の方はすみません、先月の仮想通貨の急落も、韓国の取引所の不正疑惑が報じられてからだったりしています!(*_*)

その他にも、昨年12月には取引所ユービットがハッキングにあい、その運営会社である株式会社やビアンは破産手続きをしたりしていたり、市場にとってネガティブ要素となる事件が度重なっております。

しかしながら、そんな事件がたび重なりながらも、韓国では仮想通貨への期待がやみません。

なぜ、韓国ではこれほどまでに仮想通貨への熱が大きいのでしょうか?
今回は、そんな観点も踏まえて、韓国の仮想通貨事情をお伝えしてきたいと思います!〆(・∀・@)

こんなにも熱い仮想通貨フィーバーのわけとは?

それは、韓国の財政、景気といったものが影響を与えているらしいのです。

日本も似たようなことが言えますが、韓国は現在、就職難や景気低迷など、若者世代にとって社会が窮屈らしいんですよね。
生きづらいといいますか、国の未来に対して期待をしていないとか言われてるみたいな・・・[´・ω・`]

例えば韓国の所得は、世界でいうと30位前後と落ち込んでおり、日本の18位前後の順位と比べるとけっこう低いのです!

ちあきちあき

平均所得が300万前後らしいんですね。

だからこそ、「このままじゃいけない」という漠然とした気持ちがあるといいますか、仮想通貨を買って、一発逆転を夢見る若者が多いらしいんですね。

例えば、韓国では仮想通貨取引廃止の動きが、国として行われようとしていた時には、若者の多くが大反対して仮想通貨の廃止を防ぎました!(`・ω・´)”

若者の失業率が高まる中、「俺たちには職も与えられないのに、お金を稼ぐ手段は奪うのか」と反発したようなんですね。

またご存知の通り、韓国では学歴社会が激化しておりますから、奨学金や学費に悩む大学生たちも多く、20〜30代の若者が特に仮想通貨に夢中になりやすいらしいのです。

ちあきちあき

ほんとにほんとに奨学金の返済って大変ですもんね。

韓国の取引額は、世界の約30%も占める!?

韓国,仮想通貨

韓国・保険研究院が発行した『国内仮想通貨取引の特徴と示唆点』というレポートによると、『韓国国内の仮想通貨取引金額は、全世界の約30%を占める』とされています!!ヽ(;▽;)ノ

ちあきちあき

30%ってかーなり高い割合です。参考までに韓国の人口って世界からみて0.5%ですよ!
(韓国の人口:5100万人前後)÷(世界人口76億人)= 0.5%

そして!さらに面白いのは、ただたくさん取引をしているだけでなく、いろんなアルトコインでの取引額が高いという点です。

これはつまり、韓国は、他国よりも仮想通貨の知識が深いということと、ビットコインのようなビッグ通貨以外も信用しているがために積極的であることが予想できます。ヾ(。・ω・。)

ちあきちあき

日本だと持ってても、イーサリアムとかリップル程度ですもんね。

自国の将来や通貨に対して不安で、世界共通である仮想通貨に期待がかかるという自然な流れになっているわけですね!

まさに仮想通貨の意義が満たされている状態なのです。

韓国「仮想通貨」の逆境

韓国,仮想通貨

そんな韓国の仮想通貨事情ですが、良いことばかりではありません。
なんなら、取引所の不正があったり、取引で大損をして自殺までしてしまう学生さんも出てきたりしてるみたいなんです。

先ほど言いました、韓国での仮想通貨の廃止の一時の流れは、こうしたことから生まれたものです。・゜・(ノД`)

一応それらがどんなものであったのか、チェックしておきましょう。
そして、こんな不祥事が起きているにも関わらず、未だ韓国での仮想通貨フィーバーが止まない勢いを、考えてみてください。

ちあきちあき

きっと将来、仮想通貨が流通していくように思えてきます。

どれほど若者の間で期待がかかっていることやら、実感が湧くはずです!ヽ(;▽;)ノ

韓国の取引所Upbitの不正疑惑

先月のビットコインの下落が起こりました。
その大きな原因の1つに、韓国最大の仮想通貨取引所アップビット(Upbit)が、詐欺の疑いで家宅捜査を受けたことがあるようなのです。ヽ( ̄д ̄;)ノ

世界で保持される通貨であるのに、韓国の影響がこれほど高いのですから驚きですよね!

さてそれでは、Upbitの不正疑惑とはなんだったのか、ざっくりとチェックしておきましょう!
以下の通りです。

ニュース詳細

韓国トップの取引所Upbitが、詐欺の疑いで家宅捜査された結果。
運営会社はコンピューターを操作し、仮想通貨の価格を操作し投資家を騙した疑い。
検察は10日、11日の2日間の家宅捜索で、仮想通貨のコインウォレットを持たずに
取引を行ったという疑いがある、コンピューターのハードディスクと会計帳簿を押収した。
またCEOは、既に身柄を拘束されている。



詳しく見て見ましたところ、設立当初に、実際の資産保有量よりも多くの仮想通貨を、顧客に販売していた疑いがあるみたいなんですね。(゜◇゜)

ちなみにこのニュースについてはたかしま編集長が市況で紹介してました。


ちあきちあき

編集長さすがです…!

仮想通貨に関係したネガティヴNEWS

最近、韓国では仮想通貨絡みの事件が横行し始めています。

1月下旬には、元金が吹き飛んだことに心を病み、30代男性が自殺したらしいのです。
さらにそれ以前には、ソウル市内にある私立大学の2年生が、一時2045万円まで資産を増やしたのち、全ての資産を失って、自殺に至ったという痛ましい事件もありました。(T_T)

また同時期には、「仮想通貨脅迫状事件」なる、新しいタイプの犯罪も発生。事件の容疑者は29歳の男性で、「指定した電子ウォレットに送金しなければ、家族のうち一人を殺害する」という内容の脅迫状を、70世帯に無作為に送りつけたといいます。

ちあきちあき

新たな領域となりますと、当然詳しくない人がほとんどですから、詐欺や脅迫などといった問題はつきものなのでしょうか。

その他にも、「マイニング機器投資詐欺」「取引所投資詐欺」「ICO詐欺事件」など、仮想通貨と関連した詐欺事件が相次いでいるみたいです。( ; ; )

なかには、日本円にして200億円を超える被害額が確認された詐欺事例もあったようで、これでも国は仮想通貨廃止に至れず、国民の熱が止まないのですから、凄いことです。

ちあきちあき

今後の韓国に注目ですね。

韓国仮想通貨のこれから

韓国,仮想通貨

韓国は仮想通貨の規制ではなく、取引正常化へ向けて動くみたいです。(●´∀`●)

これまで韓国は、例えば2018年1月の法務長官は、国内取引所をすべて閉鎖する見通し計画を立てていることを発表するなど、仮想通貨に関して強硬な姿勢をとっていました。

しかしながら、韓国国内での進む仮想通貨への需要、また世界的に進む仮想通貨関連技術の発展を受けて方針を大幅に転換、規制を強化するのではなく、制度の正常化に向けて歩みを進めることになりました。

ちあきちあき

中国やインドのような大きい国と違って、小さい国はやはり技術でもって発展していこうとするところが良いですね!韓国にも日本と近いものを感じます!

検査に当たるFIUは、今回監査が行われなかったその他銀行に関しても独自にシステムへの対応や新しいガイドライン(投機・マネーロンダリング防止など)に従ったチェックを行うことを求めました。

ただ、まだ正常化に向けた動きは始まったばかりです。(=゚ω゚)ノ

利用者の実名制システムの導入は銀行、取引所の両者にとって金銭的な負担を強いますし、小規模な機関では資金的な問題から対応が困難であると言われていることも事実です。

ちあきちあき

大変そうですけれど、うまく組み込んでもらいたいところですね!

韓国は銀行、取引所への新たなガイドライン制定に加えて、2019年をめどに仮想通貨の内容を盛り込んだ、新たな課税方式の設立を検討していたり、今年の6月以降には大まかな内容が発表される見通しで、今後の躍進に期待ですね!

韓国での首都ソウル、独自の仮想通貨発行計画

また、こんな面白い計画もあったので、参考程度にご紹介です。ヽ(;▽;)ノ

パク・ウォン市長は、市の社会福祉などに使える仮想通貨「S-Coin」を発行することを明かしています!

パク市長は、仮想通貨発行に加え、市内のブロックチェーン関連企業の成長を促すために資金提供を行っていく考えで、エストニアを参考にしてるみたいなんですね!

また、パク市長は、以下のようにブロックチェーンの重要性を説いているようなんです。〆(・∀・@)

「第4次産業革命においてもソウル市が情報通信分野で世界をリードする都市であり続けるため、私たちはブロックチェーンのような新たな技術を学ばなければならない

S-Coinは主に社会福祉をサポートする公共職員、求職中の若年層、環境保護を行っている団体などへの支払いなどに使われるようです!

そんなS-Coinですが、健全がために、海外の投資家などが購入するメリットは薄いようで、そこが一点、普及するのか心配なところでありますね。

債券のような形で発行され、市場で取引されるなどの詳細な情報は明かされておりません。

とはいえ、韓国政府が仮想通貨に対して前向きな姿勢をとっているのは間違いありませんね。

これからも韓国で起こる仮想通貨のムーブメントに注目です!!

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちあき
どうも!今回このサイトで記事を書かせていただくことになったちあきです!普段はITデザインをやってます!目標は仮想通貨で頑張って稼いでニートになること!(´∀`)
ちあきの他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら

CryptoGTの無料登録はこちら

BitMEXの無料登録はこちら

BitMEXの無料登録はこちら