ホーム市況6/14(木)|昨年のビットコインの価格がUSDTによって操縦されていたという論文が発表される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.06.20 最終更新
Editor-in-Chief Takashima

6/14(木)|昨年のビットコインの価格がUSDTによって操縦されていたという論文が発表される

仮想通貨 市況

6月14日の仮想通貨市況
・テザー社の発行するUSDTが昨年のビットコインの価格を買い支え、価格を操縦するのに利用されたという論文が発表される。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

14日の仮想通貨市場は、10日から続く弱気相場が続いている中で若干の反転を見せています。

仮想通貨 市況
https://coinmarketcap.com/charts/より

14日19時29分現在の主要通貨の価格と変動は以下の通り

通貨
価格(円)
24時間の変動比
BTC 724,560 -5,509(-0.75%)
ETH 52,650 -1,212(-2.25%)
XRP 60.154 -2.716(-4.32%)
BCH 94,425 -2,811(-2.89%)

13日、仮想通貨の取引量の多くを占めるUSDT(テザー)が、ビットコインの価格操縦に使われて昨年末のビットコインの大暴騰にも利用されていたという論文が発表されました。

論文の著者であるジョン・グリフィン教授によると、USDTの発行元であるテザー社から大量に発行されたUSDTが一部の仮想通貨取引所に移され、その後ビットコイン相場が下落した際に、それらの取引所が大量のUSDTを利用して市場を買い支えていたのだといいます。

疑いを持たれている仮想通貨取引所のBitfinexのCEOはこの論文の内容を否定していますが、ドルペッグ通貨であるUSDTには米ドルによる価値の裏付けがないのでは、という疑惑も収束しておらず、今後の仮想通貨市場の動向に大きな影響を与える可能性があります。

最終更新日:2018年06月20日

【この記事を書いた女子会メンバー】

Editor-in-Chief Takashima
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
Editor-in-Chief Takashimaの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事