ホーム仮想通貨初心者向けJPモルガンのCEOがビットコインについてポジショントーク?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.06.18 最終更新
研修生

JPモルガンのCEOがビットコインについてポジショントーク?

今の世の中には、仮想通貨に関するありとあらゆる情報が出回っています。しかしそれらの情報は、どこの誰が、どのような意図を持って発信したのかによってポジショントークと呼ばれるものである可能性があります。今回はそれについての解説をします。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

現在爆発的な広がりを見せる仮想通貨
経済界の大物からネット掲示板の住人まで、ありとあらゆる人が仮想通貨に関する意見を述べる時代になりました。

あなたも仮想通貨の情報を調べるときに、様々な発信元の情報を目にしているのではないのでしょうか?
去年にも、JPモルガンのCEOジェイミー・ダイモンビットコインを批判する発言をしましたね。

しかしそのような情報の中には、意図的に仮想通貨市場を操作しようとする意図を持って発信されたものもあります。

それがポジショントークというものです。
今回はポジショントークとその見分け方について解説していきたいと思います。

ポジショントークとは?

ポジショントークとは、ある特定の市場に参加している人が、自分のポジションに対して有利になるような発言をすることです。

ここでいうポジションとは、自分がその仮想通貨を安く買って高く売ろうとしているのか高く売って安く買おうとしているのかどちらの立場なのかということです。

安く買って高く売ろうとしている場合

「仮想通貨Aは信用できないから買わない方がいい」

という噂をメディアやSNSを通じて流し、一般の個人投資家たちがその情報を鵜呑みにして仮想通貨Aがバンバン売られて価格が下がりきったところで自分は買い、

その後は

「仮想通貨Aの発行元の○○という企業はこういった技術革新をするので信頼性が上がるだろう」

という情報を流せば、価格が上がるのでそこで上がりきったところで売る
といったような立ち回りをします。

高く売って安く買おうとしている場合

「仮想通貨Bはこれから来る通貨で絶対買った方がいい」

という情報をメディアやSNSを通じて流し、一般の個人投資家たちがその情報を鵜呑みにして仮想通貨Bを買いまくって値段が高騰しきったところで売り払い、

その後は

「仮想通貨Bはセキュリティが怪しい、取引所でも上場をやめるかもしれない」

などといった噂を流せば、価格が下がるのでそこで下がりきったところで買う
といったような立ち回りをします。

もちろん今のは例なので実際はもっと複雑になりますが、大まかな流れはつかんでいただけたかなと思います。

ポジショントークをする人たちとは

ポジショントーク

経済界の大物

経済界の大物の発言はメディアにも大きく取り上げられ一瞬で世の中に広まるので多大な影響をもたらします。

冒頭でも取り上げたアメリカの大手投資銀行、JPモルガンのCEO、ジェイミー・ダイモンもそうですね。
ジェイミー・ダイモンが以前ビットコインに対して否定的な発言をした結果、ビットコインの価格は大幅に下がりました

しかしその後、JPモルガンがビットコインを購入していたというニュースが流れ、
ジェイミー・ダイモンが意図的にビットコインの価格を暴落させるような発言をし、
自社が有利になるよう市場を操作したのではないかとの疑惑が持ち上がり大問題になりました。

これは果たしてポジショントークに当たるのでしょうか?

結局この件に関しては、ジェイミー・ダイモンといえど時代の流れには逆らえず自分の意思とは裏腹に、自社の顧客がビットコインを買うことを阻止できなかったということで落ち着きました。
ジェイミー・ダイモンのこの発言はポジショントークではなかったようです。

それでも仮想通貨業界の会社に訴えられてしまったり、ジェイミー・ダイモンにとっても大変なことになってしまいました。

結果的にジェイミー・ダイモンはポジショントークをしていないと言えるものの、ポジショントークと取られかねない発言をしてしまったということにはなってしまいました。

その他にも大物経済アナリストたちは自分たちも特定の仮想通貨を保有している場合があるので、自分たちの仮想通貨が有利になるように、彼らが書いている記事ではポジショントークを繰り広げることが多いと言われています。

国家

仮想通貨はもはや国家としても無視できないものとなっていますし、仮想通貨業界もまた国や政府の規制の影響をもろに受けます。

そのため、ある国の政府が「仮想通貨の規制を強める」といった情報を発信した際にはそれだけで仮想通貨の価値は暴落してしまいます。その情報を先に仕入れることのできる政府とつながりのある所があるとしたら、かなり有利なのは言うまでもありませんね。

そうした情報を先に仕入れておけば、仮想通貨の価値が暴落する前に自分たちが所持している仮想通貨を売りさばくことが可能になります。

また、ずっと規制をする、規制をすると言っておきながら結局規制がかからなかった場合も、
その情報を事前に入手していれば無駄に仮想通貨を売りさばいてしまうリスクもなくなります。

インサイダー取引?

ポジショントーク

ここまで読まれた方で察しの良い方はお気づきになられたかもしれないですが、先ほどの政府とつながりがある所が有利という話、事前に内部しか知りえない情報を得て取引をしていますよね

これは紛れもないインサイダー取引です。通常の株取引でこれをすると普通に犯罪です。

仮想通貨の世界はまだ法規制が十分でないこともあり、こうしたインサイダー取引が横行しているのが現状です。

そんな状況ではポジショントークが横行するのも無理はありませんね。

わたしたちはどう立ち回ればいいのか

インサイダー取引をしている自分たちで水面下で情報を集めている組織とは違い、
わたしたち一介の個人投資家は自分たちで信頼できる情報を取捨選択していくしかありません。

世の中にあふれんばかりの仮想通貨の情報には、インサイダー取引をしている人たちが自分たちが有利になるようにポジショントークをふんだんに盛り込んだものがたくさんあります。

中にはジェイミー・ダイモンのように、本人が意図せずしてポジショントークのように受け取られてしまった事例もありますが、そのような○○という仮想通貨を買った方がいい、売った方がいいといった発言は細心の注意をもって取り扱った方がいいです。

まずは特定の意見だけに流されず、複数の情報を集めて自分なりに一度チェックをしてみることが大切です

特定の意見だけを頼りに仮想通貨取引を始めてしまいますと、自分が失敗したときにその情報のせいにしてしまい、自分の分析をそもそもできないので、自分の失敗を振り返ることができず成長をすることもできません。

自分が成長するためにも、まずは自分でチェックをして分析をしてみることが欠かせません。

そのチェックをする時に、仮想通貨チャートなどを使うのも手です。

仮想通貨チャートについてはこちらの記事で紹介しています。

仮想通貨で成功するためには、仮想通貨チャートなどの自分なりにしっかり判断できる基準を持っておくことが大切です。くれぐれもポジショントークには気を付けてこれからも安全に仮想通貨に親しんでいってください!

最終更新日:2018年06月18日

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」