ホームアルトコインビットコインキャッシュが分裂!?ビットコインキャンディってどんな通貨?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆかり

ビットコインキャッシュが分裂!?ビットコインキャンディってどんな通貨?

ビットコインキャッシュ、分裂

ビットコインキャッシュからの分裂で誕生したビットコインキャンディ。一体なぜ分裂したのか、どのような経緯で分裂したのか、詳しく調べてみることにしました!また、ビットコインキャッシュとの違いも解説しています!

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
ゆかりゆかり

こんにちはー!
学校の友達から「仮想通貨博士」と呼ばれたゆかりです!

まだまだ勉強中ですが、友達が知らないことを知っているので、少し鼻が高くなっています( *´艸`)

今またビットコインが下がり気味で、元気ないですよね。

私が推しているビットコインキャッシュも、それにつられて元気がない模様。

はやくドッカンこないかなー(‘ω’)

 

これ以上落ちていくようなら、キャンディちゃんに浮気しちゃおうかな?
あ、キャンディちゃんは、ビットコインキャッシュから分裂して生まれたビットコインキャンディのことです!

名前が美味しそうなので、今買おうか迷っているところなのです。

そんなこともあって、ビットコインキャンディについていろいろと調べてみたんですが、発行枚数が多かったりと、ビットコインキャッシュとは少し違った特徴があります。

というわけで今日は、ビットコインキャンディをテーマに、その特徴や分裂の経緯などのお話をしていきたいと思います♪

ビットコインキャッシュが誕生した経緯と通貨の分裂について

 

ビットコインキャッシュ、分裂

ビットコインキャンディが誕生したお話をする前に、その分裂元となるビットコインキャッシュ誕生のお話をしておきたいと思います。

また、ビットコインキャンディはビットコインキャッシュが分裂して生まれた通貨なので、仮想通貨の分裂についても軽く触れておきます。

分裂で生まれたビットコインキャッシュ

仮想通貨は、ブロックチェーンという技術のうえに成り立つものです。
トランザクション(取引データのこと)をブロックにまとめ、それをチェーン状につなげていくことからそのように呼ばれています。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのシステムをアップデートした際に、ブロックが分岐することになり、ビットコインとは別の仮想通貨として「分裂」することで誕生した通貨です。

ゆかりゆかり

ちなみに、ブロックが分岐することを「フォーク」と呼ぶので覚えておきましょう♪私たちが普段使うフォークも、先が枝分かれしていますよね?仮想通貨の「フォーク」もそこから名づけられたそうです!

ブロックチェーンのシステムをアップデートした際に、過去のブロックと互換性があるものを「ソフトフォーク」、システムに互換性がなくなってしまうものを「ハードフォーク」と言います。

ビットコインキャッシュが分裂で誕生した理由

システムをアップデートしたとしても、すべてのブロックが同じシステムで生成されていけば、ブロックが分岐することはありません。

つまり、ブロックを生成する人(マイナー)全員が、アップデート後のシステムに合わせていれば、ブロックは統一され、通貨が分裂するようなことはないということです。

しかし、そのアップデートに反対する人がいたため、ブロックに分岐が発生してビットコインが分裂、そしてビットコインキャッシュが誕生したということです。

このような書き方をすると、偶然分裂したように聞こえるかもしれませんが、実際にはビットコインの問題点に対する解決策について、数年前からずっと対立が起きていたため、この分裂は必然的に行われたものになります。

ゆかりゆかり

ちなみに、この分裂を主導したのは、大手マイニングプール(マイナーの集団)企業のViaBTC社です。それに対して、ビットコイン開発者たちがこのアップデートに反対し、分裂が起きてしまったんですねー。

このViaBTC社、あとでまたお話に出てくるので、覚えておいてくださいね♪

ビットコインが分裂してビットコインキャッシュが誕生した経緯について、もっと詳しく知りたい人は、以下の記事で解説しています。


ビットコインキャッシュの分裂でビットコインキャンディが誕生した経緯とは?

ビットコインキャッシュ、分裂

ビットコインキャンディは、ビットコインキャッシュがハードフォークによって分裂した仮想通貨です。

一体どのような経緯で誕生したのか、詳しく見ていきましょう。

ゆかりゆかり

名前の由来も調べてみましたが、残念ながらわかりませんでした。気になるー(*´Д`)

ビットコインキャッシュ分裂は中国の規制が原因?

2017年9月、中国で仮想通貨(特に取引所)に対する規制が入りました。

規制の主な理由は、仮想通貨がマネーロンダリングの温床になっていることを懸念したからです。

ゆかりゆかり

マネーロンダリング(資金洗浄)とは、犯罪に使われた資金を交換することで、追跡から逃れるための手法です。

たとえば、日本の紙幣の場合、すべてに通し番号が割り振られているので、その番号さえわかっていれば、どこの銀行にあるか、どこに振り込まれたか、ということがわかるようになっています。

仮想通貨の種類によっては、第三者が送金元や送金量などを知ることができない、いわゆる匿名性の高い通貨があり、これを利用してマネーロンダリングをすることができてしまうのです。

ほかにも、仮想通貨を使った詐欺の防止や、その他政治的な問題点などから、ICO(新規仮想通貨発行)やオンラインでの仮想通貨取引を規制することになりました。

ビットコインキャッシュが分裂したのは、この中国の規制があったからだとする説が濃厚です。

ViaBTCが集客のためにビットコインキャッシュを分裂させた?

中国政府が仮想通貨を規制対象にしたあと、中国の大手取引所のViaBTC社(ビットコインの分裂を主導した会社)は、中国で営業していた取引所を閉鎖し、イギリスで「CoinEx」という取引所を開設することになりました。

ゆかりゆかり

「中国ではもうやってられん!」と見切りをつけたってことですね(; ・`д・´)

ViaBTC社は、当時数少ないビットコインキャッシュを取り扱う取引所でした。

そして、ViaBTC社が主導してビットコインキャッシュを分裂させ、ビットコインキャンディを誕生させたのです。

ビットコインキャンディは、CoinExでのみ取扱があり、CoinExでビットコインキャッシュをもっている人に配布された仮想通貨です。

実際はどうかわかりませんが、この事実から考えると、ビットコインキャンディは、ViaBTC社が、CoinExの集客をするために分裂させたものだと考えられます。

ビットコインキャッシュが分裂するというのは、仮想通貨業界では大きなニュースになるので、集客としては十分な効果があったのではないでしょうか。

ビットコインキャッシュ分裂を主導したViaBTC社とは

ビットコインキャッシュ、分裂

ViaBTC社は、ビットコインを分裂させてビットコインキャッシュを誕生させ、さらにはビットコインキャッシュを分裂させてビットコインキャンディを誕生させました。

こんなにも世界に大きな影響を与えるViaBTC社とはどのような企業なのでしょうか。

 

ViaBTC社は、中国の大手マイニングプールで、仮想通貨取引所も運営しています。

マイニング(採掘)とは、仮想通貨におけるブロックチェーンを管理することで、一定の報酬を受け取ることができます。
プールはその集団という意味で、たくさんのコンピュータが協力し合って、ブロックを生成していくということです。

以下のサイトでもわかるように、ViaBTC社は、世界でも非常に大きな力を持ったマイニングプールです。

ビットコインハッシュレート分布 – Blockchain.info

ビットコインでいうと、世界の10%の採掘力(ハッシュレート)を持っている大企業です。

ゆかりゆかり

ViaBTC社は、ビットコインキャッシュ推しの企業のひとつです。私と同じですね(*^^)

以下のサイトでは、ビットコインキャッシュの採掘力がグラフになっています。

Coin Dance | Latest Bitcoin Cash Blocks by Mining Pool (last 7 days) Summary

こちらも同じように、ViaBTCは全体の12%を占める(2018年6月現在)ほどの力を持っていることがわかるかと思います。

分裂で誕生したビットコインキャンディの特徴

ビットコインキャッシュ、分裂

分裂でビットコインキャンディが誕生した経緯を知ったところで、次はビットコインキャンディの特徴を紹介します。

ビットコインキャッシュから分裂した通貨ですが、少し特徴が異なるので、その点を確認しておきましょう。

ビットコインキャンディの特徴①ビットコインキャッシュよりもブロックの生成時間が短い

分裂前のビットコインキャッシュでは、ブロックの生成時間は約10分に設定されていました。

しかしシステムがアップデートし、分裂後のビットコインキャンディでは、2分と非常に短く設定されています。

ブロックチェーンは、マイナー(台帳を管理・承認する人)がブロックを承認し、チェーン状につなげていくことで成り立ちます。

つまり、ブロックの生成時間が短くなったというのは、ひとつのブロックを承認するまでの時間が短くなったということを意味します。

ブロックには、仮想通貨(ビットコインキャッシュなど)の取引データが含まれています。

ゆかりゆかり

そのブロックが承認されることで、そこに含まれている取引が成立するということですね(*^^)

ただし、承認作業は全世界で行われているので、偶然同時に2つのブロックが生成される可能性もあります。
本来すべて「1本の線」でつながっているブロックが、分岐してしまうことになります。

そのあとも同じように、どんどんブロックがつなげられていきますが、短いほうのブロックは正しくないブロックとして取り消されることになります。

一度承認された取引が、いつ取り消されるかわからないというのでは、取引が成り立ちませんよね。

AさんがBさんに10ビットコインキャッシュ送金して、BさんがCさんそのビットコインキャッシュを全額送金したとしても、AさんがBさんに送金した取引が取り消された場合、Cさんにまで迷惑がかかってしまうことになります。

そこで、
「だいたい6回承認されたら、完全に承認されたことにする」
というようなルールを、ウォレットや取引所ごとに決めて対応しているようです。

「6回承認されたらほとんど取り消されることはない」
という計算のうえで、多くのウォレットや取引所は6回という回数を設定しています。

たとえば、自分のウォレットに3ビットコインキャッシュ送られてきた場合、約10分間で1回承認されるので、10分 × 6承認 = 60分ほど待たないと、その3ビットコインキャッシュを別の場所に送金することはできないということです。

これがビットコインキャンディの場合、約2分で1回承認されるので、2分 × 6承認 = 12分ほどで次の取引ができるようになります。

もちろんはじめから承認されない可能性もありますので、上記はあくまでも目安の時間にはなります。

ゆかりゆかり

でも、ビットコインキャッシュよりもビットコインキャンディのほうが、圧倒的にスピーディな取引ができるということがわかりますよね(*’ω’*)

ビットコインキャンディの特徴②ビットコインキャッシュよりも発行枚数が多い

ビットコインキャッシュ、分裂

分裂後のビットコインキャンディは、総発行枚数が210億枚に設定されることになりました。

これは、ビットコインキャッシュの2100万枚の1000倍の枚数ということになります。

発行枚数が多ければ、それだけ1枚あたりの価値が低くなることを意味しています。

反対に発行枚数が少なければ、その分希少価値は高まり、1枚あたりの価値は高くなっていきます。

仮想通貨でよく比較対象となるのが、「時価総額」です。

仮想通貨の市場価値は常に変化するので、その指標として時価総額が用いられています。

時価総額は、市場価格×発行枚数で計算することができます。

簡単な例を出すと、市場価格が10円で、発行枚数が1万枚だった場合、10円 × 1万枚 = 10万円が時価総額ということになります。

単純に、ビットコインキャッシュの価格はいくら、ビットコインキャンディの価格はいくら、というように比較するのではなく、そのときの市場価格と、発行枚数を掛け合わせたものを比較することがポイントです。

ビットコインキャンディの特徴③ビットコインキャッシュにはない量子コンピュータ対策

コンピュータというものは、人間では到底できない速度で計算を行うことができる機械です。

そしてさらに、将来「量子コンピュータ」なるものが普及すると言われています。
現在すでに開発が進んでおり、それが一般や企業まで普及するのは「時間の問題」だそうです。

量子コンピュータとは、今までのコンピュータの数千倍、数万倍ものスピードで計算を行うことができる凄いコンピュータです。
正直私には想像がつきませんが、とにかく凄いらしいです。

 

仮想通貨の取引は、暗号システムで成り立っています。

たとえば、ビットコインキャッシュを送金するためには、そのビットコインキャッシュの秘密鍵(シークレットキー)が必要です。
つまり、秘密鍵を持っていれば、そのビットコインキャッシュを自由に動かすことができるということです。

反対にビットコインキャッシュを受け取る場合、公開鍵(パブリックキー)を相手に提示して、そこに送金してもらう形になっています。
公開鍵は秘密鍵から生成されるもので、ほかの人に提示するために使われます。

秘密鍵から公開鍵は生成できますが、公開鍵から秘密鍵を導き出すことは、膨大な計算が必要になるため、実質不可能だと言われています。

しかし、量子コンピュータが普及した場合、公開鍵から秘密鍵を導き出してしまう凄いコンピュータが現れる可能性があるのです。

そうなると、仮想通貨はまったく成り立たなくなり、価値がなくなってしまうかもしれません。

そこで、ビットコインキャンディでは、反量子アルゴリズムを搭載することで、その対策をしようとしています。

これについては、2018年7月にアップデートが予定されています。

ビットコインキャッシュをはじめ、ほかの仮想通貨も同じように反量子アルゴリズムを搭載することが考えられますが、その先駆けとしてビットコインキャンディがアップデートを行うようです。

ゆかりゆかり

やっぱりビットコインキャンディは、ViaBTC社が、ビットコインキャッシュをより良くしていくための、実験通貨としての役目を持っているのかもしれませんね。

ビットコインキャンディの特徴④ビットコインキャッシュと異なるマイニング方法

ビットコインキャッシュ、分裂

仮想通貨は、マイニング(採掘)という承認作業を行うことで、ブロックの正当性を保っています。

世界中のマイナー(採掘者)が膨大な量の計算をこなし、もっとも早く解答を出したコンピュータが発言権(ブロックの承認をする権利)を得ることができます。

その計算は、現在では主に3つの方法で行われています。

1.コンピュータの頭脳と言われる「CPU」
2.画像や動画を処理するために開発された「GPU」
3.マイニングの計算をするために開発された「ASIC」

仮想通貨が誕生したころは、CPUでも十分計算を行うことができました。
しかし今では世界中でたくさんのコンピュータが競い合っているため、計算の難易度も高くなり、高性能のGPUか、専用のASICでないと計算に勝利することができなくなっています。

ビットコインやビットコインキャッシュでは、マイニング専用のシステムが組み込まれたASICが開発されているので、GPUでの計算は後れをとってしまいます。

しかし、分裂後のビットコインキャンディでは、ASICではマイニングすることができず、GPUでマイニングを行うようにアルゴリズム(計算方法)が設定されています。

 

ビットコインが分裂してビットコインキャッシュになった理由のひとつとして、
ビットコインに、ブロックデータを圧縮するための「Segwit」を導入するかどうかで対立が起きたということが挙げられます。

ゆかりゆかり

Segwitを導入するとASICが使えなくなるので、その反対案としてビットコインキャッシュが誕生したんでしたね(*’ω’*)

それなのに、ビットコインキャンディでまたASICを使えなくするというのは、どういう意図なのか私にはわかりません。

ゆかりゆかり

これもやっぱり、ビットコインキャッシュを良くするための実験なのかもしれませんね。お偉いさん方の考えることはなかなか理解できません(*´Д`)

ビットコインキャンディの分裂後の入手法

ビットコインキャッシュ、分裂

ビットコインキャンディは、2018年現在、国内の取引所では取扱がありません。

どのようにすればビットコインキャンディを入手できるのか、その方法を紹介します。

分裂時のビットコインキャッシュ保有数ごとにビットコインキャンディを配布

先ほども軽く触れましたが、ビットコインキャッシュを保有していれば、分裂後のビットコインキャンディがもらえるというイベントがありました。

条件は、
分裂時にCoinExでビットコインキャッシュを保有していること」です。

1BCH(ビットコインキャッシュの単位)の保有に対し、
1,000CDY(ビットコインキャンディ)が配布されました。

Twitterの情報によると、1BCHぴったり持っていなくても、半端分のCDYが配布されたとのことです。

たとえば、0.5BCH持っていた人は、500CDY配布されたことになります。

1BCHに対し1,000CDYときくと、とてもお得なように感じますが、
ビットコインキャンディはビットコインキャッシュほどの価格はないので、妥当な枚数なのかもしれません。

また、この1,000という数字は、発行枚数で決められた可能性が高いです。
ビットコインキャッシュの発行枚数は2,100万枚枚で、
分裂後のビットコインキャンディの発行枚数は210億枚です。

ゆかりゆかり

ちょうど、1000倍の差があるので、ビットコインキャッシュ1枚に対して、ビットコインキャンディ1,000枚という計算になったということですね。

ちなみに、2018年6月現在では、
ビットコインキャッシュの価格は10万5千円、
分裂したビットコインキャンディの価格は0.03円ほどです。

1,000枚もらったところで、30円程度ということです。
今後伸びる可能性はありますが、配布があった時点では大きな利益になったとは言えないのではないでしょうか。

ビットコインキャンディを取引所で購入する

ビットコインキャッシュ、分裂

ビットコインキャンディの配布は分裂時にあったことなので、今からCoinExにビットコインキャッシュを送金してももらうことはできません。

これからビットコインキャンディを入手したい場合は、唯一ビットコインキャンディの取扱があるCoinExで取引をする必要があります。

ただし、CoinExでは日本円の取扱がなく、基軸通貨はビットコインキャッシュとなっています。

つまり、日本円で分裂後のビットコインキャンディを購入したい場合、あらかじめ国内の取引所でビットコインキャッシュを購入し、それをCoinExに送金して取引しなければいけません。

ゆかりゆかり

海外取引所での取引ってなんだか大変そうに見えますが、やってみると意外と簡単ですよ♪

その流れを簡単にまとめると、
国内の取引所でビットコインキャッシュを購入
CoinExでアカウントを作成
CoinExのアカウントにビットコインキャッシュを送金
CoinExでビットコインキャッシュを使ってビットコインキャンディを購入
という流れになります。

国内の取引所で有名なところを、挙げると、
bitFlyer(ビットフライヤー)
Zaif(ザイフ)
などがあります。

上記取引所の詳細は、以下の記事で紹介しています。

国内の取引所の登録がまだの場合、特に本人確認で時間がかかってしまうので、1~3週間ほど見ておくと良いでしょう。

ゆかりゆかり

急いでいてもそればかりはどうにもならないので、手順を踏んで間違いのないように気をつけましょう♪

ビットコインキャンディはまだまだ力不足

今回は、ビットコインキャンディが分裂によって誕生した経緯や、その特徴を解説しました。

ビットコインキャンディが多くの取引所で取扱されていないことや、価格がまだまだ安いことを考えると、ビットコインキャッシュのように世界を動かす通貨には程遠いかもしれません。

その変わり、今現時点でたくさん買っておけば、100倍、1000倍の価格になった場合、億り人も夢ではありません。
また、価値が低いことでハッカーに狙われるリスクも少ないかもしれません。

ゆかりゆかり

私は、ただ名前が可愛いからという理由で購入を検討中です(*´Д`)

ただし、価値が低い分、そのまま消滅してしまう可能性も十分ありますので、ビットコインキャンディを購入する際は、そのようなリスクを踏まえたうえで取引をするようにしましょう。

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆかり
就活の到来から全力逃亡中。H〇NTER×HUNT〇Rのヒソカ好きな仮想通貨女子です。夢のハイパーニート生活のために全力で仮想通貨を勉強してます!
ゆかりの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事